« 釣り道具を出す。 | トップページ | 父にデジカメをプレゼント。 »

2009年12月 5日 (土)

フライ釣り初挑戦!安中フィッシングエリア。

今日は釣りです。職場の方々と地元の安中にある管理釣り場に行って来ました。

1h1

私の実家の側にある「安中フィッシングエリア」。ルアー&フライフィッシングの楽しめる、トラウト(鱒)系の釣堀です。こういうのを管理釣り場、もしくはエリアと言うらしい。こういう大きな池の釣堀は初体験なので楽しみ。しかし、池の規模に対して魚影が薄いとの噂なので苦戦も予想されます。

職場の上司様であるI氏に誘われて、フライフィッシングの初体験でもあります。約束の9時の30分前に到着しましたが、既にI氏はいらしていた。

1h2

一日だと4000円、半日は3000円。午後からは雨の予想です。どうする?もうI氏はやる気満々で1日でやるとのこと。ならばお付き合いします~。

お金を払おうと事務所に行くと・・。

1h3

閉まっていて、猫しかいないよ・・。出掛けているので釣りしててくださいとのこと。お金は後で良いとのことで、なんか脱力していて良い感じです。猫でちょっと遊んで釣り開始。

池はなかなか広い。バックスペースは広くフライも振りやすそう。

1h4

ここの裏手の川は九十九川。ここには昔堰堤があって淵になっていた。この釣り場も当時は養鯉池で、その淵では逃げた大きな鯉が釣れるので中学生時代の私は学校が終わると必ずここで釣りをしていた。ジャガイモを自分で煮て、サナギ油に浸して餌にするなど工夫した。でかい鯉に何度も安物の竿をへし折られたか・・。川の様子も変わって、当時の面影はない。

I氏が仕掛けを作ってらっしゃるので、先に私はルアーで竿を出す。

1h5

昨日買った管理釣り場用の小さなスプーンを投げる。3グラムだが意外に遠くまで飛ぶ。びっくりした。これなら釣りになりそう。しかし、何度投げても当たる気配もない。

我々以外に3名の釣り人がいたが、フライは3~4匹釣れていたけど、ルアーはスレで巨大な鯉を釣っていたのを見たきり。ここはフライのほうが良さそうな感じ・・。

ここでメンバーのもう一人、Y氏が合流しました。このお方は渓流や、前回連れて行っていただいたワカサギ釣りも得意のつり名人です。今回私と同じくフライの初体験です。

I氏がフライ釣り開始。まずは池への流れ込みの浅場を丁寧に狙う。

1h6

私もフライロッドを振ってみる。フライは錘をつけないで糸の重さで毛鉤を飛ばすのです。ですからなかなか難しい。I氏からキャスティングの詳しい解説を受ける。

これがフライロッドとリール。I氏愛用のタックルをお借りします。ありがとうございます。

1h7

このかっこよさに憧れていたのです。渋いなあ。

ロッドは、オービスのスプリングクリーク。

1h8

えええーっ!オービスですかあ!フライをやらない私だって知っている高級ロッド。いきなり初心者がオービス使ってよいんですか・・。ありがたや~。

キャスティングは戸惑うことばかり。どうも私はバックキャストで竿を寝かせすぎる。頭の上くらいまで振りかぶれば良いのですがなかなか出来ない。スナップも使いすぎ。手首を固定して竿の反動を使う。難しい・・・。バックキャストでラインが地面をかすってしまい。とうとうフライを失くしてしまう。ああ、申し訳ないです。折角I氏が巻いて来てくれた大切なフライなのに・・。

「フライのタックルは全て消耗品です。気にせずどんどんキャストしてください」とI氏。恐縮です。すんません、頑張ります!

Y氏はすぐにキャストを覚える。流石は釣り名人。

しばらく誰も釣れず、やはりこの釣り場は渋いのかな・・?と思い始めた頃。

Y氏が初ヒット!

1h10

食べごろサイズの虹鱒。

1h11

フライ初体験で最初に釣ってしまうとは、Y氏の釣りセンスは素晴らしい。

そして流れ込みを攻めるI氏もすかさずヒット!なかなか強い引きです。

1h12

なんと良型のヤマメを釣りました。パーマークが美しい。

1h13

I氏はやはり上手い。いきなりヤマメとは・・。この釣り場、虹鱒がメインですが、ヤマメやブラウントラウトもいるとか。事務所に人が来たので料金を払うついでに聞いてみると、今朝6時頃に虹鱒を放流、岩魚も放流したそうです。いろいろ釣れるのも楽しいですね。

ここでタックルを交換。I氏が使っていたロッドに。これもI氏の愛用の竿。ちょっと短めで投げやすそうなのでキャストに苦戦する私にと。

1h14

またもやオービス!セブンイレブンという銘竿だそうです。7フィート11インチ。

リールもカッコイイ。

1h15

オービスのCFOというモデル。デザインもよいし、音も感触も良い。こういう道具があると気持ちよいんだろうなあ・・。物から入る私は、かなりのめりこんで行きます・・。

このオレンジのラインも見やすい。これにしてから投げやすくなった。

1h16

といっても1回ロッドを振って目の前の流れにキャストするレベル。釣り方は、フライを沈める。私はフライって浮かべて釣るのかと思っていた・・。和式毛鉤のテンカラを高校時代にちょっとやっていたのでそのイメージ。で、インジケーターという小さな目印をつける。しかし、私の思うところはっきりいってインジケーターは浮きであります。よってこれは餌釣りの浮き釣りにかなり近い。ていうか餌が毛鉤になった浮き釣りであります。キャストさえ何とかなれば、これは手馴れた釣り方です。

インジケーターがしゅっと消しこんだ瞬間にいつもの反射で合わせる。

やった!

