« 諏訪湖でワカサギ釣り・その3・食い止まり・・。 | トップページ | tikit&ブロンプトンのキャンプ仕様。 »

2008年12月11日 (木)

釣ったワカサギを天ぷらにする。

奥さん!
毎日忙しい奥さんっ!

奥さんは、揚げ物ってします?
私は苦手でねえ・・。あの油の処理に困っちゃう。缶に保存してまた使うったって、次いつ使うかわからないし・・。
ですから、学生時代から殆んどやっていないのですよ、揚げ物。
奥さんは、天ぷら揚げます?冷凍のコロッケくらい?
私、兼業主夫とか豪語しても、所詮揚げ物やらないレベル。
今回は奥さんに教えてもらうつもりで天ぷらにチャレンジしますね。

08ae1 前回の記事の通り、諏訪湖で釣り上げたワカサギ41匹。釣った当日に天ぷらにしたときの記事です。

サイズは小さめです。数匹大きな奴がいます。
綺麗な魚です。釣った時は透き通るようで、持ち帰るときらきらと銀色です。
釣りに使うルアーのプラグって奴に、ミノーというこのワカサギを模した奴があるのですが、ホントにそっくりですよ。

ワカサギ釣りに行くという段階で、釣ったものは天ぷらにするつもりでした。
100匹も釣れたら食べきれないなあ、とか言って取らぬ狸の何とかでしたが、事前に天ぷらを揚げるグッズを取り揃えていたのですよ。

08ae2 まずは油。天ぷらって油を大量に使いますよね。普段料理に使っている健康エコナだとか、コレステロールが付かない系の油は高価ですので、普通のサラダ油。

お鍋にどぼどぼ入れます。







08ae3 やはり揚げ物は廃油の処理が悩みますよね。
そんな悩める奥さんにご紹介したいのがこれ。
「かたづけポイ」

固める系の奴が欲しかったけど売っていなかった。
これは100円しないくらい安かったんですよ、奥さん。
この袋の中に油を入れると燃えるゴミとして捨てられるそうですが、どんな仕組み?

08ae4 袋の中を見ますと・・。
ええ?トイレットペーパーが入っています!
これに油を吸わせてしまおうというのか・・。エコなのかエコじゃないのかさっぱりわかりませんけどね。

これなら、自分で作れそうですよね。
この世には、いろいろなものを考える人がいるのですね、奥さん。





さあ、ここからは「ワカサギの天ぷら」のレシピですよ。

まず釣ってきたワカサギです。
これねえ、餌は例の赤く染めたウジ君ですよね。
これがワカサギの口の中に残っていると非常にやばいですよね。
釣っている時に、慌ていても餌だけはちゃんと口から取るようにしていました。丁寧に針と餌を一緒に外して。ですから餌は何回か使えますし。飲んじゃった奴も、バケツの水の中で泳がせておくと吐き出すそうです。
けど、心配なんで、料理する前にチェックしようと思ったら、ワカサギの奴、全員口をぴっちり閉じているんですよ・・。これには参った。釣る時はちゃんとアタリが合ったら合わせていたので餌は飲み込んでいないはずですから、ま、大丈夫でしょう!

08ae5 天ぷらの衣はね、小麦粉にコーンスターチや片栗粉や卵黄やら混ぜて、冷水でだまにならないように混ぜて、とかやりますが、初心者なのでみんな混ざっている天ぷら粉を買って来ました。

「日清・コツのいらない天ぷら粉・揚げ上手」です。

これを水でよく粘るまで溶いて、魚につけて揚げるだけ。さくっと軽い、っていう部分が天ぷらとしてどうなのだろうか?

