« くたく~た。 | トップページ | MTBツーリングその2・カレーパーティー編 »

2006年9月 2日 (土)

赤城山MTB小沼周辺ツーリング&カレーパーティー・その1

本日は久しぶりに自転車で遊びました。真夏のヘロヘロから回復すべくホントは自宅で寝ていたかったのですが、ここ群馬県の赤城山山頂はとても涼しい、という情報に誘われ出発しました。おやぢチーム負け組のMTBツーリング記です。

前回の赤城山MTBツーリングは雨のため惨敗に終わりましたが、今回は秋の本格MTBシーズンの下見ということで、雰囲気のいい赤城小沼周辺でまったりとお湯を沸かしカレーなどを食べつつ、付近の散策路をMTBで走ろうという企画です。まだ草が生い茂っているので、今回メンバーもご家族連れと犬連れでしたので、有名な赤城山南面ダウンヒルコースの入り口付近のシングルトラックを軽く遊んでみました。

Aka1_1  カレーパーティーも、こだわれば本格カレーでも手作りしちゃうのでしょうが、時間がかかったり、後片付けとか、面倒なことは出来るだけ避けて、短い時間でチャチャット最大の楽しみを得ようとするのがおやぢ遊びだと思っているので、カレーはレトルト・・・。

ご飯は炊きますが、その間時間がかかるので、待つ事が苦手なおやぢはつまみを買います。既にコンビニで大量のつまみをゲットしていたのですが、新鮮な地場の野菜を入手する為、赤城道路箕輪付近の、赤城ふれあいの森の手前にある直売店に突入。

やっぱり夏はトマト、真っ赤な甘いトマトをがぶりとやる。さらにキュウリと唐辛子入りの地味噌、くうう!たまりません。そして夏といえばとうもろこし!もぎたての素晴らしいそのまま生でかじっても食べられる、とても甘いとうもろこしが手に入りました。3分ほど茹でればいいというのはアウトドアクッキングに最適。お塩もご好意で頂いて準備オッケー、赤城山小沼を目指します。

Aka2 小沼横の駐車場に10時頃到着。前回は大沼からここまでMTBで登った為、大変な目に会いましたが、ここまで車で登れば楽です。広いしトイレも完備しています。

早速キャンプ道具一式と、MTBを下ろし、小沼湖畔にテントを設営しました。駐車場から湖畔まではやや距離がありますが、2往復で準備完了。

Aka3_1 小沼駐車場から赤城温泉方面に繋がる県道16号を走ります。八丁峠から下りで、軽井沢峠方向へ下ります。

今回のコースは、小沼から軽井沢峠までの散策路「関東ふれあいの道」ですが、小沼から階段の下りが続くのでその区間はパス、舗装路で一旦下り、16号に関東ふれあいの道が合流する駐車場からダートに入り、階段直下の血の池まで上りまた来たダートを下り、舗装路で小沼まで上るという散歩走りです。

16号を犬と一緒に走りますが、ずっと下りで、帰りにこの道を登るのはぞっとしますが・・。

Aka4 林の中のシングルトラックを上ります・・。いきなり下りでは危ないから下見を兼ねて上るのだ、と案内者は言いますが、ダートを上るのは辛いですよ・・。やっぱダートを下って舗装路を上るのが正解でしょう!私以外はレース好きなアスリートなので、ガンガン上って行ってしまします。

段差もありますので、慎重に上ります。今回ペダルをSPDからデカペダルに変えたので楽でした。コケなくて済みます。ヘタレじゃなければ98%は乗車して上れるでしょう。私はヘタレなので押しが入りましたが・・。

Aka5 目的地の血の池に到着。べつに 水は赤くないのですが。静かな沼地です。急にぽっかりと沼地があって不思議な光景です。ここで記念撮影。

今回同行のY田氏が撮影してくれましたので、珍しくチーム負け組みの全員集合写真です。左からS田さん、私、M氏、S山さん、S山さんの息子さんです。

今回は、S山さんのご家族が参加。奥様はテントに残りましたが、息子さんの小学校三年生のTる君は、スコットのJR用24インチMTBで良い走りをしましたよ。私より速かった・・。

Aka6_2

S山さん親子のショットです。

さらに、最近レースで一緒に参加してくださる県内有名企業の社長さんのY田氏も参加。連れてきた犬のシアンも小沼や血の池で得意の泳ぎを披露、びしょぬれになって皆に水をかけていました。

Aka7 さて、お楽しみの下りですね!MTBはやっぱり下らなくちゃ楽しくありませんね。

熊笹の生い茂る細いシングルトラックを走ります。木の根や岩の段差が時折ありますが、殆どは緩やかな路面の良い下りです。

途中、木橋の手前に大きな穴が開いていましたのでお気をつけください。

Aka8

S田さんの激しい走りです。こんな感じで快適に走れます。森の中でやや暗い道ですが走りやすいです。

ハイカーさんがが多いときもありますので、すれ違う時は降りて。ご注意ください。今回はこの道で会いませんでしたが。

Aka9

S山さんも快適に走ります。

熊ササに覆われ、路面が見えにくい箇所もありますので、突然の段差にハンドルを取られないように注意して・・。

Aka10 後半は熊笹の密度が濃くなり道が細くこんな感じです。段々斜度は緩くなってきます。道どおりに走るには細心のハンドリングが要求されます。

M氏と静かな森の中を走ります。こんなポット陽の当たる広場があったりして。あとは静寂のみの森の中です。

Aka11

もうすぐもとの駐車場に戻ります。私もホッと一息。今回ジャージの前ジッパーが壊れて、シャツの前がはだけておりますので、上にウィンドブレーカーを着用。

この後、舗装路に戻り登りが始まります。この登りが久しぶりの自転車の私に大変辛かったのですよ!前ファスナーを開けたジャージ姿で、まさにヒルクライムレーサーのようでした、格好だけね。

さて、無事小沼に到着。湖畔に戻り、カレーパーティーの準備開始です。続きはまた明日。

では、また。

|

« くたく~た。 | トップページ | MTBツーリングその2・カレーパーティー編 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/11734393

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城山MTB小沼周辺ツーリング&カレーパーティー・その1:

« くたく~た。 | トップページ | MTBツーリングその2・カレーパーティー編 »