« 2008佐渡ロングライドに参加 | トップページ | 2008佐渡ロングライド参加記その2・民宿グルメ編。 »

2008年5月19日 (月)

2008佐渡ロングライド参加記その1・バス旅行編。

前回書きましたが、2008年5月18日に行われた自転車イベント「佐渡ロングライド」の参加記を今回から連載します。
自転車ファンの皆さん、なかなか自転車で走る場面が出てきませんが、我慢してください・・。

Sa 2008佐渡ロングライドで走るコースは、オフィシャルのマップによるとこれ。

佐渡は、真ん中の平野を挟んで北側を大佐渡、南側を小佐渡というようです。

Aコースは島を一周する210キロを走行する、ロングライドイベントとしてはかなりの走行距離です。海沿いを走るのだから平坦だと思いきや、標高1000メートルの山を持つ佐渡、山が海にまで迫り、強いアップダウンのあるコースなのです。

私が参加したのはBコースで島の北側の大佐渡の部分を走る島半周の130キロです。
最近殆んど自転車に乗っていなかった私には、山岳コースのように感じられ、苦しい走りが予想されます。

また、両津までの100キロがCコース。

私が昨年参加したグルメライドDコースは、80キロから40キロに短縮され、金山バス観光が出来ます。

Sd1 今回、群馬県高崎市の我が自転車チーム「TEAM負け組」は、「元祖負け組」に某会社で結成された「お負け組」が集合し、総勢えー、いったい何人?いまだに良くわからない(笑)。いや、初めてお会いする方もいたもので・・。
たぶん16名くらいです。うち女性が3人も参加されるという負け組み発足以来の華やかさです。

また、10名(だと思う)が負け組みジャージを着用しました。
そして配布されたこの負け組の証「マル負けシール」を全員が自転車に貼り付け、ロングライドにチャレンジしたのです!

Sd2 それで、その人数ならばと小型のバスをレンタカーで借りました。

前回このイベントに参加した時、自転車ショップのチームが貸し切りバスで参加しているのを見て、これだ!と思いつきました。
フェリーへの乗船、自転車の搭載、宿とスタート・ゴール地点との往復を考えると、まとめて行動したほうが楽ではないかと。

免許を持っているM氏が運転をしてくれました。お疲れ様でした。

Sd3 自転車イベントへの参加を主張する為に(?)と、後部の窓からは自転車が。一番目立ちそうな私のウィリエールをディスプレイ。
さらにはM氏お手製の「TEAM負け組みオリジナル大型ステッカー」を貼り、これで負け組みバスと化しました。
このシール、バスを返却した時にはがしたかなあ?




Sd4
しかし、これだけの人数の自転車も車内に積むとなるとかなりの量です。バスの後部座席の3列までは自転車で埋まりました。結果、補助席もフルに出しての満席状態で発車です。

まあ、ゾロゾロと・・。

朝4時半集合。早すぎるよ。
もう車内では5時に宴会開始です。
飲酒開始時間の早朝記録更新の人が続出です。

サービスエリアでのトイレタイムも、点呼が必要な有様。

Sd5 飲酒を我慢していた方も次々と解禁!の掛け声とともに宴会に参加。その度に拍手が起こり、もう早朝とは思えない状況です。

ツアーをまとめたS田さんが、このツアーの全貌を明らかに。
え?それ知らなかったよ・・・。泊まる宿も聞いてませんでしたから。みんなお任せです。
S田家手作りのベーグルサンドイッチを朝食兼おつまみに頂きながら飲酒は進み、バスも進みます。高速はまだガラガラに空いてますよ・・。

Sd6 新潟港に8時に到着。佐渡汽船のフェリーターミナルにて、乗船手続きをします。

自転車を積んだ車が集まりだし、イベントのムードが漂い始めます。







Sd7 チケット売り場には自走の参加者が集合。一体どこから走って来たのでしょうか?新潟駅?

「ウェルカム!サイクリスト」の横断幕に歓迎されます。
明日、佐渡は自転車乗りで賑わうのです。





Sd8 これから乗る、9時20分発のフェリー、おけさ丸が接岸します。かなりでかいです。
海無し県の群馬から参加する我々は海のものを見ると嬉しい・・。

バスから降りて私が「わーい海だあ!」とおちゃめに叫ぶと、側にいた港湾管理の人に「ここはまだ川、です」と否定されてシュンとしました・・。



Sd9 フェリーの後部ハッチが開き、いよいよ乗船です。車でそのまま乗れるって楽チン。










Sd10 船内はかなり広いですが、イベント参加者で賑やかです。
2等のカーペット室が人気ですが、ここは禁酒ルーム。それは耐えられないので、後部の椅子席に行きます。

ほんのささやかな宴会を開始します。
ささやかな・・。






Sd11 埠頭を離れ出航。
港には自衛隊の護衛艦が接岸していました。
カッコイイ・・。

次は、軍艦の追っかけやるか?
鉄道と同じノリ。
男の子はこういうの好きなのよ。





Sd12 フェリーはスピードを上げて、新潟の街が遠ざかっていきます。

昨年は初めて乗ったので、デッキに出てはしゃいで海を眺めていましたが、今回はずっとおとなしく船室内で飲んでいました。







Sd13 けど、昨年同様海鳥が追いかけてきます。
こいつら、乗船客が投げてくれるお菓子がお目当て。ずっと船の後をついて飛んでいるのです。

ならばデッキに出てポップコーンを投げると空中でナイスキャッチしてくれます。
カッパえびせんがお気に入りのようです。
鳥の癖にそんなのばかり食べてメタボにならないのかなあ?


Sd14 フェリーはイベント参加者に配慮してくれます。
座席の一角を輪行袋置き場に。

オーストリッチの袋が人気ですね。
タイオガの前輪を外すのみの袋も相変わらず人気ですが、あれはでかいよね・・。






Sd15 佐渡が見えてきました。

イベント参加者はみんな言います。
あれは島じゃないよ。陸地だよ・・。
あそこを1周するの?








Sd16 さあ、いよいよ佐渡に到着です。両津港に接岸。
フェリーの前部ハッチが開き、上陸です。
スタート会場は、平野部の向こう側、佐和田です。
車でも30分はかかります。宿はさらに遠いので、やはり車での移動が便利な場所です。




うう、!昨日の疲れが出てきた・・。もう寝ますので続きはまた次回。
次こそは、自転車爆走編をご期待ください~。

では、また。

|

« 2008佐渡ロングライドに参加 | トップページ | 2008佐渡ロングライド参加記その2・民宿グルメ編。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/41261366

この記事へのトラックバック一覧です: 2008佐渡ロングライド参加記その1・バス旅行編。:

« 2008佐渡ロングライドに参加 | トップページ | 2008佐渡ロングライド参加記その2・民宿グルメ編。 »