« 漣美さんの魔王。 | トップページ | ブロンプトンで安中を散ポタ・懐かしコロッケ。 »

2009年11月23日 (月)

ブロンプトン・プチ改造その3・リアギアを軽く、13→15Tに。

前回までのブロンプトン・プチ改造の費用お支払いの為、お世話になっている地元高崎のショップIKDさんに行きました。

1t1_2

実はあの電装系チューンは、常連K氏とメカニックTのさんの手で行われたと判明。しかも取り付けステーはK氏の手作り品のワンオフ物、アルミ削り出し!K氏こだわりの「マグボーイ」の真相については、また後日詳しく書きます。

で、前回依頼した中でまだだったギアを軽くする、についてIKDの皆さんと検討します。

ブロンプトンの3速モデルに乗っている方はご存知と思いますが、トップギアが非常に重く、一般の人の脚力では平地でまず踏み切れない下り専用ギア、時速30~40キロ対応といった感じ。普段2速しか使えていないので何とかトップが使えるように、また坂でより軽いローが使えるように、ギア全体を軽くしたいところ。ミッドは丁度いいんだけど、町乗りにはもうちょい軽くてもよいかな?

そこでまずIKDさんお薦めのフロントチェンリング44Tです。IKDさんのサイトで紹介されているコレです、純正の44T。

チームのM氏も装着している。結構軽くなる。うーん悩む。いいのだが、デザインが・・。標準の50Tの大きさと、あの穴が空いて肉抜きされているところがなんともカッコイイのです。ですから躊躇しているのですよ・・。え?46Tなんてのも有るのですか。けど、これ重量重いしなあ・・。

前を44Tにすれば完全に3速使えるんだろうなあ。が、見た目重視。リアギアを軽くするのはどうでしょう?

リアは13Tが標準ですが、純正オプションで14Tというのがあります。いろいろ調べればチェーンテンショナーで吸収出来る範囲でそのまま装着できるらしい。

わずか1歯ですが、軽くなれば・・。

すると店長manさんが「15Tはどう?」え、あるんですか?装着できるんですか?

「チェーンテンショナーが当たるかもしれないけど・・」チェーンのコマをいくつか足せばいけるとのこと。

K岡さんは「こっちのブロンプトンなんか、もっと軽いリアギア付いてるよ~。削ったけど・・」ひー、なにを削ったの?そこまではいいですから、15Tをお願いします!2歯軽くなれば結構違うもの。ロードでも登り坂で23Tから25Tに落とせば軽くなるもの!

コレがつきました。

1t2

見た目ではわからないよね・・。

スターメー・アーチャー・リアスプロケット15T内装1/8チェーン対応。

純正じゃなくてスターメーの奴なのね。ある意味純正か。

TのさんとK岡さんの二人で作業してくれました。manさんも前のほうをいじっているし、IKDのスタッフ3人で私の白ブロンプトンに手を入れてくださってる。F1みたい、と感動。

本当に15Tかは、この画像で証明。

1t3

標準との違いは・・、気持ち大きくなった。色がシルバーになった。

1t4

スターメー・アーチャーの刻印入り。

1t5_2

チェーンを足して、テンショナーは当たることも無く、無事動きます。

1t6

IKDの皆さん、ありがとうございました。15Tギアは795円ですが、工賃はモデルや状態によって異なるとのことです。IKDさんはとってもお忙しいようなので、現在対応可能かとか工賃については、こっそりお問い合わせを・・。

そんな感じで、見た目的には、

1t7

おお、リアギアがシルバーに、って誰も気が付きません。

果たして走行感はどうなったか?今日、散ポタに出掛けたので、そのリポートはまた次回。

1t8

やっぱ、チェンリングは50Tがかっこいいなあ・・。

|

« 漣美さんの魔王。 | トップページ | ブロンプトンで安中を散ポタ・懐かしコロッケ。 »

自転車・ブロンプトン」カテゴリの記事