« チャットモンチー・ライヴDVD「SOUP」を買った、観た、凄かった。 | トップページ | GIANT・MR-4のタイヤ選び。24インチは悩むよ。 »

2008年4月14日 (月)

磯部温泉・竹林の湯宿はやし屋。念願のしょっぱい系100%源泉に入浴

先日、久しぶりに地元の磯部温泉に行って来ました。
私の青春時代をすごした安中市にあります。
成分濃厚な源泉風呂を堪能しましたので、レポートします。

群馬県安中市の磯部温泉は、JRの磯部駅から程近い温泉です。
今回は、ちょっと奥にある閑静な佇まいの旅館「竹林の湯宿はやし屋」さんにお世話になりました。
会合の今回は宴会のみでしたが、以前に2度ほど宿泊したことがあり、ここのお風呂は是非リポートしたかったのです。

宴会後、早速お風呂に。

Ha1 内湯です。部屋数が30室ほどあるので、なかなか広い浴槽です。

この旅館は1泊1万5千円くらいから。私にはややアッパーな旅館です。最近は1万円以下が狙いですから・・。格安プランなら1万円くらいで泊まれるそうですが。

湯気と暗いのでピンボケです。

ざばざばとお湯が注がれていますが、残念ながらこれは加水、加温した循環です。

ただ、後述しますが、源泉がとても濃厚なため、源泉そのままではお肌に刺激が強すぎる為の加水循環ということで、循環でもアルカリ性温泉らしいつるつるする感覚は味わえます。ジェット水流の場所もあり、温泉にこだわらないなら、なかなかリラックスできるでしょう。

Ha2 そのまま行ける露天もいい感じ。男女入れ替えで、夜は男性がこちらの檜露天風呂の「湯ざくら」。もう一方はここより広い庭園岩風呂です。

高級リゾート温泉のような趣のあるお風呂です。

景色は見えませんが、碓氷川が側を流れているので、格子窓からせせらぎの音が聴こえます。


Ha3 もともと磯部温泉は冷鉱泉でした。源泉も枯渇してきて、温泉街も鄙びてしまったため、平成になって新源泉を掘りだしました。これがかなり濃厚ないいお湯なのです。

伝統のある磯部温泉街は過去なかなか栄えていたので、10軒の旅館があり、そのうち1件は巨大温泉ホテル、四軒はやや規模が大きいものです。後は10室前後のアットホームな宿。それに対して、湧出する湯量が毎分149リットルですから、循環がメインとなってしまうのでしょう。

けど、このお湯が出て、本当に良かった。新源泉のおかげで磯部は堂々と温泉といえます。昔は地元ながらちょっと後ろめたかった・・・。

Ha4 この露天はいい雰囲気です。
空いていたので全くの私一人です。贅沢ですなあ。

静けさとせせらぎの音が素敵なので、この真ん中の泡は無くてもいいのに・・。そのほうが私は落ち着けそう。

露天は源泉30%の循環です・・。塩素臭もします。
観光かゴルフがメインのグループには、こういういい感じのお風呂でさっぱりした湯のほうがいいのかも。誰もが泉質にこだわっている訳じゃないし・・。

Ha5
庭に植えられたしだれ桜が満開です!ライトアップされとても綺麗。
このお風呂の一番いい時期です。

どこかでかえるが鳴いています。風流・・。







しかし!この循環風呂で温泉好きな私が満足したわけではありません!

Ha6
大浴場の隅に、なにやら小さな浴槽が・・。











Ha7 これが今回ご紹介したかった、新源泉を100%そのまま投入した、源泉風呂です。

ほんと、一人しか入れない、小さな浴槽です。

いや、私は常日頃、源泉をそのまま味わいたいなら出来るだけ浴槽は小さいほうが良いと断言しています!

