« サッカー日本代表・頑張って。 | トップページ | しまったっ »

2010年3月 4日 (木)

撃沈!フライ釣り・川デビュー・・。

昨日の事です。時間外勤務の振り替えが残っていたので、休暇を頂きました。

午後遅くに、例の先週偵察し、月曜にヤマメを放流した碓氷川・松井田のポイントへ釣りに行きました。

いよいよ釣堀を離れ、自然の川でのフライ釣りデビューです。今まで師匠のI氏に教えてもらいながらの釣りでしたが、今回は一人。自分で頑張ります。

中瀬橋の下の駐車スペースに車を止める。ヤマメ放流から3日目ですが、釣り人が6~7人釣っています。魚はまだいるのかなあ・・・?

先日の妄想を思い出し、釣り師達の間ではやりたくないので、下流の誰もいないポイントへ。私は周囲に直径15メートルはスペースが無いとキャストは無理だから・・。

流れの緩い場所へ。誰にも見られたくないので、土手の下の死角。誰も釣っていないので釣れない場所なんだろうな・・。

2h1

うーん岩盤で浅い。深い場所は対岸近く。私にとってはロングキャスト・・。この辺は中流域なので川幅が広い。

もたもた仕掛けを作って、記念すべきフィールド第1投!

よ~し、いくぞ!キャアアスティイーーングッ!

いっけえええーーっ!俺のフライイーーッ!(買ったフライだけど・・)

ふにゃふにゃふにゃにゃ~。ポシャ。

うーん飛ばん・・。

2h2

奥のテトラ際を狙ったのだが、手前に落ちた・・。

ま、いっか。ここも深そうだし。キャストしているうちに徐々にラインがしゅわーんと前に飛ぶようになりました。もっと飛んで欲しいけど・・。

まだドライフライ(水面に浮かべるフライ)は時期が早いので、ニンフという水中昆虫っぽい水中のフライを使う。ルースニングという釣り方。インジケーターというフライマンが目印と言ってきかない浮きを使う浮き釣りみたいなやつ。

何度かキャストするとなんか変。あ、フライが無い・・・。

背後が土手で枯れた雑草が茂っているので引っ掛けてしまったようです。フライは背後にも広いスペースが必要なのです。

フライを付け替えて再び。そうか、後に引っ掛けないように自分が前進すればいいのか。

2h3

ウェーダーという長靴のウェストまであるやつを履いているので、深いところも入れちゃうのだ。フライマンがこういうゴツイのを履いている訳が良くわかった。川に入って、キャストしやすいスペースを自分の背後に作るのだ。

深みにはまらないように注意しながら釣り続ける。しかし、アタリが無いね・・。ここにはヤマメはいないのだろうか?ヘアーズイヤーというフライが合わないのかな?

ポイントを変える。下流に一人釣り人がいるのであんまり下がれない。なのでちょっと下の落ち込みへ。

2h4

ポイントの前に急な流れがある。フライを奥の落ち込みに入れても、手前の流れでラインが持っていかれてフライが下流に流されてしまう。

むう、難しい状況。実際の川に行かなければ学べないもんです。しかも後ろはすぐに土手。結局、フライをまた一つ失くした・・。フライをフェザントテールに交換。

ここで角度を変えてキャストしてみる。

川に入って急流の直前まで行く。そうすると右手後方上流にスペースが出来た。そこからサイドハンドでキャスト。

2h5

手前の急流を越えて、良い感じの落ち込みにキャスト成功。サイドハンドは上手くいく。しゅわっとフライを投げ入れる感じを掴んだ。

竿を上げれば、手前の急流にラインを付けずにフライを奥に留めておける。9フィートという長竿もルースニングには効果的。

やるじゃん。自分で学習しています。あとは釣れるだけ・・・。

釣れないね。うん。

フライにイクラの一粒でも付ければ釣れるんじゃなかろうか?と邪道なことを考え始める。

どんどん上流に行く予定が、他の釣り人に合いたくないので、一箇所で釣り続ける。じゃあもっと下流に行こうと思ったが、同じ場所にずっと釣り人が一人いるので遠慮します。やっぱ他の釣り人がいると気を使っちゃう。皆とは違う釣り方なので、なんか他人に近寄れない・・。

結局1時間半ほどやって納竿。仕掛けを5度作り直したので実質30分やってなかったけど・・。

片づけをして下流をよくみると・・。釣り人だと思っていた人影は

2h6

案山子でした。川鵜が魚を食べるので案山子が立っているのです。下流に行けばよかった・・。

くうううーーーっ!釣れないいいいーーーー!フライは5回引っ掛けて2回回収に成功、けど3個失くしましたあああ!しくしくしくしく・・・。散々なデビューでした。ただ、竿を振っていると楽しいなあ。キャストが難しいからキャストする楽しみもあります。

「今回学習したこと」

*フライはかなり失くす。

*周囲にキャストのスペースが無いときは移動したり水に入ってバックスペースを作る。

*ラインが前方に伸びる感覚を掴みかけた。

*サイドキャストが出来た。

*リールを砂地に置くと砂を噛んで回らなくなる・・。

*フライの位置をキープするにはラインの流れを考えなければ。

*鑑札の腕章を落として焦って探したので、今後は安全ピンで留めないとダメ。

・・・うーん、色々わかってきたぞ。釣れなかったけど勉強になり、そういう意味の収穫は多かった。

やはり師匠のI氏に教えてもらわないとダメですね。

「今回の釣果」

*花粉症の激悪化。

|

« サッカー日本代表・頑張って。 | トップページ | しまったっ »

釣り・フライ」カテゴリの記事