« FRONTIER FRNP304 おもな仕様と購入一ヶ月目の感想。 | トップページ | 湯の丸高原キャンプ場に行く・その1・到着・昼食編 »

2009年8月14日 (金)

1泊2日のキャンプ道具(駐車場からキャンプ場まで歩く場合編)

急遽、明日キャンプに行くことになりました。この夏は天候も安定せず、友人との都合も合わなくてここまでレジャー無し。ようやく夏イベントです。

ところが久しぶりのキャンプ、何を持っていくのか悩む。

しかも、今回は暑いので自転車ツーリングキャンプは却下。真夏なんで標高の高いところが良い。

ならば車で行くことにします。とは言っても我々はオートキャンプは嫌い。フリーサイトで焚き火を楽しむタイプ。なるべく自然な姿のキャンプ場を目指します。

そうなるとキャンプサイトまで車が入り込めない場合があります。今回行く場所はまだ決まってませんが、今のところ候補地はそうなりそう。例えば野反湖キャンプ場には荷物用の貸し出しリヤカーがありますが、普通は荷物を持って歩き。なのでバックパッキングできる装備を考えます。

まずはザックを出す。自分が持っている最大のザック。

Ac1

ノースフェイス。頂き物です。以前折畳み自転車のMR-4のフレームを差し上げた方からお礼に戴きました。パトロールと書いてあるのでモデル名かな?容量は50リットルだそうです。テント装備を積むには若干小さそうですが何とかしなければ。

このザック、スノーシューとかスノボとか冬用ギアを装着できるようになっているようで、表面にアタッチメントがある。

ちょっとごついのでそれを取る。

Ac2

うん、すっきりした。普通のザックっぽくなった。かなり布地は丈夫そうです。背面パネルもしっかりしている本格派ザックです。

さて、ザックを背負うけど、駐車場からキャンプ場までそんなには遠くないでしょう、山岳キャンプじゃないし。装備は出来る限り車キャンプに近い形にしたい。

もって行きたいキャンプ道具を全部出す。

Ac3

これは、炊事関係。あと、山登りトレッキングもしたいのでそれの用具も。

水:ナルゲン1ℓ、キャメルバックボトル0.75ℓ、エバニュー水タンク。

コンロ:EPI・REVO、EPI・PSSAⅡ

ランタン:EPI・SBランタン

ガスボンベ:230×2・110×1

クッカー:スノーピーク・チタントレック900&ソロセット極チタン、Chinookコーヒーパーコレーター

カップ:スノーピーク・チタンシングルマグ300、エバニューチタンシェラカップ

ヘッドライト&予備電池、LEDランタン、チタンカトラリー&携帯箸、ヴィクトリノックスナイフ、医薬品(傷絆創膏、消毒綿、軟膏、サロメチール、虫除け、内服薬セット、目薬)、サングラス、サブザック、塩飴、その他・・・。

テント関係。

Ac4

テント、ポール、ペグ、グランドシート、エアマット、エア座布団、エア枕、シュラフ。うーん、標高が高ければ寒い、けど真夏だし、シュラフカバーとインナーシーツはやめた。ソロテーブル、さらに折り畳み椅子も欲しいなあ・・。

これ以外に服の着替え。雨具、山ウェア。そして食材とアルコール類。

宴会用の大鍋と焚き火台は友人が持ってきてくれます。

ま、ザックには入らないよね(笑)。

なので、ここから減らしていきます。

スタッキングを考える。

Ac5

ソロチタンクッカーに110ボンベとストーブREVOを入れ、それをチタントレック900に入れる。

パーコレーターはやめた。

Ac6

ユニフレームのコーヒーバネットにします。シェラカップの中に塩コショウを入れる。

このザックはとても良いよ!外側に山用ギアをくっつけられるように工夫が凄い。

折りたたみアルミ椅子をくくりつける。椅子は無くても良いけどあれば楽。山岳キャンプならこれとテーブルは持っていかないものですが、お気楽キャンプなんで欲しいの・・。

Ac7

マジックテープとバンドで取り付け完了。まるで椅子を取り付けるためにあるようなザック(笑)。すばらしい。

サイドポケットもかなり大きいので、エアマットを装着。

Ac8

バンドもストラップがかなり長くなる。余った部分はこうして丸めてマジックテープでまとめられるようになっている。やるなあ。このザック良い。素晴らしい物を頂き、ありがとうございました。使えています!反対側のポケットにはテントポールとソロテーブルを入れる。

さて、出来上がり。

Ac9

なんか変だね・・。山岳キャンプザックに、普通のキャンプ場の装備をくくりつけた感じ(笑)。

けど、着替えが入っていない。スノーピークのトートバックに入れる。

Ac10

このバックはなかなか使えます。まだ入るね。買い出した食材を入れましょう。駐車場からテントサイトまでが近いように・・。だって凄い重さですから・・。

山岳キャンプをやる時はもっと装備をコンパクトにしなくちゃ。今回は普通のキャンプを山でやる、ですから。背負うのは辛いぜ・・。

|

« FRONTIER FRNP304 おもな仕様と購入一ヶ月目の感想。 | トップページ | 湯の丸高原キャンプ場に行く・その1・到着・昼食編 »

キャンプ道具・山道具」カテゴリの記事