« ティンバック2の青いサドルバック・ポケロケ青色化計画その3 | トップページ | 白ポケロケ・いつものうどんツーリング。 »

2009年7月26日 (日)

フィジーク・2009限定チームサドルを装着・ポケロケ青色化計画その4

今年の新自転車、バイクフライデー・ポケットロケット。その白ポケロケに青色パーツを付けたーい!という計画。もうこの辺で最後にしましょう。

黒部分が多くて白青化したかったサドルに着手。入手したサドルはこれ。

D1

フィジークです。現在はここの名品アリオネを装着して、その乗り心地は気に入っているのですが・・。色が黒青なので替えたい。またもやフィジークを。箱がいやに大きい。

中身は・・。

D2

うおお、白い。白サドルなのか?

D3

くうう、とうとう見つけた、夢の白青サドルです!これこれ、色的には理想のサドル。

フィジーク・2009年限定・アンタレス・チームレプリカ・エフデジュブルー。

長い名前。限定モデルです。プロチームのエフデジュに供給されているのかな。昨年はアリオネでこのモデルがありましたが、今年はアンタレス。これは快適系のサドルのようですが、この限定はプロチームに供給されるだけあってレーシー。175グラムと相当軽い。乗り心地が硬いのではと不安ですが・・。

箱の底にオマケ付き。

D4

カタログ小冊子とシール。フィジークのシールはあまりないらしい。フレームに貼ろうかな。

かなり高価なサドルですが、この色のためには仕方ない・・・。限定サドルなので無くならない内にゲットしなければ。

バーテープも付属。

D5

サドルと同じような質感で。青と白が途中で切り替わる。しかも2種類のバーテープを繋いであるようです。これ凝っているんじゃあ。

サドルの裏側も凝っています。

D6

装着してしまえば裏なんて見えないのですが。そこは限定、いろいろやってくれます。

全体の質感はさすがに高品質。皮はしゅっと張ってあるし、縫製も丁寧。

アリオネとの比較。

D7

全長は短く、座面はやや幅広いかな。アリオネのほうがパットが厚くて柔らかい印象。アンタレスもこのクラスではパットが多目らしいのですが、軽量サドルの宿命で硬いです。やや平板な座面だし。快適性ではアリオネですね。アンタレスは形状こそ快適狙いですがやはりレーシー。

早速装着。

D8

クオータのヤグラは本当に嫌になってしまう。いまどきこの整備性。前側のボルトはスパナで回す。角度を決めるのに大変。しかもフィジークとの相性は?です。前側を目いっぱい下げても前上がり気味です・・。シートピラー変えたいなあ。

こんな感じに。

D9

おお!いいじゃない?まさに白青。バイクのカラーリングに合った~。まさに色だけのためにこんな凄いサドル付けちゃったよ・・。全体の質感もアップ?

しかし、このサドル、なかなか凄い色合いですね(笑)。

D11

うん、全体の白青化も決まってきた感じ。

けど、なんで白青ってことになっちゃったんだろうか(笑)。

D12

外は雨だし、もうすぐ暑いし、秋まで乗らないッかなあ・・・やっぱ夏は山登りかなあー、と考えているところに、自転車チームのM氏からメールが。

「明日、雨じゃなければ、うどん食べに走らない?」

とツーリングのお誘いが・・。「機種は?」と返事を書くと、

「もちろん、その白い奴さ・・・」

うーん、走るか。身内の不幸があって自転車遊びは自粛していましたが、久しぶりに復活か。このポケロケもそんなわけで購入してからまだ長距離を走っていません。真新しいサドルで早速出掛けますか。

次回、白青ポケロケで初ツーリング、です。

|

« ティンバック2の青いサドルバック・ポケロケ青色化計画その3 | トップページ | 白ポケロケ・いつものうどんツーリング。 »

自転車・バイクフライデー」カテゴリの記事