« 「二十歳の原点」 今日は命日。 | トップページ | 飲んだ焼酎の感想集。 »

2009年6月27日 (土)

飲んだワインの感想集。

ここ最近、ワインにはまってしまいました。
みんな、マンガ「神の雫」が悪いんだあ~。

値段の安いのを飲んでいましたが、ああいうマンガで、コ、これは旨い!なんてやっているとつい良いワインにも手を出してしまいますねえ・・。

現在お気に入りなのは、フランスのブルゴーニュワインです。
ピノノワールというぶどう単一で作られる、繊細で甘酸っぱいワインです。
ブルゴーニュは結構値段が高く(安いものが無い)買うのが辛いのですが、もう、ピノノワールが大好きになってしまい、いろいろ他の国のピノワインも試しているのですが、やっぱりブルゴーニュに戻ってしまいます。

そんな私が過去に飲んだワインを以前にやっていたブログで感想を書いていますので、ここに集めてみました。
主なものを掲載します。現在は赤ワインが大好きなので赤ワインが主流です。

ちなみにポイントは、全くの私の主観。パーカーポイントの100点満点法を真似してみましたが、全くあてになりませんから(笑)。

規準としては
95~100点は圧倒的な絶賛ワイン。もう二度と飲めない感じ?ていうか、たぶん私は一度も飲めない(笑)。
90~94点はもう素晴らしいワイン。無理をしてでもまた飲みたい感じ。
85~89点はお奨めの美味しいワイン。是非飲んでみてくださいという感じ。
80~84点はまあ普通のワイン。お好みでどうぞ。安ければまた飲みたい感じ。
75~79点は、ちょっと美味しく感じなかったワイン。もういいかな的な感じ。
70~74点は、美味しくなかったワイン。お奨めしません。
これ以下はありません。100店満点がわかりやすいだろうというパーカーさんの考えにのっとり、30点満点じゃなくて、まず70点を与えて、そこから採点します。本家は細かい規準があるようだけど、私のは主観のみ。単なる私の好みです。日によって、飲んでいる時期によって全く基準が変わっていますから。気にしないでください・・。

マンガ&ドラマ神の雫シリーズ。

シャトー・ド・サンコム 2006年(マンガ3~4巻)83点

シャトー・モン・ペラ2006年(マンガ1巻) 84点

アンリジャイエの関係者のワイン (マンガ1~2巻)
メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール・ブルゴーニュ・ルージュ2006年。84点
エマニュエル・ルジェ・ブルゴーニュ・パストゥグラン2004年。85点

ルー・オー・メドック・ド・ジスクール 1998年(マンガ2巻)。84点

ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス・コート・デュ・ローヌ 2007年。(マンガ6~7巻)83点

 グロ・フレール・エスール・ヴォーヌ・ロマネ 2001年。(マンガ1巻)89点

シャトー・ピュイゲロー 2002年。(マンガ7巻)88点

ファルネーゼ・カサーレ・ヴェッキオ・モンテブルチアーノ・ダブルッツオ 2006年。
(マンガ18~19巻)88点

イゲルエラ 2007年(マンガ17巻)81点

ブルゴーニュワイン・シリーズ

グロ・フレール・エ・スール・オート・コート・ド・ニュイ 2006年。83点

モンジャール・ミュニュレ・ブルゴーニュ・ピノノワール 2005年。87点

ルー・デュモン・ブルゴーニュ・ルージュ 2006年。87点

ロベール・グロフィエ・シュブレ・シャンベルタン 2005年。91点

デュジャック・フィス・エ・ペール・モレ・サン・ドニ 2006年。91点

雑誌「一個人」シリーズ。

ボルサオ・クラシコ・ティント 2007年。80点

シャトー・ダマーズ 2004年。79点

マンガ「ソムリエール」

オー・ボン・クリマ・ピノノワール・サンタ・マリア・ヴァレー 2005年。89点

新世界のワイン

チリワイン・コノスル 各種80~86点

イエロー・テイル・ピノノワール 82点

こんな感じです。
まだ我が家には沢山ワインがあるし、感想が書けていないワインも随分あります。
今後もゆるゆるとワインを飲んだ感想を書いていきます。

|

« 「二十歳の原点」 今日は命日。 | トップページ | 飲んだ焼酎の感想集。 »

飲んだワイン」カテゴリの記事