« しまったっ | トップページ | 休養日。 »

2010年3月 6日 (土)

また撃沈!烏川本流・三ノ倉・フライ釣り。

朝7時半に、釣りの師匠I氏より電話で、フライ釣りに行くことになりました。あの、外は小雨なんですけど・・。今日は暖かいし、こういう天気の方が釣れるという事です。高崎市を流れる烏川の本流へ行くことに。

結局その後、I氏は午前中仕事となり、12時半、倉渕の三ノ倉セブンイレブンに集合。

ちょっと早めに着いた私が車を止められるポイントを探したのでそこへ。解禁1週間後の今日、こんな天気なのに釣り人が多い!各橋の側は車が2~3台あって、100メートルに一人は釣り人が見える。獲物のヤマメは警戒心が強く人影を見ると隠れてしまう。

「解禁直後は人なんか気にしてちゃ釣り出来ません」と言うI氏と川へ向かう。

2f1

川も比較的大きいので大丈夫かな?ここも朝から何人も入ったであろう。

川沿いにサイクリングロードがあって、入渓しやすい。I氏にロッドを持っての歩き方を教えていただく。このように、後ろ手に持って背中のほうに立てて持つそうです。

ここには釣り人が二人いて、下流からも一人。こりゃ凄い。かなり厳しい条件ですが仕方ない、渓流でのキャスト練習と割り切って釣り始めます。

I氏は既に夢中状態。私に実戦釣方を教えてくれもせず、下流に下ってしまった~。とほほ。取り残された私は入った場所で釣る。

しばらくしたらI氏が上ってきた。観察して勉強する。

2f2

この時期のヤマメはハッチにライズしていないので、ニンフでのインジケーターを付けたルースニングで釣ります(訳:ヤマメは羽化した水生昆虫を捕食しようとジャンプしていないので、水生昆虫の幼生を模したフライを沈めてインジケーターというフライマンが目印と言い張る浮きを使った釣り)。

こういう早い瀬で浮き釣りなんか出来ないよ・・。アタリがわからないし。ほとんどキキアワセみたいですけど。

やはり難しいなあ。トロ場なら何とかなりそうですが。

2f3

背後が気になって思い切りキャストできないよ・・。ウェーダーというウェストまでの長靴を履いているので川の中へ立ちこむけど、水圧が強くて転びそうで怖い。膝上より深いところは無理!流されそう。バランス感覚が要求されます。川の中を歩くのは思った以上に体力が必要。しかし、川に入らないと背後のスペースは殆ど無いのです。目の前にポイントがあるのに、餌釣りのように仕掛けを送り込めない~。キャストのバリエーションも増やさないと。

深くて怖いのでI氏に遅れを取る。周りはコンクリート護岸なのでなかなか上に上がれないけど。何とか上がれそうな場所をよじ登る。

サイクリングロードをしばらく歩いてようやく追いついたI氏の釣りを道から観察する。

2f4

上流へ向けてキャスト。フライが自分に向かってくるので、ラインのふけを手繰って取る。小刻みなキャストを繰り返していますね。勉強勉強。

再びやっとの思いでI氏より下流の川に下りる。既にI氏ヤマメを1匹釣った模様。流石~。

大きな落ち込みが現れる。

2f5

既にここまででフライを3個失くし、仕掛けを4回交換した私は、やはり釣りよりも仕掛けを作っている時間が長い。ここは後にスペースがあるのでしばらく粘ることにする。しかし、この白泡の中にフライを入れてもあっという間にインジケーターは流れてしまうよ。

また仕掛けがトラブったので、思い切ってインジケーターを外してしまう。ミャク釣りを思いついた。ガン玉のおもりをつける。こういう釣りもあるらしくアウトリガーとかいうらしい。

目印が無いが、ティペット(ハリス)の結び目を目印にして仕掛けを流し込む。こういう釣り方なら餌釣りで慣れているので得意です。長めの9フィートロッドはこういう時に威力を発揮。

殆どラインは出さずにリーダーのみの釣り。コレがフライ釣りと言えるかはともかく、白泡の向こう側の流れが緩くなっている境目・・。

2f6

護岸に当たる直前のポイントで、流れていたリーダーラインがふっと上流に戻る。ツン、とあわせるとブルブルッと魚の感触。来たああっ!やったどーーー!魚掛かったどおおおーーっ!

