« アジカン新曲「ソラニン」 | トップページ | モンベル2010年カタログ届く・注目の新製品は? »

2010年3月14日 (日)

管釣でリベンジ・新竿初釣り。

このところのフライ釣り、川で2度連続ボウズ(1匹もつれない)でした。やはり自然の川は手強い・・。久しぶりに釣れる感触を味わいたいのと、自分のフライロッドでまだ釣り上げていないので何とかしようと、管理釣り場へ行きました。

いつもの安中フィッシングエリアです。ゆっくりとお昼に行きます。

1z1

暖かな日曜日だというのに、相変わらず空いていますね。今日は5~6人というところ。

渓流が解禁になったので、フライマンは川に行ったか。私も鑑札を買いましたが、まだまだ、もうちょっと活性が上がってから川に行きますから・・。

川で2度の釣行で使用しましたが、いまだに1匹も釣っていないロッド「オービス・シルバーラベル・9フィート#4」

1z2

なんとしてもこいつで釣らなければ・・。

いつものように事務所は無人で、管理人が戻ってくるまで釣っていてくださいの札。しばらくしてやってきたので受付で半日券を購入。聞くと12時から17時が半日券だそうです。

インジケータを使ったルースニング。まあ、浮き釣りですな。フライは大き目のマラブーで始める。マラブーリーチ・オリーブ。

1z3

もう、ふっさふっさ。しかしこれがふさふさし過ぎで、沈みが悪い。

さあ、釣れるかな?風も少なく穏やかな天気。

1z4

いつもの流れ込みは先客が2名で行けません。そこでフライ釣りをしている人は結構釣れている。くう、あそこなら私にも。ここはピクリともこない。何かがいかんのだろう。

ならばフライを換える。ペレマラブー・ブラウンペレット#11

1z5

沈みをよくするためにがん玉オモリをつける。ライントラブルが増えるのでやりたくなかったが・・。インジケーター下の長さも調整。

コレがあたった!

1z6

ニジマス・ヒット!しかも3キャスト連続ヒット!うち1匹は足元でばらしましたが。

やはり、色々やってみるものですね。フライ釣りは色々仕掛けを替えてみるのがコツと見た。

今回は、まだ自宅の冷凍庫に前回の虹鱒が残っているので、全てリリース。なので、フライの針のカエシはペンチでつぶしました。いわゆるバーブレスフックです。これなら魚へのダメージが少ないし、針もかんたんに外れる。服に引っ掛けても外せる。

しかし、バラシも多い。ラインを緩めればすぐに外されてしまう。その辺の緊張感も面白い。今回はネットに入れる直前や、ジャンプされた時にばらしたなあ・・。

あと、ネットも使用。たも網です。人間の手や陸地は魚にとって火傷するほど熱いらしいので、触らず、水の中で針を外します。フライを持って上に上げれば外れる。元気に池に戻ってもらう。まあ、また誰かが釣って食べちゃうんだろうけど。

1z7

この手前側は、結構流れがあって、下流までインジケータを流してくれる。丸太の椅子に座ってのんびりと釣る。隣の釣り人まで20メートルは距離あるし・・。フライはアクティブなイメージがあるけど、ここでの釣りはのんびり癒し系。

アタリもとり方がわかってきたぞ。

1z8_2

ぴたっとアワセ。

結局、オービスで3匹釣り上げ2匹バラシ。コレで入魂は完了。次なる竿に釣ってもらう。

最近、ネットオークションでゲットしたセージ。

1z9

「SAGE Launch 480」8フィート#4.

セージの入門ロッド。旧モデルの新品を格安でゲット。この竿の名前の後にスペックが1列に書いてあるのはバリューシリーズというお買い得シリーズ。2列のは高級シリーズ。けど、コレもかなり良い。

さっきのオービスより振動の収束が速い感じ。短いのに良く飛ぶし。オービスも扱いは楽だし、両方良い竿。よかった。

リールは両方同じものをセット。オービスのバテンキル5/6シルバー。重いけど頑丈。

1z10

割とスローな感じでキャストすると良く飛ぶ。バックキャスト時にラインの重みを感じやすいので、初心者に扱いやすいと思う。

1z11

軽いし。カラーもグリーンゴールドでイカス。渓流のドライフライ用に期待。さあ、釣れるかな?

ヒット!

1z12

ひゃー、竿が曲がる~。結構柔らかいや。横走りされて、やり取りが楽しめます。

コレで入魂完了。

1z13

こういう背中や頭が青い虹鱒がいくつか釣れました。ニジマスもいくつか釣ると、グリーンやらブルーやらピンクが濃いものやら色々違うようです。

夕方が迫ると人も帰り始め、静かな安中フィッシンエリア。

1z14

やはりここはフライの方が釣れるようです。この日は、ルアーの方はほとんど釣れていない感じです。

風も止んで凪状態。水面は鏡のよう。

1z15

インジケーターのアタリが取りやすい。ピクッと動いてぴゃっとあわせ。どんぴしゃの連続。バラシも多いけど。フッキングが浅いのかも。セージでは2匹釣って、4匹バラシ。まあ、手元でバレタのはフックを外す手間が掛からずよしとしましょう・・。

遠投してヒットすると、手元まで寄せて来るやり取りがナイス。ラインを手繰る手繰る。で、バラす。

5時納竿。一人で管釣りは初体験でしたが、静寂に包まれ、水面と対峙する心地よさに心が洗われた感じ。充実しました。

梅の咲く界隈。

1z16

近所の実家によって、飼い猫のクーちゃんにも癒されました。穏やかな休日。

「今回学んだこと」

釣れない時は仕掛けを見直す。

ライントラブルが減った。

魚とのやり取りが楽しめるようになった。

魚にダメージの少ないリリースを心がけた。

バーブレスフックは油断するとバレる。

やっぱりクーちゃんはかわいい。

「本日の釣果」

ニジマス5匹(バラシは6匹・・・)

花粉症はそれ程でもなかった。

次回こそは、自然の川で釣り上げたいなあ・・。

|

« アジカン新曲「ソラニン」 | トップページ | モンベル2010年カタログ届く・注目の新製品は? »

釣り・フライ」カテゴリの記事