« ロードバイクを洗車する。 | トップページ | Cafe&石釜パン「かぼちゃとやぎ」 »

2008年11月26日 (水)

前割り焼酎をお燗で飲む。芋焼酎「鉄幹」

以前書きましたが、焼酎を水で割って、1日以上置いておくと旨くなるという。これを前割といいます。もう冬が来ましたので、今夜はそれをお燗して飲みます。

08t1 飲む芋焼酎は「薩摩 鉄幹 古式甕壺仕込み」

原料:コガネセンガン
米麹(白麹)

最近は、白麹が好き。
黒麹はキレがあって、辛口の焼酎になります。
白麹は昔ながらの口当たりのよいマイルドな焼酎になる気がします。

結構な数の芋焼酎を飲みましたが、甕で仕込んだものに旨いものが多いと思う。白麹の甕仕込が自分はうまいと思います。

生で飲みます。
実はこの焼酎、ノーマークでした。定価ですんなり買えたので、それほどの期待は無かったのですが・・。

旨いね。
すっと柔らかい口当たりで飲めて、すぐに甘い芋の香りが口に広がります。もっと昔っぽい芋焼酎臭さがあると思ってましたがそうじゃなく、黄色いほくほくした薩摩芋を思わせる味です。その後少し香ばしく、辛くキレます。

 

ウラのラベルを読みますと、前日に5:5で割り水をするともっと旨いという。

08t2芋焼酎は、そのままストレートで飲む(生(き)で飲むといいます)のが最も芋焼酎らしさを味わえ、ロックや水割りより私は旨いと思う。

そしてさらに旨いと思えるのがお湯割りで、焼酎6のお湯4で割って飲む(先にお湯を入れてやや冷まし、それから焼酎を注ぐ)と、人肌ほどの温度で、飲みやすい度数、風味と甘みの増した美味しい芋焼酎が出来ます。芋っぽい焼酎は臭みが取れて芋の甘い香り満点の旨さです。地元薩摩の人もこの飲み方がポピュラーだといいます。夏は辛いですが、これからの季節これが主流になるでしょう。

で、もっと旨いのが、前日以前に水で割っておいて、それを温める(お燗)したものだといいます。水と焼酎が馴染んで旨くなるのだという。


 

ならばお奨めの5:5で前割りをします。

08t3軽量カップでちゃんと量ってみる(笑)。
ミネラルウオーターを使ってみる。
南アルプス天然水です。







 

焼酎100mlに水100mlをボトルに入れます。

08t4

で、翌日飲もうと冷蔵庫に保管。
その後忘れて、一ヶ月が経ちました(笑)。

ひと月馴染ませた前割り焼酎、まずはそのまま飲んでみます。

うーん、薄い・・。
そりゃ半分の濃さだもの。
6:4のほうが良かったかなあ?
大変柔らかい。
それなのに芋の香りと香ばしさを十分感じます。
これだとスイスイ飲んでしまう。
普通に水割りをするより旨いことは確かです。

 

次に、お燗をしてみます。
08t6久しぶりに黒じょかを出してみます。
本場薩摩では、直接火に掛けられなかったようですが、最近では直火もオッケーなタイプが多いのです。


もう冬ですね。

08t7まわりの山々も雪化粧しています。
我が家も石油ストーブを今年も出しました。
やはり昔ながらのこういうストーブが、ファンヒーターより暖かいと思うのです。
これが出ると、お燗が楽です。保温もそのまま可能。

やや遠火にして、じっくり温めます。






さあ、どうでしょう?

08t8とろーりと・・。

ああ、良い香り。
甘い~。
もう違う飲み物のよう・・。
とても上品です。

んー、もうちょい濃いほうがやはり良かった。
7:3くらいかな?次にやるなら。

くうう、滲みる~。
そしてホカホカと温まります。
この冬はやはりお燗の芋焼酎。小さなお猪口でちびちびとやれば、しみじみと旨い。
冬の夜のお楽しみです。
では、また。

|

« ロードバイクを洗車する。 | トップページ | Cafe&石釜パン「かぼちゃとやぎ」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。