« 2008佐渡ロングライド参加記その4・ゴール編 | トップページ | 2008佐渡ロングライド参加記その6・佐渡から帰宅&参加賞編 »

2008年5月25日 (日)

2008佐渡ロングライド参加記その5・完走したチーム負け組どものバイクたち編

ようやくゴールにたどり着いたところまで書けました。

今回は、全員完走を果たした我「チーム負け組」のロードバイクどもをご紹介します。
ロングライドに対応したどんなチューンがされているのか?
いや、普段とあまり変わらない気がしますが・・。

今回16名が参加しましたが、どれが誰のバイクなのか結局ははっきりと私も把握してませんので・・。もー、チームメンバーが多くなるとわけがわかりませんよ!

まずは210キロを完走した、タフな皆さんのマシンです。

Sb1 で、相変わらず小径車です。どうしてこれで210キロ完走できちゃうのよ?20インチですから・・。

S田さんの凝りに凝ったバイクフライデー、ポケットロケット。
ブラックボディーにゴールドパーツをちりばめた仏教仕様?です。

チェーン、アウター、ヘッドパーツ(クリスキング)、ニップルまで金色です!

M氏が業者に発注して作った「負」の文字のマルマケシールが全員に配られました。多数ある色から各自選んで貼っております。
バイクフライデーはロゴの後が定位置ですか。金色のシールにして欲しかった・・。

Sb2 続いて、Y田さんのポケットロケット。この一台からチーム負け組の小径車ブームが始まったのです。Y田さんが乗ってきたこれを見て、M氏がはまっちゃったのです。標準カラーのブルーも美しい。

Y田さん曰く
「いつも小径車でヒルクライムやロングライドに出てるから、周りの皆が小径車って有利なんだ、って勘違いしちゃって(笑)。完全に不利だよね~。」

そうですよね・・。これで210キロ完走です。

そんな210キロを走りきってしまう小径車、バイクフライデーとはどんなバイクなのか?

我々がお世話になっています地元高崎のショップ、輸入販売元のサイクルテックIKDさんのこのページに 詳しく書いてありますので、興味のある方はご覧くださいませ。

M氏の赤いポケットロケットは撮り忘れました。ゴメン。

ここからは、普通の大きさの車輪のバイク(笑)。

Sb3 ピナレロ・アングリル。黒と白がカッコイイ。このモデルも年々スペックが良くなってますね。カーボンバックです。
憧れのピナレロです。

お?ホイールを標準のシマノからマビックのキシリウム・エリートに変えましたね。やる気が伝わります。

ダウンチューブに黒のマルマケシールがイカス。

Sb4 おっと、もう一台のピナレロ・アングリルです。
こちらは、ほぼノーマル仕様ですね。タイヤとサドルのブルーがアクセント。
ピナレロオリジナルパーツ、MOSTで統一されているのも良いですね。
マルマケシールはトップチューブに白を貼りました。

皆さん、ワンボトルでもう一箇所のボトルケージには小物入れが流行かな?

Sb5 おおっと、イタ車シリーズは、大御所コルナゴの登場です。つや消しブラックがカッコイイ!プリマベーラです。
フルアルミですが、コルナゴのアルミは結構乗り心地がよいとの評判ですから。
シルバーのロゴに合わせてシルバーマルマケシールがナイスコーディネートです。

お、イタ車トリオのメーターはシマノのフライトデッキを装着ですかな。


Sb6 やはり、ロングライドといえばカーボンでしょう。
トレックのOCLV5000です。
ツールを制したアームストロングを思い出させる名車です。独特の造形とボントレガーパーツがたまりません。
けどこのボントレホイール、凄く重かったですけど・・。
オレンジのモンベルバックを前後に装着がポイント。
マルマケシールはフロントフォークに貼りました。

Sb7続いてのカーボンは国産。アンカーのRFX8です。
振動吸収性が良くてロングライド向きとも言われるこのモデル。まさに佐渡向きです。
これ欲しいんですよね・・。私の次期マシン候補です。お求め易いのに結構軽いんですよ。
カーボンブラックのダウンチューブにシルバーのマルマケシールがさりげなくイカス。

Sb8 お次は、アルミスローピングロードの先駆者、GIANTのTCRです。これも歴史的名車です。

ストレートフォークが良いですね。コンパクトなアルミフレームはシャキシャキ走りそうですね。








Sb9 マルマケシールはここに。
アルミの金属感にシルバーのシールがマッチしています。
マルマケシールは負の部分が抜いてあるので、下のフレームの色になるのです。

それにしてもGIANTの溶接ってこんなに綺麗なんですね~。丁寧でびっくりしました。






ええっと、ここまでが210キロコース完走車ですね。
ここからは130キロコース完走車です。

Sb10 私と最初だけ一緒に走って、後はぶっちぎって先に行ってしまったとても速いT沢さんのラレー・CR-Aです。アルミカーボンバック。
伝統的な英国ブランドのラレー。
シックなカラーはまさに英国紳士向け。大人のセンスのT沢さんにピッタリ。
ホワイトカーボンが素敵。マルマケシールはガンメタを貼ったのですが渋すぎました。




