« 本日のうどん。 | トップページ | こいのぼり »

2008年4月27日 (日)

ipod nanoをカーステレオで聴く・VWポロに装着

以前、書いていたipod    nano  購入記ですが、今回は車の中で聴く編です。

カーステレオに外部入力端子があればいいのいいのですが、無ければFMトランスミッターを使用し、FMラジオチューナーに電波を飛ばして聴きます。

Fm1 同時に購入したFMトランスミッターがこれ。
このときnano 3rdの専用トランスミッターってこれだけでしたから。nanoの形ががらっと変わってしまったので、ピッタリはまるタイプがこれしかなかった。
コネクター部分がはまるだけなら、他にもあるのですが、なるべくスマートに装着したかったのです。

Logitec    のLAT-FMN03GSVっていう奴です。黒もあったけど、本体のシルバーに合わせてこれ。

ロジテックのHPに掲載されています。

7800円で購入。ネット通販ならもっと安くありそう。

シガーライターソケットに挿入すると、電源が供給されます。
で、角度が柔軟に変わるので、ソケットの位置にあわせやすい。

Fm2 私の愛車、VWポロのシガーライターはこんな所。
シフトレバーの奥。
灰皿の蓋が付いているので、それを開けて、ソケットを取り出して入れます。
この場合、ソケットに差してトランスミッターはそのままの角度垂直にすればよし。

ダッシュボードにソケットがある場合は、トランスミッターのクビを直角に曲げてやればいいし。





Fm3 で、早速装着。
nano3rd専用だけあって、大変スマートです。
配線コードもないし、ダッシュボードに接着したりとかも無いので、簡単です。

製品のHPから解説してもらうと、

「iPod nano 3rd generation専用のホルダータイプの車載用FMトランスミッターです。FM電波で音楽を送信しますので、面倒な車内配線の必要がありません。シ ガーソケットに直接取り付けることができ、iPod nano 3rd generationをしっかりとホールドしますので、走行中にiPodが落下する等の心配がありません。ケーブルレスで接続ができますので、すっきりと 設置することができます。FM放送を聴く要領で、お気に入りの音楽を楽しむことができます。」

だ、そうです。

Fm4 運転席から見た、取り付け位置はこんな感じ。

ちょっと位置が低いなあ・・。
ダッシュボードに装着したかったけど。

曲を替えたり、曲名を確認する時は目線の移動が大きいので危ないですね。

シフトレバーをP位置にすると、当たりはしないけど、着脱がし難い。

さり気ない位置ということで・・。

さらには、

「 iPod nano 3rd generationへの充電もできますので、長時間の移動でもバッテリの残量を気にすること無く、楽しむことができます。電源連動機能を搭載していますので、エンジンスタートに連動して音楽再生を開始することもできます。」
と、いうことです。この充電しながら使うっていうのが、販売店の店員さん曰く充電池の寿命に良くないということなのですが、どうなることやら。
また、VWポロがそうなのですが、一部の欧州車はエンジンをオフにしてキーを抜いても、シガーライターからの電気は流れたままなのですよ!装着したままにして何日も忘れていたら、バッテリーが上がっちゃうよ・・。

で、肝心の電波受信状態ですが・・。
「Mトランスミッターの送信周波数は「88.3MHz」「88.5MHz」「88.7MHz」「88.9MHz」の4周波数から選択することができます。混信がより少ない周波数を設定することができます。」
ですが、この周波数帯にFM局が無ければどれでも同じという感じです。むしろカーステのチューナーの周波数をマニュアルで合わせるほうが苦労しましたよ・・。

電波受信の仕組みは、
「 本製品は、FMトランスミッター内蔵のアンテナからFM電波を発信し、車載用アンテナで受信して、カーステレオで再生することで音楽等の視聴を行います。したがって、FM電波受信感度やノイズの発生に関しては、車載用アンテナの構造や設置位置が大きく影響します。」

Fm5 「 弊社で行った東京都心部における動作検証では、以下の順で受信状態が良いことが確認されています。ロッドアンテナ > ピラーアンテナ > ルーフアンテナ」

あわ、あわわわ・・。
私のポロはモロにルーフアンテナですよ!
最近じゃあこの位置にこんなあからさまなアンテナがある車も少なくなってきましたが、VWゴルフあたりが元祖だったような。ドイツや日本のハッチバック車の定番位置です。これがイタリアやフランス車になるとルーフ前部に付いていたりします。

