« ブロンプトン・プチ改造?その1・何故か電装系・・。 | トップページ | 今夜は八宝菜。 »

2009年11月16日 (月)

ブロンプトン・プチ改造その2・折りたたみ輪行編。

前回の続きです。

私のブロンプトンM3L。いままで細かなパーツ変更はしましたが、出来るだけ素のまま乗ろうとしていました。

1z18_2 

今回修理のため、地元のショップIKDさんに持ち込み、同時に「もうちょっと使いやすいように、面白く」とお任せで改造をお願いいたしました。前回の電装系では、なかなか面白い改造でしたね。

さて、今回は、より折りたたんで輪行しやすいように改造をしてもらった部分です。

畳んだブロンプトンを転がすためのローラーが変わっていました。純正のイージーホイールです。

1z15

これは実は欲しかったのです。今回お店に行くとき追加で付けてもらおうと思っていました。まさに以心伝心。

私のブロはLモデルでリヤキャリアは付いていません。輪行のため少しでも軽量でいて欲しいので今後もつける予定は無いのですが、折りたたんだ状態で転がすのには安定がいまひとつ。キャスターが4個付くキャリア付きのほうが安定します。Lモデルはローラー2個と泥除けの戸車みたいなキャスター1個の3点で支えるため不安定で、後部は泥除けで支えるので、重さで泥除けが変形し地面に擦ってしまう。

転がし方での工夫も必要ですが、なんとか改善を図る。イージーホイールはちょっと径も大きいのかな?スリムでシールドベアリング内蔵で転がりが良い。転がしやすくなるはず。

これです。イージーホイール・セットLバージョン用。

この部分にやたら大きなローラーをつけると漕いでる時足に当たってしまうので、このスリムさが肝心。これで輪行が楽になるのかな?

さらにペダル。標準では左ペダルが折りたためる。こちらでmanさんがご紹介されているようにとても内側に折りたためる。しかし、内側に畳みすぎてしまいフレームに接触して傷つけてしまう。なので折りたたむ時はペダルに軍手などを被せておく。

けど、新型のブロはどうやらフレームに当たらないようにペダルが内側に入りすぎない仕組みがあるらしい。

そのようにmanさんが改造してくれました。

1z16

クランクの裏側にビスを打ってくれました!

これでどうなるかというと・・。

1z17

ペダル内部の黒いプラスチックの部分がこのビスに当たって、これ以上内側には入り込まなくなる。

やった!こういう改造はとても嬉しいです。とても実用的。manさん素敵なお仕事ありがとう!

これで輪行がよりスムーズになったはずです。

公園のアスファルト道でいろいろ試してみる。

1z19

折りたたんでみて、転がしてみる。

1z20

イージーホイールはなかなかスムーズな転がりです。

しかしやはり泥除けが擦ってしまうなあ。あの戸車キャスターを何とかできないものか・・。

その後自宅に帰って、転がし研究をする。実際輪行すれば、持ち上げて移動するのがほとんどなんですけどね・・。

バッグを装着すれば、バッグのハンドルを持って、やや持ち上げるような感じで引く。

1z21

キャリーバックの感じ。後のイージーホイールだけで転がすようにするのだ。なかなかスムーズ。だいたいは駅のホームが問題なので、これは良いかも。階段はバッグを外し、サドルの先端に持ち替える。けど、それ程持ち上げていないけど、やはりバッグへの負担が気になるなあ。

押すならばこれはどう?ハンドルを折りたたまずに、グリップを両手で持って押す。

1z24

手前を持ち上げるのとハンドル位置が高いので、身長の高い方向きかな?これで引っ張るならステムの部分を持たないと。だいいちカバーが被せられないか・・。

じゃあ、シートピラーを伸ばしてサドルを持って押す。

1z25

押してちょっと前を持ち上げる感じで・・。うん、これいいかも。けど、あまり持ち上げるとサスペンションブロック擦るし、サドルを持ち上げると前輪が開いちゃうな。けど、これが一番いいか。

やはり転がすためキャリアは必要かなあ。いや、いろいろ考えながらやってみるのだ。やっぱ本体にストラップを付けて担ぐのがいいのかな?

ところで、一緒にお願いしたチューブのフレンチ化とスプロケット14Tへの交換は・・。やってないっすよー!チューブはやっぱり米式でよいから、14T化はまた後日お願いします。

秋ですねえ。

1z23

いくつか行きたい懐かしい場所があるので、晩秋から冬にかけてブロンプトンを輪行させて旅に出ようかと思っています。

|

« ブロンプトン・プチ改造?その1・何故か電装系・・。 | トップページ | 今夜は八宝菜。 »

自転車・ブロンプトン」カテゴリの記事