これは期待できるぞ~。

Ha8 磯部温泉の新源泉は、
含銅・鉄(Ⅱ)-ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩強塩温泉。
もうこれを読んだだけでしょっぱくなるような、しょっぱ系温泉です。

この辺りは太古は海だったようで、深く掘ると強塩泉が出ます。

以前ご紹介しました近所の妙義グリーンホテル の自家源泉も似た成分です。ここは塩分が濃すぎるのでお肌のために加水循環でした。
この磯部温泉も同じように、成分総計33・3グラム/㎏というなかなかの濃厚温泉です。
その殆んどがナトリウムですが。

妙義グリーンホテルは循環でもぬるぬるしょっぱい温泉で、う~んコイツの100%源泉にお肌がどうなってもいいから入浴してみたい(笑)と思っていました。ぬるぬる感はややアルカリ性だからだそうですが。

Ha9 そこに似た成分の源泉そのものに入れるならば、期待は高まります!

お湯はやや濁りがあります。
臭いは軽い油臭。

さあ、入ってみましょう。他に誰もいませんから、気兼ねなく独り占めです、って一人しか入れませんから。




Ha10 ぷっは~。

塩分が濃いので、張り紙にお肌の敏感の方はヒリヒリ沁みます、みたいなことを書いてありましたが、平気みたい。
流石は源泉そのもの、なんかトロっとした感じです。

死海みたいに浮くかな?と思いましたがあまりわからず・・。


Ha11 湧出量が少ないのに10件の宿に分配し、市営の日帰り温泉施設もあるので、この源泉は大変貴重です。だからこの量ね・・。タラタラと一筋です。

しかも冷たい・・。源泉温度52度じゃなかったっけ?管でここまで来る間に冷めてしまったのか?
薄まらないように浴槽の隅の電熱ヒーターで暖めています。
う~ん、この入れているお湯もヒーターで温める演出もして欲しかったなあ・・。
しかも、結構温い、いやかなりぬるい。長湯をすると湯あたりしますと書いてますが、これでは出られない。と思ったら何故か体の内から温まってきました。

Ha12 成分が浴槽に固着しています。
こういうのを見ると、温泉好きは嬉しくなりますね。

顔を手で洗ったらにゅるにゅるっとして、なんか皮膚が解けたみたいに感じてしまった(笑)。







Ha13 浴槽の縁もなんか幅が広くなっている。何十年もたつと蓋になったりして・・。

流れ出ているのをちょろっとなめてみると、うん、しょっぱい。けど、塩辛いと言うほどでもないかな。

今回は一人だったので、お湯も新鮮でしょうが、多人数いたらこの源泉投入量はちょっと不安。よりしょっぱくなったりして・・。



Ha14 浴槽周りも形が変わってきています。

以前、白骨温泉で、こういった固着物で浴槽が大きく育っているのに入浴しましたが。
こいつも大きく育つのでしょうか。







Ha15 う~ん、成分が体内に浸透した感覚?気分ですが。

この浴槽のサイズですから、独り占めできる空いている時がお奨めです。

平日なら、毎回宿泊客は5~6組みでしたから、のんびり出来ると思いますよ。

他の磯部の旅館はわからないのですが、このはやし屋の源泉風呂は、温泉好きな方に嬉しいと思います。温泉に入ったな、っという気分になります。

Ha16 お風呂の棟に行くには、ちょっとだけ外の廊下を歩きます。夏は涼むのにいいかも。

サービスで冷水とお茶が置いてあります。
椅子があって休めます。







Ha17 これが宴会料理。今回は厚生会から出金なので幹事さんがいくらのコースにしたのかわかりませんが、普段の宴会よりより豪華です。ヤマメの塩焼きが旨かった。これに茶碗蒸し、自分のコンロで釜で炊く白飯、お吸い物、パイナップルが出ました。

宿泊したときは、朝食が面白くて、仲居さんが持って来る数種類の魚の干物から選んで自分で焼くというものでした。


群馬県の磯部温泉、「竹林の宿はやし屋」 さんでした。
以前宿泊も、職場で積み立てた厚生会費で行きましたので、自腹で泊まったことはないのですが、今の私にはやや高級。ここに宿泊されるときはちょっと奮発して、良い部屋のタイプにしたほうが、眺めもよく満足できると思います。

