« 神の雫のワインを飲む・「シャトー・ド・サン・コム」 | トップページ | ポロに今年もスタッドレス。 »

2008年12月15日 (月)

本日のおっきりこみ。

奥さん!
毎日忙しい奥さん!

また寒くなってきましたね・・。
こんな夜はどうでしょう?奥さん、煮込みうどんなんて、体も心も温まるのじゃないですか?

今夜の私、上州名物「おっきりこみ」を作ってみしたよ!
上州っていうのは、ここ群馬県の昔の呼びかたね。
群馬の名物の幅広~い麺を使った、野菜のどっさり入った煮込みうどんなんですよ。おきりこみとも言いますね。

え?なんですか奥さん?それって「ほうとう」じゃないかって?
イヤイヤ違いますよ。かぼちゃなんて入っていませんから。

Ok1 これがその「おっきりこみ」の麺です。
どうです?太いでしょう~、ね、奥さん?この太さ、どうです?

最近うどんが安くて、一袋30円なんてのもありましたが、これは一袋2人前で118円するんですよ。

本来のおっきりこみは、自分の家で麺を打ちましてね、打ち粉が付いている生麺状態のまま、野菜と一緒に煮込むんです。ですから粉のとろみが付いて、温まる美味しさなんですね。けど、これはもう茹で麺なんで、とろみは付かないのが残念ですけどね。まあ、おっきりこみ風うどんです。やはり自家製麺にはかないません。
冷凍でもおっきりこみがありましたが、それって全国発売?けどそれはあまり太くなかったなあ。

さあ、作りますよ。
おっきりこみはたくさんの野菜と一緒に煮込むのが美味しいのです。
サトイモがメインなんですけどね・・。私、ほら、野菜の皮むきが出来ない男ですから、今回は省略ですね。
Ok2 で、登場するのがいつものこれ!
けんちんの素。
既に切って水煮してある根菜ですね。
便利ですよ~、奥さん。
今回は国産にこだわったので、やや高価ですけど。
けど、うちね、大根だとかニンジンだとか買ってきても使い切れないんですよ。ですから結果的にこちらのほうが経済的だったりします・・。

以前買った安いのは酸っぱかったけど、これは大丈夫。



Ok3 煮込みうどんといえば欠かせないのが、キノコ類でしょう。素朴な感じも演出です。
しめじですね。舞茸も。最近じゃあしめじより舞茸のほうが安いんですね。







Ok4 ネギも良いですね。長ネギはこんな感じに切ります。
ネギって煮込み料理や炒め物に必ず入れちゃいますね。
体にも良いんですよー、奥さん~。







Ok5 さらに味わい深くするためには、油揚げですね。これを入れると何故だか味に深みが出ますよね。

しかもこれ、切ってあるのですよ。
最近は切って売っているの多いですよね。
手間賃込みでやや高いので不経済かな?って奥さん今思ったでしょう?わかるんですよ。
けどね、余ったらこういうの冷凍保存するでしょ?で、使うときに解凍して切るじゃないですか?切ってある奴なら解凍しないでこのまま味噌汁の鍋にぶっこめちゃうんですよ!奥さん、レンジでチンする電気代の分助かるんですよ~。

Ok6 さあ、まずは具から煮込みますよ。
ぐつぐつとね。
今回の作り方は、麺の袋に書いてあったやり方にしましたよ。

いや~、具沢山ですね。







Ok7 具が煮込まれたら麺を投入。
どうです!?この太さですよ奥さん!
きしめん、ほうとうよりも圧倒的に太いんじゃないですか?
もうワンタンじゃないんですから、常識破りの太さですね!家庭によってはもっと太いですから。

え?こんなに太いとは思わなかった?
太くて、太くて・・。も、もう、もう・・。
まだまだ!まだですよ、奥さんっ!
沸騰してから3分間は煮込んでくださいね。

Ok8 ここで味付けです。
うちの実家は西上州なんですが、味噌だったかな?
ええ、群馬の中でも味噌派と醤油派に分かれるのですよ。
今夜は醤油気分なので、めんつゆで味付け。
出汁を濃くしたかったのでほんだしも追加。みりんと酒で一味加えます。
あまり多量にめんつゆを入れると甘くなるので、最後は醤油と塩で味を調えます。


Ok9 おおお、煮込んでる煮込んでる!
ぐつぐつですよ、奥さん!

麺に御汁の味が滲み込んでいくんですよ。










Ok10 さらに夕食なので、天ぷらを加えてゴージャス感がアップです!
実際は、天ぷらは入れないんですけどね。お好みでどうぞ。

おお!12月だというのに、もうタラの芽の天ぷらですか!
春はまだ早いんじゃないですか~。ハウスで栽培しているのでしょう。
季節感ってこうして失われていくのですね・・。
期間限定っていうのに弱いので購入。
タラの芽じゃなくて「たらっぺ」と呼びたいですね。

Ok11 さあ!出来上がりですよ~。
おおー。
なんとも素朴で、そして太い麺が逞しい。

いただきます!

