« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

GW初日

と言ったって、私のGWはカレンダー通りであります。今日休んで明日仕事して5連休です。

7連休の方もいるとかでいいですねエ。私も大きな会社にいた頃は、連休の間の平日は休みでしたね。生産ラインは休んで数日稼動させてまた休んでっていうのより、思い切って連続して止めてしまった方が効率が良いからだそうで。本社も一緒に連休でした。

今は、そんな事も無く、連休あるだけ嬉しいです・・。

大学生の時、年に一度しか出席を取らない教授がいて、その日に出席していないと単位がもらえないという授業。GWの間の授業の日に出席を取りましたよ。あの時は真面目に授業に出てよかったと思ったなあ・・。

今週は仕事で疲れまくったので、単発の休みだって嬉しい。有ると無いとでは大違いです。妻は可哀相に今日は仕事で、早朝に出て行った音を眠りながら微かに聞いて私は朝寝坊。

ゆっくり起きても疲れが取れないなあ・・。正直何もやる気が起きない。暖かそうだから釣りに行くかなあ。けど、あれだけ雨が降ったからきっと烏川や碓氷川は増水してフライは釣れないだろうなあ。天気がよさそうだから洗濯しなくちゃあ、と思ったら雲が拡がって雨に。なんなんだ?

ああ、ボーっとネットやって、TOTOなんか買ったりして。

そうしたらまた晴れて、いいお天気。変な日だ。暖かい風。

このままぐうたらしていてもなあ。16時半ごろ歩いて出掛ける。

近所の田んぼは耕してあるよ。もう田植えの準備かな。

O1

手には釣竿を持つ。最近ネットオークションで中古の竿をまた買ってしまった。

O2

オービスの短めのロッド。小渓流用に。人気が無いのか、かなり安く落札。

近所の碓氷川の川原で、新しいロッドの試投げ。キャスティングの練習をやります。

この向うが川原。

O3

いつもの場所。おおっと、凄い増水ですね。

O4

練習場所の川原が冠水していますよ。こりゃ上流の釣り場も凄い水量ですよ。釣りに行かなくて良かった・・。

水溜りをよけながら、石の上を歩いて水際に辿り着く。

O5

購入した竿。オービスのスーパーファイン。ちょっと昔の竿。7フィート6インチの4番。

O6

今使っているのが8フィートの4番なので6インチ(半フィート)短くなりました。

オービスのこの頃までのロッドは、愛称が付いてるんです。それもまた魅力の一つ。

コレの名前は「ブルックトラウト」

O7

魚の種類ですな。外国のイワナっぽい奴。日本でも日光湯川で釣れますね。いつかは行ってこの竿で釣りたいものです。

ちなみにオービスロッドの愛称つきは、この7フィート半の3番手は「ティペット」。7フィート11インチの4番は有名な「セブンイレブン」。7フィート9インチの5番は「ファーアンドファイン」。8フィート4番の4本継ぎは「タイトループ」8フィート6インチの5番は「ヘンリーズフォーク」、9フィート3インチ5番の「スプリングクリーク」などなど。製造時期によって微妙に番手など仕様が違ったりします。

カラーも渋めで、落ち着いた感じです。

O8

オービスのロッドにはオービスのリール。このロッド、綺麗でした。安く落札できてお買い得。

O9

軽くて振りやすい。短めなんでどうかな?と思いましたが、初心者の私でもループが描けます。今回はリーダーを上手にターンオーバー(ラインから鞭のようにしなってループを描き、リーダーが伸びきった状態でフライを着水)させることを意識。

このロッドはループもタイトで、ターンオーバーさせやすい。ていうか短い振り幅でキャストするようになった。ロッドが短いから出来るようになったのかな?なんかちょっと上手になった気分。距離は出ないけどね・・。けど8フィートと飛距離は変わらないのです。強い横風だったけど、力強くラインが飛んだので負けなかった。

通っている地元のMD川のような小さい川では有効か。距離2~6メートルのキャストがやりやすい。水面から出ている草を目標にしたが、コントロールもついてきたぞ。

あっという間に夕方。

O10

2時間もロッドを振っていました。宅配便で注文したワインが届く時間なので急いで帰り仕度。

ラインスピードの速いキャストが出来るようになったので、ちょっと満足。新しいロッドも気に入りました。このロッドで早く1匹目を釣りたいですね・・。

夕暮れの浅間山。

O11_2

祝日初日はおしまい。

このGW、どんなことしようかなあ?あれもこれも・・・、と考えていたのですが、全部予定で埋まってしまったよ・・。

1~3日は、妻の実家で義母さんの遺品整理と家具の処分や掃除。もう亡くなって1年がたちますから。いい加減やらなくちゃ。なかなか手がつけられないみたいだし。

4~5日は友人と出掛ける予定です。夫婦での旅行は流れましたな。妻は忙しいので次回は夏休みでしょう。

もう初夏の服を出そう。冬物は仕舞おう。この家の掃除もやりたかったが、無理か。

GWは色々ありそうだなあ。

|

2010年4月27日 (火)

極上ロール

ああああ、忙し、忙し、忙し!

もう、無理、無理、無理!

春先って、仕事が忙しいねえ・・。今週から鬼のように仕事が山積み。オマケに今朝、職場に行くと電源トラブルで、サーバーダウン。電源が入っていた機器は殆ど故障。落雷が原因ということになりましたが、雷なんて鳴っていた?不思議・・。で、さらに忙しく。

疲れた疲れた疲れたああ!

そんな時は家事を放り出し、コンビニで好きな物を買って食う、ですね!

けどさあ、最近セブンでアルコールを買うと、レジが「年齢確認をしてください」って喋るじゃない?未成年に酒を売らない為なんだけど、一度も年齢聞かれたことないよね・・。

そりゃ私の体から発する加齢臭と年寄りオーラで、見なくたってわかるんだろうけどさあ、チラッとくらい見てくれてもねえ。

したら、今日新人のバイトギャルが入っていて、レジが喋った瞬間に、ほんの一瞬チラッと見てもらえましたよ!すぐに目をそむけましたけどね・・・。

そんなわけで、疲れを取るならばと甘い物も買ってきました。

「3つのヒミツ!極上ロール」。セブンイレブン・150円。

P1

最近、生ロールケーキって流行ってますよね。あれ高いけど旨いね。最初、沼津で有名なイタリアンロールってのを十数年前に食べたけど、あれは旨いねえ。値段も当時はびっくりしましたが。

で、この極上ロールは150円。高いんだか安いんだかわからないけど、厚さは2センチくらいか?1本に換算すると軽く1000円越えそうですよね。やっぱ高級ロールケーキ。

店頭には

「毎日ひとつひとつ手作りで丁寧に製造している関係で、数量に限りがございます。
品切れする事もございます。ご迷惑をお掛けし、申し訳ございません。」

と書いてあり、購買欲を煽る。そういえば先日は欠品していたか。

3つのヒミツ、がポイントらしいのですが、どんなヒミツなのかは裏面に書いてあった。

P2

ヒミツが何なのか書いたら、もう秘密じゃないだろうがああっ!とお約束のツッコミ。

いただきます。

P3

お、いいね、旨い。

確かにカスタードがアクセントになって、生クリームがコクもあって滑らかでミルキーで真ん中たっぷり入っていていてよろしい。スポンジもきめ細かく、こりゃ高級生ロールケーキの趣。

生ロールは普通は1本で売っているから、一人じゃ食べきれないし日持ちもしない。コレなら一切れだから手軽でいいのでは。高いか安いかはロールケーキへの思い入れ次第でしょう。私は美味しくいただきました。

はあああー、甘い物食べたらちょっと疲れが取れたような・・。

もう寝ましょう、明日のために。早くGW来てえ。

|

2010年4月26日 (月)

過去乗っていた「TIME・VX・ELITE」その3・走った編

昔乗っていたロードバイクのTIMEを振り返るシリーズ。3回目は走行編です。

けど、たいして走っていないんだよね・・。それは、コレ乗っていて遅いのはまずいよね?という感覚が出てしまい、もう一台練習やイベントで遅くても勘弁してもらえそうなバイクを同時期に購入して乗っていたからです。そのバイクもいつか特集します。

さて、購入の翌日、早速試走にチームの皆と走りに行ったようです。

いきなり長瀞ですか。

Q1

といっても本庄のS山さんちから行ったようですね。2003年9月15日のこと。

当時はまだブログなんてやっていなかったから、HPサイトの日記というやつ。画像は1枚のみ、文字数は1000文字までという制約があった!時代だなあ・・。なので記事の内容も散漫です。

