« 伝家の宝刀・12-27T | トップページ | 誕生日の夜に »

2009年5月10日 (日)

佐渡準備の朝練は山へ・杉ノ峠~不動山

土曜日はチームで朝練。
どうも自転車のチームは朝練をやっているらしい、という情報を掴んだ我がチーム負け組は、朝7時集合となりました。あまりレーシーじゃない集団ですが、それっぽくしようと努力・・。

来週参加の佐渡ロングライド最終練習として埼玉方面の山へ。山は嫌だよう・・。
体重が全盛期の12キロオーバーとなった私は、もう山を見たくもないです。
けど、佐渡は結構山を走るのよ。

佐渡で使う予定のウィリエール。

8t1















朝日にピカ~。

昨夜、スプロケットを山用の12-27Tに換えたエヴァーション・チーム。
暑くなりそうなのでWボトル。
早朝はまだ涼しいのでウィンドブレーカーとタイツ姿。脱ぐので大型のサドルバック。

前夜、調整をしていたら、フロントのSTIレバーがバキッといったきり動かなくなった。
前変速が出来なきゃ山は無理、不参加が頭をよぎる。STIレバーの解体を始めるが素人には無理っぽいね・・。
いじっているうちに、変速ワイヤーがギターの弦並みに張っていることに気付く。ダウンチューブのアジャスターで緩めると、何のことは無い変速しました。再度張りを調整してOK。焦りはいけません。落ち着いて・・。おかげで1時就寝。

8t2 高崎の聖石橋下流のバーベキュー広場に7時集合。眠いよ・・。
M氏が待っている。Y田さんは、先週やったバーベキュー会場に待ち合わせだと勘違いして遅れる。何であんなところで待ち合わせるのよ(笑)。
3人で出発。
広場では地元の大学生か、朝練をやっている。やはり体育会系業界では、朝練は必須なのだ。

高崎~藤岡~鬼石経由で長瀞方面に走り出します。


山名から狭く交通量の多い一般道。M氏は危険な道は速く通り過ぎる、というポリシーなので30キロ以上で巡航。路側帯が無く路肩の路面が悪い状況で車の脇を走る。
怖い~。赤いポルシェと藤岡の手前まで抜きつ抜かれつ。ポルシェ並みに我々は速いのか?既に私は二人について行くのがやっと。

次の集合場所、ララン藤岡にあっという間に到着。ここでS田さんが合流。

8t3














大きさ比べ。

バイクフライデーの小径車が3台と、大きな自転車一台。

8t4 畑の中の静かな道を走る。
バイクフライデージャージの二人。
微妙に仕様が違うらしい。

神流川沿いのサイクリングロード~藤武橋を渡り、再び神流川の上流方面へ。

このあたりはまだまったりモードでツーリング感覚。









8t5 「かんなの湯」で本庄から来たS山さんと合流。












8t6



















おお!

S山さんが小径車に乗ってきた。しかもバイクフライデーじゃないですか!
やっと空気を読んで来たのね・・。
しかもこれは、以前購入したタンデム車。そう、バイクフライデーのタンデムは、後乗車部分を外して一人乗りにも出来る!これはたまげた・・。
もう奥様も息子さんもリゾートで一緒に乗ってくれないので、一人用にしたそうです・・。
鮮やかな赤色。
詳しくはIKDさんのこのページをご覧ください。

ダイヤモンドフレームは限定車以外ではこれだけ。
私だけが大きい自転車で空気が読めない人になってしまった・・。
しかし、発注したポケットロケットがもうすぐ完成しますから!

8t7 走り出し、以前この記事で紹介したことのある、 「丹荘~朝日工業線」の廃線跡をちょこっと走って、ややツーリングモードで私は安堵します。

最近、M氏はウェアもツーリングモードになったね。私もそっちの世界が好きです。

しかし山が近づくにつれて、皆さんテンションが上がってきたのか、また高速モードになります。







8t8鬼石を抜け、最初の難関、杉ノ峠。
距離も高度差もたいしたことはありませんが、今年初の山走りの私には辛いよ・・。

あっという間にみんなの背中が見えなくなりました。くうう・・・。









8t9

この峠は最初の方で、斜度が結構凄い。
インコースはかなりの急角度。
くう、ギヤが重いよ・・・。こんなに27Tって重いの?
フライトデッキはローギアを指していますが、なんかおかしい。
ああ、まだ一枚ある!24Tで上っていたのか・・。
27Tに落としてなんか得した気分になって頂上。フライトデッキがどうも不調です。
皆さんは峠で待ちくたびれた様子。すみません・・。

杉ノ峠から下って、児玉町太駄に。
皆野町方面へと上る。
ここで、長瀞へ抜けるときには立ち寄るカフェ「かぼちゃとやぎ」さんに立ち寄ります。以前行った時の記事はこちら。
が、まだ時間が早く食事タイムではないので、計画では上里町にある2号店「かぼちゃとやぎpart2」で昼食予定。お店で2号店に行きますので、と声をかけて先に進みます。

長瀞に向かう峠道の途中で皆が立ち止まります。出牛というところの先、
どうやらここから山中に入り、林道を走るらしい・・。
ビクビク。

8t10 山走り開始。
M氏が「な~に、尾根道だから、一旦上がっちゃえばあとは水平だからさ・・。」
うそ臭いなあ。
いきなりの急登。
狭い山道。








8t11 どうやらここは「陣見山林道」という道らしい。

出牛峠で皆が待ってくれましたが、その先はぶっちぎられ、一人の苦しい旅に。







8t12

日影は路面がじっとり湿っている滑りやすい状況です。

涼しいのが救いか。
けど、一人だとちょっと怖いです・・。

車は殆んど走ってきません。
とても静かな山の中。

はーはー。も、もう、だめ・・。ちっとも水平じゃない、M氏の嘘つき~。



8t13 やや開けて、稜線に出て、右手には長瀞の町が見下ろせます。そこは苦しくて写真が撮れなかった・・。

おお、峠の頂上か!

