« 1泊2日のキャンプ道具(駐車場からキャンプ場まで歩く場合編) | トップページ | 湯の丸キャンプ場・その2・夜の宴会&朝食編 »

2009年8月16日 (日)

湯の丸高原キャンプ場に行く・その1・到着・昼食編

暑い。暑過ぎる下界にサヨナラして、標高の高い高原のキャンプ場に行ってきました。

長野県の「湯の丸高原キャンプ場」です。

Y1

上信越自動車道の東部湯の丸インターから、湯の丸高原の地蔵峠まで車で行きます。地蔵峠の標高が1732メートル、そこからやや上った場所にありますから、1800メートルに近い場所です。山岳ルートのキャンプ場ではない一般のキャンプ場としてはかなり高所ではないでしょうか?涼しさが期待できます!

しかし、いろいろ調べると・・。地蔵峠の駐車場から徒歩15分とか書いてある。

こちらにも書いてありますが、キャンプ道具を持って歩くとなると大変ですね。以前湯の丸山に登ったときに場所は見ていますが、どうなることやら。

なので、前回の記事に書いたように、ザックにキャンプ道具を詰め込み、背負って歩こうと思いました。

M氏のステップワゴンで、群馬県安中市を出発。しかし、一緒に行くS山さんと息子さんの荷物は普通のキャンプ仕様。

Y2

連絡が行ってなかったようで、まあ、現地で考えましょう。側に違うキャンプ場もあるし・・。

東部湯の丸インターを降りて、地元の道の駅「雷電くるみの里」に立ち寄り,直売の新鮮な野菜を購入。

そこから見る、湯の丸山です。

Y3

右端の低いところが地蔵峠。真ん中の山が湯の丸山(2101メートル)のあたり。地蔵峠から左にちょっと上がったところにキャンプ場があるはずです、なかなかの高山ですぞ。

こちらは晴れていますが、現地は雲が掛かっていますね。天気はちょっと心配です。10時の開店を待ってインター側のスーパーベイシアで、肉類やお惣菜、アルコール類をたっぷりと購入します。

曲がりくねった山道を車は登ります。どんどん気温も下がって涼しくなっていきますよ。

地蔵峠の駐車場に到着。結構満車ですがなんとか駐車。キャンプ場を管理している「湯の丸高原ホテル」で詳細を聞こうとフロントへ行きましたが、人の気配が無いので、荷物を持たずに歩いて現地に偵察へ行こうということに。

このロッジ花紋の脇の林道を上がります。

Y4

林道は砂利道です。

Y5

ゲートは開いていて、そこに最近熊が出たので注意と言う看板が・・。うーん、やめるか?怖いなあ・・。

どんどん歩いていきます。結構傾斜はきついけど、距離はそんなに遠くないです。10分くらい歩くと・・。

あれ?前方から車が来るよ・・・。もしや?

ああーっ!駐車場がある!

Y6

これは普通の車でしたら上がってこれます。この駐車場までは車を入れて良いようです。

うう・・、昨日苦労してザックに荷物を押し込んだのはなんだったのか。まあ、コンパクトにまとまったので良いか。

ここから好みのテントサイトまでは100メートル前後です。キャンプ場内はすでに先客が6組ほどいて、良さそうな所はテントが建っていますが、ここはどうだろうか?と言う場所をS山さん親子にとっておいてもらい、M氏と私は歩いて地蔵峠に戻ります。

湯の丸高原ホテルで受け付けてもらい、詳細を聞いて料金を払います。入場料が大人368円、子供が263円。テント持ち込み料が一張り525円。なかなか安い!

水道付きの炊事場。バーベキューの炉。簡易水洗トイレ(洋式)もあって施設は普通に整っています。これはこれだけの高所では立派。炉以外で直火は禁止ですが、脚のついた器具の上で火を使うのはテントサイトでも良いようです。

車で再び林道を上がります。

Y7

こんな感じの道です。車なら2~3分。オンロードバイクはちょっと苦労するかもしれませんが、来ている方もいました。

駐車場で荷物を降ろします。

Y8

コロコロ使っても舗装していないので大変。やっぱりこのキャンプ場は、荷物は最小限がおすすめかも。

今回はキャンプ慣れてしているテント設営のプロであるメンバーがお休みなので心配でしたが、ちゃんとタープも張れました。

Y9

張り綱も上手に出来たかな?しっかり立っていますよ。

全体にこんな感じ。テント3張りが炊事食事場のタープを囲む。天気がぱっとしないので、タープがあってよかった。

Y10

広いスペースのフリーサイト。70張りほど設営できるそうです。バンガローもありました。カラマツ林の中にバンガローがあって、その周りは良いスペースなのでテントが張れるかとホテルの方に聞きましたが、バンガローの間とかはだめなようです。なので開けた平らな場所に設営。

