« デローザ マクロ | トップページ | GWおのぼりさんツアー・新宿サザンタワー編 »

2006年5月 5日 (金)

テスタッチ コンサイス2

テスタッチ、見ないですね、この辺で私以外で乗っている人を・・。ん?そういえば、どこへ行っても、まったく見たことがないかも。いいですね、珍しくて~。

さて、GWも二日目、今日も暖かかったので、テスタッチで出掛けました。テスタッチ、いいですよ!

このコンサイス2は、やはり価格、8万円というフレーム価格に惹かれたのですが、このメーカー値引きがゼロだそうで、いつもは安くしてくれるお店で定価で買いました。ですから大手の10万円クラスと同価格になっちゃうかな。ただ、ちょっと昔っぽいノスタルジックな自転車に乗りたかったという目的がありましたから。

Jiten9 これは去年の仕様。スポルティフというかちょっとツーリングテイストのレーサーを目指しました。

カラーオーダーでバンフブルーという去年の新色。この写真ほど水色ではありません。自衛艦みたいな色です・・。

サドルバックが英国風でフロントバックが仏蘭西風でしたっけ?これは両方ついていますが。

サドルバックは英国製、キャラダイスのネルソン。15リットルで見かけより奥行きがあって結構荷物が入ります。VIVAのバックサポータキャリアの上に乗っています。が、ご覧のように空だと下に垂れ下がってしまう。取り付け位置によっては容量全て使い切れない場合もあります。これはあまり荷物を入れない位置につけています。

現在では、バックもキャリアも外して、シンプルなレーサーになっています(自転車カテゴリーの前のページご参照)。学生時代に憧れたロードレーサー。当時はまだランドナーやスポルティフが主流で、あんな細いチューブラータイヤなんて乗れないと結局買えませんでした。大人になってそのイメージで買えましたね!やっぱ、Wレバーでアイボリーホワイトに黒のバーテープ、がよかったなあ。

この写真ではクランクセットがティアグラの50×39Tで、レーサーっぽさを目指しましたが、やはり坂が登れんと、コンパクトクランクに変えてしまいました。今では売っていないリッチーロジックコンパクトクランク46×33T。

コンパクトクランクは、通常48×34Tとか、50×46Tですね。Jiten10 けど、こいつはショップで改造した奴で、アウターに、スギノの46T、インナーにTAのZEPHYR・33T(これはなかなか見ませんよね)。

が、通常このPCD110ミリのクランクセットでも34Tまでしか入りません。それはスパイダーの取り付け部分が33Tですと歯の裏側にかかってしまい、チェーンが乗ってしまって掛からないんです。そこでショップでスパイダー先端をヤスリで削って装着しております。

今日はスプロケットを14-25Tという高校生用といわれるものを装着。結構気にいって使っていたのですが、この46-33Tとの組み合わせで、平地オンリーの今日の走りでは、ちょっと微妙です。コンパクトドライブってサイクリングロードでは不便だと思いませんか?坂用ですね・・。この話は近日中にまたしますね。

スチールフレームの乗り心地は良いといいますが、確かにアルミより滑らかな走行感がありますね。それでいて柔らかいわけでもないんですよ。大きな衝撃に対してはフレームがたわんで吸収してくれているとおいもます。今日気がついたのですが、電車のパンタグラフの伸縮に似ているなあと。くぼみにはまったり出っ張りに乗り上げた時、フレームの三角な前後がぎゅっと縮んで吸収している感じがしたのです。現行のフォークがカーボンの奴だと振動吸収性がもっとよくなるんでしょうね。けどデザインでクロモリフォークがマッチしていますね。

ペダルの回しやすさは格別です。これは言葉で言うより、ほんとスチールに乗ってみてください。優しくねっとりと、それでいてスカッと抜ける、気持ちよく回せますから。ただアルミのようにびゅンびゅン進みませんけどね。くうぃんくうぃんという感じ?いいんです、気持ちよければ。

スペックは以前あった完成車仕様のEZRとほぼ同じ、ホイルは上の写真は、FRMの完組みで、相当軽いヒルクラ専用の奴です。アンブロシオのチームリム、DTの細い奴で27本、前ラジアル組み、チタンクイックです。アンカーマグで使っていました。現在はカンパのベントです。

テスタッチ コンサイス2(500ミリ)、ハンドルバー、ステム、シートピラー:リッチー・コンプ、リヤディレーラー、ブレーキ、シフトレバー、チェーン:シマノティアグラ、フロントディレーラー:シマノ105、クランクセット:リッチーロジックコンパクト46×33T、スプロケット:ティアグラ14-25Tまたはデュラエース12-23T,サドル:リッチー・プロ、ペダル:ウェルゴMG-10チタン、ホイール:カンパ・ベント、タイヤ:ミシュラン・プロレース23CまたはIRCレッドストーム25C

重量:だいたい9.5キロくらい

持てば重いです、階段担いで昇るのきついです、けど、最軽量市販MTBより軽いです。乗っちゃえば重さ感じませんし安定して乗りやすいのです。

今日は、洗濯してたら昼すぎてしまい、午後3時頃から職場の花壇に水をやりに走りました。25Cのタイヤも正解。エアボリュームが増えて乗り心地アップ!安定感も増えました。安心して乗れます。優しく心安らぐ自転車です。平均時速20キロで2時間の走り。ちょうどいい、おやぢの連休走りです。

では、また。

|

« デローザ マクロ | トップページ | GWおのぼりさんツアー・新宿サザンタワー編 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/9904573

この記事へのトラックバック一覧です: テスタッチ コンサイス2:

« デローザ マクロ | トップページ | GWおのぼりさんツアー・新宿サザンタワー編 »