楽しい思い出の記事はこちら。

その次は。今では恒例になっています、下仁田ツーリングですね。第1回はTIMEで行っていたとは。

Q2

豪雨の中を走りましたよ。タイヤの中がチャポチャポ音していたもの。新車を雨にさらすとはもったいない。コレ以来、S崎さんに会っていないなあ・・。

この頃は色々走っていたようですが、自転車が既に何台もあったのでTIMEの出番は少なかったようです。

けど、ひとりで碓氷峠を登ったりして、今では考えられないストイックさです。

その後、きっと別の自転車ばかり乗ってTIMEの出番はなし。もったいね~。平地をうろうろしていたと思われますが、特に過去記事が見つかりませんでした。この頃、利根川サイクリングロード方面にかなり行っていましたから。今みたいに高崎~倉賀野~堺町~玉村が完全に1周は出来なかった。未舗装部分が結構あったんですよ。むしろ前橋~渋川方面に行っていたのかも。ああ、伊勢崎から広瀬川沿いに前橋までも良く行っていました。

04年の7月にホイールを交換していますね。マビックのキシリウムSLから、よりヒルクライム向きの「ベロマックス・アセントⅡ」へ。

Q3

かなり軽量なホイールです。当時の記事はこちらです。 ベロマックスなんて今じゃ知っている人は少ないでしょうね。現在はイーストン・ホイールになっていますね、これ。

04年の9月の連休は相当無理をしていますね。ヒルクライムを連戦していた頃なんで。私も痩せていましたし・・。

なんと国道で2番目に標高の高い麦草峠へヒルクライム。標高2127メートルだって・・。

ネガプリントからスキャンしたので画像が悪いんだけど、その時の私。

左がS田さんで右が私。

Q4

コレ、プロフィールに使っている写真だけど、今の自分と別人ですから・・。

Q6

感動のゴール。S田さんは遅いと言いたいわけね・・。

Q5

ここにさらっと書いていますけど・・・。苦しかったはずですよ。小海線の八千穂駅からだから結構距離もあったはず。痩せてるって凄い。しかも前の月には、アンカーのバイクで乗鞍ヒルクライムに参戦して、ゴールの標高は2700メートルでした。あれも辛かった。

で、このときはこの2日後に伊勢崎経由で前橋まで110キロ走行、その翌日に二度上峠に登っているという、乗れていた時期なんですね。

二度上峠からの眺めは素晴らしいのです。

Q7

もうこんなところ自転車で二度と行けない・・。

で、翌週、このTIMEで最初で最後のヒルクライムイベント参戦。

04年9月26日のmt富士ヒルクライムです。

確かコレは第1回大会。ヒルクライムが流行り出した頃です。

無事にゴールです。距離は長いですがそんなに激坂も無いので走れました。むしろスタート地点までがきつかったという・・。

ゴール後の5合目、標高2300メートル。

Q8

その時の参戦記はここですが

全くレポートになっていないなあ、半分作り話。参戦記2も無いし。この頃はでたらめレースレポートが自分の中で流行っていたようです。

ここがピークという感じで、その後はツーリング色を強めました。

TIMEも05年の1月にフレームをY田氏に売却。パーツは次のマシン、デローザに乗せ換えました。

短い運命でしたね。ちょっと私には合わなかったんですよ、感じが。金属のほうが合っているみたいです。

これでTIMEの記事は全ておしまいです。

|

2010年4月25日 (日)

つげ義春と温泉宿

あー、温泉に行きたい。

最近、仕事もバタバタしていて、休日の家の中も突破的に色々あって、なんだか落ち着かないのです。温泉にでも行ってのんびりしたいのですが・・。

先月こんな雑誌を買いました。好きな雑誌の「自遊人」

R1

鄙びた湯宿へ、ということで普通雑誌では紹介されないような渋い温泉宿が掲載されて、うう、行きたいと思ってしまった。

この中で、漫画家のつげ義春氏が作品で紹介されている温泉宿が特集されていました。コレが目を引いてしまった。

つげ義春とは、日本のシュール系漫画の第一人者であります。ちょっと良くわかんない系の不思議な漫画を昔から書いています。「ねじ式」という漫画を結構ご存知じゃないでしょうか?

その方が、昭和40~50年ごろ温泉地へ旅をして、レポートと漫画に描き記しています。この雑誌では、そのつげさんが作品で描いた温泉地の場面が、現在どんな感じになっているかを写真で掲載していたのが面白かった。殆ど今も変わっていない点がね。

つげさんの温泉紀行文は、随分以前に読んでいました。

R2

新潮文庫「貧困旅行記」

冒頭から、九州のファンの女性から手紙をもらい、会いに行きそのまま結婚して九州へ蒸発してしまおうという計画にぶっ飛ぶ。流石はシュール系作家である。

さらに作家生活をやめて、鉱泉宿を始めてしまおうとか(温泉ではなく鉱泉というところが渋い)。

この本、ちょっと変わった旅行記が読みたい方にはお勧めです。

で、漫画のほう。

ねじ式は有名な作品。コレ高校生の時か最初に読んだ時ギャグ漫画かと思った。なかなか笑えるのです。

R3

右のが、また読みたくなって買ってしまった「つげ義春コレクション1・ねじ式/夜が摑む」筑摩書房760円。

ねじ式はわけがわからないけど面白い。江口寿史のパロディーも面白かったけど。後半の夫婦ものシリーズもほのぼのしていて良い。コレは読ませますぞ。シュールだけど。全集買ってみるかなあ。作者は漫画家としての将来を悲観してノイローゼに度々なっていたけど、コレは結構売れいているようなので生活は安泰なのでは?時代がつげさんに追いついてきたのでしょうか?ゲンセンカン主人は群馬の湯宿温泉が舞台になっています。

左のは「リアリズムの宿」双葉社アクションコミックス819円。コレも興味深かった。

「赤い花」は幻想的。「ほんやら洞のべんさん」はこんな宿に泊まってみたい様な。表題作の「リアリズムの宿」は、東北の淋しい宿に泊まってしまう話。オカミさんが寒空の下を客のために買った一杯のイカを鍋に入れて歩く姿が印象的であった。

つげ義春は画が上手い。そう感じました。

こんなのを読んだらますます温泉に行きたくなりました。妻が珍しくGWは仕事が無いと言うので、本日は温泉旅館を予約しようとしましたが・・。空いてはいるのですが、やはり値段が高い!2人で4万円くらいからだもの、無理!

都内のシティーホテルなら半額で結構ゴージャスな部屋に泊まれそうなので、そっちのほうがいいかなあ。

|

2010年4月24日 (土)

角ハイボール

最近、ハイボールが流行らしい。これ。

S1_2 

ハイボールとは、ウィスキーを炭酸で割った奴。焼酎でも炭酸で割ればハイボールって言うらしいけどそれって酎ハイって言ってたよね?日本酒ハイボールとか人気にのっかって色々出てきましたが、私のイメージでハイボールといえば日本のウィスキーの安価なタイプを炭酸で割った物と認識していました。

昔からあるけれど、どっちかと言えばおやじが飲む感じの酒で、下町のバーなんかを想像してしまう。それがどういうわけか、若者も飲むらしい。良く行く居酒屋でもメニューではプッシュしてる。我々親父は普通に頼むけど、若者はお洒落感覚で頼んでいるのでしょうか?

地味な酒だと思う。高級なウィスキーならやっても水割りまででソーダじゃ割らない。ソーダ割ならやっぱバーボン。バーボンソーダなら私も家でやったし。20代後半の時付き合った彼女もバーボンは飲めないけどソーダ割なら飲めると言ってたなあ。

で、買ってきたサントリーの「角ハイボール」

やはりハイボールとは日本のウィスキーをソーダ割りしなくちゃだめです。日本のウィスキーって独特の甘い感じがあるんだよね。

けど、コレ結構すっきりとしています。

レモン風味らしいけど、ベタッとしていないしドライで飲みやすい。この角って所は親父世代には受ける。私なんかはトリス、ホワイト、角の世代じゃ無いんだけどね・・。

アルコールも7%でビールより酔っ払えるし。缶チューハイってどれも結構甘いから、甘くないカクテルっぽいのを飲みたければこれはいいよ。微妙なレシピがあるらしく、家でソーダで割るのとは違うらしい。家でやるときはも少し濃く作っちゃうかな?

