« 恒例・下仁田年越し蕎麦ツーリング・テスタッチで行く。 | トップページ | とにかく呑んでみよう芋焼酎・ネット通販で大量購入。 »

2006年12月18日 (月)

芋焼酎・一刻者(いっこもん)

さて、最近どっぷりと、はまってしまった芋焼酎の話です。毎晩のようにネット通販で芋焼酎を購入し、その数20数本。まだ増えそうな勢いです。ですからガンガン飲んで感想を書いていきます。

本日は、一刻者(いっこもん)です。鹿児島弁で頑固者を意味する名を冠したこの酒、近所のスーパーで手軽に購入できたのですが、これが侮れない、名前のとおりのこだわりのとても旨い酒だったのです。ネット通販物の前に書きます。

Ikkoku1 製造元は家族5人で作るとても小さな蔵なのですが、大手メーカーが流通に介在し、そんなこだわりの酒がここ群馬でも簡単に入手できるのです。

最近、流行の兆しの芋麹を使用。通常、芋焼酎は米麹で醸されます。日本酒が米麹を使っているのだから、芋焼酎も芋麹を使って、全量芋で出来た焼酎があっても良いのではないか、昔は芋麹も存在した、ということでまだ一部ですが製造されはじめています。芋麹はアルコールを発生し難いようで、まだ製造に困難が伴うため一般的ではないのです。

国分酒造の「いも麹芋」という、ラベルに大きく芋と書かれた酒が、この芋麹焼酎のパイオニアで有名です。これも実は既に呑んでいるのですが、この一刻者と味の方向性が違うようなので、その辺も今後レポートしたいと思います。流通元の宝酒造のHPに一刻者の詳細が載っていましたが、「いも麹芋」を結構ライバル視した内容なので面白い。

とにかく、芋を全量使用したことをウリにしているのです。私は最近、いもいもした、まるで焼き芋や蒸かし芋を口中に頬張ったような、芋の香りと甘さが広がる芋焼酎を欲しているようです。芋のクセじゃなく芋の香りと甘さが欲しいのです。明るい農村を飲んで以来です。その結果、全量芋ならばそれが得られるのではないか?との思いでこの酒を飲みました。以前、もっと小瓶を呑んだことがありましたが、その時はそんなこだわりがなかったので通り過ぎてしまいましたが、今回は新酒、と書いてあり、味わいも違うのではないかと思います。

芋焼酎・一刻者(いっこもん)

製造:小牧醸造(鹿児島県薩摩郡)

原料:コガネセンガン

麹:芋麹(白?黒?)

購入:近所のスーパー

私の地元での入手困難度:普通に流通しています。宝酒造が流通させているので定価で購入できますが、製造に手間が掛かるのか定価は一般のものより微妙に高いです。

素人の感想:旨いという表現を使うとそれで表現が終わってしまうので出来れば使いたくない、というのがプロの意見のようですが、私はこれ、旨かった、と言ってしまう。大手メーカーが介入しているという色眼鏡で見て欲しくない、それだけのこだわりを感じる酒です。

私が芋焼酎に望む姿、それが存在しているのです。それは個人的な好みです。芋の甘さです。むしろ天津甘栗のような、香ばしい甘さ。それが辛さやアルコール臭を超えて口中に広がり、後まで残って欲しいのです。ああ、思い出しました、栗モナカアイスです。こどもの頃食べた巨大な栗の形をした最中に入っている栗アイスの味(わからないでしょうが・・・)旨い芋を食べると今でもそれを何故か思い出してしまうのです。

で、この一刻者、生で飲んでみます。う~ん、芋の香りと甘さが口中に広がるのです。できればそれがどんどん拡がって欲しかった。しかし、辛さ、いや苦味が覆いかぶさってしまう。これは普通に芋焼酎にある辛さですが、出来れば少なければよかった。飲み口のシャープさを狙ったのでしょうが・・・。大手メーカーが量販するには、やはり万人に受け入れられる呑み易さも大切、そこで切れを狙ったのか。やや、ピリッと来てしまう。

ロックでいただきます。おお、ちょっとピリッと感が和らぎ、旨味と甘さが広がりやすくなります。この甘さがあるならば、もう少しソフトでまろやかにしていればなあ・・。

それではと、ロクヨンのお湯割でいただきます。おお、甘いいい香り。飲みます。これこれ、芋です芋。辛さがマイルドになって甘さが強調されました。いいですね。芋のホクホク感が出ました。うーんまだシャープかな。新酒じゃなくって熟成した奴ならまろやかになってもっといけると思います。けど甘い良い旨味、いけますよ。

Ikkoku2_1 素人ならではの感想で、私のあくまで好みですが、芋焼酎好きな方にお勧めできると思います。関東でも手軽に定価で入手できて、旨いと思います。芋っぽいのお好きな方飲んでみてください。

うーん、好きな芋焼酎の方向性が決まってきてしまいましたが、ネット通販で購入した焼酎、好みじゃないものもありそうですがメジャーなものばかりなので呑んでみて、世間の評価と自分の舌を比べ、より舌を鍛えて行きたいと思います。規準として、しばらくはこの一刻者をすえてしまいそうです。そして20数本飲み終えてもこの酒が自分の中で旨いと感じていたら、もう一度呑んでみます。なにせ、近所で簡単に買えてしまいますから。どうか人気でないでね・・。

では、また。

|

« 恒例・下仁田年越し蕎麦ツーリング・テスタッチで行く。 | トップページ | とにかく呑んでみよう芋焼酎・ネット通販で大量購入。 »

コメント

相互リンク依頼
サイトの内容の素晴らしさを拝見いたしまして、是非とも当サイトに登録していただきたくメールをいたしました。

サイト名
デジタル一眼レフペンタックスフォーラム
http://www.dslr-p-forum.com/index.html

登録先
http://dslr-p-forum.com/xoops1/modules/yomi/regist_ys.php?mode=new

投稿: デジタル一眼レフペンタックスフォーラム | 2006年12月19日 (火) 11:50

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/13115355

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・一刻者(いっこもん):

« 恒例・下仁田年越し蕎麦ツーリング・テスタッチで行く。 | トップページ | とにかく呑んでみよう芋焼酎・ネット通販で大量購入。 »