1h17

フライ初挑戦で、初の獲物。食べ頃サイズの虹鱒です。ヤッホー!こりゃ楽しい。竿が柔らかいので、小さな魚でもファイトが楽しめる。横走りするもの。引きが良い。

皆釣り上げてボウズじゃなくなりました。よかった!

ここでラインが沈みがちになったので、I氏がラインにオイルを塗ってくださる。

1h18

こういう道具がいろいろとあるところも、この釣りの面白さですね。道具が好き~、のめりこみそう・・。

お昼前に、午後からお仕事というY氏が先に上がられました。3~4匹釣ったんじゃないでしょうか?初体験で凄い人だー。他のお客も帰り、この広い池にはI氏と私の二人きりに。貸しきりじゃー。私はのびのびとキャストの練習をする。長いほうの竿に替えて遠くを狙う。その時、私にヒット!

1h19

やったぜー!2匹目はまたしても食べ頃サイズの虹鱒を釣り上げる。

I氏もすかさずヒット!

1h20

I氏は良型がよく当たる。やはり上手です。

12時にいったん休憩。お昼ご飯にします。

I氏がみんな用意してくれました!なんて良い人なんだー。

1h21

I氏の愛車はインプレッサSTI!迫力のあるスタイル、空も飛びそうなパワー。スタッドレスタイヤも18インチだそうで・・。ガスストーブでお湯を沸かしていただく。

カップラーメンとおにぎりをいただきました。

1h22

暖かくなる~。かなり冷え込んできたので、最高に旨かったです。ごちそう様でした!

さて午後の部です。雨がとうとう落ちてきました・・。山登り用のゴアテックスのレインウェアを上下着込む。雨だってやるさ!

軽くて扱いやすいセブンイレブンのロッドより遠くに投げられそうなスプリングクリークをずっと使う。

1h23

ロッドを2回降る所までは上手くいくが3回目でラインが伸びたところで失速してしまう・・。背中にフライが当たったり・・。帽子は必要ですね。そのうち背中を釣ってしまうが負けずにキャストの練習をする。もう背後の地面は釣らなくなった。

フライはマラブー。I氏が前日にせっせと作ってくださったのです。感謝です。

1h24

ふさふさしているが、鮮やかな彩の羽がいくつか付いてて、凝ったつくりなのです。明るいうちはマラブーの黒で釣れて、雨が降って暗くなったらマラブーの白で釣れました。

雨が強くなってきたが負けない。ポイントを移す。

1h25_2

流れ出しの一番奥の深場を狙う。朝方フライマンがここでいくつか釣っているのを見たのだ。

いきなりヒット!でかい。竿が引き込まれのされそうになる。かなり横走りされ魚が寄らない。水面に出たが30センチは軽く越えている魚体。すげえ、と思ったらバレた・・・。ハリスが切れてフライを持っていかれてしまった。ガックリ。ラインを出したほうがよかったかのかなあ?逃がした魚は大きく見えるので、30センチくらいでしょうけど、凄い引きであった。フライロッド柔らか過ぎ・・。ヘラ竿並だよなあ。

I氏からまた白いマラブーをお借りする。すんません。今度はオレンジの彩り。ただ、重すぎたようで、インジケーターが水中に沈んでしまう。3回くらいキャストしたら沈む前のインジケーターの怪しい動きにあわせまたヒット。これも良い引き。今度はキャッチ。30センチ近い食べ応えのあるサイズ。

雨がかなり酷くなる。けど負けない。

1h26

しかし、仕掛けが絡まってしまった・・。I氏にご迷惑をかけてばかりなので、キャスト練習に切り替える。3メートルほどラインを出して固定し、前後のキャストを繰り返す。だんだん腕の振り方やロッドの反発がわかるようになり、ラインが鞭のようにしなる。うん、よし、わかって来たぞ。結局それから2時間以上キャストの練習。疲れた。ずっと立ちっぱなしで腰も痛いよ・・。

I氏はその後もコンスタントに釣れていたようです。結果、この日の私は3匹釣り上げ1匹バラシ。アタリが取れなかったのが何度も。初挑戦ですから、よくやったぞ~。

フライ、面白いです。そして釣れる。午後から来たルアーマンも釣れなかったので、この日はルアーよりフライが釣れていました。うーん、のめりこみそうだぞ。フライの道具買いそうだなあ・・。ここから15分も車で走れば、川はヤマメのポイント。来シーズンはフライか?まだ狙った場所にキャストできないし、障害物があると無理なので渓流は早いか。管理釣り場で1年練習すればいけるか?楽しくなってきたぞ。やっぱ凝っちゃうのか?よく考えよう・・。

3人合わせれば結構釣れたはずなのですが・・、釣り場から借りた魚籠の網に穴が空いていて逃げられてしまった・・。4匹しか残っていませんでした。I氏がハラワタを取って下さって、お土産にいただいてしまった!何から何までありがとうございます~。

近所の実家に釣果を持ち帰る。

1h27

塩焼きにする。

1h28_2

やはり釣りたての虹鱒は旨いねえ。家族みんなで美味しく食べました。

管理釣り場、なかなか楽しいです。

1h29

IさんYさん、本当にお世話になりました。フライを始めてしまいそうです。道具を揃えるお金さえあれば・・。管理釣り場用のタックルなら、何とかなるか・・・?

フライ初体験は楽しかった~。

|

« 釣り道具を出す。 | トップページ | 父にデジカメをプレゼント。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事