昨夜大量に割り引き惣菜を買ってきて一人で飲もうと思ったら男だらけの食事会に誘われ、残ってしまった奴をつまみに飲む。

S2

これはなかなかいいかもしんない。カロリーが書いてないのが気になるのですけど。

こういうのは炭酸買ってきて自分で作るものだったけど、手軽で良いですねえ。

|

2010年4月23日 (金)

ここはドコス?

久しぶりにココスに行ってきた。

高崎のココス。昔からあったよな~、高校生の時にあったんじゃないだろうか?当時はちょっとお洒落なファミレス。

T1

急遽、自転車チーム負け組のミーティングが行われました。

なにやらGWの予定を真面目に立てるのだという。ですからノンアルコールでファミレスなんだそう。

最近皆さん多忙で、なかなかスケジュールが合わなかったらしい。GWは何とかなりそうなので、みんなでどこかへ行こうという感じ。メンバーの仕事が遅くに終わるので、夜の9時集合です。

しかし、メール社会の悲しい罠。M氏が早く来れそうとのことで、じゃあと私も8時半に店内へ。しかしコレが完全な行き違い。私一人で4人分のテーブルにぽつんと待つことに。

やることも無いので、和風ハンバーグセットを頼む。

T2_2

お味噌汁つきの和風セット。ハンバーグが四角。角ばったハンバーグなんて、ウェンディーズのハンバーガーみたい。今は無きウェンディーズは大学生の時よく行った思い出の店。中身の具が選べるのが特徴だったが、私はいつも全部入れ。すると店のおねいさんがマイクに向かって「シングル、エヴリシング」と言うのがなんか恥ずかしかったな・・。

このハンバーグはミディアムレアになっていて、このペレットとか言う石が熱せられているような奴に乗せてさらに焼くのだ。

T3_2

うん、なかなか熱々でよろしい。

結局一人で食べた。ファミレスで一人で食事なんて淋しいよな。

T4

4人掛けのソファに一人きり・・。

しばらくしてみんな揃って、GWの打ち合わせ。結局はキャンプ自転車ツーリングに落ち着いた。昨年は、近所の烏川の川原でホルモン焼いたんだな。あれも良かったけど。

けど、キャンプ場も予約がなあ。なかなか空いているところが無い。いくつかプランが出来て、当日の天気や予約状況で前日に決めるそうです・・。綿密なんだかいい加減なんだかわからない打ち合わせでした。結局どこも行けなかったら、また烏川で焼肉ですよ・・。

みんな予定が一杯入って忙しそうでした。手帳の休日はびっしり予定が入っている。夏の予定まで打ち合わせに入ってしまった・・。

今の私は、全く先の予定がありません。もう、なんか、ここ1年くらいで感覚が変わってしまったんだよ。数年前には沢山予定を入れて充実さを楽しんでいましたが、今はもう予定の無い生活を楽しんでいる。

ゆったりとスローなタイプの生活が今の自分。先の予定は皆無。手帳は真っ白。予定はその日の朝に決める。何か何もしないようなノンビリとした生活が今の自分には合っています。暇ならどっこらしょと釣竿を担いで川に行くような生活。

もう暇で暇で欠伸が出ちゃうような休日が嬉しい・・。何の予定も無く、動き出すのを待つ感覚。

明日はとりあえず洗濯3回、その後のことはそれから考えよう。

|

2010年4月22日 (木)

パウダー250%ハッピーターン

♪ハッピハッピー ハッピターン 素敵~な お~せん~べ~い♪(AKB48「涙サプライズ!」のメロで歌ってね!)

いや、歌わなくてもいいけど・・。「涙サプライズ!」いい歌だよ。ユーチューブでPV見てね。

ハッピーターン、って地味だけど美味しいですよね。あの表面の粉がいい味出しています。昔からあるよねえ、これ。

あの粉、ハッピーパウダーって言うんだってね。

そのハッピーパウダーを従来品の250%に増量(当社比)したスペシャルバージョンを食べてみました。

「パウダー250%ハッピーターン」105円。

U1

妻が買ってきたんですけど。

以前200%モノを出したら好評だったので、250%とさらにパウダーを増量したらしい。

U2

おいしさ超DX級・・。なんかブラックサンダーみたいなノリだなあ。

本体表面の筋もパウダーが付着しやすくする工夫らしい。パウダーポケットと言う。

ちなみにコレは

U3

ハッピー王国のターン王子・・。

しかも中には

U4

ハートハッピーあったらハッピー♪

だって。

無かったよ。どうせ私はハッピーじゃないさ。

では食べてみますか。

おお!流石は250%増量のハッピーパウダー、すっごく粉っぽい。

いっただきまーす。

・・・。

しょっぱっ。

|

2010年4月21日 (水)

さよならルミックス。

愛用のデジカメ、パナソニックのルミックスFX35が壊れてしまった・・。

愛していたのに。

コンパクトで使いやすい奴であった。出かけるときはいつでも首からぶら下げ、自転車のハンドルにごつごつぶつけて傷だらけです。

V1

先日の釣りで、釣った魚を撮影しようとしゃがんだ時に川に水没させてしまったのです。

その時、電源スイッチを入れたのがまずかった。内部から水がびしゃびしゃと出ている時に。どっかがショートしたのだろうか?レンズを出したこの状態で動かなくなった。それから3日。以前も何度か水没させた時があった。温泉の取材で風呂に入りながら水没させた時もあった。しばらく乾かしたらいつもは作動したのに、今回はもうだめです・・。

購入は2008年の5月14日。購入時の記事はこちら。もう2年たったか。それからの私のブログに掲載した画像の98%はこのカメラが撮ってきた。

2年で壊れたのは短命だったか。いや、私は数十台のカメラを所有していましたが、おそらくコレがもっともシャーターを切ったカメラだと思う。

休日に出掛ければ1日50~100カット。平日だってブログ用に10カットは撮る。1万回以上シャッターを切ったのではないでしょうか?デジカメはフィルム時代よりはるかにシャッターを切るので、シャッターユニットの耐久性はかなり上げてるんだろうな。

修理?いや、コレだけぼろぼろに使い込んだから引退かなあ。いくら位で治るのかなあ?

ルミックスの気に入った点。

やはり昔からのカメラ好きにはライカレンズがたまらん。名前だけだろうけど、LEICAと書いてあればときめくんだ。そして超広角25ミリレンズ!

V2

広角レンズでは先進的でした。いまだに25ミリというのは凄いもの。レンズ設計は難しいだろうに。このパースを生かした画像作りは面白い。

しかし、私がルミックスで最も気に入っているのは、あるスイッチです。

この電源オン・オフスイッチがスライド式のところ。

V3

これはいい!最初、私はデジカメを胸ポケットやバックへ無造作に放り込むので、圧迫されても誤動作しないようにこのスライドスイッチのモデルを探したのです。

使ってみて、コレは人間工学的にいいのです。右手で持ったとき、自然にこのスイッチに人差し指の先が引っかかるのです。なので首からカメラを下げた状態で右手で掴む→顔の前にカメラを持ってくる間に人差し指でスイッチオン。という動作が流れるように出来たのです。手元を見ることもなく。他のメーカーはプッシュ式の電源スイッチが殆どですが、それはイマイチメリハリがなく、またスイッチの突起を誤作動防止のためか低く設定してあるのでボタンを探してしまうのです。

オフの時も、カメラを下げながら人差し指で電源を切れます。

そして起動したあと、人差し指をズームレバーの突起に持っていきズーミング。ズームもプッシュ式よりメリハリがあり手元をみないでズーミングできます。

とても感覚的なボタン配置なのです。

背面も同様。

V4

今度は親指で。モードダイヤルはあまり使わないけど、画像再生ボタンもスライド式になっている!握っている状態で親指の先を引っ掛けて再生できる。もう少し液晶寄りのほうが良かったけど、やはり瞬時に操作可能。

スライドスイッチはやはり私には使いやすいのです。コンデジはもともとボタンが小さいので、スライドスイッチのほうが確実に操作できる。そのほか、マクロモードに1発で行けるとか好きだし、十字キーの操作性とか、とても馴染んでいました。

愛着があったよなあ。

今年になって、MTBで山を走行中に前転。液晶画面にひびが入ってしまったのです。

V5

この時に、終わりが近いかなあと思った・・。

でも、こんなに早く別れてしまうとは。この傷だらけの姿。お疲れ様。

V6

実は予備機として、もう一台デジカメを買ってあった。やはり広角レンズと黒ボディーが条件だったのでコレ。

ニコン・クールピクスS610 

V7

28ミリ広角ズームレンズ。しかも天下のニッコールレンズだ!ライカに引けはとらない。

カメラの作りもさすがはカメラメーカーの老舗。細かい部分の処理が良い。

しかし、ややボディーが大きくてね。

いや、それだけじゃない。結局こいつはルミックスに替わることが出来なかったんです。

随分前に、当時既に型落ちで1万円台で買えたクールピクス。北アルプスに予備機として持っていったくらい。

使わない理由は、やはりこの電源スイッチ。

V8

このプッシュ式が馴染めなかった。私は自転車に乗りながら撮影とか、即写性を重んじるので、やはり電源スイッチは手元を見ないで操作できるスライド式がいいんだ!

