« 佐渡ロングライド参加レポート・その4・イカタコ飯編 | トップページ | リクセンカウル・フリーパックメタ1購入・その1・ザック型リヤバック装着 »

2007年5月27日 (日)

佐渡ロングライド参加レポート・最終話・おみやげ編

  2007佐渡ロングライド210の参加レポートもこれで最終話です。

入浴施設「ビューさわた」にてさっぱりと汗を洗い流し、荷物をまとめてシャトルバスに乗り込みます。両津港へ到着。帰りのフェリー便もかなりの混雑振りです。

Sadoe11 お土産を買う元気も無く、ぞろぞろと列に並んでフェリーに乗り込みます。

16時にフェリーは佐渡を出発します。

楽しかった思いでもあり、う~ん、何故こんな遠く離れた島に渡って、雨と寒い中自転車に乗ったの?という疑問もありますが、イベントですから。次回は何とか仕事休んで210キロに挑戦したいものです。あれだけ走れば、このイベントに参加する価値が出てくるのでしょう。

Sadoe12_1

もうほんとに疲れてしまったので、カーペットで横になりたかったのですが、もうどこも満員。隙間に滑りこみ寝転がりますが、回りががやがやして落ち着きません。団体さんが隣に来たので、あああ、もっと静かなところに行きたいと思い移動します。

行きでも利用した、デッキ最後部のイベントコーナーにある座席へ。こういう座席があるコーナーです。

缶ビールを飲みながらうとうとしてしまいます。

Sadoe13 佐渡の島が遠ざかって行きます。

あの海沿いの道では、まだ仲間達が210キロのゴールを目指して走っているはずです。

新潟港が見えてきた頃、佐渡島に雲の隙間から陽が差して島を照らしているのが見えました。あの陽の下で、みんなはゴールをしているのでしょう。

18時半に新潟港に到着。路線バス乗り場に向かいます。思いのほかバスは空いていて、何台も待っているので座れた上にすぐの発車です。もっと行列を作って待つのかなあと思っていただけに拍子抜け。200円を降りる時に払います。

Sadoe14_1

新潟駅に到着。新幹線は20時6分発、お土産は自分に日本酒を一本。新潟名物がなんだかわからず、結局時間もあっという間に過ぎたので中華屋でチャーシュー麺と生ビール。新幹線でサイスポ最新刊を読み、21時36分に高崎到着。10時には自宅に帰れました。

これが130キロだったら、もっと深夜、もしくは翌日到着だったのでしょうね・・。仕事が辛いし、それなら後泊で210キロエントリーかなあ。来年のことをもう考えてしまいました。

Sadoe15 イベント参加で楽しみなのが、主催者がくれるお土産ですね。

これも参加費に含まれているのでしょうから、いい物をもらいたいものです。メインとしてゼッケンやセンサーがはいっていて、これはイベント当日使用します。

おなじみのTシャツ。たいがいはあとで恥ずかしくて着れない様なデザインの物がほとんど。最近は日本語でイベント名が入っているものが多くて。ここのもそうでした。こういうのは当日着ている人も多い。佐渡産コシヒカリ。これはきっと旨いと思うので、後日皆で持ち寄り、野外で炊いて楽しみます。佐渡深海塩。海水(海洋深層水)を使っているお塩。試供品ですな。これらのグッズが入っていたサコッシュバック。パールイズミのロゴ入り。こういうバックは自走で受付に来た人には便利。けどこのバックごわごわしたビニールで、後には使えなくなりそう。シマノ系のイベントなどでもらえる厚手の2重ビニールで出来ている背負えるバックの方が後々使えます。完走直後にもらった完走証。和紙に一枚ごとに手刷りだそうです。

Sadoe16

これがTシャツのバックプリント・・・。有名な方がデザインしたトキでしょうか?ただ佐渡に恋ッちゃ、はどうなんでしょ?これは着れるのか・・・。

しかしこのシャツ、パールイズミ製なのです!メッシュのクールアンダー素材です。これは買えば3000円はする物です。ありがたい。

外にはどうも着れませんが、インナーとして活用できます。吸汗速乾素材のアンダーとして使わせていただきます。

Sadoe17

自分のお土産は、佐渡の地酒、北雪(ほくせつ)です。YK35という凄い大吟醸酒で有名な蔵ですが、今回はお土産用に醸したと思われる鬼ごろし。鬼ごろしという酒は日本中にありますが、辛口の酒のことなんでしょう。「本品は世界でもトップクラスの超辛口清酒です」って、世界でとは、日本酒なのに大きく出ましたね。

