« 「チーム負け組ジャージ」の記事リンク集。 | トップページ | タキザワセールで自転車防寒用品を購入。 »

2010年1月17日 (日)

MTBで近所散歩。自宅裏山トレイルは超怖っ!

体重計に乗ってびっくり!大台が近い・・・、正月の食べすぎが響いています。自転車に乗らなくちゃ。けどこのところ寒いですねえ。空っ風が今日も強い。

ならば遠出はせずに、MTBに乗って自宅の裏山に登って、ご近所トレイルを散策してみましょう。

TREK・FUEL80。

3w1

タイヤの空気圧で悩む。きっと路面が荒れてるだろうから2・2気圧くらいで、いや、山の上までの登りが辛いからもっと上げて転がりをよくして3・0気圧でいこう。

高崎の自宅の裏山に向けて、走り出す。結構奥まで集落がある。

3w2

うちの裏山も、以前走ったノリピーの学ぶ大学付近のトレイルと同じコースの続きです。有名コースでハイカーさんもいるので、15時に出発。この時間ならハイカーさんはもう歩いていたら明るいうちに帰れないのでいらっしゃらないはず。まあ、自宅の町内で、町内会費も払っているので多少は許してもらえるはずだ(?)。

はあはあ、こ、こんなに斜度がきつかったのか?ぜいぜい。体が重い。最奥の集落の中はかなりの斜度。夏みかんが実っているなあ。

3w3

ヒルクライムレースに出てた頃は、ここが練習コースでした。あの頃は登れたんだが・・。MTBなので低いギアで何とか上がる。

何でここ走らなくなったんだっけ?ああ、そうか、犬だ。沢山の犬に追いかけられたのだ・・。いたあ!物凄い数の犬に吠えられましたが、今回は繋がれていたのでセーフ。ここは犬嫌いには無理。

やっと山の上の道路に出る。

3w4

ここは緩やかなアップダウン。吹きさらしなので空っ風が酷い。ローディーさんたちの練習コースなのか多数見かけた。6年位前は誰も走ってなかったのに。

ここがトレイルの入り口。とても暗そう。ここから先の写真は皆ブレていた・・。

3w5

細いシングルトラック。竹林の中でかなり暗い。なんか、気持ち悪い道だなあ・・・。

物凄い急降下。しかもなぜか道にバンクが付いている!なんで?

3w6

DHバイクで猛スピードで降りれそうですが、絶対にしてはだめ。ハイカーさんが来るかもしれないので慎重に下りる。油圧ディスクブレーキはやっぱ引きが軽くて楽。

道をふさぐように倒木・・。まるで侵入者を拒むかのようだ。降りて倒木を越える。本当に暗い森。夕方だし、うっそうとしている。静か。そして風に葉が擦れる音、竹がぶつかる音が響く。一人っきり・・。なんか怖い!何でだろう?凄く気味が悪いんだよ。あわてて自転車に乗る。

3w7

竹の葉が敷かれた道。暗いよ~。徐々に斜度は緩くなる。ここまではダウンヒル。

あっと思ったら、なんでもないところで転ぶ。派手に前転。危ない・・。竹林の中は切り株が竹槍状態なので、うっかり転べない。すねを強く打って痛いが、一刻も早くここを抜け出したい気持ちになった。

橋だ。ここが谷底。下りの終わりのはずだ。路面に竹が倒れて路面が悪いので慎重に。橋の手前はぬかるんでいて、押していく。

3w8

もうここは本当に暗い。橋を渡る。

3w9

ここが一番低いはず。この先は登り。あっという間に階段になる。下った距離を考えると階段担ぎは気が遠くなる。と思ったら意外に早く終わる。また下ったら、なんか墓のようなのがあって、も、もう勘弁してくださいよ。そしたら竹林からごそごそと音が。ひー!ああ、人がいた、竹を切っていました。ふう、ようやく舗装路に出たようです。

で、ちょっと舗装路を下るとトレイルの入り口がまたあります。が、同じようなもっと暗い感じの竹林だよ・・。

3w10

いや、もういや。道は平らのようですが、細くて左側が落ちている。やめよう・・。また稜線の舗装路に戻る。

ああ、明るい。生き返る。目の前の浅間山が迎えてくれた。

3w11

さて、舗装路を進む。さっきの竹林の道の出口に到着。なんか洞穴がこの先にあるらしい。ここは明るい道なので入ってみる。

3w12

調子よく下っていくが・・。

また竹林だ。コレを抜ければさっきのところに抜けるはず。

3w13

いやです、なんかもう怖いです。暗い道は走れませ~ん。

来た道を戻って、明るい舗装路へ。

うーん、このコースはお薦めしませんね。とにかく暗い。明るさも暗いが、なんか気持ち悪いんですよ、なんでかなあ?近所にこんな深い山があっただなんて、驚き。

さて、稜線の舗装路を自宅方面に戻ります。今回トレイルは3箇所チェックしてあった。

もう一つの、キャンプ場へと降りる道。

3w14

やっと自転車を撮影する余裕が。家の近所にキャンプ場があるなんてまたもびっくり。一度使おうか?いやこんな近所でお金を払ってテントを張るのもなんか変だぞ?

ほぼ真っ直ぐな下り坂。

3w15

竹がない分さっきより明るいし道も広い。が、キャンプ場から先は、国立の某施設の敷地内。抜けられるかわからないので途中で引き返す。

舗装路をまた下る。自宅への分岐を過ぎて、霊園の脇を入る。ここが3箇所目のトレイル。

墓地の横を下る。こんなのばっかり・・。

3w16

眼下に高崎の街並み。

お、雑木林の中のいい感じの道。

3w17

散策に良い道。途中、犬の散歩をしているご夫婦とすれ違う。ここは隣町でもう町内ではないので丁寧に(笑)。降りて通り過ぎる。

この先は確か崖だよなあ、と思ったらやっぱり階段・・。

3w18

サドルの先端を肩に乗せて担ぐ。今回は担ぎが多かったねえ・・。

ようやく広いところに出る。榛名山が綺麗に見えました。

3w19

陽が落ちるともうむちゃくちゃ寒い。自転車には辛い季節ですねえ。今回は森の中で寒さより怖さと闘いましたけど・・。

このコース、近所なんで走ってみましたけど、やめたほうがいいです(笑)。この最後のトレイルは散歩で歩くのには良いかもね。けどここも昔事件があってねえ・・。いや、やめとこう。

とにかくなんだか、怖って感じでした。もう少し高い山に行ってみようかな。もっと明るいと思う、寒いけど。

|

« 「チーム負け組ジャージ」の記事リンク集。 | トップページ | タキザワセールで自転車防寒用品を購入。 »

自転車・トレックMTB」カテゴリの記事