« 長野堰を散ポタ・オランダコロッケを買う。 | トップページ | 阿闍梨餅モチモチ »

2009年9月27日 (日)

新しい登山靴・AKU アク・スイテラ・スェードGTX

やっぱり今履いている登山靴のガルモントが重過ぎる。秋の気軽な登山&トレッキングを快適にするため、軽量なトレッキングブーツを購入しました。

AKU スイテラスエードGTXです。

S1

なんか、てかってて、宇宙っぽいですけど(笑)、実際はもっとシックですから。

今回の靴選びは、

1)まずは軽さ。出来るだけ軽いの(ガルモントが重すぎた)

2)軽快、柔軟な走行感(ガルモントが硬すぎて歩きにくかった)

3)ちょっと派手なデザイン。(ガルモントが真っ黒で地味すぎた)

4)登山靴の機能はちゃんとしていること(ガルモントは機能は素晴らしい)

でした。

昔の登山靴は重いほど良い、という感じでしたが、現在は軽くて高性能がキモです。ならばナイロン製ですが、皮の質感も欲しかった。当然ゴアテックスインナー。ハイカット(ミドルカットは不可)、ソールやサイドは硬めの剛性がある。

登山靴としてしっかりしていながら軽さを求めたわけです。

前回ガルモントを買った、ICI石井スポーツさんに行きます。

あのガルモントを購入したときの店の会話はこちらですが、そのときのこともちゃんと説明しました・・。(うう、あんな重い靴のおかげで、私の登山は大変疲れちゃってるんですよおおおお・・・。)店員さんは「3000メートルの縦走や岩場、アイゼンを装着しての雪山、テント装備の歩きなら今お使いのガルモント、2500メートル前後の登山や軽い岩場、重い荷物を背負わない状況で、もう1足加えるわけですね。トレッキングにも使える軽い奴で。」と理解してくれた。はい、そうです、使い分けます。

「ならば軽いのがあります」

最初出してきたのはガルモントのベッタハイクGTX。なんかミドルカットのハイキングシューズ。またガルモントかあ、シリーズで揃えるのも良いけど・・。確かに軽い。デザインもお洒落。ソールも意外と硬い。けどミドルカットは足首のホールドが弱く、横剛性も頼りないなあ・・。

「ならばこれも軽いですよ。ソールはちゃんとしっかりしています。」

AKU スイテラスェードGTX

S11_2

足本来の曲がりを意識してデザインされているとのこと。

あ、ほんとだ、軽いや。店のはかりで測ってもさっきのハイキングシューズと50グラムほどしか変わらない。以前のガルモントに比べると圧倒的に軽い。ソールはきちんと硬い。がっちり硬い。ハイカットの本気っぽいのに軽い。これなら歩けそう。スェードの質感も高いし、見た目も派手。よし、決めた

このAKUというのは、あんまり馴染みが無いけどイタリアのブランド。ICI石井が輸入しているようです。造りはなかなか定評があるようです。これはルーマニア製でした。

AKUは、いまひとつメジャーじゃないが、ICI石井でしか売っていないとなると、普段からICIに出入りしているみたいで、山の玄人っぽいぞ!本職っぽいんじゃないか?これで私も山屋?

サイズが無かったので、お取り寄せで届きました。

ガルモント・ピナクルGTXとの比較。店では、ガルモントピナクルは北アルプスモデル、アクスイテラスェードは八ヶ岳モデルとなっていましたが・・。

S2

なんか、同じサイズなのに大きさが違うんですけど・・。AKUの軽快さが期待できます。デザインも軽くするために削り落としたって感じ。ナイロンベースに、強度が必要な部分にスウェードを使ったみたいな。この下側のスェードはなかなか質感が高いです。汚れそうですが・・。オレンジの靴紐も派手でよいぞ。

重さを我が家の食材ハカリで実測してみます。私の靴サイズは26.5センチですが、登山靴は27センチくらいになるはず。

ガルモント・ピナクルGTX サイズはUK9.5.ガルモントは大き目を履くって店の人が言ってたなあ。

S3

片足970グラム。1キロじゃないか!こんなに重かったのね・・。そりゃ帰りには疲れるよねえ。

アク・スイテラスェードGTX。サイズはUK8.

S4

片足670グラム。きたーっ!これよこれ。ハイカットの登山靴の中では結構軽いんじゃない?片足300グラム、両足で600グラムの軽量化だ。これならば軽快に違いない。

S5

後ろ側の補強もこんなプレートだけ。軽量化?けどこれ剛性は高くないぞ。単なる補強か?カップ部分はしっかり硬い。

S6

ビブラムソール。オリジナルデザインかな?ソールまでデザインされている。色分けしてるもの、お洒落。ソールが内側に曲がる、ターンインも結構付いている?ターンインがきつめだとつま先に力を入れやすく、岩や斜面を登りやすくなるそうです。

S7_2

タンのあたりは本革。厚めで質感の高い革。曲がる部分だし耐久性が必要なのでしょう。1枚の革なので、砂も入らないだろう。内部も起毛していて気持ちよい。

とても質感が高い靴です。これで秋の登山を楽しみましょう。

早速、今日なんか尾瀬にでも行こうと思ったのですが、どんよりと曇天。天気の悪い日は、さっさと中止します。登山は天気がよいのが一番です。天気に自分の都合を合わせますから。

なので、今日は慣らしをします。最近のナイロン靴は慣らしが要らないほど歩きやすいといいますが。ぶっつけ本番じゃねえ。今日は慣らしをして正解。

こんなスプレーも一緒に買った。

S8

グランジャースの撥水スプレー。コンディショナー効果もあってお薦めということで買った。最初に使う前にスプレーしておくとのこと。撥水性が高まり、汚れも付きにくいとのこと。

外に出てやる。駐車場に靴を持っていく。

S9

まだ新品だよ~。

スプレー、ぷしゅー。

S10

実際はもっと近くからスプレー。15センチ離してまんべんなく。

これでよしと。乾いてきたので、履いて歩いてみます。家の近所を1時間ほど歩いてみました。

うん、軽いね。軽快。足首のホールドはやや弱いけど、くるぶし~踵はばっちりホールドされて動かない。当たる部分も無く快適。これも全体に伸びて、自分の足に形が作られていく。

ソールのアールもよく、足がすっと前に行く。いいねえ。川原の堤防で、階段や堤防ブロックを上り下りしてみたが快適。グリップも高い。これは期待します。

まずは、あまり標高差の無い山で、秋のトレッキングがしたいですね。

|

« 長野堰を散ポタ・オランダコロッケを買う。 | トップページ | 阿闍梨餅モチモチ »

キャンプ道具・山道具」カテゴリの記事