« ブロンプトン収納カバー&バッグ | トップページ | カタクリの花 »

2008年1月28日 (月)

VWポロ・冷却水警告灯点滅!&オイル交換。

ここ2週間ほど、めっきりと冷え込んでおります。これが冬のピークと思いたい。

すると、愛車VWポロに異変が!

毎朝6時40分頃にエンジンを始動しますが、ちょうど冷え込む時間・・。
Oil1 このところ、朝エンジンスタートして10秒もすると、ピー、という警報音とともに、
インパネのタコメーターとスピードメーターの間にある中央の窓に表示が点滅。

この窓、普段は何も表示されずに、寂しい空間ですが、いきなりランプがつくと驚きます。

こんなの去年も一昨年も冬場に点灯しませんでした。今年に入って冷え込んでからです。
取説を見ると、冷却水の異常を示すランプのようです。

どうしたんだ?!初の重篤なトラブルか?
冷却水が少ないのなら、温まったあとオーバーヒート気味になるのでは?
オーバークールを表すサインなのか?外気温はマイナス2度くらいなので、そんなのじゃここより北国で走れないじゃないですか!
しかも、これはエンジンが温まってもエンジンを止めないと消えません。

走行距離も25000キロが迫り、オイル交換の時期なので、昨日近所のDUOに持ち込みました。

サービスの方に見てもらったところ、冷却水が減っているが、下限値ギリギリなので走るには問題ない。しかし、朝の冷え込んだ時は冷却水の下限値を下回る状態になってしまい、警告が表示される。冷却水を上限値までの量に補充しておいた、とのことです。

Oil2 オイル交換は、4700円です。

有無を言わせずユアロ502・5W-40というオイルが入ってきます。
他に何かオイル試せないのかなあ?

冷却水補充と、先日パンクをしたので空気圧を見てもらいましたが、それは無料です。

今朝は警告灯が点滅しなかったので、解決致しました。冷却水は時折チェックしたほうが良いようです。段々、いろいろ警告ランプが点灯してくるのかなあ、これから。

先日、雪の後の朝、路面が激しく凍結していました。ブレーキではABS作動頻発してましたが、アクセルオンで横滑り防止装置のESPランプがビカビカ点灯、何度かESPが作動し真っ直ぐ走ってくれました。こっちのランプ点灯は、ちょっと嬉しかった・・。

では、また。

|

« ブロンプトン収納カバー&バッグ | トップページ | カタクリの花 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VWポロ・冷却水警告灯点滅!&オイル交換。:

« ブロンプトン収納カバー&バッグ | トップページ | カタクリの花 »