« モンベル2010年カタログ届く・注目の新製品は? | トップページ | 今夜はワンタンメン。 »

2010年3月16日 (火)

コノスルの白ワイン・ブドウ品種別飲み比べ・その1。

安くて美味しいチリワインが注目されていますが、先日の大地震で今後が心配です。チリ地震で被災した皆様方には、心よりお見舞い申し上げます。

チリワインの中でも入手しやすく、コストパフォーマンスが高いといわれる「コノスル」。何度もこのブログでご紹介していますが、自転車ラベルでおなじみです。

ちょっと前に、ごそっとネット通販で購入。

1x1

普段私は、赤ワインが中心であまり白ワインは飲みません。白ワイン用のブドウ品種も詳しくないので、飲み比べようと思いまして購入。

コノスル・ヴァラエタル・シリーズ。

1x2

一番ベーシックなコノスル。ステンレスタンクで熟成。このクラスでブドウ品種の特性を活かした造りをしているかは疑問ですが、むしろ同じ造りをしていて、樽香の移らないステンレスタンクでの熟成ならばブドウ品種の個性が出るのでは?

お値段は766円~829円とリーズナブル。

1x3

シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリング、ヴィオニエ、ゲヴェルツトラミネール、です。白ワインを代表するブドウたち。コレに旨いと評判のこの上のグレード、レゼルバの1本を加えた6本を飲んでみます。

飲み比べなら一気に開けて飲みたいものですが、流石にそれは・・。1本ずつ飲んでみます。

まずは、シャルドネ。税込み766円で購入。

1x4

ブルゴーニュに代表される高級白ワインのブドウ。こいつもブルゴーニュボトルになってるね。かの地では樽熟成され辛口に仕上げる。癖がないので樽が活きるということかな。これはステンレスタンクなのでブドウの個性が分かる?

色は、薄く輝くゴールドイエローでちょっと緑。

香りは柑橘系、蜜、トロピカルフルーツ。薄いけど良い香りで爽やか。

1x5

飲みます。お、やや甘い口当たりと、きりっとした酸。後味の軽い苦味。シャープな風味です。コクは無いけど果実感あり。やや強めの酸ですが、さっぱりしていてなかなか美味しい。軽く酸っぱい辛口ワイン。85点。

酸っぱいのがお嫌いでなければ、シャープできりっとした爽やか系ワインです。

ソーヴィニヨン・ブラン。 税込み819円で購入。

1x6

ボルドーやロワール地方の白ワインに代表される品種。青草の香りが特徴とされる。

色は薄め黄金色。

香りは爽やか系。甘いトロピカルな香りも出てくる。小さめだが華やかな香りです。

1x7

飲みます。ちょい薄めですが、甘さと酸味。舌先でぬるっとした滑らかさ。小さいながらなかなか華やかな味わい。後味は酸っぱさとほろ苦さ。薄さと爽やかさでごくごく飲める軽快ワイン。休日のランチに気軽にあわせると良いかも。84点。酸っぱい爽快系ワイン。

リースリング。税込み766円で購入。

1x8

ドイツワインの主品種で、仏のアルザスでも作られる。甘口、辛口もあるが、私のイメージは甘口ですね。

色は薄いレモンイエロー。

香りは、あまりないかなあ・・。かすかな柑橘系と花。

1x9

飲みます。やっぱり薄めですが・・。甘さと酸味のバランスが良い。酸が引き締めて、口当たりが爽やかで、とても飲みやすい。ほのかなフルーツの余韻。薄口で繊細な味わい。印象もちょっと薄いですけど。気持ち酸っぱめですが、食事と合わせやすいのでは。84点。

薄いけどフローラルな香りが拡がる、飲みやすいワイン。

以上、3本飲んでみて、やっぱちょっと薄めで、味わいやコクでは物足りない。けど爽やかな酸味があり、べたべた甘くないので軽快に飲めます。カジュアルなデイリーワインにいけてるのでは。頑張れチリ!

後半3本はまた後日。

|

« モンベル2010年カタログ届く・注目の新製品は? | トップページ | 今夜はワンタンメン。 »

飲んだワイン」カテゴリの記事