« ダムに沈む川原湯温泉その3・聖天様露天風呂 | トップページ | 芋焼酎・八幡 »

2007年1月 8日 (月)

ノゾリキスゲ EOS D60作例

ノゾリキスゲ、という花をご存知ですか?実はニッコウキスゲのことです。群馬県六合村にある野反湖周辺に咲くニッコウキスゲのことを地元の人はノゾリキスゲと呼んでいます。今回、2003年頃、当時使用していたキャノンのデジタル一眼レフEOS D60を使用した写真を掲載いたします。

Noz1 地元に咲き誇る花にニッコウなんて名前が付いていたら、それはここは日光じゃないぞと地元の人も思いますよね。誇りを持ってノゾリキスゲと呼んでいるのでしょう。ちなみにニッコウキスゲも本名じゃなくて愛称、本当の名前の学名はゼンテイカ、です。

8月2日 CANON EOS D60

EF17-35mmF2.8L ISO100

F8.0 1/250 WB太陽光

この野反湖は、標高1514メートルの高さにある、高山にある湖では大変規模の大きい人造湖です。もともとは尾瀬のような湿原だったそうですが、昔ダムを作ってしまったのです。

先日もこのブログのコマクサ のページに書いたのですが、正月休みも本日でおしまいなので、以前撮った花写真をこの機会にアップしています。もともと真夏の花なので一月には咲いていませんのでお間違いなく。2003年の夏に撮影した写真です。

Noz2 もともとコマクサの撮影に行ったのですが、ノゾリキスゲもまばらでしたが咲いていたので撮影しました。7月29日は曇りで霧が出ていました。

7/29  CANON EOS D60

EF17-35mmF2.8L ISO200

F8.0 1/90 WBくもり

この2003年当時、まだ普及する前のデジタル一眼レフEOS D60を無理してローンで購入、先程ご紹介した野の花写真館にアップするために活用しました、それまではニコンのF3にニッコールレンズで撮影していました。野の花写真館の前半カタクリやセツブンソウなどはF3,ミズバショウから先はD60を使っていますので、興味のある方は見比べてください。

Noz3 霧のしずくが花について、霧をバックに幻想的な美しさがありました。ただ暗いのと、コマクサを撮影が目的の為大型三脚を持っておらず、高い位置にあるノゾリキスゲを手持ちで撮影したのでかなり困難が伴いました。

7/29 CANON EOS D60

EF50mmマクロF2.5 ISO200

F4.0 1/250 WBくもり

撮影ポイントは、一つ目は

Noz4 コマクサと同じに富士見峠の駐車場に車を置き、八間山のコマクサ自生地に登る途中の登山道の両側。

ロープが張ってある両側に咲いています。この時は咲き加減が今ひとつでしたが。

EF17-35mmF2.8l

Noz7 二つめは、富士見駐車場から野反湖の間に広がる斜面です。

遊歩道が整備されています。シーズンになればこの両側にノゾリキスゲが咲き誇るはずなのですが・・。

EF50mmマクロF2.5

この時は咲いてませんでしたね、あまり・・。

このEOS D60,購入時は30万円ほどしましたが、それでも当時は、100万円以上それまでしていたのが随分安くなったものだと思いましたが・・。時は流れますねえ。ここに詳細があります。花の撮影機材 現在中古で数万円で買えると思いますが悲しいです・・。しかしこのD60,キャノンのDシリーズのラインナップ中では特異な存在らしく、現行品も併せて他のDシリーズに比べて発色がかなり派手らしいのです。それなので、現行のDシリーズと使い分けて現在もサブ機として使用しているプロの方がいると、何かで読みました。たしかに、曇りでもこってり色をのせてきますのでいいかも。いかがですか?現行市場の入門機より安いし、メイドインジャパンで高品質ですよ~。

では、EOSD60と、EFレンズを使ったノゾリキスゲ・ギャラリー。何故か全部部分測光を使っています。多分割評価測光だと花に露出が合わせ難かったからだと思います。今なら評価測光で問題なく撮ってしまいますが・・。全て手持ち撮影です。辛かったなあ。

Noz8 高原の夏っぽい感じ。

8/2 

CANON EOS D60

EF17-35mmF2.8L ISO100

F8.0 1/350 WB太陽光

Noz5

霧の中のノゾリキスゲ。

しずくが綺麗でした。

7/29 CANON EOS D60

EF50mmマクロF2.5 ISO200

F4.0 1/125 +1/2補正 WBくもり

Noz6

手持ちの近撮はこの辺の距離が限界かなあ・・。

ちょいアップで。

花が大きいので、100mmマクロはいりません。50mmで十分て言うかこれじゃなきゃ手持ちで撮れませんから・・。

7/29 CANON EOS D60

EF50mmマクロF2.5 ISO200

F5.6 1/125 WBくもり

Noz9

ニッコウキスゲは高原に咲いていますが、このように湖バック、って言うロケーションは他の場所にはなかなかないと思いますよ。

もう少し咲いてきたら、湖畔まで近づいて撮影すると絵になると思います。

8月2日 CANON EOS D60

EF17-35mmF2.8L ISO100

F8.0 1/250 WB太陽光

こうやって以前撮影した花写真を見ていると、あの頃の情熱を思い出して、また花を撮影したくなってきました。EOSはやっぱりいいなあ・・。フルサイズCCDのEOS 5D,買っちゃおうかなあ・・。う~ん、EFの広角ズームとタムロンの90ミリマクロで。だってキャノンの100mmマクロでか過ぎますから・・。まだ一月ですか。春まであと2ヶ月。待ち遠しいですね。花を撮るほど生活に余裕があればいいのですが。

では、また。

|

« ダムに沈む川原湯温泉その3・聖天様露天風呂 | トップページ | 芋焼酎・八幡 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノゾリキスゲ EOS D60作例:

« ダムに沈む川原湯温泉その3・聖天様露天風呂 | トップページ | 芋焼酎・八幡 »