« 負け組忘年会。 | トップページ | ポケロケ・下仁田ツーリングその2・サイクルトレイン編。 »

2009年12月27日 (日)

ポケロケ・下仁田年越し蕎麦ツーリングその1・蕎麦編。

この時期恒例の「下仁田年越し蕎麦ツーリング」。チーム負け組のメンバーと行って来ました。

このツーリングは何年も続けていてコレで何度目でしょうか?毎回違う自転車で行ってる感じですが、今回は先日フロントバックを装着し、ツーリング仕様になったバイクフライデー・ポケットロケットで走ります。

R1

寒いといかんのでフロントバックにはダウンジャケットまで入っています。暑ければ上着を入れるスペースもあります。

さて今回のツーリング、下仁田の街中を散策し、サイクルトレインに初体験乗車しました。2回に分けてお届けします。

お昼に蕎麦が食べられれば良いので、安中駅10時半集合と遅めの日程で朝が楽でした。いつもこのくらいのんびりと走り出すと楽なんだよね・・。

高崎の自宅を10時に出発。

フロントバックはこんな感じに装着されています。

R2

バック上部はマップケースになっていて、ここに地図を入れるとツーリングムードがムンムン。けど今回は何度も走っている道なので地図は必要ない。帰りが遅くなるかもしれんとライトを装備したが、暗くなるまでバックに仕舞っててもよかったよねえ・・。

安中までいつもの碓氷川サイクリングロードをのんびり走る。

R3

この時期には珍しく、風もなく穏やか。暖かくなりそう。けど、午後からは強い風が吹く予想です・・。

安中駅に到着。一番乗りだったので、他のメンバーを待つ。

R4

今回は4名の参加。企画はM氏だったが仕事で来れず。年末なので皆さん結構お忙しい。

S山さんはバイクフライデーのタンデム車、の後ろ部分を外したやつ。ここのタンデムは分割して一人乗りに出来るのです。

R5

現行ラインナップでは唯一のダイヤモンド型フレームのバイクとなる。バーコンがお気に入り。埼玉の本庄から自走してきました!

M本さんは佐渡以来の顔合わせ。ピナレロのFP5で登場です。

R6

フルカーボンの高級フレームです。

S田さんはポケロケの黒金です。おお、ホイールが!

R7_2

なんとカーボンディープリムの20インチホイールじゃないですか。いつの間に買ったの?しかもハンドルにはDHバーが装着されたトライアスロン仕様です。

さて、11時前に安中駅前を出発。

R8

信越線の踏切を渡り、野殿から川沿いに上間仁田方面に登ります。だらだらと坂を登り、学習の森の前で私は早くも脱落。ハアハア、心臓が痛いよ・・。もうだめかも。今回のメンバーとはペースが合わないよ・・。