旨っ!
いける!良い煮込み加減ですよ~。
温まるなあ・・。旨いよ。

たっぷり4人前作りましたから。ええ、明日の朝もこれを食べるのです。
それが朝になるとね、一晩で麺が汁を吸ってね、グラタンみたいな感じの、なんか違う食べ物になっているのですよ。「立てっ返し」と呼ばれるコイツも旨い。七味唐辛子を混ぜてね、温まるよ~。この2日目のおっきりこみの味が欲しくなったら、あなたも立派な上州人だ!

いかがですか、奥さん?
食べてみたくなったでしょう?

是非今度、内緒で群馬まで来てみてくださいよ・・。
名物おっきりこみを食べさせて差し上げますよ。体も心も温まってくださいよ。
こーんなに太いの。こんな太いのをすすりこめば、もう、・・・ね?

お、奥さん!
ああっ、お、奥さんっ!

では、また。

|

« 神の雫のワインを飲む・「シャトー・ド・サン・コム」 | トップページ | ポロに今年もスタッドレス。 »

コメント

こんばんわ。
群馬といえばうどんが有名ですよね、水沢うどんに館林うどん・・・
おきりこみはTVで見たことがありました・・・
ほうとうは武田信玄の陣中食だったと聞いたことがありますが、おきりこみは小麦産地の上州の食事として発達したのでしょうね・・・

野菜と一緒に煮込んだおきりこみは外でワイワイ言いながら食べてもうまそうですね

投稿: 羽ぴょん | 2008年12月15日 (月) 23:44

おお!あのトロ~ンとした感じがよく出てますよ!美味そう~!
県外から友人が来たら、たまに水沢うどんを食べに伊香保まで行くんですけど、個人的には納得していません。値段や量も含めて…。『おっきりこみ』の方が群馬っぽくていいですね!ちょっと前にNHKの昼の番組でも、倉淵の『おっきりこみ』が紹介されてました。
自宅マンションの近くに、新しくうどん屋さんがオープンしました。手島慶介さんという競輪選手がオーナーらしいです。店の名前は『葵屋』といいます。採算度外視の内装がウリだとか…(笑)行ってみようと思ってます。

投稿: ecotech | 2008年12月16日 (火) 16:38

羽ぴょんさん、こんばんはー。

ええ、群馬県民はとてもうどんが好きです。
夕食にうどんが出ても、さらにご飯が出ますから(笑)。
関西のお好み焼き定食を笑えません。

上州は麦を作ります。おかげで田植えが遅くなるくらいです。
地場の小麦粉を地粉と呼んで、これで作るとさらに旨いです。
他県の人がおっきりこみを食べると、これほうとう?といいますが、確実に違うものです。
本物はとろみがあります。

先月のキャンプでも、鍋の仕上げはおっ切り込みです。秩父のスーパーで買った麺でしたが・・。


ecotechさん、こんばんはー。

これからの季節は、おっきりこみが旨いですよ~。

水沢うどんは、夏場に胡麻だれで食べると、腰とつるつる感でそれなりに旨いですが、値段は観光地価格になっています。讃岐うどんを見習って欲しいです。
水沢観音よりの老舗で食べると、店内のゴージャス感もあって、観光客気分で食べれば高級なものを食べてる気がして面白いです。
ただ、バスで来る団体が多くて落ち着かないので、夕方がお奨めです。

おきりこみは、是非、茹で麺じゃなくて、生麺を使ってみてください。打ち粉ごと鍋で煮込むとあのとろみが出ます。翌朝は完全に違う食べ物になっていますから。

採算度外視の内装がウリのうどん屋ですか。面白そうですね!

私は「つるつるうどん(横綱うどん)」のスタミナうどんが好きです。
麺をラーメンに換えてみたいです。そうすれば完全に味噌ラーメンです。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年12月17日 (水) 01:08

手島慶介さんは、もともと実家がうどんや屋だったはず・・・。藤岡の焼き鳥屋の親父さんが親戚らしくそう言ってた気がします。

投稿: おにやま | 2008年12月18日 (木) 22:39

おにやまさん、こんばんはー。
「葵屋」さん情報ですね。ありがとうございます。

このお店、是非行ってみたいです。
店内がこだわりの内装ですね。競輪選手ってやはり稼げるのかしら?
駅東口を沖電気方面に行って陸橋を渡った先のようですね。
夜に飲める感じのうどん屋さんを探しているので、調べてみますね。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年12月19日 (金) 00:24

この記事へのコメントは終了しました。

« 神の雫のワインを飲む・「シャトー・ド・サン・コム」 | トップページ | ポロに今年もスタッドレス。 »