« マーティンD-18を修理に出す・はじめてのリペアショップ訪問記その1 | トップページ | 昔ながらの石油ストーブ »

2007年2月10日 (土)

VWポロのオイル交換・15000キロ走行

本日、愛車VWポロのオイル交換に、近所のディーラーDUOへ行って来ました。

ポロのオイル交換は今まで、1000キロ初回点検時、走行6000キロ時、1年点検10000キロ時、の3回やってきましたが、確か点検の時の交換はオイル割引券を貰って使用したので、6000キロ時の交換と比較してレポートいたします。5000キロおきに交換したほうが良いというディラーの勧めで、今回は走行15000キロでの交換になります。オイルってそんなに頻繁に換えたっけ?なんかスポーツエンジンみたいですな。

Oil 15000キロを越えたあたりから、エンジンをスタートさせると毎回スピードメーター内の液晶表示に、スパナマークが出て「OIL」の文字が数分間点滅します。それでオイル交換時期を知らせるのです。

OIL表示はやがて消えてトリップメーターに変わりますが、スパナマークはずっとついたままで、オイルを交換しにディーラーに行かないと消えません。きっとガソリンスタンドでオイル交換したんじゃあ消えないでしょう。結構気になるマークです。

上手く出来ていますね・・。オーナーによっては交換時期が異なったりするはずなので、この表示は自動ではないとみます。ディーラで交換した後、プログラムに書き込んでセットしているのではないでしょうか?上手く商売にのせられているのかなあ・・・。定期点検の時もスパナマークは出ます。

確かスパナマークを消す方法が裏技であって、ネット上で見つけて以前自分で一度消したことがあります。トリップメーターのボタンを操作した気がするのですが、もう忘れてしまいました。その時トリップメーターもリセットされたような気もするので、燃費計算できなくなるからやりません、素直にディーラーの思惑通りにオイルを交換しましょう。車の調子を維持するにも大切ですから。

土曜日のDUOは夕方なのにやや混雑。少しお待たせしますと言われましたが、3連休初日で気持ちに余裕があるので待たせていただきます。新しくお店に入ったおねいさんからホットコーヒーをいただきます。VWマークつきのカップがかわいい。

案外早く一時間程度で完成。VW関係の雑誌が沢山あるし、ふかふかのソファーでくつろいでのんびり出来て良かったです。

さて料金です。今回は4630円です。前回6000キロ時はエレメントも交換して8600円でした。それを引いてもちょっと安くなった気がする・・。

エンジンオイルはトヨタ純正のユアロ502(5W-40)3リットルで4251円。ドレンプラグ388円です。前回は、3・5リットルで4960円でした。エレメントを変えないと0,5リットル減るのかな?洗浄でもするんでしょうか?

で、今回決定的に違うのは工賃が無料なのです!前回オイル交換&エレメント交換で2100円の工賃がかかっていましたが今回はただ。うーん、オイル交換だけなら工賃は無料なのかな?今度確認してみましょう。

走ってみたところ、やはり調子がいいですねオイル交換後は。特に低速時のアクセルへの反応がスムーズです。振動やノイズも少なくなって快適。高回転までもシャープに吹き上がります、パワーはついて来ないですけど・・。VW純正オイルは高価だけど長持ちで15000キロで交換ってことですが、やっぱ5000キロごとにトヨタのオイルを入れ替えた方が気持ちがいいです。

ポロの1・4リッターエンジンは、パワー感は無いけど普通に走るには必要十分です。低回転時の反応とトルク感があって、走りやすいのです。以前乗っていたホンダの2リッターDOHCエンジンは吹け上がりは鋭く145馬力とパワーは十分ですが、1500~2000回転のトルクがスカスカに薄く、低速からちょこんとアクセルを入れても反応せず、結局踏み込んで吹き上がらせてしまい扱いやすいとはいえませんでした。このポロは1500~2000回転のアクセルの反応がよくちょこんと踏んでもクイッと反応しますので、市街地での扱いやすさがあります。ATとの相性も良く、法定速度内では意外とスポーティー。ハーフスロットルまでの世界はとても1・4リットルとは思えない扱いやすさがあります。床まで踏み込んでもその先は吹け上がるだけでそこまでとパワーは一緒、まったく車速は伸びませんけどね。

アクセルを床まで踏んで普段から走る人にはまった向いていない車ですが、ゆったり走る人には、1・8リッタークラスエンジンの感覚を味あわせてくれます。トルクも数値的にはたいしたこと無いのに、出し方が上手なんでしょうね、不思議ですが。クラスを超えたハンドリングの安定感に普段使いに扱いやすいエンジンの組み合わせは、最近の私のまったりとした走りには向いていて、これ以上の排気量の車は要らないんじゃ無いかと思えてきました。エンジンもガサガサした感じが少なくなってきてオイル交換のたびにスムーズさがアップしている感じがします。長く乗らなくっちゃねえ・・。

では、また。

|

« マーティンD-18を修理に出す・はじめてのリペアショップ訪問記その1 | トップページ | 昔ながらの石油ストーブ »

コメント

そのくらいの値段は普通ですよね

私も6~7年前まではそうでした。
ところが日産に車を替えてからオイル回数券というのを利用するようになって、オイル交換にかかる費用がまったく低価格になってしまいました。
今使っているオイル交換5回券で4500円で済んでしまいます。
一回のオイル量は無制限で純正ストロングオイルが使えます。(ディーゼル車も共用)
一回換算がつまり900円で済みます。

非常にありがたい回数券で助かっていますよ

投稿: 玉井人 | 2007年2月11日 (日) 23:20

オイル代も小まめに替えると掛かるものですよね。
私も以前、ホンダのディラーで替えてもらっていた時は、会員価格ということで純正オイルは半額でした。ディーラーはオイルをドラム缶でまとめ買いをしているから安くなるんだと言っていました。原価は結構安いのかもしれませんね。

しかし、オイル交換のたびにドレンプラグを交換で買わされるのですが、あれって一回きりしか使えないものなのかと、不思議に思います。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2007年2月13日 (火) 20:33

ドレンプラグを毎回替えさせるのは変ですよ。
わたしは今まで、スバル、三菱、日産の各メーカーのを載りましたがそんなことは一度もなかったですよ。

投稿: 玉井人 | 2007年2月13日 (火) 21:13

そうですよね、プラグが一回交換でだめになるって変ですよね。
前のホンダ車のときからプラグはオイル交換のたびに替えられる様になってます。ホンダはプラグが何十円かでしたが、VWは300円以上しますからね。コーヒー代だと思っていますが・・・。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2007年2月14日 (水) 20:41

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VWポロのオイル交換・15000キロ走行:

» 燃費向上策 [燃費向上策]
燃費を向上するための方法 [続きを読む]

受信: 2007年2月13日 (火) 14:10

« マーティンD-18を修理に出す・はじめてのリペアショップ訪問記その1 | トップページ | 昔ながらの石油ストーブ »