Sb16 私の乗る、おなじみのウィリエール・エバーション・チームです。ランプレチームカラー。
モンベルのフロントバックを装着。ツアラーっぽくなりました。
マルマケシールは白。
ピンクのラインが微妙に入ってお洒落~。

今回、佐渡ではウィリエールを見なかったですね。やはり少数派なのか・・。
みんなまだ読み方わかってないし。

以上、130キロコース完走マシン。
続いてグルメライド40キロコース完走マシン。

Sb12 バイクフライデーです。オレンジがなんとも鮮やかです。これもいい色だな~。
これはポケットロケットなのかな?
まだピカピカですね。

マルマケシールは定位置に、黄色を選びましたね。センス良い~。
モンベルのオレンジのバックをサドルバックとして使用しましたね。


Sb13 今度は女性の乗るオレンジのブロンプトンです。
やはり黄色のマルマケシールが美しく映えます。ゴシック書体バージョンもカコイイです。

装着義務のライトもつけてます。おお、サイクルコンピューターも装備してますね。
ブロンプトンも少数派です。これで40キロはなかなか大変だったでしょう。3速です。結構アップダウンが多いコースでしたから。
グリップをブラウンに替えてお洒落ですね。

Sb14 GIOSのフラットバーロードです。ブルーがおなじみですが、赤も可愛いですね。とても鮮やかです。ゴシック書体のマルマケシールが素敵。このシール、バイクのロゴに色と合わせると良いのですね。

今回彼氏と一緒に参加、羨ましいですね~。



Sb15 その彼氏がコレ・・・。

彼女と一緒にロングライドだなんて羨ましすぎます。

コルナゴ持って爽やかな笑顔ですね。
どうしても載せろっていうから載せましたけど。

可愛い彼女とコルナゴ。私が欲しくても無いものを同時に・・・。許せませんね!
悔しいです。私も爽やか路線でモテモテを目指しますから!

えー、そういえばAのさんのデローザを撮ってませんね。あれは以前私が乗っていたデローザなので、このブログのどこかに載っています。Aのさんのお姉さんも参加。チェレステも鮮やかなビアンキのフルアルミのロードでしたが、撮り忘れてスミマセン。

以上、210キロ、130キロ、40キロを完走した、ロングライドにどうも向いてなさそうなバイクでした(笑)。いや、完走したので良かったのでしょうね。

次回は、佐渡からの帰宅方法と、参加賞のご紹介です。

では、また。

|

« 2008佐渡ロングライド参加記その4・ゴール編 | トップページ | 2008佐渡ロングライド参加記その6・佐渡から帰宅&参加賞編 »

コメント

今回の佐渡では新しいデジカメが大活躍だったようですね~!使い方ももう慣れちゃいました?
ロードの皆さんは、『コルナゴ』に『ピナレロ』、『トレック』ですか。王道をいってますね。『ウィリエール』以外は…。『ジョジョの奇妙な冒険』に出てくるDioの雄叫びのような発音ですが、これから人気が出てくるのでしょうか?次はアンカーの軽量カーボン狙いですか?小径車もムム…と唸るようなカスタムが施されているようです。皆さんお金持ち?
『負け組』の皆さん、このレースでますます一致団結したようですね!おやぢさんも溶け込めました?
最近、ラグビーにしろ、自転車にしろ、よく思うことは『若いって素晴らしい』ってことです。自分は、とりあえずいぶし銀を目指すことにしますヨ…。

投稿: ecotech | 2008年5月26日 (月) 08:52

ecotechさん、こんばんは~。

いやー、やっと佐渡シリーズも書き終わりました。しばらく休ませてください(笑)。

新しいデジカメ、やはり古い奴よりレスポンスがよいのが一番使いやすかったです。スイッチ入れてぱっと撮れてぱっとしまえる。これが自転車向きです。
画質は、フォトショップの動きが悪いので、最高画質の次の奴に落としてあります。それでもファイルサイズがでかすぎますよ・・。写りはブログの画像サイズじゃあまりわからないですよねえ。

みんな、結構ミーハーな自転車乗ってますよね。こういうのが地元で手に入るのですから、いい時代になっています。
ジョジョって、最近イスラムで怒られた奴ですね。ウィリエールってみんな言えてないんですよ・・。
カーボンはロングライド用に是非欲しいですよねえ。

ええ、チームの皆はどこから出てくるの?て言うくらい自転車にはお金を使っています。ガムを買うように高級バイクを買います。

負け組とかいいますが、実は社会的には勝ち組の人ばかりがメンバー・・、家庭生活は負け組みですけどね!
このイベントでチームもまとまりましたので、次はサーキット耐久イベントでこのメンバーが揃うのでしょう。元祖負け組みのメンバーは、しばらくキャンプ組みとトライアスロン組で活動します。

そうですね、もう若くないから、老化には抗わないようにしますよ。出来ることを無理しないでやる。その中で達成感を得ていけば、楽しいですから。
無理すると、すぐに怪我をする歳なんですよ、もう・・。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年5月26日 (月) 23:33

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161706/41319794

この記事へのトラックバック一覧です: 2008佐渡ロングライド参加記その5・完走したチーム負け組どものバイクたち編:

« 2008佐渡ロングライド参加記その4・ゴール編 | トップページ | 2008佐渡ロングライド参加記その6・佐渡から帰宅&参加賞編 »