呑んでみたら、うん、から口ですね、おいしいです。ただ、ジンほど辛くは無い。清酒として辛いのね。佐渡の酒はうまいね~。

佐渡にはいい思い出が出来ました。しかし、後日聞いたのですが、月曜日の午前、我がチームのメンバーが運転する車が、佐渡の道でスピード違反で反則切符を切られてしまいました!4台でホテルから出て、港に向かう途中1台が18キロオーバーです。

う~ん、これは私の考えなのですが、どうも佐渡ロングライドの参加者を狙った取り締まりとしか思えません。島全体での交通量はそんなに多くないので、違反取締りをやっても普段はそんなに反則切符も切れないでしょう。そんななか、島の外から沢山やってきた車を狙えば反則金収入も増やせます。警察さんもこのイベントを知っていますし、捕まった時に「昨日は何キロコースで走ったの?」とか聞いてきたそうですし、平日の午前にやっても走っているのは県外ナンバーばかり。県外ナンバー車による危険な走行から島民を守る、という使命もあるでしょう、スピードを出しすぎた私たちも悪い、けど、ちょっとなあ・・。警察さんには交差点で交通整理をして頂き助けてもらいましたし、佐渡の皆さんにも温かいご声援を頂きました。けど、全ての佐渡の人から歓迎されていたわけじゃないんだなあと、思ってもしまいました。農業漁業と並んで、観光が重要な産業の島なのですから、行政の方、それでいいの?

Sadoe18

やっと今日、佐渡を走ったテスタッチを磨きました。幸い、錆びてはいませんでしたが、塩を吹いている場所もありましたよ・・。綺麗に拭いてパーツクリーナーで汚れを落とし、ラスペネを注油、ワックスを掛けて仕上げます。

で、定位置に納まりました。

また、ぼちぼち走りましょう。

佐渡ロングライド参加レポートはこれで終わります。

では、また。

|

« 佐渡ロングライド参加レポート・その4・イカタコ飯編 | トップページ | リクセンカウル・フリーパックメタ1購入・その1・ザック型リヤバック装着 »

コメント

こんにちは。
土曜はお世話になりました!
お陰様で、とても楽しく過ごせました。

さて、佐渡レポート脱稿、お疲れ様です。
毎回楽しく拝読させて頂きました。
まぁ、色々とありましたが楽しいイベントでしたね(笑)
来年も是非、皆さんとご一緒させて頂きたいものです。

投稿: mk2 | 2007年5月28日 (月) 10:25

mk2さん、先日はお疲れ様でした。
どーもあの夜、私の反対側の席に、とても飲ませ上手な方がいたみたいでして、どうぞ、とか言って黒糖焼酎の大盛りロックを
5杯ほど連続で頂いたものですからいけません。
店を出てからの記憶がごっそり抜けております。
気が付いたら服のまま自宅の床に寝ており、明け方げーげーやっていました・・。
日曜日は、唸って寝込んでました。風邪が悪化しまして、咳が止まりません・・。しばらく治らないかも。


いや~、やっとこさ佐渡の参加レポート脱稿しまして、私も脱肛しそうですよ、ほんとに。
あのイベントはいったいなんだったのでしょうか?もう少し近場で盛り上がれるイベントが欲しいです・・。また来年、参加しましょう。来年私、あのイベント出るのならチタン、ですな。

皆さんも今回で小径車の限界を極めたようですから、次回からは大きなので楽したいそうですよ~。
さて、ロード行きます?マウンテン行きます?

私は、チタン。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2007年5月28日 (月) 21:53

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/15226408

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡ロングライド参加レポート・最終話・おみやげ編:

» ビニールシート [ビニールシート]
ビニールは柔軟性のあるプラスチックの総称となっています。用途は、ビニールハウス、ビニールカーテン、ビニール袋など様々です [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 14:35

« 佐渡ロングライド参加レポート・その4・イカタコ飯編 | トップページ | リクセンカウル・フリーパックメタ1購入・その1・ザック型リヤバック装着 »