« ブロンプトン輪行・畳んで電車乗って帰ってきたツーリング。 | トップページ | 2009年モデル・カーボンロードの購入候補。 »

2008年10月18日 (土)

ウィリエール2009年モデルはどう?

今年はなんだか来年モデルの発表が早い気がする自転車業界ですが。ピナレロなんて2009年モデルをもう売っていますからね。年々早くなっていくのでしょうか?

私の愛車、ウィリエールのロードバイク2009年モデルはどうなるのでしょうか?
まだ日本国内の代理店さんのHP では発表されていないようですが、あさって発売の自転車雑誌で明らかになる?

既にイタリア本国のウィリエールのHP では2009年モデルは発表されているようです。
ん!?私の愛車であるエヴァーションチームが無い!カタログ落ちしている?
ウィリエールUSAのHP では、最下位グレードとしてまだ残っていますが・・・。
日本ではどうなるのでしょうか?まだ今日の段階ではわかりませんが・・。

イタリアのウィリエールのサイトから画像を拝借して2009年モデルを解説しますと、
一番下位グレードがLAVAREDOになっているよ・・。フルアルミモデルです。
昨年まではフルアルミのエスケープ→アルミカーボンバックのエヴァーション→フルアルミのこのラバレドALU、だったのですが。

09w1 これがLAVAREDOの赤。
ちょっとクラシカルなデザインでシンプルでいいかも。シートチューブにあの紋章マークが大きく入っていますね。

トリプルバテッドの素性の良いフレームだと思います。
昨年のLAVAREDO ALUと同じだと思いますが、フレーム重量は1340グラム。フォーク重量は470グラム。なんかイタリアのカタログは重量が昨年の日本カタログより重くなっているけど?

09w2 こっちのシルバーのほうがアルミらしくてかっこいいかも。

コレが最下位グレードならば値段はどうなる?従来のエスケープならティアグラ完成車で157500円でした。
LAVAREDOの昨年は105完成車でエバーションより高い247800円でした。
おそらくコンポグレードを落として10万円台にしてくると思いますが、そうしないと他社ととても競争できないし・・。
高級メーカーになるつもりか?ウィリエールは・・。
フレームが昨年と同じなら相当良いフレームですから、エスケープとの価格差が近ければ良いかも。今時アルミですが・・。私はアルミ好きですけど。

で、昨年までのエヴァーションに替わって(?)登場する新モデルがこのLA TRIESTINAです。

09w3 エヴァーションはダブルバテッドアルミのカーボンバックでしたが、これはトリプルバテッドアルミのカーボンバック。ならば昨年のLAVAREDOカーボンと同じなのか?重量1320グラム。
フォークは470グラム。

デザインは良いかも・・。トップチューブの00はどういう意味?

09w4 チェーンステーはコレを見るとアルミなのかなあ?
こちらの白はかっこいいぞ。王子様系だあ。
コレでエバーションと同じくらいの値段なら結構良いけどどうなんでしょう?
バックカーボンも流行の曲がりだし、軽くなってるし。去年のラヴァレドカーボン並の値段だと市場で苦戦するかなあ。
カーボンモデルが安くなって来てますから・・。

カーボンモノコックの昨年は完成車販売されていたMORTIROLO。昨年は105完成車で299250円とカーボンモデルのイタ車としてはお買い得だったのですが。今年の値段が気になります。

09w6 今年はカラーデザインが変わったようです。

う~んおしゃれ。トップチューブの大きなWILがグ~。
モノコックにしてはフレーム1270グラム、フォーク490グラムと重めですが、値段を考えれば仕方ないところ。十分軽いし。




09w7 今年はMORTIROLOにランプレチームカラーが登場。
ああー、なんか本物っぽい!
うー、私のエバーションチームは、それっぽいけど、本当のランプレカラーと違う・・。あれはあれで気に入っていますけど。
この青と黒と白の微妙な配列が良いなあ。



これの上位グレードはカーボンモノコックのIZOARD。コレはフレーム売りしていますから、私的には値段が手に届くギリギリクラス。このフレーム、昨年は雑誌インプレでは絶賛されていましたね。カーボンの中級レーシングフレームでは相当良いとのこと。興味あるなあ・・。

09w8_2 カラーは昨年と同じカッコイイ2色と、今年はいよいよこのランプレカラーが登場!

