« ちょっとゴージャスな職場飲み会 | トップページ | フィジーク・2009限定チームサドルを装着・ポケロケ青色化計画その4 »

2009年7月24日 (金)

ティンバック2の青いサドルバック・ポケロケ青色化計画その3

うおおお、ポケロケを青くしたい!白いポケロケに青いパーツを装着したいだけのシリーズです。

今回はサドルバックに着目。パンク修理関係の道具をロードバイク系に装着するにはやはりサドルバックです。必ず付ける物ならば、そこんところを青くしてしまえ!

ネットショップで青いサドルバックを探しました。そこで辿り着いたのがこれ。

TIMBUK2(ティンバック2)って奴。

C1_2

おお、青いぜ!けど、ネットの画像で見たときはもっと鮮やかな青だったの・・。

自転車のバックといえばオーストリッチ。探しましたらチューブラーバックのロイヤルブルーがとても鮮やかな青。けど、小さくてチューブとCO2ボンベとレバーと工具が入るか?それより大きなのは濃紺だし、他のメーカーは黒だのシルバーだの。

見つかったのがこのティンバック2。

C2_3

知る人ぞ知る米国バックメーカー。都市部の自転車乗りならばおなじみ?背中に背負うメッセンジャーバックの老舗です。

丈夫なバリスティックナイロン、ぐるぐる渦巻きがトレードマーク。結構気になっていて、最近ティンバック2のメッセンジャーバックも入手したので、後日詳細な感想を書きます。

正式な商品名は、バイクシートバックというらしい。おしゃれねえ・・。これはブルーのLサイズ。小さいのもあるが、これでもCO2ボンベまで入れると厳しい小ささ。シュワルベの20インチ用チューブも箱から出さないと入らないよ。奥行きはあるのですが、筒状で間口が狭い。

素材はしっかりして、角はパイピング施される。内部にキーホルダーのフックが付いている。値段が高いんだもの。オーストリッチと比べると割高感があります。けど、鮮やかな青いサドルバックが欲しかったんだよー。なのにちょっと地味・・。

C3

こんな感じに装着。ストラップは流石はバックメーカー。値段相応な高級感。

サドルに付ける時、普通はストラップをバックの後ろに回してバックルを通して留めたりしますよね?けど、こいつはサドルのレールにまわすだけ。ちょっと心配ですが。ストラップが表生地が付いた肉厚でしっかりしている物なので大丈夫かな。着脱はその分簡単です。

さあ、どうだ、青くなったか?

C4_2

青くなったさ~。

そんな青くしなくていいから、いい加減乗れって?

乗れないよねえ。梅雨明けしたの?毎日雨じゃない・・。

それに暑い夏はやっぱ高い山。山に行きたいのです。自転車は秋から再開!

私の夏休みは、8月末までに7日間好きなところで取れるので、最長11連休が可能。けど、小出しに取るぜ~。平日にちょびちょび山に行きたい。この天候なので夏休みをお盆以降の後半に変更中。早く本当に梅雨明けしてください・・。

|

« ちょっとゴージャスな職場飲み会 | トップページ | フィジーク・2009限定チームサドルを装着・ポケロケ青色化計画その4 »

自転車・バイクフライデー」カテゴリの記事