« VWポロ・冷却水警告灯点滅!&オイル交換。 | トップページ | ハンドボールな夜 »

2008年1月29日 (火)

カタクリの花

以前私は、野の花写真のホームページを運営していたのですが、もう何年も更新せずに、今では無惨な状況です。
プロバイダーの都合で、そこの日記も掲示板も閉鎖され、アクセス数も開設から5年間の通算で、このブログの一ヶ月のアクセス数にも及びません。閑散としています・・。
そこでの「日記」は、このブログに受け継がれています。

そのHPには、沢山の野の花の写真が掲載されているのですが、このまま陽の目を見ないのも可哀想なので、このブログに展示したいと思います。野の花の写真、マクロ(近接)撮影に凝っていた頃の写真たちです。

本日は、カタクリです。とても可憐な花です。関東地方では3月下旬~4月上旬に咲きます。

Kat1_3 2000年ごろの撮影。
まだフィルムカメラで撮影しています。

Nikon F3  Ai Nikkor 50㎜F1.4  RVP








Kat2_2 このNIKON F3というカメラは、今思い出しても素晴らしいカメラでした。握った時の塊感、ファインダーの素晴らしい見え具合、切れのいいシャッター。まさにプロ用の道具でした。


Nikon F3   Ai-Micro nikkor 105mm F2.8S

RVP






ニッコールレンズの描写力もいい味を出していました。





Kat3 フィルムは、リバーサルフィルム、ポジフィルムというもので、ネガと違って撮影後に露出や発色の調整が出来ません。まさに一発勝負のフィルム。露出を変えて3カットづつ撮影しますが、撮影は緊張します。RVPというのは当時あったISO50のリバーサルフィルム、ベルビアです。

Nikon F3  Ai-Micro Nikkor 105mm F2.8S

RVP

ホームページでは、群馬県内の撮影可能な自生地を紹介しました。しかし、この写真たちは、そういった管理された自生地ではなく、自然の林の中で撮影されたものです。ホームページでは公表しませんでしたが、群馬県内の奇岩で知られる山のとある登山道に一面自生していたのです。



Kat4

これは28mmの広角レンズ。こいつも素晴らしい描写のレンズです。


Nikon F3  Ai Nikkor 28mm F2S

RVP









Kat5 花は小さいけど、ぐっと近づきます。ピントが合う幅はとても薄くて、ピント合わせに集中します。ポジフィルムを直接フラットヘッドスキャナで読んだのですが、スキャナのピントがちょっと怪しかった・・。

Nikon F3  Ai-Micro Nikkor 105mmF2.8S

RVP



Kat6_2 55mmマクロレンズは、周囲の景色も写しこみます。花の周りの空気ごと包み込むように。

林の中に春が徐々にやってきています。


Nikon F3  Ai-Micro Nikkor 55mm F2.8S

RVP




しかし、徹底的にローアングルをやっています。全てのカット、もう地面にはいつくばっての撮影です。この頃は土まみれになって、もう夢中でした。



Kat7

50mm標準レンズも幻想的な描写です。逆光でポートレート的に撮影してみました。


Nikon F3  Ai Nikkor 50mm F1.4

RVP



いかがでしょうか、カタクリ。可愛い花ですね。

もう恥ずかしいのでホームページのリンクは記載しません(ブログのトップからも外してしまいました)。ブログ内のどこかの記事にリンクがありますけど・・。

この頃のメインカメラのNIKON F3は、私が使ったこの数のカメラの中で  最高のカメラでした。今でもフィルムカメラが主力ならば使っていたでしょう。デジタルカメラに移行して、既に売却してしまいましたが・・。これらのニッコールレンズも素晴らしい描写で、いつかはデジタルカメラで復活させたいと思っています。ニコンのカメラについてはいつかまた詳しくレポートします。
花シリーズも、まだやるつもり・・。

では、また。

|

« VWポロ・冷却水警告灯点滅!&オイル交換。 | トップページ | ハンドボールな夜 »