で、私の車での受信状態と音です。
1)思っていたよりはよい音だが、まーこんなものか、といったレベルです。
音はFMラジオの音(笑)。なんか真ん中に寄っているような音。抜けない感じがします。
ラジオを聴いているつもりで聴けば、納得がいきます。ちゃんと聴けます。

2)受信状態は結構いいです。きちんと入ります。ノイズはたまにチリチリとしたノイズが乗ります。何らかの影響のある障害物や高圧電線の側を通ると、ザーッとノイズが入ったり受信しなくなることがあります。本体の背面に送信装置があるのか触ると激しくノイズが出ます。また本体を回転させたり角度を変えたりして、受信感度のいい位置にするのがコツ。その位置は何故か日によって違う(笑)。

3)一番の問題は、送信出力レベルが低い。だからノイズが増幅される、音圧感が低い。

ipodのボリュームを上げてもそれは反映されません。出力レベルは一定です。
出力レベルが低いので、チューナー側のボリュームを上げなくてはならないのです。するとチューナーのガーやチリチリしたノイズと、カーステのアンプからのサーというノイズが大きくなります。また、音量が低いと音圧の薄い感じの音になってしまうのです。

惜しい!電波法もあるのでしょうが、もう少しカーステのボリュームを下げられたらなあ・・。

Fm6 面白い機能として、「 ホルダーは「イルミネーション機能」を搭載しています。ホルダー前面の左右2個所に配され、「ブルー」「レッド」「バイオレット」を選択することができます。メーターやカーオーディオなどの照明にあわせて、お選びいただくことができます。

・・・これなあ。しかも点滅するのですよ。
ふわ~って感じに。

ちょっとエッチな、ラブホ的なセンスですよねえ。


Fm7 これを点灯させての夜の運転席。インパネのブルーの照明とあっていますが。
なんか、下心ミエミエの演出。

本体のシルバー&メッキの塗装とあいまって、80年代のような感じ(笑)。あの頃は、怪しいカーアクセサリー全盛でした。私もシガーソケットからアームが伸びて先端にブルーのライトが点灯するのつけていましたよ、当時ね。豆電球だったんだろうなあ。

シフトレバーの水中花のようなセンス(笑)。これはちょっと古いですね、マップランプのように白色で常時点灯なら使えたのでしょうが。
これはスイッチでオフに出来ますので切ります。



結論として、よく出来ています。装着もスマート。音質もノイズがあるが使えます。
走行状態でエアコンをつけていれば、車のノイズのほうがはるかに大きいので、ノイズはよっぽど大きいのを拾った時以外は全く気になりません。レクサスとか高級車の静かな室内だとわかると思いますが、うちのコンパクトハッチならタイヤノイズのほうが大きいです。

ただ、頑張って誘ったおねいさんと海辺にドライブして、駐車して波の音をバックにコイツで色っぽいバラードを流して口説こう、なんて時はこのノイズは興ざめかもね。ラジオの入りが悪いね~とか言われちゃうかも。音量を下げればまた気にならなくなりますが。

Fm8 私の場合の効果は、以前これだけのCDやMDを車内に入れていたのが、こんな薄っぺらいipod一枚で済んじゃったという事。とてもスマート。

若かりし頃、デートドライブにはBGMテープって作りましたよね?最初はノリのいい曲で気分を盛り上げ、到着したらラブソング、最後はバラードで・・。なんていう下心ミエミエのテープ!
ipodにそんな曲を集めたフォルダーを作っておけば、もうデートはいただきだ~。

Fm9 さらには、私のカーナビはDVD-ROMタイプなので、CDを聴く為にはDVDROMを抜かなくてはならない。そうすると、ナビの機能がガックシ落ちてしまうのですよ。さらにはMDは現在壊れています。

TVが地上デジタルに移行したら、このカーナビも買い替えでしょう。その時はHDDタイプにしたいので、それまではipod  にお世話になりましょう。

細かいところを気にしなければ、普通に使えるトランスミッターです。ただ最近店に行ったら、新しいnano用トランスミッターがありました。なんとハンドルにリモコンが付けられるようでした。う~ん曲を替える時に操作が大変なので、そっちが欲しいかも・・。