反対側から見た図。

Y11

タープが高い位置に張れるように木のそば。8月15日ですが、結局テントは20張りくらいで、広いスペースが使えました。隣のグループとは20メートルほど離れています。

私のテントは、いつものモンベル・クロノスドーム2です。

Y12

フライをピンと張りすぎ・・。

前室の大きさがウリです。

Y13

そこに、いつもの松坂シートを置く。この上にすぐ使う荷物を置いたり、靴を履くときのスペースに。天気が悪いときの個人調理スペース。コーヒーを淹れたりね。なかなか便利です。滞在型キャンプをする方にはおすすめ。

M氏のアライ・エアライズ2.ストイックな山岳テントで超軽量。

Y14

オレンジのフライが山岳っぽいね。

S山さんのはもう20年使っているテントです。

さあ、設営もこのメンバーで無事完了しました。かなりお腹がすいたので、まずはスーパーで買ったお惣菜の類をお腹に収めます。

落ち着いたところで、まったりとけだるい昼下がりの飲み会開始です。ん?今回の目的に山岳トレッキング、もしくは登山があったのですが・・。それはもう明日ということで、飲みます!

おつまみはクイックメニューの冷奴からね。

Y16

薬味は辛かったカイワレ、ネギ、生姜、鰹節、ミョウガをお好みで。しょうゆでもポン酢でも。

今回持ってきた、ユニフレームの「ミニロースター」

Y17

ガスストーブの上に設置。メッシュの部分が炎を通さず熱に変換し、網での焼き物が楽しめます。個人装備によろしい。まだ明るいし炭火も起こさず、手軽にやろうとこのスタイルで。地元産の原木生シイタケ。こう焼いて、傘の裏に水蒸気が出たら焼き上がり。岩塩やしょうゆをたらして召し上がれ。美味い!

S山さんが買ってきた鯨の大和煮・・。

Y18

ネギも同時に焼く。大和煮のたれをつけて召し上がれ~。

ビールのロング缶を3本空け、残りは夕食用。ウィスキーをストレートでピッチを上げる。

Y19

スライスしたレモンを浮かべれば風味がアップ!

サニーショコラというとうもろこし。

Y20

甘みがあって、生食でもいける。3分ほど茹でるとさらに美味しい。

まあ、さっきお惣菜をずいぶん食べた後なのでこのくらいにして、あとは夜の部に期待。

コーヒーを淹れる。ユニフレームのコーヒーバネットを使う。

Y21_2

これは軽量コンパクト。味もなかなかよろしい。今回豆はUCCの炭焼き焙煎だったので苦かったですけど・・。

ほろ酔い加減になったので、キャンプ場内を観察に行きます。

都内のボーイスカウトが合宿をやっていましたが、人数も15人ほどと少ないので気になりません。規律正しいので見ていて清々しい。

うん?自分のテントの後ろに何かがある・・。

これは、常設の貸しテントです。カラマツ林の中にありました。

Y22

斜面をテントごとに平らにならして設置してある。

Y23

うーん、年季が入ってワイルド・・。シート2枚に床はスノコの上にブルーシートです。これは、野外活動合宿に使うのでしょうね・・。

このキャンプ場の優れた点は、自然がいっぱいなのです。カラマツ林に囲まれた平地。すでにキャンプ場内は高山植物の花々が咲いています。ここはテントは張れないだろう?と思うくらい咲き乱れています。

で、そのまま続いて、湿原があるのです!

Y25

臼窪湿原です。これ、柵で仕切ってありますが、キャンプ場も同じ高さで続いているので、キャンプ場も湿原みたいなもの・・。私のテントから歩いて1分。木道が設置されており、散策が出来ます。湿原といっても結構乾いています。ほんと、キャンプ場の草花が濃くなった感じ。

Y26

花が楽しめます。

ここは自然をキャンプしながら満喫できます。

さあ、モヤも出てきて、かなり涼しいです。下界は34度とかですが、こっちはもうなんだか肌寒くなってきて半袖半ズボンではいられない。ウィンドブレーカーを上に着て、長ズボンになりました。

次回は、夜の夕食宴会編です。

|

« 1泊2日のキャンプ道具(駐車場からキャンプ場まで歩く場合編) | トップページ | 湯の丸キャンプ場・その2・夜の宴会&朝食編 »

キャンプ」カテゴリの記事