« 妻とデート!榛名&箕郷梅まつりをハシゴ。 | トップページ | 風邪で花粉症激悪化?初の耳鼻咽喉科。 »

2010年3月23日 (火)

漫画・西原理恵子の人生画力対決

コレは面白い。

ビックコミック・スペリオールに連載中作品の単行本第1集です。

美大出だが、画のいけていない漫画家・西原理恵子が、画を書けてない的な人気漫画家に喧嘩を売って、お題目の漫画作品の画を何も見ないで似せて書いて対決するという企画。観客のいるライブ会場で行われた対決を西原が漫画化したものです。

1s1

「西原理恵子の人生画力対決・第1集」西原理恵子(さいばらりえこ)著。小学館・838円。

スペリオール誌上では面白く読んでいましたが、新刊を本屋で見つけてゲット。ハードカバーなので値段が1000円越えていたら買わなかったが、ギリギリオッケー。

漫画好きならば気になる作家が登場。え?あの人がこんな下手な画を?的な驚きの連続。けど、流石はプロ漫画家、描けている時もあります。

第1集で対決した漫画家は、しりあがり寿、みうらじゅん、藤子不二雄A、国友やすゆき、ちばてつや、高井研一郎、とがしやすたか、やなせたかし、江口寿史、福本伸行。

ゴージャスな漫画家と対決しています。しかも、ライブなんだよ。会場の大型スクリーンに書いた原稿を映し出す。

特に、藤子不二雄A先生との対決。生で喪黒福造(笑ウセールスマンね)を書いてもらって観客は感動。しかし対決ではしょうもないゴルゴ13を書いたり、のらくろを書かされ、西原にどこの犬だよとつっこまれたり。

画力の無さをつっこまれる国友やすゆきは、斜め横向きの人物画しか書けない為「首寝違え漫画家」と言われ、真正面からの画がやはり書けないことを告白。政治漫画を描いているのに国会議事堂が書けないとか。アシスタントが書いているからね・・。

ちばてつやの生あしたのジョーも感動ものだし、巨人の星からアンパンマンを書かされる。

アンパンマンの作者のやなせたかし先生まで来たもの。西原の書いたアンパンマンと本物が互角だとか失礼すぎて凄い。西原に横向きが書けるのかと挑発され「大変珍しい横向きアンパンマン」を書かされたり。

私の好きな作家の江口寿史は既に自分のキャラ、ひばり君が書けなくなっていると指摘され、あの人は今、的な扱いを受けている・・。

詳しい、対決ライブレポの公式サイトはこちら。

対決の模様がレポートされています。仕上がったイラストも見られます。

そして、江口寿史、藤子不二雄A先生との対決は、公式サイトのここで動画で見られます。

で、そのライブを漫画化したのがこの本なんです。

魔太郎の服の薔薇模様の謎も明かされます。

漫画好きなら是非。最新では浦沢直樹(20世紀少年を描いた作家ね)と対決した模様。

|

« 妻とデート!榛名&箕郷梅まつりをハシゴ。 | トップページ | 風邪で花粉症激悪化?初の耳鼻咽喉科。 »

読んだマンガ」カテゴリの記事