« ブログパーツを貼ってみました。 | トップページ | ブロンプトンのグリップを茶色に交換 »

2009年3月 5日 (木)

ワイングッズを揃える。

楽天ショップって面白い。ほんとピンポイントな物を扱っている店があります。
そんな店、地元の高崎辺りで始めたらあっという間に潰れてしまいそうでも、
全国区で、ネットで検索されれば商売になるんだから凄い。

最近使った楽天ショップは、ワイングッズの専門店です。
01b1 ざらっと揃えてみた。
なんたってこの店はワインを売っていない(笑)。ワインにまつわる商品だけを売っています。
Wine Accessories Creation 

という店。
ワインに興味のある方はのぞいて見て下さい。








01b2 まずは、以前ご紹介しました、プルタップスのソムリエナイフ。

これは良いよ~。
なんといってもレバーが2段になっていて、長めのコルクでも無理せずに抜けます。

値段も一番安いのならばかなり安い。
これは903円でした。







ワインというのは、グラスでかなり味が変わる。
グランクリュだの格付けシャトーだのと高級ワインを飲み出したら本格的なグラスが必要。
グラスの中で香りを開かせたり閉じ込めたり、舌のどの部分にワインを当てたら美味しく感じるのかワインの種類ごとに計算された縁の形状やガラスの厚みを持っている、というのが本格的なワイングラス。

01b3 リーデルというのを買ってみました。
これはなかなか凄い。
今回は、最近凝っているブルゴーニュワインに特化したグラスを購入。ブルゴーニュだけは良いワインが手元に揃ってきたから。

このお店は、あのドラマ「神の雫」の番組内で使われているグラスを提供している。それがこのリーデル社のグラス。なるほど主人公の雫が働くオフィスでこのロゴを良く見る。
最高峰はソムリエシリーズという1個ン万円のグラスシリーズ。これは高くて買えないし万が一割ってしまったときのショックは酷いので無理。
普及版だがややこだわりのあるヴィノムシリーズにしました。


01b4 ブルゴーニュなど、ピノ・ノワールで造られたワイン専用グラス。

「リーデル・ヴィノム・エクストラ・ラージ・オレゴン・ピノ・ノワール」

ブルゴーニュワインの特徴であるぶどう、ピノ・ノワールの繊細な香りを下部のファットなボールの部分で開かせ、そして内部に閉じ込め、上部の煙突状な部分でワインが口に流れ込む量をコントロールしやすくしているという。

高級グラスは高級なワインのポテンシャルを最大に引き出せるが、劣るワインの欠点をさらけ出してしまう。普及グラスは高級ワインのポテンシャルを引き出せないという。
そこでこのモデルは、両方の長所をあわせ持ち、村名ワインからプルミエクリュ、一般的なグランクリュまでをカバーできるという。詳しくはこちらに書いてありました。

これならばきっと旨く飲めるはず・・。
01b5 しかしデカイ・・。800mlも入るという。ワインのフルボトル1本入っちゃうじゃない。
いや入れないけど。
隣のボトルと比較すると、むちゃくちゃでかい。
髭男爵のよりデカイか?ゆうたろうのブランデーグラスには負けるだろうが・・。

こんなの持ってるだけで、笑いが取れそう。
ルネッサンス~、とかやればね。

いや、味を追求する為にこの形なんですよ。
いつか良いブルゴーニュワインを飲むときに登場します。







01b6 これは、飲み残したワインの鮮度を保つ道具。ワインセーバー。

ボトル内の空気を吸い出して真空にし、飲みかけのワインを新鮮なまま保存することができます。

私、一人きりでワインを飲んでおりますので、なかなか1日では飲みきれません。時間を掛ければ一晩で飲めそうですが、翌日残るよね・・。通常2~3日掛けて飲みます。翌日の方が美味しくなっているワインもたまにありますが、だいたい味は落ちます。
なのでこれを使えば、翌日もあまり味が落ちないとか・・。

01b7 こんな大きさね。

飲み残したイタリアワインで実験。
ウマニ・ロンキ・ヨーリオというワイン。漫画版の神の雫で出てきたワインですが、そんなに美味しくなかったので特にご説明しません・・。1500円くらいでちょっと期待したのに。以前飲んだファルネーゼ・カサーレ・ヴェッキオがやはり旨かったなあ。






01b8 この付属のゴムキャップをはめます。

コイツのスペアを用意すれば、平行して何本かのワインを同時に楽しめる。そんなに飲めれば。











01b9 ポンプをゴムキャップに差込む。

















01b10 あとはポンプをシュッコシュッコする。段々重くなって、キューっと引っ張られるくらい重くなったら終り。10回ちょっとポンピングすればよい感じです。これで内部は真空に近いはず。

ま、やってみましたけど、うーん、あんまり良くわからないや。
ワインは日が経って味が変わるのもまた味だしねえ・・。
漫画ソムリエールに書いてあったけど、あまりこれを使うと香りや風味も吸いだして薄っぺらいワインになるとか、だっけな。

最初が凄く美味しく感じたワインに使ってみます。
誰かと二人でワインを飲めば、夜が更ける頃には飲みきっちゃってこんなポンプいらないのにね。

奥さん・・・。一緒にワイン飲みませんか?
すっごいの1本、奥さんのために、コルクを抜いちゃいますよ・・。

では、また。


|

« ブログパーツを貼ってみました。 | トップページ | ブロンプトンのグリップを茶色に交換 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。