まあ、上のと似ていますけど、フレームはかなり良い。
フレーム重量1050グラム、フォーク340グラムと、相当軽量なマシンに仕上げられます。



ここから先はランプレチームの使用する本物(?)、トップモデルです。

09w9 LE LOI。コレになるともう私には関係の無い世界だなあ・・。買えないし、性能引き出せないし。

これが本物のランプレチームカラーかあ。
私のエヴァーションチームと全然違いますね(笑)。
シートステーのスポンサーロゴが本物の証。


09w11 トップに君臨するランプレ御用達のCENTO1です。
ランプレカラーもあるけど、このカラーも派手でカッコイイ。
エンド周りのフレームデザインが素敵。
性能は文句ありませんが、値段高いですよねえ。このクラスはカリスマ的なライバルが存在しますから売れるかな?


ランプレチームは最近活躍しているみたいですし、2009年こそ大ブレークして欲しい!ユーザーの願い・・。ジロかツールに勝ってくれればなあ・・。いや、今くらいの見かけなさがオーナーとして稀少車の喜びがあるし、かえって廃れなくて長く乗れるからいいかなあ・・。
代理店さんも頑張ってるようですし、2009年度はもう少し売れる?
大きな画像・他のカラーは、イタリアのウィリエールHPでご確認ください。

では、また。

|

« ブロンプトン輪行・畳んで電車乗って帰ってきたツーリング。 | トップページ | 2009年モデル・カーボンロードの購入候補。 »

コメント

ウィリエール、マイナー感が否めませんが、いいですね~。でも、流行りのインテグラルシートポストは(超)最高グレードのCENT01にしか採用されていないのはどうなんでしょう?オーバースペックといえば、そうなんでしょうけど、数売って知名度を上げるには流行りのフレーム形状を採用しなければ…。保守的なんでしょうかね。個人的にはホリゾンタルで極太でないフレームというのが好みです。地味派手って塗装で…。
最近、BHが気になってます。最近、TTバイクっぽいエアロフォルムが流行りになってきているようですが、やっぱり、最終的に素材の良し悪しだと思います。ANCHOR、InterMaxといった日本のメーカーも頑張っているみたいです。東レのカーボン素材は品質が非常に良いみたいですネ。
あ、ランプレ、ジャパンカップ来日しますよ。25日のパレードランで一緒に走れそう(嬉)

投稿: ecotech | 2008年10月19日 (日) 09:14

ecotechさん、こんばんはー。
2009年モデルの情報もだいぶ露出して来ましたね。来季はカーボンにしようかな~と思っていますので気になります。

インテグレーテッドシートポスト(ISP)は、どうなんでしょうかね?大量生産メーカーはトップモデルに採用ですね。やはり小回りが効かないのかも。
もともとISPはスローピングフレームでシートポストが長く出るようになって、その部分の剛性も求められたから発生したと記憶しています。最初は体のサイズに合わせてチューブを切断していましたが、今はどうなんでしょう?しかし、脚の長い欧米人の発想なので、日本人ではチューブを長く切断して見た目イマイチになったりして。ちゃんとしたショップじゃないと組めないし、後に転売が難しいし、専用ピラーの後々の入手も考えてこの先どうなるかなあ?
デローザなんてアルミでやちゃってるし。
代理店が有名バイクDの本社にISPのその効果はどうなんですか?と問い合わせたところ、カッコイイからやってみた、という答えだったそうですし(笑)。自転車って結構流行があるのですよ。エアロブームがまた来そうですし・・。

ホリゾンタルの細身のフレーム、私も以前こだわりました。それしか自転車は無いと思っていましたよ。それでクロモリや細身のカーボンにしました。
最近はスローピングもかっこいいと思えるようになり、モノコックのマッチョな奴も頼もしいとも思えます。何でも良くなってきた(笑)。

BHやリドレーは旬ですね。フォーカスも渋いと思います。ツールでよい成績を収めたので性能も良いと思います。今後どうなるかで真価が問われます。カレラやフォンドリエストのような道を辿るか、TIME,LOOKのように定着するか。来季のサーベロも微妙ですし、もう少し様子見かなと思います。

実はアンカーの09モデル、デザインが良くなっています。従来と比べてですが。かなり本命です。

ランプレ凄いんですよ。UCIロード世界選手権でワンツー勝利(クネゴ2位)です!クネゴ今週は勝ったし。ジャパンカップで暴れれば、日本でも売れるかも!一緒に走ってきてくださいね!
来年、アルカンシェル・バーションのウィリエールがきっと出ますから!虹色フレーム・・。


投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年10月19日 (日) 22:18

この記事へのコメントは終了しました。

« ブロンプトン輪行・畳んで電車乗って帰ってきたツーリング。 | トップページ | 2009年モデル・カーボンロードの購入候補。 »