« 過去私が登った山の記事・リンク集 | トップページ | 桜男君と桜子ちゃんシリーズ。 »

2009年7月 5日 (日)

バイクフライデー・ポケットロケット・Monostay

20インチの小径自転車です。これが私の今シーズンの新車です。

Bf1_2

小さい自転車ですが、今流行のロードバイク並に速く走ることも出来る、高性能な小径自転車です。

やっている自転車チーム内で流行り、やっと私もお仲間になりました。
米国製のフレームです。私の地元の街、高崎にある「サイクルテックIKD」さんが輸入代理店になっています。詳しくはこちらをご覧ください。
IKDさんなら米国との話も早いので、地元にあってよかった~。
このIKDさんは他にもブロンプトンや小径車のことならお任せです。IKDさんの詳しいことはこちらをどうぞ。

私がオーダーしたのは「ポケットロケット」というロードバイクタイプです。速く走れるようにした仕様です。

こんな感じで輸入されます。
Bf4_2

ダンボールに張り付いていますけど・・。

実はこのフレーム、通常のポケットロケットとは違います。
IKDさんが米国に特注した、ショップ別注物のカスタムフレームです。

通常は、バックフレームのステーが2本になって溶接されています。
Bf5

それに対して、私の別注ポケロケは、バックが1本のモノステーになっています。

Bf3

バックのデザインがすっきりしていて美しいのです。
名付けて「ポケットロケットMonostay」です。
IKDさんが何台かまとめてオーダーを出した1台で、色はこのホワイトのみでした。
サイズはMです。
もともとこのモノステーは、ポケットロケットの上級バージョンのポケットロケット・プロの仕様です。それを通常のポケロケに施したものです。
パイプがプロより厚いので重量はありますが、剛性があり荷物の積載も耐える丈夫さがあると思います。そしてお値段もプロよりお安くなっています。

パーツは、もともと乗っていたジャイアントMR-4という24インチ折り畳み車に付いていた、シマノ105コンポを移植しました。
他のパーツでは色合いに苦心しました・・。以前やっていたブログの記事へのリンクです。

IKDさんで作成途中の様子。 はこちら。

納車の時の様子です。

初乗りの様子です。

結局こうなりました。
Bf2

白のフレームは爽やかですが、ちょっと地味・・。なので青パーツを装着して爽やか度をアップしようという作戦。

今後は、さらに青パーツ化作戦を推進していく記事を掲載します。
さらに、以前やっていたブログに掲載した、バイクフライデー機材関連とバイクフライデーで走ったツーリングやイベント参加の記事へのリンク集も作成します。

|

« 過去私が登った山の記事・リンク集 | トップページ | 桜男君と桜子ちゃんシリーズ。 »

自転車・バイクフライデー」カテゴリの記事