では、また。

|

« 本日のうどん。 | トップページ | こいのぼり »

コメント

自分の場合、FMトランスミッターの音質には最初から期待していなかったので、『おおっ!ちゃんと聴ける!』という機械としての性能に喜びました。音質とノイズに関しては、おっしゃるとおりのレベルだと思います。プジョー206はルーフ前方に結構長いアンテナが付いています。
ちなみに自分が使っているMONSTER社の製品は0.1単位で周波数を無段階に調整できて、3局をプリセットできるので、FM放送混在地域では重宝していますヨ。
でも、ほんとに『たまに』ですけど、同じ周波数設定の車とすれ違ったりすることがあって、突然、演歌が流れたりすることがあります(笑)出力が負けているのか?その時、自分が変な曲をかけていたりすると、ちょっと恥ずかしいです…。
それと、ipodに入れている曲ですが、半分以上は昔の曲です。『なつかCD』、『かなりなつかCD』というフォルダに詰まっています。『セキシャルバイレット』や『君の瞳は10000ボルト』、はたまた『Return to myself』、『キ・ツ・イ』、挙げたらきりがありませんが、中学~20歳くらいの時期に聞いた曲が耳から離れません!

投稿: ecotech | 2008年4月28日 (月) 08:22

ecotechさん、こんばんは~。

ipod用のFMトランスミッター、私も意外と使えるので驚きました。もっとダメかと思っていたので・・。普通にイイですよね。ipodが車載用に使えたので当初の目的を果たし満足しています。

電波法の絡みで出力レベルはこんなものなのでしょうね。新製品も今後出ると思いますので、評判がいい奴があったらまた試してみます。

MONSTER社は海外製品ですかー。輸入品は電波法に適応しているのでしょうかね。高出力の奴が欲しい。なんか、改造する方法もあるみたいですが・・。

混信するのは、たぶん高出力な奴じゃないですかね~。
自分がかけている曲が誰かのラジオに流れたらやっぱり恥ずかしいですよね。

君の瞳は10000ボルトって懐かしいですね!70年代?
モロ同世代ですね。あの頃は良かった・・。う~ん、私はipodで聴くなら90年代からかな~(笑)。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年4月28日 (月) 22:27

ipod、とある筋の話では「高音質で落とせば究極のプレーヤー」だそうで、CDプレーヤーを上回る音質でCDが聴けるそう。-> 最高音質で試したところ、なるほど眼から鱗、素晴らしい音で鳴りました。 …が、この音質では2GBのnanoではCD4枚程しか落ちません… ので、大容量にも買い換えたいのですが… 当方のパソコンとitunesの相性悪く、CDによっては相当聴き込んだレコードのようなノイズが入ります… SONYに買い替えましょうか…

投稿: 膜脳倒 | 2008年4月29日 (火) 08:58

膜脳倒さん、こんばんはー。

おお!最高音質。そそりますね~。これはitunesで設定できるのでしょうか?やってみたい。
しかし、2GBでCD4枚とは全く圧縮していないなってことですか!
そりゃ80GBモデルじゃないとあっという間に一杯になっちゃいますね~。

うーん、ノイズが入りますか。私も初期のMP3時代はノイズだらけでした。あの時はCPUがAMDの300Mhzでしたね。
今私が使っているVAIOのCPUは、ペンティアム4の1・8GHzですが、ノイズは無いです。
やっぱりipodにはMACってことでしょう!

お金さえあればipod専用MACが欲しい・・。中古で探してみましょうかねえ・・。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年4月30日 (水) 00:01

そそりますか?お暇ならザッとご覧になってみて下さい。
http://www.procable.jp/setting/25.html
全体の雰囲気は怪しいのですが、言ってる理屈はな~るほどというところもあります。

し~かし、天下のAppleが公然と認めているitunesのノイズには困ったものです… ノイズが入るCDと入らないCDがあったり… う~ん、買い換えますか… レコーダーを?パソコンを?Macに?う~ん…う~ん…う~ん…

投稿: 膜脳倒 | 2008年4月30日 (水) 11:22

膜脳倒さん、こんばんは~。

情報ありがとうございます!
早速そのサイトを見てみましたが・・。
うーん、全ては理解できませんが、無圧縮のCDデータをデジタル信号のままipodに入れるからなんですかね。CDの音そのままですから相当良い音ですね!