もう両方とも型遅れで、比較記事を書いても意味は薄いですが、操作性は両メーカーとも変わっていないと思うので、その辺の比較レポートをいつか書いてみようと思います。

ウーン、やはりルミックスが欲しい・・。今度は防水タイプにしようと思ったのですが、ルミックスの防水モデルは電源がプッシュ式ボタンになっていた!どうしてスライド式にしないの~。防水構造じゃ無理か。

修理よりも、型落ちの安いルミックスを探すか。現行のFX60にしようかな?夏のボーナスに期待~。

前日の漫画の画像はクールピクスで撮りましたが、ストロボ調光は流石ニコン、ばっちりです。ルミックスはこの距離だと白とびするので角度をつけて撮影していたから。

物撮ならばニコンか?もう少しクールピクスで様子を見ましょうか・・。

|

2010年4月20日 (火)

週末に読んだマンガ。

土曜日はなんかぐったりしていたので、買っておいたマンガを読みました。

まずは、山岳マンガでおなじみ、「岳」の最新刊11巻。

W1

書店に行くといつの間にか出ている。もう11巻も来たのか。毎回読みきりのストーリーなのに頑張っていると思う。

私を山へと連れて行ってくれた漫画です。この表紙もカッコイイねえ。クライミングギヤがずらりと並ぶ。

今回はレスキューものも多くて、久美ちゃんがメインの話も多くて満足。

この岳も映画化されるそうですねえ。三歩役が小栗旬、久美役が長澤まさみかあ・・。かっこよすぎだ。雪山ロケをやっているそうなので期待しています。

しかし、私のブログで紹介している漫画って、なんか映画&ドラマ化されるよね。ビジュアル化しやすい感じの漫画が好きなのかなあ?

そういえば、以前やっていたブログのここでJINのレビューを書いたとき、まるごと1冊タイムスリップモノの漫画雑誌でも作っちゃえと、色々なタイムスリップ漫画のアイデアを書きました。その中で売れないバンドが戦後にタイムスリップしてビートルズになるってのがあったけど、そんな漫画が連載開始されたよね・・。タイムスリップものならこのヒト的な、かわぐちかいじ氏が描いてます。まあ、タイムスリップ妄想すると良く思いつく話ですが・・。

ソラニンの映画もそこそこ入っているようで良かったですね。この3週間で6位→9位→8位です。3週連続ベストテン入りは素晴らしい。そろそろ観に行くかな・・。

「孤高の人」の9と10巻。

W2

これも山岳漫画。けど話が重くなってるよね。画力で見せる漫画です。最近は心情を画で見せるのに懲りすぎてページ無駄にしすぎ。時間が前後行ったり来たりしすぎでちょっと読みにくいんだな。

原作の小説は読んでないけど、単独行にこだわる主人公。やはり一人がいい、という。私も山に行く時は単独です。だから主人公の気持ちは良くわかる。一人で自分の好きなことをやっているのに、この人いつの間にか有名人になっていたりして。

最初はジャンプ的なウォールクライミングの勝負ものだったのが、段々重厚な話へ。サブキャラが出てきては伏線を貼るのにどっかいっちゃう。14マウンテンの話は盛り上がってたのに他のメンバー全員遭難・・。

これは、圧倒的な画力がウリです。まとめてレビューいつか書きます。

画力の山岳漫画なら元祖はこの人。谷口ジローです。すでに巨匠。

結構昔の漫画「K」です。

W3

この人の精緻な画は素晴らしい。

ヒマラヤにKと呼ばれる伝説のクライマーがいる。困難な氷壁で遭難者を救出するKは、救出依頼者の金ではなく純粋な心にしか動かされないのだ。そしてスーパークライミングでレスキューだ。Kの正体は以前遭難し行方不明の日本人であるという。

谷口ジロー氏の山岳漫画は他にすごいのがあるので、いつかはレビューしたいです。

次は将棋漫画。「3月のライオン」の4巻。

W4

将棋漫画って珍しいよね。麻雀漫画はいっぱいあるのに。ハチクロの作者が青年誌で頑張っている。面白いストーリーでも、なかなか硬派。連載のヤングアニマルは、実はエッチ系の漫画が多い。しかも綺麗なやつじゃなくってヌプヌプッって擬音が出るタイプの・・。その中でこの漫画はエッチが全くない非常に硬派(あのデトロイトメタルシティも主人公が童貞という設定なので露骨なエッチは出てこないヤングアニマルの中では硬派)。

私は囲碁も将棋もわからず、オセロとチェスしか出来ないけど。

ジャンプにヒカルの碁という囲碁の漫画があって、これも好きだったけど。あれは囲碁がわからなくても読めた。っていうか肝心の囲碁の部分には触れず、勝負的な感覚を押し出した。

この3月のライオンもちゃんと将棋はやっていますが、将棋がわからなくても読めるようにしっかりとしたストーリーが付いています。

が、今回は違ったよね。主人公の桐山が教えを請う島田さんが挑む獅子王戦、最後の勝負。「7九角」

この一手があれば、島田さんがこの一手に気づけば・・。その「7九角」に気づいたのは対戦相手の宗谷名人。「美しかったのに」と名人に言わせた一手。そしてもう一人その一手に気づいた桐山。

7九角・・。わかんねーーーっ!その後プロによる解説文も載っていますが、そもそも将棋がわからんのだからワカラナイ。ウーン、残念。この辺がわかればもっと面白いのだろうか?

けど、ヒカルの碁のような読み方をすれば良いのです。作者もその辺は将棋がわからない人がほとんどだろうし、わからなくても面白いような演出なんだろうけど。ちょっとでも将棋がわかればなあ。野球やサッカーの漫画をルール知らないで読む人はあまりいないだろうし。

桐山君がこの先勝負に勝っていく楽しい勝負漫画になることを期待。

ウーン、将棋かあ・・。パソコンが対戦相手になってくれるので覚えてみるかなあ。晩年の趣味はやっぱ将棋か囲碁だよね。ネットで対戦も出来るし。やるか?

|

2010年4月18日 (日)

また釣れますた。

昨日は二日酔いでうんうん言ってましたが、今日は大丈夫。

朝一でフライ釣りの師匠I氏からメールがあり、川に釣りに行くことになりました。3回洗濯をして、さあ出発というところで師匠I氏は都合が悪くなったとのこと。またの機会にお願いします。

ノンビリと昼過ぎに出掛けます。雪解けが入っているだろうし、水温が上がるのを待つ作戦。

前回良い思いをした地元のMD川です。13時釣り開始。

X1

小規模な里川です。釣り人の悲しい習性で、前回釣れたポイントを目指してしまう。しかし、車が止まっていました・・先行者です。

うう、しかも4匹釣れたあのポイントで、二人でじっくり餌釣りをしてますよ。有名ポイントだったのか?それともこのブログを見て・・・?もう無理。下流のポイントへ歩きます。

堰堤が続くポイント。

X2

護岸が切り立っていますが、ちゃんと降りる階段がありました。親切。

X3_2

しかし、堰堤の魚道の縁をそろりそろり歩きます。

X4

左は結構高さがあって落ちたら痛そう。右も落ちたらびっしょりだな。この幅を歩いて降りる。

堰堤の下から狙う。瀬を中心に。

X5

フライは前回釣れたパラシュートアダムス#14。うーん、出ないなあ。

堰堤の下って狙い方がイマイチわからん。

X6

餌釣りならよだれが出そうなナイスポイントですが、ドライフライだと沈んじゃうわ、流されちゃうわ、釣りになりません。堰堤下のプールもルアーだったら狙えるのですが、ドライフライは難しい・・。なんか今回はボウズの予感。

ここは諦め上流へ。堰堤の脇の護岸をやっとの思いでよじ登る。

ススキの枯れ枝でフライが振れない。歩くのも大変。

X7

ここは流れが速すぎます。

橋の側まで来た。すると例のポイントで釣っていた二人が車に戻って帰り支度を始めました。こっちを見ています。よーし、見せてやるぜ。と思ったら後の枝を釣ってカッコワル・・。

手前のチャラ瀬を流す。

X8

パシャ!でたっ!

