« これが「スパイキー・ヘア」なのか? | トップページ | 大晦日。 »

2009年12月30日 (水)

久しぶりにMTB・TREK・FUELでご近所トレール。

先日の下仁田ツーリングで「そういえば最近MTB乗っていないよね~」と話が出ました。そういえばそう。特に山道は全然走っていないなあ。

なので冬休みだし、埃をかぶっていたTREK・FUEL80を引っ張り出して、注油と整備して走ってみました。

O1

数年前に購入したフルサスのXCモデル。今回こいつのカテゴリーを新設しますので、今後、過去記事リンク集の機材編と走行編もいずれ作成しますね。数年前はこれでレースイベントにも出ていたのですよ・・。

冬は寒くって遠出も億劫です。MTBは路面抵抗の負荷が結構あって近場でも走った気になるので、やっぱ冬はMTBです。

他のメンバーは旅行中なので一人で出発。折角のMTBなので、近所のオフロードを走ることにします。ここ高崎近郊は丘陵地帯なので、山道は探せばあるのです。

自宅から峠を越える。

O3

自転車を乗り始めた頃は、こんな峠でもヒーヒー言っていましたが、今はなんとかハーハーくらいに・・。久しぶりにMTBに乗りましたが、登坂能力は高い!ギヤ比が低いのもあるけど、フレームの設計も坂向きなのかな?低速安定性も良いので、のんびり登るのに良いです。

ノリピーが入学した大学の横を走る。

O4

とある高級分譲住宅街の一番奥より、そのトレールに入る。ここまでは結構キツイ上り坂。舗装路で登ってオフロードを下り基調でという理想のコース設定。

O6_2

ここは途中からハイキング用のルートに入る。あんまり大勢の自転車が走れるコースじゃないので場所は内緒です。地元の人ならすぐにわかるでしょうけど・・。

しばらくは無粋なフェンス沿いに走ります。

O7

今時、有刺鉄線というものものしい警備の設備がこの中にあります。タワーに監視カメラがある感じ。きっと私がフェンス際を走っていることも既に把握し監視されているのでしょう。

やや登ると丘の上に祠がありました。

O8

ちょうど高崎の街を見下ろす場所なので、何かいわれがあるのかもしれません。この先の無事を願ってお参りをします。

しばらくフェンス沿いを走ると、分岐がある。

O9

フェンス沿いをさらに進む道と左の谷に下る道。自転車を置いて両方の道を偵察するが・・。早くフェンスから離れたかったのと下りのいい感じの道だった左へと進む。

結果から言うとこれは間違いだった。今回計画していたルートとは右の道だったのです。ただこの山中は沢山の道が分岐している。今後も色々走るので、今回はこっちを探索ということでよし。

シングルトラックの下り道を慎重に走る。木の根の段差が時折あるが、落ち葉の快適な道。

O11

結構山は深い。一人で歩いていたらちょっと怖いかもね。葉が落ちていなかったらくらい道だと思う。

やはりMTBは山に似合う。

O13

この先で単独のハイカーさんに出会いました。MTB乗りは、車道以外の山道でハイカーさんにあったら失礼の無いように。私も山歩きをやりますが、やはり山には自然との一体感を求めて行く。そこに金属製の物体がやってくるのはやはり「異物」なのです。違和感はあります。こういう山道はハイカーさんの遊歩道で、MTB乗りは使わせていただいているのですから。

ハイカーさんを見たら、必ず自転車を降りてすれ違う、または追い抜きます。きちんと挨拶をしましょう。

やはり「あー、自転車で来たんかーい・・・」といぶかしそうです。「すんませーん、山深く入っちゃったもんでー。この先は抜けられますか?」と聞くと「道に下りるけど、ずっと木道の階段だよ」と教えていただく。ありがとうございました。うーん、階段とは残念。しかしもう戻れないよな・・。

下り基調で走りやすいけど、スピードは抑えて。油圧ディスクブレーキは快適。

O14

この先に休憩所のようなところがあり、二人連れのハイカーさんが休憩中。挨拶をして横を押して通り過ぎる。今思うと、そこに分岐があった気がする。そこを右に入るともっと山中に入れたはず。

O15

やっぱ山はいいなあ。静かだもの。冬はMTBで色々山を走りたいなあ。

結局、急な階段を下る。

O16

最初は横を乗車して下りた。フルサスだし階段も乗って下りれなくはないが、こんなところで前転して怪我をしたら帰れない。途中から慎重に押して下る。

段差の深いところは担ぐ。フルサスはフレームの前三角に肩が入らないので、サドルの先端を肩に引っ掛けて担ぐ。MTBの山道走りはやはり担ぎは避けられないのです。

車道の下に出る。ここからは車道に併走するダブルトラックを少し走る。

O17

車道に出て下る。あとはいつものルート。のんびり走る。

O18

ここまでくれば自宅も近く。ブロックタイヤをゴーゴー言わせながら走る。MTBはなんかゆったりしていていいかも。

なかなか良いトレールでした。右側のルートも走ってみたい。けど、結構有名なハイキングコースのようなので、なるべくハイカーさんのいない平日の休める時に行こう。

久しぶりのオフロード。このペダルには助かった。片側SPDで片側がピンつきのフラペ。

O19

ディズナの。ちょっと重いけど。アクセスの舗装路はSPDで漕げる。山道はちょっとシューズを固定するとまだ怖いのでフラペが使えます。

このタイヤはまだひげつき。取り替えてほとんど走っていない。

O20

ミシュランのXCR2.0。とてもグリップが良くて、下りで助かった。山道はがっつり食いつくタイヤが楽です。

やっぱフルサスは快適。

O21

エア圧はいくつか忘れてしまった。サス用ポンプをセットすると100PSIだったので110PSIに入れたらちょっと硬かったので、やっぱ100PSIでよかった感じ。舗装路の登りでもシッティングで上がればロスはあまり感じない。

山道を走るときはアルミのシートポストにしてたけど、面倒くさいのでカーボンポストで行った。

O22

ボントレガーのカーボン。ちょっと段差をサドルに座ったまま超えてしまったけど平気。結構丈夫。

油圧ディスクブレーキもいいよ~。

O23

効きもいいし、なにせレバーが軽くて楽。ずっとブレーキを当ててのくだりで有効。XTの旧型ホイールもカッコイイ。今売ってないものね。山で壊れたらいやだけど。

やっぱフルサスMTBの、このメカな感じはカッコいいなあ。

O24

ロードバイクもいいけど、MTBのこのおもちゃっぽさは魅力。冬の低山を散策してみたいな。2009年の乗り納めでした。

|

« これが「スパイキー・ヘア」なのか? | トップページ | 大晦日。 »

自転車・トレックMTB」カテゴリの記事