« 芋焼酎・「くじらのボトル」「くじらのボトル綾紫」 | トップページ | ブロンプトン・プチ改造その2・折りたたみ輪行編。 »

2009年11月15日 (日)

ブロンプトン・プチ改造?その1・何故か電装系・・。

今日は、久しぶりにブロンプトン。

1z1

もう随分前に、ブロンプトンのホイール関係の修理をショップに依頼して、ついでに「なんか面白くしてください」とショップの方が困惑するような依頼をしてしまった・・。あれからどうなったのでしょう・・?

ならば見に行きましょう。良いお天気なので、家から高崎の街中の小径車ショップIKDさんまで歩いていくことにします。

いつもの堤防を歩く。

1z2

草野球を見ながらのんびりと。歩くというのも楽しいものです。

1z3

ぬこ様に遭遇。遊んでもらおうと思ったが逃げられました。

風は強いけど暖かいので上着を脱いでひたすら歩く。橋を渡って目的地のIKDさんへ。

1z4

ん?なんか店先が寂しい感じ?自転車が一台も出ていないぞ。マンゴーは置いてあるけどね・・。黄色いのが。

店内ではK岡さんが一人でバイクフライデーのタンデム車を修理しています。あれ?他の皆さんがいないのですが、み、店は大丈夫なんですかあ?!

あー、ブロンプトン出来たみたいですよー。とK岡さんが出してきてくれました。どうやら店長のmanさんが、修理とプチ改造をしてくれたようです。くっついているパーツの説明をしていただき、値段とか詳細はmanさんしかわからないので、また次回支払いということでブロンプトンを受け取ってきました。

ちょっと散歩して、公園で詳細を見てみることにしました。

1z5_2

さて、ブロンプトンはどうなったでしょうか?いや、ほんと、どうなるかわからないでIKDさんにお任せだったんですよ!予算も言ってないのですが、わたしの懐具合を考えてくれているはず・・。

まずは前部から。

うおっ。ラ、ライト付いとるー!電装系いったかー!やはりmanさん的にはこれは必要だということでしょう。

1z6 

うーん、LEDライトのようですが・・、渋いシルバーメッキ、無骨な実用本位のデザインといい・・・、まさか?IKDさんでお薦めしているドイツBush & Muller社の新型ライトでは?ブレーキアーチの先端に同化するかのごとくアタッチメントで見事に装着してありますが。

ダイナモはどうなってるんだろうか?

1z7

はいい?銀メッキのなんかマブチモーターみたいなダイナモ。こんなのブロンプトン関連オプションにあった?

Mag Boy・・。マグボーイ?

ええっ?!ひょっとして・・、これですかー!・・・一般車用のホームセンターパーツじゃないですかーっ(笑)!

あああ・・・、このブロンプトンは純正かEU製パーツで仕上げるはずだったのに・・。

しかし、マグボーイ、あなどれません!LED専用1.2wとし、そのためローラーが非常に軽い。同社の2.4W型に対して走行抵抗は70%減になっているという。

楽天のお買い物レビューでも非常に評価が高いのです。

K岡さんは「これって凄く抵抗軽いし、押して歩くだけで点灯するし、蓄電してサイドのランプは信号待ちで止まってもしばらく点灯してる。それで値段はBush & Mullerの1/10だよね・・。」

確かにBush & MullerのLEDヘッドランプを専用ダイナモと装着すると2万円はする。これはセットで2千円台・・。

ライトもそのセット物なのですが、ダイナモとライトの分離型は市場で見ないけどmanさんどこから探してきたの・・?

うひー、しかも泥除け加工してダイナモ取り付けてあるよー!何でそこまでしてマグボーイ装着したいのっ(笑)。

1z8

見事にカットしてあります!しかもローラーにぎりぎりに!こういう加工は好き(笑)。

この手間を考えたら、素直にブロンプトン純正ダイナモを装着すればいいのに・・。Manさんがマグボーイをここまでして装着したかったのは、きっと深い理由があるのでしょう。高価なEU製パーツを使わなくても一般の市販品でここまで出来る、という提案なのかも?これはManさんの大いなるチャレンジなのかっ?!次回聞いてみます。

純正部品なら「装着」でしょうが、加工してあるならばまさしく「改造」といえるのです!これは確かに面白いです、Manさん!

ん?泥除けステーにダイナモ装着台座なんてあったのかな?

これを使ったのでしょうか?

さらにこのダイナモから廃線を分配して。

1z9

おお、テールライトもLEDタイプが装着されています。こ、これは?

1z10

ブッシュアンドミューラー!これぞ本物(笑)!Bush & Muller社製のDトップライト・プラスです。

来たぜ~、ジャーマニー製品ですよ。蓄電機能で信号待ちの間止まっていてもしばらく点灯しています。

やはり電装系は私も必要性を感じていたのですが・・。なかなか踏ん切りがつかなくてねえ・・。電池式LEDライトをバンドで固定してたのですが、これで便利になりましたね。

配線も流石はプロのお仕事。取り回しは完璧です。

1z11

ダイナモから前後2系統の配線はここで別れ後三角パイプに内蔵、テールライト用はチェーンステー、ヘッドライトはシートステーのパイプの内部を通ります。ヘッドライト配線はBB付近から黒いカバーが取り付けられ、ブレーキ&シフトワイヤーと束ねて前へと送られます。折りたたみ時の配線の取り回しも考慮されており、綺麗に配線されています。お見事です~。

夜にライトの性能を確認するため、近所を走ってみました。

夜なんでブレてしまいましたがー。かなり明るいです。

1z12

なんだかわからないねー・・。LED6発でこのタイプにしては結構明るいです。押している状態でも点灯。速く走ってもあまり変わらないかな?この自転車の速度域なら十分な明るさかも。

しかもサイドにカラー灯が点滅します。オレンジ。

1z13

緑と赤も選べるそうですが・・。これでいいのかあ?いや、オレンジで良かったって感じです。蓄電機能で停止後も1分ほどは点滅しています。ありがたいっす・・。

リアランプ。

1z14

これもかなり明るい。止まっていてもしばらく点灯しています。視認性アップ!

これからの季節、日が落ちるの早いですから遠出して帰りが暗くなってしまうこともあるでしょう。これはやはり必要です。ダイナモって、昔重かった記憶があって好きじゃなかったけど、今のはホント抵抗感が少ないです。軽いです。ダイナモを回してもそんなに気になりません。音も静かだし、これならばいけます。

純正品にこだわらなければ、こんなパーツがあるんですね。ナイトツアラーとして活躍してくれそうです。

1z22_2

紅葉も降りてきましたねー。榛名山がよく見えた秋の日。

プチ改造その2、折りたたみ系編はまた後日です。

|

« 芋焼酎・「くじらのボトル」「くじらのボトル綾紫」 | トップページ | ブロンプトン・プチ改造その2・折りたたみ輪行編。 »

自転車・ブロンプトン」カテゴリの記事