« ノゾリキスゲ EOS D60作例 | トップページ | ユニクロのマイクロフリース・ルームパンツはおやぢのモモヒキとして使えますか? »

2007年1月 9日 (火)

芋焼酎・八幡

いや~正月は呑んだ飲んだ。例年は日本酒で、普段は飲めない大吟醸をがっぱがっぱと呑むのですが、今年はやはりマイブームの芋焼酎を飲み続けました。

素人芋焼酎感想シリーズも書こうと思うのですが、とにかく、いろいろ十数本チョビットづつ呑んでしまいました。

今回、世間一般的に旨いとされる芋焼酎を集めてのみ比べたのですが、その結果、いや~旨い!と、これは旨くな、いや私の好みでは無いなあ~、の極端に分かれてしまったのです。好みってやっぱりありますからね。旨かった焼酎の感想のほうが書きたいので、ちょっと偏ってしまう。けど好みじゃなかったのも呑み進めば良さがわかってくると思います。

私が旨い!と思う芋焼酎は・・・「辛口でも辛さの中に芋の旨さがあり、雑味が無く臭くなくピュアに芋の香り旨味甘みが出てきて後味に残るもの」でしょうか。

雑味って言うのは語弊があるけど・・。芋焼酎には、なんだろう、芋以外の香りを持っているのですよ。そう、漬物みたいな?ぬか?古漬けの沢庵のような、酸味を伴うような、昔のなんだろう醤油や味噌のでかい樽が置いてある蔵に入ったときのような匂い。それがあるのです。麹の癖なのかなあ?これが好きな方もいるのでしょうが、私はだめかも。その匂いが無いものもあるので、それを旨いと感じてしまうようです。素人ですから。

ここまで飲んだ感じで、私は芋焼酎を3タイプに分けてしまいました。

1芋の旨味のある焼酎。2芋の旨味より癖をなくそうとしている焼酎。3ぬか漬け臭い焼酎。です。

私が旨いと思うのは1です。2も状況によっては旨い。3はだめかも・・。です。

そんな中、今のところコリャ旨いぜ!って言うのが本日ご紹介する、八幡、です。こいつの唯一の欠点は、手に入りにくいところ、です。

Hati1

芋焼酎・八幡(はちまん)

蔵元:高良酒造有限会社(鹿児島県川辺郡)

麹:米麹(白麹)

原料:コガネセンガン、シロサツマ

ネット通販で購入

私の地元での入手困難度:かなり入手困難ですが、ネット通販で入手可能。結構なプレミア価格がついている場合があります。

感想:くは~。旨い。旨い焼酎はその証拠にグイグイ呑んでしまう。気がついたらヨパラッテいる。それが旨い焼酎の証です。

世の中にはプレミアム焼酎なる物があります。評判が良くても生産量に限りがあり、定価より高い価値が付けられ取引されてしまうのです。芋焼酎では、森伊蔵、村尾、魔王が3Mといわれ尋常じゃない値段が付けられています。その次に、佐藤、曼膳、月の中、川越などがかなりの価格を付けられ位置しています。続いてこの八幡があるグループも相当な価格がついています。悲しい話ですが、焼酎の蔵は家族経営であるとか丁寧な手作りで絶対的な生産量が少ないので、旨いと評判がたつと価格が定価以上になってしまうのです。

こういうプレミア価格は日本酒が発端でしょう。有名なのは越の寒梅ですね。これによって端麗辛口の新潟の酒が高騰しました。同じ杜氏が作る八海山、極めて端麗な久保田、甘口の雪中梅などがプレミア価格が付けられました。これらは皆飲んでみましたが、雪中梅を除いて、すっきりと癖が無くとても飲みやすい酒なのです。だれでもくいくい呑める酒が人気だったのです。よく言えば雑味がない、綺麗なお酒なのです。3Mの焼酎は誰かから貰わない限り一生呑めないでしょう。第2グループからのプレミア焼酎を無理して今回飲んでいますが、やはり共通項は呑みやすさです。そして芋らしい旨さが、雑味に消されない、とても綺麗な酒だったと思うのです。

で、この八幡です。

生で飲みます。柔らかい。辛い口当たりなのですがそれに増してなんともまろやかさとコクのある甘さが拡がるのです。同時に拡がる芋の旨味。辛さに対し旨味が圧倒しています。私の好きな蒸した甘い芋の香りが口いっぱいに広がります。そこに臭さとか雑味は一切ありません、透明感のある旨さです。綺麗な味だと言えるのです。

Hati2 ロックにすると爽やかさが際立ちます。そして甘みです。飲んだ瞬間から甘栗のような香ばしさが広がります。辛さと旨味のバランスが見事で、後味に旨味と切れのある爽やかさが残るのです。夏の夕べにロックでやりたいですね。

お湯割です。芋焼酎はお湯割で旨さが頂点に達すると思い始めました。まろやかさがさらに引き立ちます。辛さも十分残りますが甘さが超えてきます。綺麗過ぎるためか意外にややアルコールっぽさが出てしまいましたが、つるっと喉を通ります。

辛さはあるけどその強さを覆う優しい柔らかさと甘い旨味があります。どんな呑みかたでも旨い焼酎ってなかなか無いのです。八幡はそのままでもロックでもお湯割りでも旨いのです。

レギュラー酒ですが、甕仕込で丁寧につくられるため、生産量が少なく入手困難になってしまうのです。手に入りやすければなあ、芋焼酎って臭いから嫌いって言う人にお薦めできるのですが。我が家のあたりで定価で購入するのはまず困難です。残念です。

