« ずっとこの空の下で。 | トップページ | ここ数年で読んだマンガ・レビュー集。 »

2009年6月15日 (月)

コメント欄について

以前やっていたブログで は、コメント欄に沢山のご意見を頂き、読んで下さる方々とのコミュニケーションをしていました。

けど、今回からはコメント欄を作りませんでした・・。
コミュニケーションを目的としてネットをやっている方には、本当にごめんなさい。

いろいろ考えました。
先月、義母が亡くなった時に、自分はなんて親不孝なんだと、こんなブログを書いている時間があったら親孝行すりゃ良かったなと・・。母の日にも一度も義母に会いに行かなかった。葬儀の最後、棺に生花を入れたとき、カーネーションが残っていたのを私は納めた。こんな時になってやっとカーネーションを贈ったのかよって、自分が情けなくなりました。

以前のブログはちょっと濃厚で、日によっては画像30枚アップの記事で、作成に3時間以上掛かる。
コメントも質問があればちゃんと調べて答えたし、コメント3~4件あれば返事で記事を書く時間がなくなってしまった。
ブログは、自分の大切なものだし、やめられない。
けど、まだ生きている自分の親に会う時間を確保する為には、コメントを削るしかないのかなあと・・。

内容については、正確に書こうと思いますが、なにぶん主観が100%なのがブログ。
まさかネットをやっていて全ての情報を鵜呑みにしている人はいないと思いますが、内容は自己判断自己責任で読んでいただければと思います。

なかには私の記事を不愉快に思う人がいるかもしれません。
そういうことは無い様に気をつけていたのですが、自分では面白おかしく書いたつもりでも、特定の人には不愉快に映ってしまった、そんなことが以前やっていたブログであったのです。
コメントで批判を頂きました。

世の中には様々な考えがあります。言論は自由です。そうでなければネットは存在できません。

私は他人を揶揄する為にこのブログをやっていません。
それでも批判は受けます。
自分の考えと違うと、意見を言いたくなってしまうのでしょうね。
そういうコメントに返事を書くことには、人にはそれぞれ違う考えがあるんだよと、説明することには疲れてしまうのです。
これもコメント欄を作らなかった大きな理由です。


私20代の頃の仕事で、自社製品のコマーシャルで「オープンカーの助手席に女性を乗せてドライブする」っていう設定のフィルムを流したら、「女性を男の性奴隷にしている」というような内容の抗議を受けたことがあります。
いろいろな考えがあるものだなあ、とその時は思いました。思いも寄らぬ意見の違いがあります。

そんなわけで、このブログはコミュニケーションは出来ませんが、なるべく皆様が楽しんで、役に立てる記事を書きたいなあ、と思っています。

|

« ずっとこの空の下で。 | トップページ | ここ数年で読んだマンガ・レビュー集。 »

つぶやき日記」カテゴリの記事