一丁八丁の下りから富岡へ。後は国道254を下仁田方面へ。交通量が多いので、上信電鉄の踏切りを越えた先で西の山裾のほうへエスケープ。

R9

小さな踏切を渡れば、もうそこは別世界。ほとんど車の来ない、集落と畑の中の、のどかな静かな道です。

R10

20~25キロ平均のツーリングモードで走る。

R11

この廃車が見えたらゴールは近い。

R12

この先に、いつも年末にお世話になっているお蕎麦屋さんがあります。

R13_2

今回の目的地、蕎麦処むとうさんです。あれ?暖簾が出ていないぞ・・。

R14_2

うーん定休日は火曜日なのでやっているはずですが・・。急に休みにしたのか、

R15

それとも、もう暖簾を畳んでしまったのか・・。いや、以前にも人の気配がしていないけどやっていたことがあった。が、今回は扉も閉ざされたまま。

残念ながら今回は食べることは出来ないようなので、下仁田の街中で蕎麦を食べようということに。確か最初の下仁田ツーリングの時、駅前の蕎麦屋に入った記憶がある。

千平駅経由で線路沿いを走る。

R16

渓谷に掛かる橋を渡る。

R17_2

この先は国道254に戻りアップダウンしながら、上信電鉄に沿って走る。

R18

ここの電車はどれも派手ですね。

レンガ倉庫から下仁田駅前広場へ。

R19_2

12時ちょい過ぎに、下仁田駅到着。下仁田ネギとコンニャクで有名な町です。

R20

ここでS田さんが、帰りは上信電鉄のサイクルトレインで帰らない?と言い出す。

上信電鉄は自転車をそのまま車両に載せられるサイクルトレインを一日数本運行しています。以前から下仁田方面にツーリングするたびにヘタレな私は、帰りはサイクルトレインに乗りましょうよと提案するのですが、こんな近い距離で帰れないのかと却下され続けていたのに。どうしたの?

目的の蕎麦を食べられなかったので、ツーリングの趣旨が変わったのです。やっぱサイクルトレイン一度乗りたかったんだよね~。皆さんそう思っていたのね。これで今回のツーリングにアクセントが出来たぞ。

駅舎に入って、サイクルトレインの時間を確認します。

R21

土日は午後に4回運行され次は14時発。ならばそれまでに何か食べようと、下仁田の町を散策します。実は、以前来たことのある駅前の蕎麦屋さんも暖簾が出ていなかったのです・・。

渋い感じの細い路地を走る。

R22

なんか昭和な町並みです。この街はS山さんが小学生の頃住んでいたそうです。S山さんに案内してもらう。

R23

八百屋さんの店先に貼ってあった下仁田案内マップを見ると・・。どうやらここには「下仁田カツ丼」なるものがあるそうです。群馬では卵でとじていないソースカツ丼が有名ですが、それの醤油ダレバージョンらしい。マップにあった下仁田カツ丼の店を1軒1軒確認しながら走る。

しかし、蕎麦も食べたいよね。年越し蕎麦を食べる目的だし。ならばカツ丼つきの蕎麦セットがある店を探そう。

とある蕎麦屋の前。けど、ここはカツ丼がないみたい。どうする?と悩んでいたら店から人が出てきて、自転車はそっちに置いて中へどうぞ~と呼び込まれてしまった。じゃ、蕎麦にしましょうか。

福田屋さん。

R24

天ぷらの盛り合わせと、大ざる蕎麦を注文する。自家製の白菜のお漬物と沢庵をいただく。美味しい!さらにお土産でも売っているふき味噌と唐辛子味噌もいただく。コレも美味いよ~。

お蕎麦が来た~。

R25

そばは腰があってほのかな香りと爽やかな咽越し。蕎麦湯も沢山で、美味しくいただきました。

お土産にふき味噌と唐辛子味噌を購入。さあ、目的の蕎麦は食べたぞ。

また路地を駅前へ戻ります。下仁田に来ると必ず寄るのがこの駅前レストラン・ヒロさんです。

R26

ここの名物は「クリームあんこん」という、クリームあんみつの寒天の代わりに小粒のコンニャクが入っているのもの。食感がたまらない。いつも決まって食べます。早速オーダーしようとメニューを見ると無い・・。聞いてみると、あのコンニャクを作っている業者が無くなってしまったそうで、すみませんねえと言われる・・。

淋しいなあ、残念。今回のツーリングはこういった時間の流れというか、世間の変わり様というものを強く感じてしまった・・。いつかは変わっていくものなんだなあ。同じことを続けていくと気が付くことなんですね。

ならばと、ここのカツサンドも美味いのですよ。まだカツ丼気分も残っているので、カツサンドを1人前頼んで一人一切れを食し、コーヒーを飲みました。

さあ、サイクルトレインの時間です。同じことばかりじゃなく、新しいことも経験。下仁田駅に向かいます。

次回は、初体験!サイクルトレインに乗る、です。

|

« 負け組忘年会。 | トップページ | ポケロケ・下仁田ツーリングその2・サイクルトレイン編。 »

自転車・バイクフライデー」カテゴリの記事