« 安い白ワイン選びその2 | トップページ | 安い白ワイン選びその3 »

2006年4月30日 (日)

ポロVSキューブ

むは~。ポロですが、昨日ガソリンスタンドで給油したところ、468.1キロ走って給油量35.14リッターで、燃費リッター13.32キロメートル達成!この調子で13キロ走ってくれるとナイスコンパクトですね~。もう少し遠出すれば14キロ台はいけるな・・。国産コンパクトにはもっと燃費のいい車が沢山ありますが、このどっしりとした乗り味ならば、この燃費で満足するんだするんだ。

そしてようやく、スタッドレスタイヤを脱ぎまして、標準のコンチネンタルに戻しました。やや乗り心地が固くなりましたが、コーナーリングがスパッと決まり、この車って見かけによらずスポーティなハンドリングマシンなのだなと実感しました。

Polo2 アルミも標準に戻ったし。

二階の今度は逆側から撮影。

隣のキューブは、12月購入の我が家のもう一台の車です。マーチがベースのコンパクトカー。ポロのほうが全長は長いようですが、キューブもなかなか大きく見えますね。全高も高いし、サイドが傾斜していない真四角な箱状なボディーだからでしょうね。

最小回転半径はポロが4.9キロメートル、に対してキューブは4.4メートル。流石はマーチベースのコンパクトです、こんなに大きく見えるのに小回りが効くところが凄いですねキューブさん。

このキューブの1.5リッターエンジンは、ティーダに載せている新型で、キューブに載せればCVT効果もあって速いですね。静かだし。静粛性ならポロも負けてはいませんよ。このクラスを超えた静けさ低振動です。従来のドイツ車のイメージを変えるくらい、1.3クラスの国産コンパクトより静かです。

中もキューブさん広いですね・・。シート地はスエード調のアイボリーカラーの素敵なものです、オプションにすると高いんで、それが標準装備のアルミ付きの最高グレードを買ってしまった。木目調のインパネや、サンルーフもつけ、HDDナビを装備し、値引きしてもらって乗り出し210万円・・・。もはやコンパクトを越えてしまったお値段ですが。

対してポロ君は、SEの特別装備、本革巻きのハンドル、シフトノブ、サイドブレーキグリップ、14インチアルミ等の特別装備20万円相当を含めて本体価格202万円(標準車は199万円)と大変お得。それにDVDナビ、スモークフィルム、クリスタルコーティングをつけて総額乗り出し額270万円のところ、前車下取り10万円と、マイナーチェンジ直前の丸目在庫一掃値引きと装着用品割引を含めて20万円値引いて、乗り出し240万円です。実質40万円ほどお得だったでしょうか。マイナー前はホントお得ですよ。で、キューブとのその差は30万円。

シートの使い勝手、きびきびコンパクト、可愛いおしゃれ系のキューブか、どっしリしっかりコンパクト、品質の高い内装、安定性とハンドリングのポロか。

ローン金利は日産も最近えらい低くて、1.9~2.9%ですよね。ポロは当時0.9%ですけどね。60回ローンならば差はさらに縮まりますよ・・。

安全性は、ボディはポロのほうが鉄板厚そうですね、ドアといい。キューブはエアバック前席2個。ポロは前席2個と前席サイドエアバック、カーテンエアバックが標準装備、さらにポロには横滑り防止装置ESPとブレーキ圧配分システムEBD付きのABS装備で、安全装備はこのクラスの国産車には他にない内容です。

排気量と安全装備で保険も以前の2リッターより格安、自損の車両保険に入っても安くなりましたよ~。

キューブはかなり良く出来たコンパクトです。このクラスでは相当お薦めな車ですね!

しかし、ポロのなんだか国産車じゃ経験できない異文化な感覚、真っ青なメーター照明とか、意外に使いやすいスイッチ類とか、おせっかいな小物類とか、クラスを超えた安定した走りとか、なる程外車ね、という感覚が味わえます・・。いまだに壊れないし、いいもの好きな方にお薦めです。

では、また。

|

« 安い白ワイン選びその2 | トップページ | 安い白ワイン選びその3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポロVSキューブ:

« 安い白ワイン選びその2 | トップページ | 安い白ワイン選びその3 »