« ウィリエールを軽量化 | トップページ | GWなので自転車収納方法を考える »

2007年4月30日 (月)

テスタッチを夜間練習仕様に。

GWですね。え?9連休、10連休ですか?そんな訳はないでしょう?カレンダーを良く見てくださいよ!5月の1・2日は数字が黒くなってるでしょう。赤じゃないではずです。そこは私、お・し・ご・とです!

ああ、3連休&4連休という2種類の連休を体感できるなんて、前半の3連休を準備に当て、後半4連休ではじけるというのはどうでしょう?けどね、中年のおやぢになりますと、連休だからって自分の遊びが出来るわけじゃないんですよ・・。家族や、親のこともあって、1日フルに遊べないんです。さらにチームのメンバー達も、中年は家族サービス旅行、若者は恋人と旅行・・・、遊んでくれません。さらには5月1・2日に仕事を休んでキャンプツーリングに行く計画があるそうですが、私は真面目だけがとりえなもので仕事に行きますから・・。

そこで、GWは今後の自転車生活を充実させる準備をしましょう。休日もなかなかまとめて乗れないので、平日に乗ることを計画します。その方がトレーニングになりますし。幸いにも私の仕事は朝が早い代わりに帰りも早い。これを活かさない手はありません。

Tes8

お気軽ロードとして活躍中のテスタッチ・コンサイス2です。昔ながらのクロモリのロードレーサーです。ツーリングや散歩走りに愛用していますので、コンフォートなポジションに設定してあります。

これをこのようにライトを3基装着して、夜の暗い道でも飛ばせるようにしてみました。

Tes1 まずは、ハンドル周りをライト装着可能なように変えます。

オーストリッチのコンパクトなフロントバッグが装着できるようにアタッチメントが付いていますので、外します。

Tes2

これこのように、すっきりとしたハンドル周りです。

スタンダードサイズのフォークコラムに、リッチーのノーマルサイズ(26・0㎜)COMPハンドルです。オーバーサイズに馴れると、昔ながらのハンドルまわりは、とても繊細に感じます。

  Tes5_1

今回購入したLEDライト。キャットアイの新製品、HL-EL510です。相当に明るいらしい。

上が今まで使っていた、HL-EL500です。こいつも出た時は明るいと定評がありました。

Tes6

両方付けてみました。ハンドルバー上部は一杯になってしまいました。

サイコンを付けるために、前後に2箇所装備できるアタッチメント、確かBBB製品を装着。ベルもゴムバンドでどこでも装着できるBBB製品。

Tes7 上から見るとこんな感じ。

あー凄い。ごちゃごちゃしてるー。

サイコンもキャットアイ。

Tes9 

斜め前から見た図。

ハンドルにLED大光量ランプ2基。

フォーク下部に、ミノウラのアタッチメントをつけてそこにキャットアイのEL-300というLEDを5発搭載した、上記2機種の発売以前に最も大光量だったモデルを装着。この位置ですと光が前方に良く伸びます。

Tes10 後から見た図。

シートステー(細いですねえ・・)にもキャットアイのLEDテールランプ、TL-LD170-Fを装着。さらに、サドルバックには、ゴムひもでどこにも巻きつけられるテールランプ・キャットアイのSL-LD100を装着。

これだけキャットアイ製品を装備して、きっとキャットアイの社内の人は涙を流して喜んでくれることでしょう・・。

Tes11 おお、明るい!やはり製品が新しいほど明るいようです。特にEL-510は段違いの明るさ、サイズは一番小さいのに、青白い明かりが眩しい。

何故こんなに明かりが必要なのでしょうか?田舎なんで道が暗いんです。しかも安全第一でサイクリングロードメインのコースを設定したので、もう真っ暗。そしてそこには最も恐ろしい爆弾、犬の糞が多数落ちています!これを避ける為には、これだけの大光量ライトで早期発見して回避するのです。

本日ようやく午後時間が出来ましたので、今後夕方走るコースを試走してみました。折り返し地点が登りで後はほぼフラットです。

手頃な40キロのコース、仕事の後ですからその日の体調に応じて、暗いですし無理せず1時間半から2時間で走ります。これから暑くなる季節、夕方から夜にかけて、平日ぼちぼち走ってみましょう。

では、また。

|

« ウィリエールを軽量化 | トップページ | GWなので自転車収納方法を考える »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/14903697

この記事へのトラックバック一覧です: テスタッチを夜間練習仕様に。:

» アウトドアマンのための多機能リールリング式ハンギングウオッチ・カフクリップでアクテイブ行動でも安心。DAKOTA angler-III [アウトドアを趣味に!【アウトドアの楽しみ方満載】]
アウトドアを趣味で楽しむ方に送る、アウトドア用品専門サイトです。アウトドア用品、カヌー、キャンプ、テント、ターブ、バーベキュー、料理など、アウトドアを趣味で楽しむ方法をご紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 04:05

« ウィリエールを軽量化 | トップページ | GWなので自転車収納方法を考える »