いや、まだか・・。
なんか、腰が酷く痛い。
やっぱ、ヒルクライムは私には向いていません~!
不得意なことはやりたくありませ~ん!



不動山の手前の森の中で峠の頂上8t14 らしい。

ああ、皆が冷ややかに待ちくたびれた様子で待っている・・。笑ってるよう。
くうう、ヘロヘロの私を写真で撮ってるう!やめてええ!

山をみんなで登るとこの瞬間が一番嫌。申し訳なく、しかも苦しい。
やっぱ、山はもう嫌あああ!









8t15 ここには看板が。

夜景はとてもロマンチックって、夜に来たら怖いよ、ここ。

「間瀬峠・陣見山ビューラインと命名しましょう」って、なんか弱気な発言(笑)。
みんな呼んでやってください。














8t16 頂上でバイク達。

やっぱりヒルクライムは小径車が有利なんだな。私は大きな自転車だったから登れなかったんだ。
そうそう、きっとそう。

さて下ります。
皆が体が冷えちゃったとか言っているよ。うう、ゴメンナサイ・・。



8t17 ちょっと下ると群馬方面の眺め。
標高は高くないけど深い山の中です。
遠く赤城山が霞む。


そこから先は、ダウンヒル。道が狭くてブラインドコーナーが多いので慎重に。路面も一部荒れていて、特にグレーチング(道を横断している金属の側溝蓋)は滑って危険です。
途中、巨大な蛇(アオダイショウ)が体を伸ばしてお昼寝されていて怖かったよう。

8t18 しばらく下ると、間瀬峠から下ってきた広い道にぶつかります。間瀬峠はすぐ上ですが、もう帰路なので、児玉方面へと下ります。

ここからは道も良いので豪快なダウンヒルです!
綺麗な道なのに、何故か車がほとんど通りません。
コーナーも突っ込んでいきます。
気持ちいい~。
まあ、危険なんでブレーキはお早めに。

何故交通量が少ないか、この先道が林道並みに狭くなって、車が来ないんだと判明。
上った苦労以上に下れた気がするお得なダウンヒルコースでした。

8t19 さらに下ると湖がふたつ。間瀬湖です。

堰堤が素敵なのでちょっと休憩。











8t20 湖面ではへらぶな釣の方が多数釣り糸を垂れていました。

新緑が眩しい。
ちょっと夏っぽい感じもしました。

いい感じの山里を抜け、快適な道を飛ばします。
山で皆さん相当テンションが上がったのか、ハイスピードです。
ちぎられないようにドラフティングで食いつく。後につかせて~。


8t21 児玉町の街を抜けて、工業団地の中へ。レーシーな3名は、佐渡210キロのシミュレーションなのか、35キロ巡航で行ってしまう。
私とM氏は、信号で追いつきながら何とか付いていきます。そんなに飛ばさないでええ。

本庄市のお隣の上里町に入ります。

ここから先は地元在住のS山さんにナビをしてもらいます。




8t22 何度か道を間違えながら、S山さんが1度来たことがある、目的地の「かぼちゃとやぎpart2」に到着。12時ちょっと前で予定通り。

ここで昼食とします。
このお店のHPはこちらです。

中に入ってみてビックリ。
こじんまりとした店内なのに、我々の席を予約席で取っていてくれました~。
1号店で言ったからなのね。立ち寄ってよかったぜ~。





8t23 石釜で焼いたパンをはじめ、美味しい料理を頂きました。
「かぼやぎ」2号店を制覇。東京に3号店を出店予定だそうなので、出来たらそちらも行く予定。
このお店の詳しい記事はまたいつか書きます。

途中で午後仕事というY田さんが1時に出発。お気をつけて。
我々もそのあと出発します。地元のS山さんは帰宅。


8t24 帰りは、神保原の駅横から国道17号の旧道を走り、神流橋を渡り、新町からいつもの烏川サイクリングロードを強い陽射しの中、走ります。

群馬の森で解散。

M氏と私は倉賀野経由で帰宅。
途中コンビニでガリガリ君を食べました。
冷テー。アタマ痛ー。




8t25 15時には無事に家に到着。これでも朝練なの?

走行距離は90キロほどでしたが、久しぶりの山と暑さでもうヘロヘロ。
これで佐渡の準備走行はお終い。これ以上やったら本番前に体が壊れます(笑)。
何事も程々が一番です・・。当日はのんびり行きましょう。

シャワーを浴びて寝てしまった。すると7時にメールで呼び出し。
夜練(夜の練習会)と称して呑み会だったっけ。容赦ないですねえ・・。

では、また。

|

« 伝家の宝刀・12-27T | トップページ | 誕生日の夜に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。