« 赤城山MTB小沼周辺ツーリング&カレーパーティー・その1 | トップページ | お久しぶりです・・。 »

2006年9月 5日 (火)

MTBツーリングその2・カレーパーティー編

さて、先日の続きですが、MTBツーリングで群馬県A城山のK沼周辺を上ったり下ったりしているうちにお腹がすきました。

Karee1 湖畔のテント設営場所に戻りました。湖は時折霧が流れてきて幻想的な雰囲気です。

前回来た時は大規模なバーベキューグループ以外、人気が無かったのですが、今回は結構な人手です。水位も上昇していて、岸伝いに歩けたのですが、今回は無理です、砂浜がかなり狭い状態でした。

そして買い物したおつまみを並べ、ご飯を炊いてレトルトカレーを暖めます。

Karee2 まずは途中の直売店で購入したキュウリに、唐辛子を漬け込んだ地味噌をつけて食べると旨い!新鮮な夏野菜に勝る夏の味はありませんよ。さらにトマトは新鮮そのものです。がぶりと食べれば夏の味が口いっぱいに拡がりますね!

S田さんが漬けた手作りピクルスも旨い。

そしてコンビニの冷製チキンパスタ、縁日風焼きソバ、漬物でかなりいい感じです。

Karee3

S田さんが持参したコールマンのツーバーナーはかなリ使い込まれていますね。コレでまずとうもろこしを茹でて、レトルトカレーを温め、ご飯を炊きます。食後のコーヒーもバッチリ楽しめました。

Karee4_1

なんとも旨そうな夏の風物詩とうもろこしです。直売店での看板商品です。焼きたてを試食して思わず買ってしまった。生食も可能な未来、という品種だそうで、確かに生でかじってみたら柔らかくって甘くて食べられます、びっくり!茹でればさらに美味しいので、お店の人が3分茹でればいいよといったのでそのとおりに店でもらった塩を入れて茹でました。

甘いいいい!凄く旨い!赤城山に夏に行ったら、ぜひ直売店でとうもろこし買ってくださいね!こりゃたまらん~。

Karee5

さらに今回、なんかアニメっぽいおでんの缶詰。知り合いが秋葉原の本場メイド喫茶に初挑戦の折、お土産に購入したそうです。本物のメイドおでんですね!

やはり我々も秋葉原デビューしなくちゃな、いかにもアキバ君な格好をして、と盛り上がりました。メイド喫茶のオムレツにはケチャップで「萌」と書いてあったそうです・・。じゃんけんゲームや猫耳を書き込まれてしまう記念撮影とかオプションも沢山あるようです・・。

おでんはかなりプロっぽい味で、静岡に住んでいた経験のあるM氏は、これは駿河周辺で食される黒はんぺんの匂いだ、かなり通な味だね、との評価でした・・。

Karee6

S田さんが先月新潟のヒルクライムレースに出場の参加賞としてもらった魚沼産のコシヒカリを圧力鍋で炊きましたので、凄く美味しいご飯です。各自好みのカレーをかけて食べております。

何でカレーパーティーなんだっけな・・。確か手間掛けず、ちゃチャットアウトドア気分をおやぢらしく味わうという趣旨でレトルトカレーになった気がします・・。

Karee7

湖畔でカレーを食べれば、何故か湖に向かって食べたくなってしまうのですよ・・。

M氏は物思いにふけながらカレーをもくもくと食べます。ちなみにセブンのからあげ棒をばらした奴をトッピングしております。

Karee8

つまみととうもろこしで腹いっぱい状態だったのですが、カレーを食べだしたら止まりません。ご飯の旨さも手伝って、各自お代わりの連続で完食です。

Karee9 食事と後片付けも終わると、MTB試乗会です。

M氏が私のトレックフューエル80に跨ってみました。

どうもこのMTB,ポジションがおかしいとみんなに言われるのですが、買った状態がコレなんだから仕方ありません。ライザーバーがアップライト過ぎる、バーの幅が広すぎて操縦し難いようです。彼らはXCレーサーに乗っているのでハンドル幅がギリギリ短いのです。今のMTBはこうなんだよ、と説明しても聞いてくれません。「ヘルシア緑茶ポジション」と名付けられましたがわかります?

Karee10 コレがやっと登場のS山さんのMTB,アンカーネオコットクロモリプロフェッショナルです。

鉄なのに異常な軽さです。そりゃ元オーナーの私が異常な投資をして作り上げた戦闘マシンですから!

独特のネオコットフレームは久しぶりに乗ったみたら、結構固めの剛性感があり、以外にかっちりした乗り味でした。ギャップはしなっていなしてくれます。いいMTBですよ!

くわしいこのMTBのスペックは、私のHP自転車でGO!に掲載されています。

http://homepage3.nifty.com/nono-hana/myweb_121.htm

ここをご覧くださいませ。

Karee11 さて、いよいよ撤収、帰宅となりました。荷物とゴミを坂を上り駐車場まで運び上げます。

今回より、S山さん家の車は新たにホンダのエディックスに変わっていました。コレは前席が横3人乗りなのです。息子さんを真ん中にご両親が両側に座り、まさにこの車のコンセプトどおりの使い方で微笑ましい限りです。

3人乗っても後部座席を全て畳めますから、このように前輪を外した自転車を縦に3台搭載可能です。いや、4台いけるね人は3人乗りですが。

Karee12

こちらがS田さんのエスティマハイブリッドです。素晴らしい積載量で、サイクルイベントでトランポとしていつもお世話になっています。

後部座席も使用して3列目を折りたたんだ状態でMTBが3台積めます。4台までいけます。4人乗って4台自転車が積めるのです!荷物はルーフのボックスになりますが。

今回は3人の乗りでしたのでMTBも荷物も車内に全て積めました。両輪を外したMTBを横向きに搭載します。素晴らしい車でですね!

というわけで、下界はまだ残暑の厳しい日でしたが、山の上はとても涼しく、もう長袖が必要なくらい肌寒く難じるほどで、とても気持ちのいい一日を過ごしました。

秋がもっと深まればコースも走りやすくなりますので、雪が積るまではMTBでこの山を楽しみたいですね。

では、また。

|

« 赤城山MTB小沼周辺ツーリング&カレーパーティー・その1 | トップページ | お久しぶりです・・。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/11773673

この記事へのトラックバック一覧です: MTBツーリングその2・カレーパーティー編:

» 堂真理子 [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
テレビ朝日アナウンサー総勢50人が出演する舞台「ヴォイスファイブ リターンズ」(演出・田村直己)の通し稽古が都内の同局で行われ、同局アナウンサーの堂真理子(24)がメイド服姿を初公開した。 初めて衣装に袖を通した堂アナは、 [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 06:13

« 赤城山MTB小沼周辺ツーリング&カレーパーティー・その1 | トップページ | お久しぶりです・・。 »