磯部温泉の温泉街は、観るところはないかなあ・・。足湯が一つあるくらい。物産店もないかなあ。人が歩いていなくて寂しい温泉街です。温泉街っぽくないかなあ。旅館でのんびりして、川べりを散歩するくらいです。夏は川がいいです。鮎の簗もあるし。旅館メインだからお湯が良い旅館がいいですよね。観光かゴルフして泊まる温泉、もしくは何もせずに静養する温泉でしょうか?幼少の頃はおばあちゃん家が磯部で、神奈川から遊びに来て、磯部の絵葉書を買ってもらったら、橋から見た碓氷川、近所の児童公園、という内容でしたから・・。

名物は磯部せんべいです。薄くてウェハースのような軽い食感で甘くて、温泉水で練り上げて焼くので独特の風味があります。私も東京時代に里帰りの土産に持って帰ると、とても喜ばれました。甘いせんべい持ってきた?って言われましたから。素朴で、温泉以上にお薦めかもしれません。

東京方面からいらっしゃる場合。車なら上信越高速で松井田妙義ICから国道を戻るのが近いかな?ならばそのまま軽井沢に行って、アウトレットモールやこじゃれた喫茶店でお茶したりしてから戻るといいかも。翌日は、群馬サファリパークとか、この時期なら妙義桜の里とかそろそろ見ごろかも。横川の鉄道文化村もそのマニアの方にはたまらないでしょう。ゴルフ場も周辺に沢山あります。

磯部温泉は電車で来れるので、都内の方にお奨めです!その場合新幹線ですが、安中榛名駅まで行かないで、高崎駅で信越線横川行きに乗り換えると旅情がアップ!鄙びたローカル線です。1時間に1本くらいの運行なので、乗り継ぎは時刻表で必ず確認しましょう。磯部駅からは坂を下って近いですから。
まあ、電車でこんなに近い場所に、これほど田舎の温泉街があったのかって思いますから。電車で来る方には大プッシュの温泉街です。ただ、歩いていけるところに見るものは何もないので、静養のみと覚悟してきてくださいね・・。

磯部温泉、見直してきたぞ・・。頑張れ地元!

では、また。

|

« チャットモンチー・ライヴDVD「SOUP」を買った、観た、凄かった。 | トップページ | GIANT・MR-4のタイヤ選び。24インチは悩むよ。 »

コメント

磯部温泉…。近くを通ることがあっても、何となく素通りしてしまっていました。車で行けばすぐそこなんで、一度行ってみようと思います。
自転車はワイヤの持ち合わせがないので、カミさんにタキザワサイクルで買ってきてもらいます。バーテープも巻き直しですね…。試走はいつになるかな?夜にでも街中の明るいところで試してみます!

投稿: ecotech | 2008年4月15日 (火) 12:59

ebotechさん、こんばんは~。

磯部温泉、近場ですが意外と行かないですよね。特に宿泊はしない、近過ぎるから(笑)。
仕事関係で宿泊したこともありますが、夜は静かなところです。男性関係は、お楽しみもあるようですが、その辺は下調べを良くしたほうがよいようです。

どこも循環風呂ですが、今回行ったはやし屋には小さいながら源泉風呂がありましたので嬉しくなりました。
日帰り温泉の市営「恵の湯」も循環ですが温泉の感じはあるそうです。私は知り合いに合うので行けませんが・・。

自転車,早めの試走をお薦めします。木曜日から雨の予報ですし・・。
問題発生してお急ぎなら、高崎市内でも重田サイクルさんなら対応してくれると思います。

ワイヤーがハンドルに干渉しなければ良いのですが。
ギヤ関係も登坂してトルクを一度掛けてみてください。
バッチリ調整してもローでギヤ鳴りがしたり、踏み込むとギヤが変わってしまうことがあります。
軽いギヤしか使いませんから、ロー側の変速性能をメインに調整したほうがいいです。トップ側で鳴っても。

今年は雪が多そうなので、雪の壁の中を走れそうですかね~。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年4月15日 (火) 23:50

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/40882667

この記事へのトラックバック一覧です: 磯部温泉・竹林の湯宿はやし屋。念願のしょっぱい系100%源泉に入浴:

« チャットモンチー・ライヴDVD「SOUP」を買った、観た、凄かった。 | トップページ | GIANT・MR-4のタイヤ選び。24インチは悩むよ。 »