あああ・・、合わせそこなった。くしょー、釣れるチャンスだったのに~。

しかし、今日もドライに出る可能性があるぞ。

川を渡って結局、前回釣れたあのポイントへ・・。さっきまで二人が粘って釣っていたので、出るのか?いや、餌釣りとフライ釣りは釣れ方が違うんだ~。川にも入っていなかったのできっと出る。

前回よりちょっと水量が多く、フライが早く流れる。

X9

石の向こう、護岸との間。

バシュ、出たけどあわせられず。その後ライズが多発するのにフライに出ない。見切られているのか?

羽虫は小さいのが沢山飛んでいる。ブラウンパラシュート#16に交換。

ポイントの一番上まで攻めるが出ない。ライズは相変わらず多い。

ならば・・。流行のスレた魚ならばコレ的な有名フライ、CDCダン#16に交換。

バシュ。あわせばっちり。

X10

釣れますた~。また小さいけど。15センチちょい。パーマークの薄いタイプのスリムなヤマメ。今回はネットを使用。このサイズじゃあ必要ないけど、リリースまで魚を触らない為に。

やっぱり、フライが自然に流れると出るよ。

CDCダンも噂どおり、素晴らしい。

X11

こういうの。羽がリアル。デリケートなんで、すぐに浮力がなくなってしまう。今回パウダータイプのフロータント(浮力剤)の「ドライシェイク」を初めて使ったけど効果抜群。

水面をリアルに流れていく。石の向こう側を攻めたいので、フライラインを石の上にのっけってポイントに入れる。こうすると石の上からロッドを出しているのと同じになるので、フライがより自然に流れる。効果てきめん~。

バシュ。

パーマークの綺麗なヤマメ。

X12

コレは綺麗。体高があるタイプ。さっきのと2種類のヤマメがいるようです。

コレが釣れたときに川を騒がしてしまったようで、その後は出ない。フライを再びパラシュートアダムスの#16にして攻めるがだめ。

堤防の上から犬の散歩をしている地元のおじさんに「どうだい、出たんかい?」と聞かれたので「2匹釣れました」と指でVサイン。嬉しい瞬間。

その後上流に向かい、堰堤を攻めるがライントラブルでやめる。上流には2人の先行者もいたので、15時納竿です。

しかしこの狭い川に釣り人が多かった。私を含めて7人が400メートルくらいの間にいましたから。烏川からやってきたのかなあ?MD川も休日は混むのですね。

ふー、今回も楽しかった。この川は、次回もう少し短いロッドを使いたいな。実は既に入手・・。

ていうか大きな川に行って大きな魚を狙ってみるんだ~。いつも同じポイントではなあ。魚も小さいし。

「今回のタックル」

ロッド:SAGE Launch480 8フィート 4番

リール:オービスCFOⅡ

ライン:3Mエアセル DT4F リーダー:6X 9フィート

フライ:CDCダン#16

「今回学んだこと」

ドライに適したポイントとフライが投げられるポイントだけを攻めて釣りあがる。

やはり自然にフライが流れないとダメ。

ライズがあって出ない時はフライを変えてみる。

「本日の釣果」

ヤマメ2匹(15センチクラス)

ベストの胸のこういうパットに使ったフライが刺してあります。すぐにフライボックスに仕舞うと、他のフライも一緒にフックが錆びてしまうので、こうして乾かす。

X13

また使えるしね。この4つを今回は使用。左右のボトルはフロータントという浮力剤。左がゲルタイプ、右のはパウダータイプ。

2匹目が釣れた時、写真を撮ろうとして下を向いたとき首から下げたデジカメが水没。しばらく水の中にあったのを気がつかず。動かなくなる。

X14

この状態でうんともすんとも言わない。長年愛用のルミックス。コレでお別れなのか?乾かしてみますが、レンズの中まで水滴が。ダメそう・・。けど、次のデジカメはもう1年前に買ってあるので支障は出ません。

よし、また釣れたので元気出た。

|

2010年4月17日 (土)

大送別会・はやし屋~いっちょう・春の雪。

昨晩は、職場の今度こそ最後の送別会。全部署の転任した方々とお別れする大送別会が、地元安中の磯部温泉「はやし屋」さんで行われました。

大人数で大広間。

Y1

はやし屋さんは、最近職場の大宴会では良く使います。私も過去仕事関係で2度ほど宿泊したことがある、なかなか良い宿です。

平成になって掘られた新源泉100%の風呂があります。詳しく書いた私のはやし屋さん過去記事はこちら。

磯部温泉の中では私はお薦めします。はやし屋さんのHPはこちら。

今回はお風呂には入らず宴会のみです。

Y2

宴会料理はいつもこんな感じですね・・。

先付けは可愛く素朴。

Y3

この辺りの温泉宿のお造りって、刺身こんにゃくが入るんだよね・・。

Y4

海老フライと魚の照り焼きみたいなの。

宴会料理で一番おいしいのは、熱々の茶碗蒸しだったりする。

Y5

あとは豚肉の陶板焼きみたいのがあったな。

ご飯はお釜の中で固形燃料で炊き上がったやつ。五目釜飯だったら良かったのに、白いご飯。この段階で既におかずは食べつくしているんだよね・・。

Y6

漬物でご飯を食べる。なめこ汁とパイナップルつき。

送別会も別れを惜しみながら終了です。外に出ると、なんと雪!かなり降っています。寒いと思ったけど、4月中旬で雪とは。

ここまでお酒を一滴も飲まずに我慢した私は、車にみんなを乗せて2次会場まで運転。スタッドレスタイヤを外さないでいてよかった・・。

次の会場はいつものおなじみ「いっちょう」。

今回は木村さんち。

Y7

ヤングなギャルがすかさず頼んだのがフレンチフライ。

Y8

隣のカナダ人スタッフがフランス語圏出身なので、なんでフレンチフライって言うの?と質問したら、アイドンノーと言われました。アメリカではフリーダムフライと言っていたと説明してもらったが、その理由は私の英語力では半分しかわからなかった(米軍イラク侵攻当時の反フランス運動だったらしい)。

ヒット飲み物はやっぱりハイボールですね。

Y9

〆サバも定番化してきたな。

Y10

ナウでヤングなギャルはなぜか〆サバが好き。

アサリの酒蒸し。

Y11

こりゃなんだ?ぶり大根かな?

Y12

もうこのへんからは酔っ払いモードで良くワカラナイ。カナダ人さんのいう酔っ払いモードは、ドランク<テプシー<スマッシュと3段階あるらしい・・。その先はリバース、とのこと。

甘い物も沢山並んでいた記憶が。

こんなにおっきいの。

Y13

盛り上がって宴会は終了。

外に出てびっくり!もはや大雪に。

Y14

春の積雪は41年ぶりの記録とか。そういえば、小さな子供の頃春に雪が積もって、庭に雪ウサギを作った記憶があります。

雪のいっちょう。

Y15

代行で帰る。代行のおじさんに、高崎でよかったと言われる。山のほうだったらお断りするつもりでしたと。スタッドレスタイヤなんで大丈夫だと言ったけど、乗ってきた車がノーマルタイヤらしい。松井田方面は数センチ積もっているようです。「こんなベンツを滑ってぶつけたら大変だからねえ」ってこれベンツじゃなくてワーゲンですから。

国道にもうっすら雪が積もっていました。

そろそろ、ぽかぽかと春らしくなってね。

|

2010年4月14日 (水)