まずは、ワカサギを塩水と流水でよく洗います。
諏訪湖はね、山にあるようだけどまわりはびっしりと人家。臭いほどじゃないけど予想以上に濁っていました。
なので、よく洗わなくちゃね・・。キッチンペーパーで水気を良く取ります。

08ae6 さあ、揚げますよ。
油の温度は、このコロモをちょっと油に落として、底に沈む前にすぐ浮き上がってきたらオッケー。

魚が小さいので、少しでも大きく見せようと、たっぷりとコロモをつけて油に投入。

じゅー。

ホントは軽く揚げたいのですが、ちょっといろいろ心配なんで、軽く焦げるくらいにこんがりと揚げました。これならば十分火が通っているでしょう。本来なら軽く揚げるべきです。揚ったら、準備した油とり紙の上に載せます。うーん忙しいので1匹づつ揚げたほうが良かったか・・。

08ae7 揚げている人間の特権です。揚げながら揚げたてを一匹パクッと食べてみます。

はふっ、はふはふ、熱い、ほふほふ・・。旨い!
あっさりして軽めに揚っていて香ばしい。これはいけます!

軽く塩を振って仕上げます。
小さい奴は何匹かくっついてかき揚げ状態に。それもまた旨そう。






08ae8 さあ、出来上がり!

う~ん、なにこれ?奥さん、ごめんなさい・・。
天ぷらとはちょっと見た目が違ってしまいましたが、揚げ物であることは確かです。コロモが大きすぎたんですね。だって魚が小さいから・・。

出来上がりをコタツでじっと待っていた妻と一緒に食べます。
妻は「ん?なにこれ?フリッター?フリッターだろ?これ」
「い、いや、天ぷらだよ~どっからどう見てもてんぷらでしょ」
「ふ~ん、「おっとっと」みたいだ、リアルおっとっと・・。」
「・・・、食べてよ!」

旨い!やはり旨い!淡白でさくっとしながら中はふんわりです。
やはり釣った魚は旨い。
ビニールに入れて氷の入ったクーラーボックスで持ち帰ってその日のうちに食べる。
売っているワカサギとは鮮度が圧倒的に違うと思います、見るからに痛みそうな小魚だし。
ワカサギの天ぷらって、売っているのも店で食べるのも臭いものが多いですよね、奥さん?ワカサギって川魚だから臭い、とか思っていませんか?
釣ってきたばかりの鮮度の良いワカサギは全然臭みがないんですよ~。

08ae9 もうビールが、よく合うんですよ奥さん!
塩味を効かせて炊き立てご飯のおかずにもグーです。

ふと妻が「これ、餌は何で釣ったの・・・?」
「え?あー、あのー赤い奴ね。そう、赤いそのー、む、むむ虫ね・・・。」
「え?虫?まさか虫入ってないでしょうね!?」
「だ、だだ大丈夫だよ、ちゃんと確認したから・・・。」
ふ~。

あー、美味しかった!41匹って二人で食べきるのにちょうど良い量でした。

自分で釣ってきた魚を自分で料理して食べるって、こんなに旨いんだ~。
う~ん、また釣ってきて次回はから揚げにチャレンジしたいです。釣に行くぞ~。

奥さんもどうですか?旦那さんが釣ってきた魚で夕食なんて。
そう、それは原始の頃、狩から帰ってきた男がもたらす獲物を家族で分け合う光景。人間の本能に訴えかけ、家族の絆が深まること間違いありません!
是非、旦那さんにワカサギを釣ってきてもらってくださいよ。
え?ご主人は釣りをやらない・・・。
それは残念ですね・・。
ならばどうです、私が奥さんのために釣りましょう。
そして私と天ぷらにして食べましょう、新鮮なワカサギを!
そうすれば原始の頃のように、本能のままに一夜を過ごすのですね、奥さん。
ああ、奥さんと一緒に釣ったワカサギを食べたいなあ・・・・。

奥さん。
ううっ!お、おっ、奥さんっ!

