« キャンプ用ソロテーブル購入。 | トップページ | アジアンカンフージェネレーションのライブに行って来ました。~高崎club FLEEZ »

2008年5月 1日 (木)

山の上でコーヒーを飲む軽量編・エバニューチタンクッカー&エスビット

山に行きたいー、キャンプに行きたいー。

けど、なかなか都合が付かない。そーいうもんです、普通に生活していれば。
むしろ、毎週山やキャンプに行ける人が特別なんだってば。
だから今夜も脳内で、妄想キャンプ&登山ですよ!

昨年秋、最後に山に行ったとき、山頂でコーヒーを楽しみました。
けど、体力が無いので装備の軽量化も大事。
ですからその時は、コーヒーだけなら山上でお湯を沸かさなくても保温ポット(テルモス)にお湯を入れていけばいいんじゃない? という結論に達しました。

Es1 しかし、周りの人がカップラーメン食べているのを見ると、自分もラーメン食べたい・・。
だけど軽量なのが良いということで、こんなセットを考えてみました。

チタンクッカーとチタンカップ、それに固形燃料コンロです。

今回はこれを試してみました。


Es2 まずは、新たに購入したチタンクッカー。
買ったのかよ~、って欲しかったんだもん。
こういう浅型のクッカーを持ってなかった。

エバニューのチタンクッカー1セラミックです。

この青いケースがイカス。ネットのタイプより他に使えそうだし。

お値段は、定価4620円のところ近所のショップで4158円。チタン物は高いね~。けど実測116グラムですから!アルミ製より100グラム近く軽いはず・・。値段は倍でしょうけど。チタンにはレアメタルのロマンがあるから良いのです!
しかし、3月のギフト券還元セールで5000円の買物をしたら1000円の金券をもらった。さらに、会員カードのポイントが1000円分貯まっていたので実質2158円で購入!ラッキー~。

Es3 ソロクッカーって、内部にガスボンベやストーブを収納する為に、深型のほうが一般的のようです。けど、それって底の方のものを食べる時不便。コンロの上でも腰高不安定そうだし。
この浅型クッカーが欲しかったんだ~。あえてスタッキング性能を犠牲にしても、底面積が広いと熱の伝達効率も良さそうだし。

チタンで、蓋にモロにチタニウムって書いてある(笑)。わかりやすくて今時こういうの無いからカッコイイ。
ハンドルもこの状態で何気に固定されてぶらぶらしません。

サイズは一番小さい奴。かなり可愛い600ml。コーヒー&カップラーメンの最小限のお湯を沸かすために特化させます。ならばケトルでもよいのでは?ユニフレームのチタンのケトル可愛いし。いや、やはりキャンプでは、他にも煮炊きが出来ますとか食器にもなりますとか多用途性が大事なのです!

Es4 内部はシリコンセラミック加工。焦げ付かないようですが、普通のチタンむき出しでも良かったなあ・・。だって凄く傷つきやすい!外側は蓋と側面が艶ありの表面加工がしてあり、それは高級感があってよいかも。

ハンドルは樹脂カバーがあり、持っても熱くならない加工。これは良い。溶けないように気をつけてね。

Es5 で、熱を加えるのは固形燃料。
この業界では有名なドイツ製の
エスビット・ポケットストーブです。
これはその軍用タイプのミリタリー。

定価1155円。





Es6 箱から出すと、こんなストーブの本体。

折り畳んであります。









Es7 拡げると中からは固形燃料の箱が出てきます。

以前、自転車レースの会場で、チーム仲間のM氏が使っているのを見て一目惚れ。


これがどうなるのかはお楽しみ・・。



Es8 けどこれが、ギリギリにチタンクッカーに入りません・・・。
いや、最初からわかってましたから。店で何度も試したんだもの。上のサイズの2なら入るけど、出来るだけ小さいクッカーが欲しかったの!

斜めにすれば入ります。けど内部のセラミック加工に思いっきり傷が付きます。ケースに入れると入らない・・。

ストーブは別にもっていきます。


Es9 なのでクッカーの内部に何を入れるというと、カップ。
以前から持っている深型のクッカー、スノーピークのソロチタン極です。これも良いクッカーですが、お湯を沸かすだけならちょっと大袈裟。なので下部のカップだけエバニューの中に入れます。



Es10 カップのハンドルを畳めばすっぽりと入ります。

いや、ならばこのカップだけでいいんじゃないの?300mlのお湯がこのカップで沸かせるので、カップラーメン、コーヒーの順に沸かせばもっと軽くなるよ。エバニュークッカーいらないんじゃあ・・。

いや、やっぱ鍋はあったほうが良い!
何かと便利なはず・・。



Es11 ほらね、中にコーヒーセットが入るよ~。

この軽量セットならインスタント限定ですが、こんなに飲まないか・・。1~2杯ですよね。

けど、これだけ入るんだって事で・・。

はみ出してますよって、ちゃんと入れてないだけです!

Es12 実際詰め込めばこうなるの!