やたっ!ドライフライで初ヤマメ。

今日は記念すべき日になりましたー。

年度初めの仕事もようやく落ち着き、どうにか片付きました。新しい問題も山積みなんですが・・。午後遅くに、時間休暇が取れました。

ここ数日、仕事や家庭で大変なこともあり、気分転換に川へ行くことにします。釣れなくてもいいから竿を出そうと。

行ったのはMD川。地元の小さな里川で、他県から遠征するような川じゃないです。地元の人が細々と釣っている川。もう夕方なので近いところを選びました。

先日のヤマメ放流日に下見をしたのでポイントはわかっています。あの時のヤマメは残っているかな?3つの橋で放流を確認しましたが、今回は放流日に一番人が少なかった真ん中の橋に行きます。平日だし有名な川じゃないし誰もいない。人家も少ない場所なのでとても静か。

ウェーダーを着て、仕掛けを作って、入渓したのはもう17時。日が沈んでいきます。昨日からの暖かさがまだ残る。水温は高めに感じます。

橋の下からやや上流のこんなポイント。

Z1

小さな堰堤の上、やや流れが穏やかになっていくところ。

ドライフライでやってみます。フライはパラシュートアダムス#14。フライが見やすいのを最優先し選んだパラシュートタイプ。これはフライの上部に垂直に白い羽が立ち上がって視認性が良いのです。その部分は魚には見えませんし。

キャストして流れの真ん中を流す。いきなり魚が出た!一瞬であわせることも出来ませんでした・・・。いる、いるよ!こ、この川、魚がいるよ~!

も、もう一度。けど風が強い。向かい風で下流や手前に戻ってしまう。思っているよりも上流にキャストしてようやく流れに乗る。

パシャ、反射的に合わせる。掛かったどー!ぐぐっと来てぴょーんと魚が飛んできた(笑)。

小せえ・・。

けどヤマメだっ!やったどーーーっ!

Z2

放流サイズですね・・。けど、記念すべき、ドライフライで釣った最初のヤマメです。ドライで釣れたじゃーん。すぐにリリースしてあげます。元気でね。

この川は稚魚放流もやってくれたのね。サイズは小さいけど。以前、地元漁協がMD川は稚魚が大きく育たない(水生昆虫が少ない為)と言っていましたが、ホント小さいね。

いや、大きいのもいるはずじゃ。トライ。

このポイントはフライを流しやすい。すかさず次の場所でも出たが、まだアワセが下手で掛からない。ライズもあるぞ。いるいる。

この石と後の護岸の間を流す。

Z3

パラシュートは姿勢が安定している。流れ方が釣れそうな予感。

ばしゅ。合わせも決まる。

サイズアップ。15センチ越えのキープサイズ。

Z4

パーマークの綺麗なヤマメです。ドライフライの興奮を味わいました。水面を割ってバシャっとでてしゅっとあわせる。バス釣りのトップウォータープラグに出た時 の感動以来。これは面白い。

甘露煮サイズですがリリース。フライフィッシャーマンはキャッチ&リリースですから。もっと大きくなってね。

さらに上流を目指しますが、枯れた葦があってフライを振りにくい。

Z5_2

流れも急でフライがあっという間に流れてしまう。

日が落ちて薄暗くなって来たので、戻ることに。

さっきのポイントで粘ることに。だって何度も出てあわせ損なっているからまだいるはず。

この流れを攻める。

Z6

手前の流れの向こう側。ドラッグが掛かって不自然な動きをフライに与えてしまうと全くヤマメの反応がない。メンディングというラインを上流方向に戻す操作をロッドでして、ナチュラルドリフトという自然な流れをフライにさせる。それが上手くいって流れに乗ると、うおおお、釣れそうな感じ!と思うとほんとに魚が出るから。

あわせも上達。コレも綺麗なヤマメ。

Z7

段々サイズアップしてきた。元気にリリース。

結構暗くなってきた。しかし、このシーズンで夕暮れにドライフライにこんなに反応するんだなあ。サイズ的には先日の放流ヤマメにしては小さいので、放流稚魚が育ってきている。

このポイントで最後にしようと 、さっき釣れたところより上流。この石のすぐ下の護岸寄り。

Z8_3

もう暗くてフライが見え難い。手前の流れにラインが流されないように竿を立てて、1メートル流してキキあわせ。

ぐぐっと来る!おお、ちょいと大きいか?下流に走る。

ちょこっと大きくなりましたね。これは先日放流したヤマメか。

Z9

21センチ。パーマークが消えてきていて銀化?明らかにさっきまでとは違う個体。

コレなら塩焼きも可能ですが、丁寧にリリース。

ふー。ちゃんとしたヤマメがドライフライで釣れましたよ。やはりシーズンに入れば釣れるんだなあ。18時納竿。

ドライフライは面白いです。夏までぼちぼちやっていきましょう。

MD川は地元の里川。この近辺の人ならどこの川だかわかると思いますが、小さな川なので大切に。魚も小さいのでリリースをお願いします。

「今回のタックル」

ロッド:SAGE Launch480 8フィート 4番

リール:オービスCFOⅡ

ライン:3Mエアセル DT4F

フライ:パラシュートアダムス#14

「今回学んだこと」

ドライフライで釣れる感覚がわかった。

フライの流し方はとても重要。

狙ったポイントに根気良くキャスト。

この規模の川が今の私には釣りやすい。

「本日の釣果」

ヤマメ4匹(21センチ、15~16センチ、チビヤマメ)

次回はサイズアップを狙って大きい川に行くか?天気しだいですかね。

やったどー!自然の川でドライフライでヤマメ釣ったどーっ!

明日からの仕事と生活、頑張れそうです。

 

|

2010年4月13日 (火)

いっちょう友の会・歓迎会

  ようやく送別会も一段落。先日、いっちょう友の会では歓迎会。

1a1_2

いつものいっちょう。

1a2_2

今回は他の部署の歓迎会と被ってしまい、新規入会者は1名のみです。今後じゃんじゃん勧誘しますから。

混んでいたので、料理をどんどこ頼む。

1a3_2

大き目の部屋は予約で一杯だったのでこじんまりと。戸塚さん家です。

1a4_3

今回のヒットは、牛肉のたたき。

1a5_2

旨い~。

串焼きは塩で攻める。

1a6_3

定番を一通り頼む。生春巻き、具のない貧乏ヤキソバ、なすの一本漬、きゅうりのたたき、バリバリ伝説サラダなどなど。

さっぱりしたいので冷やしトマト。

1a7_3

赴任してきた新規メンバーはなんと中学生の時の同級生でした。さらにこの日、職場に本部から同級生が仕事でやってきて、さながら同窓会のよう。数年前の中学の同窓会でこの3人は幹事をやったので、縁があるのですね。

コレもうまい。イカのポッポ焼きは柔らかい。

1a8_3

ナイフとフォークでお上品に。

牛肉のたたきサラダ。さっきの牛肉のたたきと何が違うのか?

1a9_4

ゴマドレッシングとなっております。

さらに炭水化物メニューをオーダーするが、この辺りから酩酊状態で何を頼んだのか。

甘い物も相当頼んだが、もう記憶がないよ・・。

いっちょうの夜は更ける。

1a10_2

春に我が事業所に赴任してきたのは若者が多かった。女性も結構いらっしゃる・・・。

是非、いっちょう友の会に入会してもらって、週末は盛り上がっちゃう~。

太るよ・・。

|

2010年4月12日 (月)

過去乗っていた「TIME・VX・ELITE」その2・軽量化編

もう6年も前に乗っていた自転車のTIMEについて書いている記事です。

前回は、カンパ・ケンタウルのトリプル仕様で乗っているところまで書きました。

けど、カーボンにしてはやはり重いし、もっさりとした乗り味だったので、2004年1月、軽量化に着手しました。ええ、おそらく私の人生で最も高価な自転車になってしまったのです。その結果、こんな凄い自転車に乗っていて遅いと恥ずかしいと思い、もう一台実用的なロードを組んでしまい、さらに散財したという・・。

こんな感じ。おそらく当時のロードバイク一般車の中で目一杯やったスペック・・。

1i1

結果、最初は実測8・5kgだったのが、7・4キログラムへと軽量化。今では6キロ台の市販車も珍しくはないですが、04年ごろではかなり軽いバイクです。

当時書いた記事によると、

ますます衰える体力に対抗し、軽量パーツを組み込み大幅な軽量化をしました。カンパニョーロ04レコードのフロント、リヤメカ、シフトレバー、コンパクトドライブFSAカーボン・プロクランク、TA50-34Tチェンリング、04マビック・キシリウムSSC・SLホイール、ミシュランプロライト23Cタイヤ、マビックSSCブレーキキャリパー、ITMミレニアムのハンドル、ステム、シートピラーTIMEインパクトマグペダル、などを装着し、軽量化、剛性をアップしました。その他、エルゴブレイン、TIME製ボトルゲージなど・・・