コメント

電動おやぢ様、こんばんわ。
写真、めちゃ上手いですねえ。
さりげない日常写真にも構図とかのこだわりは感じていましたが、本気写真も凄い上手です。おやぢ様の写真に込めた詩的センスを感じました。
我が家の裏山(片倉城址公園)にもカタクリが自生しているんですよ。町の名前「片倉」もカタクリが語源だという説もあるくらい。
今年はライブビュー一眼をもって撮りに行こうかと思っています。太陽光の角度が完璧じゃないと平凡な写真になっちゃいますが、しかし、いい光が入っていますね~!感動

投稿: oyakata58 | 2008年1月30日 (水) 00:06

お久しぶりです~
カタクリの花、とっても可憐で綺麗ですね~
北海道にも群生地があると聞いたことがあるんですが、未だに現物を見たことはないです。

たしか「カタクリ粉」って今ではジャガイモのデンプン粉を差しますが、もともとはこれの根からとったものなんですよね?

本物のカタクリ粉って今もあるのかしら??

それはそうと、↓の記事で私が取り上げた漫画を読んでくださったようで、ありがとうございます。
「JIN」も「イキガミ」も新刊を楽しみにしている作品のひとつなんですが、村上もとかさんは「RON」の連載が終ってから、「JIN」の方に集中できているのか、コンスタンに新刊が出てくれて嬉しいですわ

違う魅力を持つ2作品ですが、今後の展開と結末が気になりますよね

投稿: たれぞ~ | 2008年1月30日 (水) 11:03

「野の花写真館」今でも時々拝見させてもらってます。

昨年秋に輪行京都旅のときに管理人さんの写真とても参考になりました。

これからもきれい写真楽しみにしております。

投稿: 農協イレブン。 | 2008年1月30日 (水) 18:52

>oyakata58さん、こんばんは~。お元気ですか?

イや~写真が上手いだなんて、そんな本当のことおっしゃって、誉めないでくださいよ~!
誌的だなんて、誉めすぎですよ~。

うんうん、そう、普段のさり気ないカットにもこだわりを持って撮影してきたのですよ。やはり判る方は判ってくださるのですね!うーんさすが!

いやー、もっと誉めて!誉めて!
誉めれば誉めるほど私、調子にのって木に登りますよー!
私を褒めちぎってくださいいいイ!!
はあはあ・・。

片倉城址公園のカタクリ、噂に聞いたことがありますよ。3月末には咲きますか?きっと綺麗でしょうね~。いいところにお住まいです。

やっぱ写真は光、ありますよね。逆光でプラス補正して白く露出をぶっ飛ばしたり、マイナス補正して黒くシルエットにするとか、写真て表現が幅広くてホント面白いですよね!
これからもお互い、写真を楽しみましょう~。

>たれぞ~さん、こんばんは~。復活されましたかー。お元気そうで何よりです!

北海道は平地でも結構咲いているという噂を聞きましたが・・。庭に咲いているとか。群生地、是非見つけてみてください。凄く綺麗な花なんですよ!

そうそう、もともとカタクリは片栗粉の原料でした。けどそんなにはえてないし、ジャガイモのでんぷんになったみたい。本物の片栗粉ってもうないんでしょうね・・。
けど葉とか花は食用になるようですよ~。おひたし用のを買ってきて食べたことがありますが、味はないです。食感がシャキシャキしてましたけど。

たれぞ~さんの漫画レビュー、とても面白いです。次に読む漫画の参考にさせてもらっています。今読んでいるのは、金魚屋古書店です。表紙を見たことはありましたが、内容がわからなかったのもで買わなかったのですが。
たれぞ~さんのレビューを読んで、過去の漫画が出てくるストーリーと知って興味をもちました。面白いですね!
また、漫画レビュー楽しみしていますー!


>農協イレブンさん、今晩はー!

おお、野の花写真館の数少ない初期からの愛読者様ですね!ありがとうございます~。
もう放置プレイのHPですけどね・・。

京都の写真、私も農協イレブンさんの作品拝見しましたよ。凄くいいじゃないですか!
南禅寺の写真も広角使ってナイスアングルです。
ストロボで紅葉を撮影したカットもいい表現ですね。綺麗です。地面に落ちた葉を望遠で撮ったのもセンスを感じますよ!
ビアンキにも再会出来たし・・。

また写真のアップを楽しみしています~。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年1月31日 (木) 00:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタクリの花:

« VWポロ・冷却水警告灯点滅!&オイル交換。 | トップページ | ハンドボールな夜 »