と思った瞬間、フックが外れてバレてしまったよ・・・。ヘナヘナ。初獲物だったのに。残念!

この辺から大きなポイントが連続する。ます池という釣堀の下です。

2f7

なぜか電車がある。線路は繋がっていませんが。東武線?

こんな淵が現れる。

2f8

またインジケーターを付けてキャスティング。ここはもう随分と今日も竿が入っただろう。こういう所は人影の影響が出そう。ピクリとも当たらない。

こんな所で来月になったらドライフライ(フライを水面を浮かべる釣り)でやりたいなあ。やっぱルースニングはストレスが溜まります。ドライが待ち遠しい!

深い場所はまたサイクリングロードに上がる。護岸の一部が階段状になっているところで川に戻れます。

2f9

I氏がそろそろお帰りになるという。I氏は結果ヤマメ1匹。I氏をもってしてもこのハイプレッシャーでは辛い釣りでした。

私は何とか1匹釣りたいので、もう少し粘ることにして、I氏とお別れです。お疲れ様でした。

一人で釣りあがるが、渓流で一人って怖いよね・・。けど、1箇所で粘っていたら後から釣り人が追いついてしまった。

渓流では、後から来た人は先行者を追い抜いてはいけないマナーなのですが、私の背後を抜いていこうとするので声をかけました。まあ、もう私もコレをきっかけに終わりにしようと思い、「このポイントを釣らせてもらえれば終わりにしますんで、追い抜いて行ってください」と言いました。

結構良いポイントだったし。

2f10

ということにしましたが、結局その人も横に並んでここで釣りだしてしまったよ・・・。

落ち込みを狙います。出ないね・・。

その人が上がって行ったので、もう少し川の中に入り、後ろのスペースを作りロングキャストの練習。基本を思い出しながら、徐々に飛距離を伸ばしていく。段々前にループが伸びるようになりました。

奥の落ち込みの白泡まで飛ばせるようになった。

2f15

ここは餌釣り師は狙えてないはず・・。

フライを下の落ち込みまで流しキキアワセをしたらぐぐっと来て、銀色の魚体が跳ねる!うお!やった!と思ったら、外れちゃった・・・。

ふう、その後フライで自分の長靴を釣ったので、もういっか、と終わりにしました。最後の最後に川で転んで手を突いて袖が濡れてしまった。カメラも一瞬水没したがセーフ。

サイクリングロードをとぼとぼ車まで歩く。釣れていればなあ・・。

2f11

歩きやすくって良いですけどね。川に入りやすいし、その分人も入っているのかな・・。

I氏に教えてもらったロッドの持ち方で歩く。

2f12_2

途中、ます池の電車。やっぱこの山の中に電車はアレっと思うよ・・。

2f13

倉渕の山里は良い感じです。山の農村風景。

2f14

良いところだ。今でこそ高崎市ですが、数年前の合併以前は倉渕村でしたから。

車に戻りウェーダーを脱いだらズボンが濡れていた。浸水はしていないようなので汗が溜まったみたい。やはり透湿素材じゃないとダメかな。暑くなる前にウェーダーを新しくしたいなあ。渓流のフライ釣りにはウェーダーは必要です。

暗くなる前に、無事家に帰りました。師匠のI氏には大変お世話になりました。またよろしくお願いします。

もう少し暖かくならないとフライには難しいですね。早くドライで釣りたいなあ。

「今回のタックル」

ロッド:オービス・シルバーラベルTL9フィート#4

リール:オービス・バテンキル5/6シルバー・ディスク

ライン:DT4F

「今回学んだこと」

ルースニングは私には向いていない。

川の中を歩くのはバランス感覚と体力が必要。

膝より深いところは怖い。

濡れている石を触ると臭い。

川原の木や草のとげが痛い。

やっぱ人が多いと嫌だな。

「今回の釣果」

I氏:ヤマメ1匹(20センチ越え塩焼きサイズ)

私:バラシが2回。絡まった釣り糸の塊り。

|

« しまったっ | トップページ | 休養日。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事