結局、財布も大幅に軽量化しました・・・。」
とのことです。
さて、財布も軽量化したという、そのスペックは?
まずはコンポ。カンパのケンタウルから当時のトップグレードのレコードへ。
エルゴパワーレバー
ケンタウル(399グラム)→04レコード(324グラム)
1i2
フロントディレーラー
ケンタウル(114グラム)→03レコード(91グラム)
リアディレーラー
コーラス(227グラム)→04レコード(184グラム)
1i3
さらなるカーボン化の進んだ04年度のレコードですが、
リヤディレーラーのプーリーゲージもカーボンとは驚きです。
レバーは無垢のカーボンで、めったなことでは折れないそうですが・・。フロントディレーラーはカーボンブレードの04モデルが間に合わず03になったのが残念です。」
だそうで・・。憧れのレコードですね。まだシマノがアルミにこだわっていた頃。こんなカーボンのレバーやディレーラーはカンパの独壇場でした。スラムも07年頃まではまだ無かったし。
ホイールは当時のマビックの最上級ホイール、キシリウムSSC/SLです。
それまでのカンパ・シロッコの前790グラム・後1040グラムから、前660グラム・後840グラムと大幅に軽量化。ホイールの軽量化は効きます。
キシリウムSL,リムの切削がカッコイイ。
1i4
タイヤもプロライトにして48グラム軽量化。しかし耐パンク性能はぐっと落ちた・・。
ブレーキはかなり軽くなりました。当時の裏技軽量パーツ。
マビックSSCブレーキキャリパー。
1i5
今もあるのかなあ?マビックのブレーキ。マビックは昔コンポをやっていたのでその名残パーツ。箱にはキシリウムブレーキと書いてありました。
ケンタウルのブレーキ376グラムから298グラムに軽量化。板バネを使って当時のレコードブレーキより軽かったそうです。
なかなか効きも良かった記憶があります。
クランクセットは、コンパクトクランクが流行り出して来た頃。コレを使わない手はありません。カンパからはまだ出てなかったかな?けどシマノよりは早かった。だってシマノは、ロード乗りなら普通のダブルが漕げなきゃ、一般ライダーにはトリプルがあるとずっと言い張っていましたから・・。
レコードのカーボンクランクはえらい高かったし。
FSAのカーボンクランクにしました。
1i6
これがかっこよかったんだ。カーボンクランクなんてそんなに無かったし。
FSAカーボンプロエリート。ケンタウルトリプルの730グラムから515グラムへ。
スパイダー部分がカーボンシートを張り合わせて積層部分が見えるのがカッコイイ。
1i7_2
チェンリングも見た目のよさと軽さを求めてTAのゼファーライトに付いていた50×34Tへ。このチェンリングが切削されていてかなりかっこよかった。
BBも裏技でオクタリンク対応のデュラエーストラックのものへ交換。
ペダルはTIME/インパクトマグ。フレームにあわせてTIMEにしましたがこれは失敗。バネ強度をあまり軽く出来ず、キャッチもし難いため、何度も立ちゴケを・・。売ってしまいデュラペダルにしました。
ハンドル周りやシートポストは当時アルミで軽量だったITMのミレニアムへ。
1i8
ITMマンティスに比べたらぐっと軽くなった。
ボトルケージもTIMEの物へ。フレームとデザインが同じでコーディネート。
1i9_2
コレも高かったのよ・・。
この仕様全てで、2002年のツールドフランスに出走した時のボンジュールチームのTIMEとほぼ同スペック。フレームは違うけど。ミーハーな仕様です。
走りは鋭かったですが、ホイールの所為かやや乗り心地が硬かった。カーボンには魔法のじゅうたんのような乗り心地を求めていたので物足りなかった。BB周りも剛性が高く、やや踏み切れなかったし、グミグミしたペダリングの感触も好きになれなかった。やはり軽量バイク、ハンドリングの落ち着きのなさが怖くて、このフレームは翌年売却してしまいました。そして、デローザにパーツを移植。そのデローザはまたいつか書きます。
もうこういったロードバイクは私には乗れないでしょうね・・。
TIMEの最終記事は、こんなバイクでどこを走ったか、走行編を書きます。けど、この頃の私のブログって記事のまとまりが無くって探すのが大変です~。
記事になりそうな物だけ引っ張ってきます。また後日、いつか、です。

|

2010年4月11日 (日)

ヤマメ放流日

今日はドライブです。

高崎郊外の里川では、今季2度目のヤマメ成魚放流日です。この辺りの釣り好きは川へ行きますが、私は釣りません・・。

だって混んでいるんだもの。私の技術では無理。釣り人をフラインラインでぐるぐる巻きにしてしまうかもしれないと思うと、とてもじゃないのです。餌釣り師にフルボッコされる前に止めておきます。まあ、後日残っているヤマメを釣りに行きたいので様子見に出掛けます。

ゆっくり起きて洗濯3回やってもう午後2時過ぎ。以前ブロンプトンで行った、烏川の水沼橋の上流堰堤。いるね~。

1b1

今回は駐車スペースも丸わかりです。おオ~、そんなところに駐車するんだね。なるほど・・。いい勉強になりました。釣り師も色々考えている。今後はコレでオッケー、気軽に行けるぜ。

橋から見下ろすと、流れの中に放流ヤマメがよたよたと泳いでいます。

1b2

右側のおじさんの餌にヤマメが食いつく瞬間を見た。おお、ああやって食いつくのか~。しかし、バラしていたけどね。

下流側も混雑。

1b3

倉渕は花盛りです。

1b4

下流の相吉橋も見てきましたが、ここも駐車方法がわかったぞ。皆凄いところに停めるのね。ここではルアーマンがいましたね。フライマンは烏川にはいなかったか。やはりドライフライじゃ放流日は無理があるか・・。

地蔵峠を登って安中側に移動。久しぶりに地蔵峠を車で越えたけど、昔は自転車でトレーニングをここでしていた。良く登れたよなあ。40歳のころは若かったのです。

さて、MD川です。ここはあんまり人もいないか。既にこの時間では釣れている気配はなし。

1b5

ここは職場からも近いので、早く仕事が上がれたら来よう。

碓氷川へ移動。今回は西尾橋近辺のみの放流。

1b6

アクセスがよいので結構人が釣っています。なかなか釣れているみたいですね。

目の前でルアーマンが1匹釣りました。ルアーで釣れるんだなあ。フライマンもいたけど、ドライじゃなくてウェットフライでやっていました。水中にフライを沈めて引っ張る感じ。

私、最近目が悪くなってフライが見えないので、ウェットの方がいいのかもしれないなあ。今度やってみましょう。

この辺りも休日に、ピンポイントに狙うのがいいかも。家から車で40分くらいの場所にコレだけ釣り場があるんだから、恵まれているなあ。もう少し暖かくなったら、竿を担いで出掛けましょう。

帰宅したら、雨が降ったのでベランダの洗濯物がびっしょりでしたよ・・。

|

2010年4月10日 (土)

妻とお散歩・堤防の桜並木

暖かな春の日。

午後、妻と散歩に出掛けました。物凄く久しぶりの散歩。

先日の梅まつりのデートといい、最近妻との仲が良くなってきました。ずっと冷え切っていましたが、私が休日に自転車などで一日出かけることが少なくなったからかな?一人出掛ける時も半日くらいだし。

満開の桜を見に、近所の堤防に行きます。

家の周りは畑が多い。ネギボウズがかわいい。

1c1

こういうのを見て、二人でかわいいと愛でる感覚。心が近づいてきたかな?