確かに圧縮してDA変換すれば音は劣化しますし。PCに内蔵のCDRドライブでも高級CDプレーヤーでもデジタル信号をCDから取り出す仕組みは全く同じなんですかね。

問題は、最後のipodのヘッドフォンに出力するアンプ部分の性能ってどうなんですかね?デジタル信号を音楽にする部分てipodのどこなのかな?ヘッドフォンの末端?いや内部にありますよね?結局アナログ信号で出力するのですから、そこが高級オーディオとの違いになるんじゃないかと思うのですが?最高と断言できるのかなあ(笑)。
圧縮したipodの音より確実によい音ですね。
私は圧縮したipodの現状の音で満足かな~(笑)。

CDの録音レベルによっては歪むこともありますが、どの部分で歪んでいるのかなあ。以前内蔵イコライザーで持ち上げたときに良く歪みましたが、あれでフラットよりゲインを下げられる設定があったら、ひずみが解消出来そうな気がするのですけど。

itunesにノイズがのるのですか・・・。変換圧縮時にCDとの相性があるのですかねえ?私はまだノイズのあるCDには出会っていないのでわからないのですが。

MACとipodの組み合わせで納得がいかなければ、諦めもつくのじゃないでしょうか(笑)。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年4月30日 (水) 22:43

そもそもCDプレーヤーは「読み込みエラーを無視してほぼ時差の無いリアルタイム再生」なのに対し、ipodなぞは「パソコンの世界の常識としてエラーが無くなるまで何回でも読み、読み込み終わったものを保存してある」から読み込みの時点でCDプレーヤー < ipodなぞ の大差がつくという理屈のようです。確かにパソコンは「平気でディスクエラーなぞと称しFDやCDを読まなかったり」しますが、なるほどそういう時は「かたいこと言うなよぉ~」と泣いてましたが、その頑固なまでの厳格さは裏を返せば最高の音質につながるということなんでしょうかね。確かにアンプ部分の性能に差はありそうですが、「元々薄くなった情報を完璧に増幅」するより「元々100%に近い濃密な情報をそれなりに増幅」する方がオイシイのでしょうかねぇ。

当方、運良くノイズレスで落とすことが出来た非圧縮の曲は、今まで聴こえない音聴こえまくり、最早元には戻れませぬ~~~ 国立図書館録音の古~いBluesなんぞは、もとが低音質!ですので非圧縮でも変わりませんが!(苦笑)

なぁ~んて、ノイズ対策の方が深刻なんですが… こ。こ、これは悩みすぎると「えぇ~い面倒ぢゃ~」で散在するパターンやないですか~ ひぃ~~~~(怖)

投稿: 膜脳倒 | 2008年5月 1日 (木) 20:25

膜脳倒 さん、こんばんは~。

やはりipodの特にフラッシュメモリタイプは、CDデータ記憶再生装置としては最高ってことなんですね。凄いものが出来ちゃったものですよ。

例のHPでも、そのサウンドは絶賛でしたね。ヘッドフォンジャックから出力したとは思えない音、と感想を書いた方がいましたが、そこにも秘密があるんじゃないかと・・。
私も圧縮した音で楽しんでいますが、やはり音が良いと思うのです!

つまり、アップルの技術者が作り込んだ、イコライジングした音、もしくはアンプの特性にも秘密があるのでは?

内蔵イコライザーをフラットにしてもあの音はフラットじゃない(笑)。
おそらく低音はややブースとしてある気がします。昔のソニーやらのウオークマンではBASS増強スイッチが必ず付いていましたが、あれほどではないけど、低音は持ち上げてある気がします。ハイもあるし究極のドンシャリを目指したのか(笑)。なのにボーカルもいいんですよね。イヤホンで聴くことを前提とした音を作ってあると思うんですよねー。

音質的にはデジタルのクリアさに艶が加わったようで、あのイヤホンから出ているとは思えないほど。

携帯音楽プレーヤーであの音が楽しめるのですから、良い時代ですね・・。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年5月 1日 (木) 22:32

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ipod nanoをカーステレオで聴く・VWポロに装着:

« 本日のうどん。 | トップページ | こいのぼり »