では、また。

|

« 諏訪湖でワカサギ釣り・その3・食い止まり・・。 | トップページ | tikit&ブロンプトンのキャンプ仕様。 »

コメント

こんばんわ。
写真を見て奥さんがフリッターと言ったのが妙に納得できたりして・・・
(悪気はありませんよ!!)
ご使用の天ぷら粉のレシピは良くわかりませんが
”これを水でよく粘るまで溶いて”
と書かれた部分が気になりまして・・・粘らせるとフリッターになってしまうようですね・・・

実は15年ほど前に大量に釣れたハゼの処理をお袋が嫌がりまして・・・
仕方なく僕とオヤジで松葉開きにして天ぷらにしたことがあったのです。
天ぷら係りは僕がやりましたが、粉を粘らせたらフリッターになってしまってかなり油を吸ってしまって、後で胸焼けとの戦いでした・・・

なんとなく昔を思い出しました・・・

投稿: 羽ぴょん | 2008年12月11日 (木) 23:16

画像を見た瞬間、『おっとっと』を思い浮かべました(笑)
魚の天ぷらは『カワハギ』が最高です!子供の頃、近くの磯で大量に釣り上げて、母ちゃんに揚げてもらってました。薄っぺらい魚なので手間がかかりますが、抜群に旨いです。当時は知らなかったのですが、高級魚なんですね、カワハギって。あ、キスも旨いですよ。遠浅の砂地で釣れます。
祖父が漁師だったので、子供の頃、たまに船に乗せてもらって、イカとかアジとか釣りに行ってました。沖に出ると自分の小ささがわかります。
釣りは相模湖でボウズくらってからやってないな~。

投稿: ecotech | 2008年12月12日 (金) 15:30

羽ぴょんさん、こんばんはー。

やはりこれはフリッターですね(笑)。
ええ、天ぷら粉の袋に「なめらかになるまで混ぜてください」というのを勝手に「粘るまで混ぜてください」と解釈してしまいました・・。
だからですね~。
こういう混ざっている天ぷら粉は、やはり正統派天ぷらとは違う仕上がりになるみたいです。さくっと仕上がるように何か入っている感じです。
 
ああ、ハゼも旨そうですね。江戸前ですか?
揚げたての天ぷらはやはり旨いですね。次回は野菜の天ぷらからやり直してみたいと思います・・。

ecotechさん、こんばんはー。
その後お体はいかがでしょうか?

やはりこれはおっとっとですね(笑)。
カワハギは食べたことがないです。釣番組では見ますが、魚屋で見たことがないなー。地元でしか食べられないのですかね~。食べてみたいです。
キスの天ぷらなんて、大好きですよ!

漁船でつりなんて素敵ですね。海は良い。海釣りをやってみたいですね。
キスの投げつりなんて砂浜でやってみたいです。

釣りは、私も久しぶりだったのですが、楽しかったです。釣った魚が食べられるってのも嬉しいですね。人生後半の趣味としてボツボツやるつもりです。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年12月12日 (金) 23:02

こんばんわ
>ハゼも旨そうですね。江戸前ですか?
えっと・・・外房(九十九里)の河口産です。
実はハゼの天ぷらよりも焼き干したものを昆布巻きにしたものの方が好きなんですよね・・・

投稿: 羽ぴょん | 2008年12月12日 (金) 23:07

羽ぴょんさん、こんばんはー。

外房の河口でしたか。東京湾よりも水質は良いでしょうね。
餌はゴカイでしたか。あの餌もすごい奴です・・。

河口って好きなんですよ。小学生の時、1年だけ久里浜にいて、潮の満ち引きで水位がすごく変わるのをみているのが好きでした。
ボラがばしゃーんって跳ねるんですよ。

ボラといえば、大学生の時の夏休みにひと月だけ下田でバイトしまして、川いっぱいにボラの大群を見ましたよ。アレは凄かった。
産卵なのでしょうか?川に注ぐ側溝にもびっしりとボラが上っていました。
あの光景は忘れられませんね・・。

投稿: 管理人(電動おやぢ) | 2008年12月14日 (日) 01:48

この記事へのコメントは終了しました。

« 諏訪湖でワカサギ釣り・その3・食い止まり・・。 | トップページ | tikit&ブロンプトンのキャンプ仕様。 »