« ヒートテックを買った。しかし・・。 | トップページ | 今夜はエビカレー。 »

2009年11月 9日 (月)

ポケットロケットの詳細・接写画像集。

愛車、バイクフライデー・ポケットロケット。度々このブログに登場しています。今回は細かい部分の詳細画像です。総集編です。

白フレームのポケットロケット。20インチの小径車。ロードタイプです。

2e1_2

以前乗っていたGIANT・MR-4から移植したシマノ105で組まれています。青パーツを組み合わせて爽やかに。高崎のバイクフライデー輸入ショップサイクルテックIKDさんで購入。ショップが別注したモノステーバージョンのポケロケ。我がまま言ってパーツを選び、好みの感じに組んでもらいました。

前部からパーツの詳細を見ていきましょう。一部はIKDさんのパーツページにリンクさせていただきました。

ハンドル周り。

2e2

青いブラケットカバーとアウターケーブル。バーテープは白。逆の白カバーの青テープでも良かったなあ・・。次はそうしよう。

ハンドル。フレームに付属してきたドロップバー。

2e3

センターで折りたたむ時に分割できます。なんていうブランドだろうか?今時のスーパーオーバーサイズではない細身のグリップで握りやすい。

STIワイヤーはいわゆる変速バナナで向きを変えてある。こうすると大型のフロントバックをハンドルバーに装着してもワイヤーに干渉しない。これも青色。

2e4

いつかはフロントバックを装着してツーリングに行きたい。

ヘッドバッチ。

2e5

金属製。黄色だけど、赤色バージョンも見たことがあるが・・。

フロントホイール。20インチ。クロモリのストレートフォークにキャリア台座つき。

2e6 

ポリッシュリム、青ニップル、青クイックレバー。ブレーキワイヤー止めも青。

クイックレバーはTranzX。いい青色。クイックは3箇所この青にしました。

2e7

リムはアレックスのR390。24穴。

2e8

20インチリムの上級バージョンらしい。スポーク穴にハトメつき。ポリッシュカラーはこの時に新発売らしい。IKDさんの手組みホイール。スポークは24本と少ないけど、小径車はスポーク長が短いので剛性が高いそう。意外に軽いホイール。バルブキャップは透明。これは青を探してる。

タイヤはシュワルべ・デュラノ。1・1/8。これです。ちょっと太めにしました。転がりはなかなか良い。

2e9

スポークのニップルは青にしてもらいました。さりげなく青を主張。

トップチューブのセンターに移動。

2e10

ボトルケージ。以前貼ったマルマケシール。エアボーンの携帯ポンプ。

このボトルケージはフレームに付属。キャットアイ製。

2e11

柔らかい素材で、折りたたみ時に干渉しない。詳細はこちら。

青いボルトで装着。基部に純正アーレンキーが付属。詳細はこちら。

エアボーンのミニポンプ。

2e12

このポンプについての詳細の当ブログ記事はこちら。

このように装着。トップチューブの下側にもボトルケージ台座があり、そこに青ボルトで装着。なんかぴったし。このポンプのアタッチメントもよく出来ている。フレンチバルブアダプターはアタッチメントにねじ込まれている。

トップチューブの反対側には、オーナープレートを貼った。

2e13

米国で作成、この文字は指定できる。

今度は上から見ていきます。

サドル。フィジークのアンタレス。

2e14

2009年度の限定版。エフデジュ・チームモデル。

白青サドルを探してこれに。かなり高価だけあって、皮の質感と造りは良い。

シートポストはカーボン。

2e15

以前から持っていたクオータ。結構軽い。確かポスト径は27・2ミリ。本当はもっと特殊なサイズらしいが、シムが入っている。

これはいずれアルミに換えて、リクセンカウルのアタッチメントを装着してリヤバックをつけたい。そしてツーリング仕様へ。

さらに下へ。シート・マストと呼ばれる部分。

2e16

ポケットロケットのロゴのある部分。この下のジョイントから前方に倒して折りたためる。そこのクイックはシャフトが長いので青には変更出来なかった・・。

この部分にもボトルケージ台座があり、青ケージを青ボルトで装着。

これが噂のモノステー部分。

2e17

本来ポケロケは、左右2本のチューブでシートステー、チェーンステーが構成されエンドへ伸びる。こいつは途中で集合ステー化。これは上級バージョンのポケットロケット・プロの仕様。見た目がすっきりしています。

キャリア台座のボルトも青。

フロントディレーラーは台座直付け。

クランクセット。シマノ105。

2e18

もともと52×39Tでしたが、アウターを56Tに交換。TAのALIZE。56×39Tに。

チェンリングのボルトも青色に。ペダルはシマノSPD。

後部です。

2e19

このステーの輪を描く曲がりは、昔一世を風靡したイエティのMTBみたい。

シマノ105のリヤディレーラー。スプロケットは10速の12-25T。たぶん105。

ハブはアルテグラ。

2e20

このハブがいい!この自転車のパーツの中で一番いい。アルテグラのハブで組んでもらってよかった。凄くスムーズにすべるように回転する。精緻な音も素晴らしい。やっぱシマノの上級ハブは良いなあ。

リヤブレーキはこの位置。

2e21

普段と違う位置なので、ホイールの着脱の際には戸惑う。意外とタイヤが太く、着脱の時はシューゴムにぎりぎり。このブレーキもエンドも意外にデリケートな部分。ホイールを着脱するごとにセンター位置を要確認です。

こんなところでしょうか。

2e22

なかなかよく走ります。

2e23_2 

徐々にツアラー化していく予定。現在折りたたみ輪行はブロンプトンがメインですが、これもいつかは遠くへ連れて行ってやりたいですね。

|

« ヒートテックを買った。しかし・・。 | トップページ | 今夜はエビカレー。 »

自転車・バイクフライデー」カテゴリの記事