うーんいいね。
パッキングできたよ~。







Es13 では実際にお湯を沸かしてみましょう。
固形燃料はこれ。このミリタリーの方がスタンダードより大きく燃焼時間が長い。そして3個づつ完全にパッキングされています。

なんかイカ臭いです・・。

見た目は、温泉旅館での宴会料理で一人前の鍋を暖める固形燃料と同じ、四角くなっているだけ。

Es14 ストーブを完全に広げるとクッカーが落っこちちゃうので、2段階の狭いほうにセット。

ライターで着火します。
すぐに火がつきます。
風向きとか角度を考えないとライターの火でやけどしますからご注意。
燃えている時は特に臭いはしませんし、煙も出ません。アルコールランプの臭いですか。室内なら換気はしたほうが良いと思います。


Es15 火がついたら
蓋をしたエバニューチタンクッカーを載せます。
水は300mlいれました。
空焚きは厳禁。チタンクッカーは弱火が原則ですが、このストーブは火力調節は出来ません。
結構最初は火の勢いが強く、鍋の側面まで火が回りこみます。ガスストーブに比べれば火力は弱いので、チタンだって大丈夫でしょう。

鍋はこの位置にしないと、ハンドルに火が当たるかもしれませんよ。

しかし、これ、風には絶対に弱いよね(笑)。
山頂や稜線では火を維持するのに苦労しそうです。アルミ箔を持っていって、風防を現場で作ってやれば良いと思います。

Es16 なかなか良い調子で燃えて、約4分30秒で沸騰!使えるじゃん。

ぐらぐら沸いています。
これならいいよ~。早速、カップのコーヒーにお湯を注ぎます。






Es17 お、いいね!エバニュークッカーはお湯の切れが良い!注ぎ口がちょこっとあって、お湯が後ろに回りませんし、細いお湯が微妙に注げますので、ドリップコーヒーを入れるときに美味しく出来そうな予感です。

300ミリリットルのコーヒーを作ります。
次にカップラーメン用のお湯を続けて300ミリリットル沸かします。火は燃え続けるのでもたもた出来ません。

しかし、15分燃焼とのことですが、13分ほどで燃え尽きてしまった・・。しかも徐々に火力が低下して、2杯目は完全に沸騰しませんでした・・。コーヒーを入れるときにもたもたしたのも原因か。
なので、1杯目はカップラーメンの熱々のお湯。2杯目はコーヒー用のお湯ならぬるくてもよいので、その順番で沸かす感じですか。

Es18 燃焼しきると、やや煤が残ります。

クッカーの底も煤で黒くなりますが、洗って拭けばそこそこ落ちますから。







Es19 どうでしょうか?こんな軽量のコーヒーセットを持って山登り。

うーん脳内の山頂で、このコーヒーを味わいます・・。

アルミのテーブルは持って行けませんけどね。が、テーブル側にはそんなに熱は回っていませんでした。
カップは飲む時、シェラカップのように縁が熱くなりませんということも無く、飲む時熱いよ・・。
やはりこれでお湯を沸かさなくて正解です。

え?シェラカップで沸かせば良いって?いや~、蓋が出来ないから。やっぱ鍋ですよ、チタンクッカーですよ!

実際風の中でどうなのか、試してみないと。
さらには、これでは不安なので、ちゃんとガスストーブを使った、本格ドリップコーヒーセットも脳内で完成させましたので、次回ご紹介します。
チタンクッカー各種と、さらに購入したEPIのREVOストーブ、ユニフレームのコーヒーバネットをテストしてみます。
今回のセットとの重量比較もやります。
うーん、妄想の山頂コーヒーは続きます・・。

では、また。

|

« キャンプ用ソロテーブル購入。 | トップページ | アジアンカンフージェネレーションのライブに行って来ました。~高崎club FLEEZ »

コメント

はじめまして、JSBです

>チタンにロマンを感じる
いい言葉ですね!好きだナァ(笑)
なんだかんだいっても、個燃は燃えてなくなるので、もっとも装備が軽くなる(短期)

燃焼台とゴトク
HD店のコレなどは、面白いですよ
まだ知られていないでしょうが
世界最軽量の 8g です!
100均個燃だって燃やせます
火力半分、予算:5分の一ですが
使い方によってはお財布に優しい
シナジー効果が高い(爆笑)

http://hikersdepot.jp/modules/ultralightgears/index.php?page=article&storyid=203&storypage=1

投稿: JSB | 2009年6月27日 (土) 15:40

JSBさん、はじめまして。コメントありがとうございます!

やっぱチタンはいいですよね~。
出来る限り装備は軽くしたいけど、やっぱり軽くしようと工夫された道具には惹かれますよね。

固形燃料は使えば軽くなる、ってのは気が付かなかったけど、そうですね(笑)。

このゴトクは凄いですね。これはUL好きにはたんまりませんね!
欲しいかも・・。
最近はちょっと重くても、ガスストーブの方が便利、って思うようになっています(笑)。
その分近場に行きますから・・。
ソロキャンプに行きたいです。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2009年6月28日 (日) 19:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の上でコーヒーを飲む軽量編・エバニューチタンクッカー&エスビット:

« キャンプ用ソロテーブル購入。 | トップページ | アジアンカンフージェネレーションのライブに行って来ました。~高崎club FLEEZ »