ああ、けど、多少高くても一升瓶で手に入れて、晩酌で呑み続けたい。しみじみ旨い。

芋焼酎私的評価(4段階)

口当たり:4、芋の旨さ:4、甘さ:4、濃さ:3、後味:3、臭さ:1、苦辛さ:1、アルコールっぽさ:1、もう一度呑みたい度:4

手に入りさえすれば、お薦めです。

では、また。

|

« ノゾリキスゲ EOS D60作例 | トップページ | ユニクロのマイクロフリース・ルームパンツはおやぢのモモヒキとして使えますか? »

コメント

この焼酎の材料になっている「コガネセンガン」というサツマイモを蒸かして食べると最高においしいですよ。

何年か前焼酎メーカーから一箱、縁があって「普通に食べてもおいしいですよ」と、もらって食べたら家族でその甘さと、あまりのおいしさに「うわー」としか声が出なかったのを覚えています。

近所でその後探したのですがどこにも食用としては売っていなかったですね
現在も気にかけています。

投稿: 玉井人 | 2007年1月10日 (水) 22:46

玉井人さん、コメントありがとうございます!
おお!コガネセンガンを召し上がったことがあるのですか~。それは凄いことなんです。

コガネセンガン(黄金千貫)は品種改良によって昭和41年に登場した焼酎用のサツマイモです。アルコールを作り出すでんぷん質を多く含むため、焼酎の原料として最も多く使われています。現在のような旨く呑みやすい焼酎が誕生したのもこの芋のおかげでしょう。
旨い焼酎を作れる芋ならば、食べてもやっぱり美味しいのですね。

しかし、サツマイモはジャガイモに比べると日持ちが悪いと思いますが、特にこのコガネセンガンは大変足が早く持ちが悪い為、食用としては流通していないそうです。おそらく地元のこれを栽培している農家の方や、焼酎を仕込
んでいる蔵の方しか食べることが出来ないものなのです。
旨い焼酎を仕込んでいる蔵は、契約農家が朝摘んだコガネセンガンをその日のうちに削って仕込む程、鮮度が大切なもののようです。

とても貴重な体験をされましたね!私も一度コガネセンガンを食べてみたいと、芋の香りの漂う焼酎を飲みながら思いました・・。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2007年1月11日 (木) 20:20

はじめまして。

八幡のタグから来ました。

焼酎を3ダイブに分けるところから、激しく同意見です。

沢庵の古漬けの香りも、同意見です。
最初、この香りの表現方法が分からず黄色い香りって表現してました。
なら、ある方から、それは古い漬け物の香りでしょう言われました。

追伸/確かに八幡の一升瓶、欲しいですね。

投稿: 山ちゃん | 2009年6月 2日 (火) 11:15

山ちゃんさん、はじめまして。
お返事遅くなってごめんなさい。
トップページにもあるのですが、このブログはもうすぐ移転する予定です。

八幡、美味しいですね!
もう一度飲みたいのですが、なかなか値段が高くて・・。

芋焼酎も沢山飲み進めると、パターンがありますよね。
古漬けの香りはありますね。私はちょっと苦手なタイプ。
ホクホクと芋の香りが口に拡がるタイプが好きです。焼酎臭いのじゃなく、芋臭いのが好きなんですね。

八幡の一升瓶買おうかなあと思いましたが、踏みとどまっています。

最後に、教えちゃいます。
定価で買えて凄く美味しいと思った芋焼酎。
好みもあるとは思いますが、私はこれを飲んで、あ、もうプレミア価格の焼酎を買わなくてもいいんだと思いました。
中村酒造場の「玉露」です。
これは美味しいです。
レギュラー酒はややアルコール感がありますが、「本甕仕込み」っていうのが旨いです。マイルドです。黒麹は買ってありますがまだ飲んでいません。
「上野原」というのも一升瓶で買いましたが旨いです。
中村酒造場は「なかむら」っていうのが有名でプレミア価格ですが、いつかは飲んでみたい。けど「玉露・本甕仕込み」で十分旨いです。
芋臭い焼酎好きならば、是非お試しくださいませ。

新しいブログが立ち上がりましたら是非またご覧ください。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2009年6月28日 (日) 19:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/13404373

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・八幡:

» 『村尾』と『森伊蔵』に。 [夜の散歩道]
三連休の前の昨日の午後。4歳児クラスの先生がやってきて一言。「今日、飲みに行く人~」一体、何事だろうと思いつつも、特に予定もなく、丁度夜ご飯を何にしようかなーと悩んでいたところだったので、「行きまーす!!」と返事。結局その日に出勤していた先生たち5人と...... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 00:58

» 久保山 大吟醸 粕取焼酎 25度 [目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記]
こんばんは、酔っ払い管理人です。 今年に入ってから、もう3回も東京~佐賀を往復する生活です。 しかも、佐賀に行ってから必ず2~4泊はするという、出張生活で少々身体にガタがきています・・・。 そんななかで、仕事終わりに現地センターの職員から地元の居酒屋へ連れて行ってもらいました。 現地センターの職員といっても、名古屋出身の長期出張みたいなもんで、現地の人ではないんだけどね。 まぁ、そんな感じで、佐賀駅から徒歩5分ほどのところにある、「福香八」というお店にGO! 適当にお任せで料... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 23:34

« ノゾリキスゲ EOS D60作例 | トップページ | ユニクロのマイクロフリース・ルームパンツはおやぢのモモヒキとして使えますか? »