« 群馬県・烏川~利根川サイクリングロードでぐるっとツーリング・その1 | トップページ | 利根川サイクリングロード(高崎伊勢崎自転車道)ぐるっとツーリングその3 »

2007年2月18日 (日)

利根川サイクリングロードぐるっとツーリングその2

さて、昨日走ってきました利根川サイクリングロードで、ぐるっと群馬県の真ん中あたりを一周して、仲間達と安全快適なツーリングを楽しんだ詳細レポートです。

Tone4 10時に高崎市の公園「群馬の森」駐車場に集合。車で来た私が遅れたのと、自転車談義に花が咲いて10時半過ぎに出発。

新たにメンバーの増えた「チーム負け組み」初となる、全員参加のツーリングです。この段階では6名、途中S山さん親子2名を追加し、総勢8名という負け組み始まって以来の大ツーリングとなりました。相変わらず私、ヘルメットが浮いて見えますね・・。

安全にまったりとサイクリングロードを走り、目的地は尾島町世良田にある東照宮、昼食には尾島名産の大和芋料理・麦とろを堪能する計画です。そして利根川両岸をぐるっと回って帰って来ます。

自転車はアルミロード3台、クロモリロード2台、クロモリ小径車2台、アルミMTB1台という構成です。会話を楽しめるスピードで走ります。

Tone5 群馬の森から柳瀬橋を渡り高崎伊勢崎サイクリングロードを走ります。走り出してしばらくは車止めが進路をふさぎちょっと走り難いです。大変狭く危険ですので、もう少し考えて欲しいですね。

岩倉橋で玉村方面に行くルートもありますが、橋の下をくぐりそのまま通過し、一旦、神流川沿いに走ります。再び烏川に戻り、利根川と合流。3年ほど前はこの辺でこのサイクリングロードは途切れていたのですが、整備され繋がっています。このコースはトレーニングに使えますね。

Tone6

このブログの常連さんのmk2さんです。20インチマシン、バイクフライデーのポケットロケットで参加です。

mk2さんは長身なので小径車がさらに小さく見えますね。とてもレーシーなポジションで乗りこなしてかっこいいです。

走りも小径車とは思えない速さです。mk2さんは他にもブロンプトン、BD-1も所有する小径車通なのです。

Tone7 これはM氏のバイクフライデー。チーム負け組み小径車ブームの火付け役のM氏はコレが2台目のバイクフライデーで、昨日組みあがったばかりの新車、ポケット・ラマです。

ツーリング仕様だそうで、キャラダイスのサドルバックを装着。

しかし、何故このツーリングにこんなにバックが必要なほど荷物があるのかは謎です。

Tone8

M氏はもう一台レーシング仕様の赤いポケットパイロットを所有しております。

このポケットラマはとても太いタイヤを履いていますね。ドロヨケとキャリアを装着し、かなりの重装備です。

値段も相当なロードレーサーが買えそうなほど高価ですが、なんだか軽快感がなくってグリーンの色も相まってか、口の悪いメンバーからはホームセンターで売っていそうな、とか言われる始末です。しかし、彼の小径車熱は冷めることはなく、他にブロンプトンも持っているのですが、さらにBD-1が欲しいとかこのツーリング中に口走りだしました。どうやらBD-1を走りながら見たようです・・。

Tone9

途中途切れるところもありますが、海まで続く利根川サイクリングロードです。近年開通した区間でしょうか、路面の舗装がとてもよい状態です。

周りは遮る物もなく開放的な景色です。圧倒的に広い河川敷と田畑が広がっています。この日は風も無く穏やかな天気でよかったのですが、強い北風が吹いていれば行きはよいよい帰りは怖い状態です。

上武大橋を渡ります。

Tone10

橋から先は、寄り道して一般道を走ります。交通量が多く道も狭くて注意が必要です。世良田交差点を過ぎ郵便局の先、八坂神社付近にこのお店、朝日屋があります。

尾島町名産大和芋料理のお店です。麦とろごはんを食するのです!

Tone11

民家風の外観です。

内部も民家の座敷のようです。麦とろの里・尾島とのぼりがはためいていますので、町を上げての名物料理なのでしょう。

気さくなおばあちゃんが出迎えてくださいます。お昼なので他に4組ほどお客さんがいました。

Tone12

コレが麦とろ御膳(抹茶つき)1500円です。かなり豪華でした。

とろろ芋に麦ご飯。おイモ入りの煮物(温かかった)、ほうれん草のおひたし、大根の煮付け(よく味がしみています)お新香に味噌汁です。脂分がなくてヘルシーで炭水化物が取れるという、まさにサイクリスト向き料理ですね。

とろろ芋も量があり、つるっと食べてもう一杯麦ご飯をおかわりしたかったのですが、誰もしないので断念。結構コレでお腹一杯になりましたし。

Tone13

デザートの抹茶と羊羹です。お菓子はお饅頭と選べました。

なかなか渋いデザートですね。徳川家の三つ葉葵の紋入りの湯飲みが、東照宮の雰囲気を伝えます。

かなり満足、美味しかった~。

Tone14

すっかりお腹も一杯になり、目的地の東照宮へ。ここ尾島町は徳川家発祥地なのです。

東照宮については、資料を調べますので、この続き、激走!サイクリングロード・バトル編は、また次回です。

では、また。

|

« 群馬県・烏川~利根川サイクリングロードでぐるっとツーリング・その1 | トップページ | 利根川サイクリングロード(高崎伊勢崎自転車道)ぐるっとツーリングその3 »

コメント

どうもです!
恥ずかしさで顔を真っ赤にしながら、拝見させて頂きました(笑)
こんなにフィーチャリングされるだなんて・・・!

しかし、自分が自転車乗ってる時の姿って見たことなかったですが、
こんな感じだったのですね~。
確かに自転車、より小さく見えますね!
でも、ポジション的には700cのロードに乗っているかのようだ!(笑)
自分で見て笑っちゃいました(笑)

投稿: mk2 | 2007年2月19日 (月) 01:58

どうも~。イヤー、これからは一緒に走るたびに掲載されてしまうのですよ!
思い出として残して、ア~あの時こんなことやったんかー、と思い出してください。

このバイクフライデーは、すごくレーシーな前傾ポジションですよ!トップチューブが無いだけに余計そう感じるのかもしれませんね。
私にはこのポジション乗れません(笑)。腰と首がだめです、後腹がつかえます。
このブラケットを握るポジションが、私のロードでは下ハン握るポジションですからー。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2007年2月19日 (月) 22:12

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/13965924

この記事へのトラックバック一覧です: 利根川サイクリングロードぐるっとツーリングその2:

« 群馬県・烏川~利根川サイクリングロードでぐるっとツーリング・その1 | トップページ | 利根川サイクリングロード(高崎伊勢崎自転車道)ぐるっとツーリングその3 »