« ポケロケに、マル負シール&ネームプレートを貼る。 | トップページ | 漣美さんで、糸魚川ロングライドの打ち上げ。 »

2009年10月21日 (水)

中古のギターアンプをゲット。フェンダーSV-20CE

勤務先で行われる「秋の職場祭り」のステージ用機材を購入しました。バンドがいくつか参加して演奏するのですが、職場の備品では圧倒的に足りない。私はPAスタッフ&サポート演奏者なので、自分の持っている機材を提供しているのですが、それでも足りない。ギターアンプがあと一台。マイクなんて圧倒的に足りないんだけど、どうするんだろうなあ・・。

お金も無いので、中古で探す。1万円くらいで程度のいいのが無いかなあ?後々自分が部屋で使うので大きすぎるのも困るし、ミニアンプじゃあ音量が足りない。

見つけたのがこれ。

2x1

フェンダー・SV-20CE

フェンダーだよ。ぱっと見ツインリバーブ?いや、結構小さい。スピーカー2発。小さいアンプだと1発のほうが音圧があると思うけど、これしか良いのが無かった。地元高崎の楽器店の中古アンプコーナーで発見。

結構古く(98年製?)使用感はあるけど、店でチェックしてボリュームのガリやジャックのノイズも無い。

フェンダージャパンだし、当時の定価26,800円の普及モデル。アンプも昔よりずいぶん安くなった気がする。それを9800円でゲット。予算内。7800円のマーシャルと悩みましたが、フェンダーのほうがクリーンの音が使えそうだったので汎用性が高いだろうと。

この値段なのに、スピーカーはなんとセッレッション。

2x2

英国の伝統あるスピーカーメーカー。ギターアンプのスピーカーとしても定評があります。本物かなあ・・。セレッションが2発入っているというだけで得した気分。

このアンプ、現行品ではSVD-20CEというモデルで最近まで売っていました。それとこいつではコントロール部が違っている。

2x3_2

この値段にしてはノブが沢山並んでいて嬉しい。コントロール部の詳細は順次解説。

なんと真空管入り。SVはスタジオ・バルブということですか。

2x4_2

プリアンプがチューブでパワーアンプはトランジスタらしい。最近ではこの上のクラスならオールチューブというのもあるようです。真空管アンプなんて手の届かないものだと思っていたのに時代は変わった。私がバンド小僧だった80年代はトランジスターアンプ全盛時代。なかなか綺麗に歪んでくれなかった。う~ん、USAフェンダーのオールチューブの小さいアンプが欲しい。結構安いんだよね。

コントロール部。これは2チャンネル。クリーンとバルブドライブというディストーション系の2Ch。

インプットは一つでスイッチで切り替え。これはクリーンのほう。

2x5

トーンにミドルが欲しいところ。やっぱフェンダーはクリーントーンが良い!実に澄んでいて抜ける。音圧のある厚いというか張りと艶のある音質。気持ち良い。ちょっとノイズが大きいのが難点。こちらにもリバーブは効く。クリーンにエフェクターを乗せるとよいと思う。

チューブドライブチャンネル。

2x6

このゲインを右にするとディストーションが掛かる。けど深すぎ。浅くは歪まない。ハードロックやメタルな人向き。かなり深く掛かります。クランチしたいならゲインを1以下にしなくちゃならない。オーバードライブ的に使いたい人には不向きかな?

歪み方はチューブなのかなあ?ちょっとエフェクターのディストーションを掛けたような感じ。電気的に作っている感じなんだけど。滑らかなんだけど温かみは感じないなあ。電源入れてからやや遅れて音が出るのでチューブ回路なんだろうけど・・。

で、現行モデルには、大型アンプの音圧感をシュミレートしたキャビネットスイッチが付いているけどこれには無い。そのスイッチは3段階で小さいアンプからスタックアンプまでをシュミレート。さらにTREBLE,MIDDLE, BASSのトーン、

こいつには、TREBLE, BASSのみ。しかし、このCONTOURというコントロールが付いている。

2x7

こんなの初めて使ったが、なんか面白い。普通こういうノブは右一杯に回すと最も効くが、こいつは違う。気に入った音質を曲調に合わせてまわしながら探す感覚の回路。

イコライザー的なものだと思うのだけど、特定の周波数のレベルを変えているような。この6の位置だとハイ上がりで明るく抜けがよくなる。10まで回すとややこもった太い音になるが倍音が増えて音圧を感じる。1に近いところは昔っぽい太く暗い音。なかなか楽しい。

ん?これって、さっきの現行モデルのキャビネットスイッチと同じ効果がある?10の位置なんてスタックアンプっぽいし。案外こいつを3つプリセットしただけだったりして・・。可変的に音の表情と歪む感じを変えられるので、奥が深いコントロール。

リバーブもよく効く。

2x8

昔ながらのスプリングリバーブ。いいね!ギターアンプにはこれがなくちゃ。デジリバにはない澄んで暖かい広がり感。気持ちよい。

スピーカーは8インチ2発。

2x9

本当にセレッションと書いてあります。1発のほうが低音が出てよいのだろうけど。2発はなんか高級感。

エフェクトループが付いている。

2x10

フットスイッチでチャンネル切り替えが可能。

ギターアンプとして出来が良い印象。

2x11

このラメ感のあるカバー、フェンダーって感じ。高校生の頃の憧れだったなあ。スタジオのツインリバーブを感激して使ったあの頃。必要ないのにトレモロ深く掛けて変な曲になったり。懐かしい。それと似たデザインのが(小さいけど)こんな値段で買えるとは、時代も変わった。オールチューブのUSAフェンダーアンプ購入を本気で考える。あのクリーントーンは魅力。切れがよい。

このアンプ、以前新品で見かけて気になっていたモノの前モデル。まさか中古で出会えるとは。即購入。ふう、探し物が見つかって店の人に「助かりました~」と挨拶。保証もないがトラぶったら見てもらえる約束を交わす。

なんとか職場祭に間に合ったぜ!と思ったら、インフルエンザ大流行で職場祭は来週以降に延期です・・。

今週末も部屋でギターの練習か?けど、自転車乗らなくちゃ。また、太っちゃう~。

|

« ポケロケに、マル負シール&ネームプレートを貼る。 | トップページ | 漣美さんで、糸魚川ロングライドの打ち上げ。 »

ギター」カテゴリの記事