しばらく歩いて、碓氷川の堤防に出ます。

1c2

午後から雲が出て、まさしく花曇。

高崎の桜は今が満開。

1c3

碓氷川の八千代橋から和田橋の間の堤防は、隠れた桜の名所です。

1c4

高崎公園や観音山が有名ですが、ここも見事。

1c5

その割に人が少ないので、桜の木の下はまだ場所が空いています。桜の木ひとつおきにシートが敷かれて宴会の感じ。グループでのんびりと花見が出来るでしょう。

堤防の位置が高いので、桜の花が近いのです。妻と手をつないでゆっくりと桜を見ながら堤防を歩きます。幸せなのかもね・・。

和田橋の手前で堤防を下りる。甘いものでも欲しいので、以前行ったことのあるコーヒーショップに行くことにします。

路地を歩く。途中、中古車屋さんにあったトヨタの逆輸入ピックアップ。

1c6

でかいねえ~。

路地を観音山のほうに行くと、小さなコーヒーショップ。

ビショップコーヒー八千代店。

1c7

コーヒー豆通販専門店の直営店。

お店のHPはこちら。

テイクアウトがメインなんだろうけど、ソファーの4席とカウンター3席がある小さなお店。赤色内装のPOPなお店。結構賑わっています。以前夏に来た時はケーキとクレープをテイクアウト。

地元の小学生が400円くらいのドリンクを平気で頼んでいるんだけど、お小遣いいくらなの?

ソファー席は軽自動車で乗りつけた女子大生4名で賑やか。店はおねいさん一人で切り盛りしているので大変そう。コーヒー系ドリンクとクレープがメインです。

われわれは窓際のカウンターに座る。妻は、キャラメルプリンクレープを頼む。

1c8

なんとプッチンプリンが丸ごと入っている豪快クレープ。

私はアイス・ラテ。

1c9

ソファの女子大生たちは他愛のない会話で盛り上がって、突然じゃあ帰ろっかと出て行ってしまい、いきなりな行動に驚いた。

雑誌を二人で読む。

1c10

大きな窓から外が見えるが、結構人が覗いて行く。興味があるのだろうが、店が小さいので躊躇するのかそのまま通り過ぎる人が多い。それでも入れ替わり人が来店して、落ちつかないので出ることにします。

高崎高校の前を通って帰り道。近所の蕎麦屋さんの看板。

1c11

ハッスル餃子の店。食べたいなあ!どんなんだろう?餃子を食べるとハッスルする?作っている人がハッスルしてるの?蕎麦屋なのに何故。

この看板気がつかなかった。やっぱ歩いてみると、こんな近所でも新しい発見がありますね。

良く歩いた~。妻と二人で仲良くお散歩。桜が綺麗でした。

こんな平和が、ずっと続くといいね。

|

2010年4月 8日 (木)

とんかつ幸楽

まだまだ続くよ送別会。今回も安中のお店です。

「安中グルメ友の会」ならば抑えておきたいのがこの「とんかつ幸楽」さん。

1e1

安中は原市の国道18号沿いにあります。以前このブログでレポートしたラーメン屋さん「あってり麺こうじ」のお隣です。

昔から安中でトンカツならばこの店でした。以前はもう少し西に普通の街のトンカツやさんという感じで存在していましたが、数年前にこの建物に移転。それ以来、なかなか凝った創作料理の店になっています。

トンカツ関係のメニューは豊富。

1e2

一緒に行った方に聞けば「チーズ北京ミルフィーユカツ」がお勧めだそうですが、どんなもの?

お店のHPのこちらにメニューがありますが 薄切り肉を積層状態にしてオリジナルガーリック辛子味噌を入れたものらしい。

そのほか創作系カツがいっぱい・・。お値段はやや張りますが、その分いい肉を使っているのかな?特醸ロースカツ、なんてのは玄人向きって書いてあるけどどんな玄人?

今回われわれは、送別会ということでそういう定食ではなく、会食のコース料理です。予約して3000円のコースです。お昼時に行ったので結構贅沢なランチ。仲間の送別会だからね。

お品書き。

1e3 

まずは前菜。ままかり、たこわさ、海老カブトの塩焼き。

1e4

お酒飲みたい感じですが、お昼なんで我慢・・。

モモ肉のカルパッチョ。

1e5

薄切りの柔らかいモモ肉が5~6枚カルパッチョ風に。コレだけでご飯くれって感じに。

天使の海老マリネ。

1e6

ぶりぶりの海老。あの~、ここはトンカツ屋さんですよね?意外な展開に。ビールが欲しい!

海老チリソース。

1e7

大ぶりの海老。思いも寄らぬ海老づくしの様相。とんかつはいつ出るのか~?

ここで全員が辛抱たまらずライスを頼んでしまったーっ!だってこのチリソースでご飯が食べられちゃう。コレが結果的に悲劇を・・。

豚バラ肉の海老牛蒡巻き煮込みときのこのソテー。

1e8

こ、コレがメインっぽいぞ。こいつは旨い。柔らかい肉でまたもや海老と食感のいいゴボウを巻き込んだ。ソースも本格的です。流石に肉の使い方が上手。これはボリュームあるぞ~。ワインが欲しい・・。

ここまで、トンカツ屋さんのコースとは思えない展開です。

この段階でお腹いっぱいなんですけど。さてデザートか?

いやコレがメインだ。カキフライと醸熟ヒレカツ。

1e9

うおーいっ!ここで揚げ物かよっ。しかもカキフライがでかい。ヒレカツと同じサイズだ。生食用の大きめ岩ガキを揚げてしまったのか?こんな大きなカキフライは初めて。

むう・・、全員カツまで辿り着けなかったよ・・。お腹いっぱいで。ライスが余分だったか。

皆さん、お店からパックを頂いて、カキフライとヒレカツときゃべつはお持ち帰りになりました~。帰宅してコレだけで夕食になりましたよ。このヒレカツ旨い!ぶ厚く旨みたっぷり。やっぱここはトンカツ屋さんだよ~。

とんかつ食べに行ってトンカツが食べられなかったなんて・・。前のお皿がボリュームありすぎでした。普通のおかずサイズのお皿だもの。サービス旺盛なお店です。

次回はちゃんとトンカツを食べに来ようと皆で誓いました。マスターも気さくな方でした。ここはやっぱり夜に飲みに来たいなあ。

1e10

とんかつ幸楽。トンカツのレベルはかなり高そうです。創作トンカツメニューも楽しめます。高崎・安中エリアのトンカツ好きな方なら是非。

|

2010年4月 7日 (水)

桜満開なう。

桜満開だよ 満開だよ桜。

1f1_2

やっと群馬も桜が満開です。

桜の花って凄いよね。大きな木が花だらけだよ。ずっと裸んぼうだったのに、どっからこのエネルギーが出るんだろう?

溜めて溜めて溜めて、一気に出す!みたいな。気持ちいいんだろうなあ、こいつ・・・。

職場には樹齢数十年の大きな桜の木が7~8本あります。

こいつはその中でも最大のもの。2本の樹が合体した巨木。

1f2

あああああ 太いよ桜太いよ。

この樹が野原の真ん中にぽつんと立っていたら、名前と柵がついてカメラマンが取り囲んでいそうな巨木。

なのに、事業所の建物に挟まれて目立たない・・。隣のビルの方がでかいからぱっと見大きくない。

群馬の巨木桜500選があったらランクインすると思う。

一般の人は立ち入れないから、見る人も少ない。お花見も出来ない。職場の人も興味が無い。凄い桜の木ということは誰も知らない・・。私だけ褒めてあげる。

一つ一つの花はとてもかわいい。まだちょっと蕾があるかな。

1f3

桜の花びらは、満開の盛りになるまで必死でしがみついているそうです。なるほど、風が吹いてもハラリとも散らない。ひとひらさえも。

首ごと花がぽとりと落ちているけど、あれはスズメちゃんがくちばしで折って、中の甘い汁をチューチューしているらしい。

盛りを過ぎるとそれこそ花吹雪。今週末は舞い散る桜が楽しめるかな。

学生の時、桜上水というところの安アパートに住んでいた。彼女と団地の桜並木で舞い散る花びらの中、背中を見送り別れてしまったあの夜の事は、ずっと忘れない。

1f4

大きな桜の樹。これで一本の木だよ。もうごちゃごちゃ。

昨日の暖かさで一気に咲いた。今日は花冷えの曇り空の下で咲き誇る。

それにしても、4月に入って忙しい毎日です。お花見したいね。

|

2010年4月 5日 (月)

関所食堂再び・関所ラーメン。

職場で誕生した「安中グルメ友の会」。群馬県安中市内の評判の店を食べに行こうと発足。

先日私が休暇を取っている日に、あの板鼻館のタルタルソースカツ丼を食べに行ったようで、悔しい思い。今回は、やはり安中グルメを語る上で外せない、横川の関所食堂に会員皆で行きました。

相変わらず渋い店構え。

1g1

横川駅を過ぎて旧道沿い。車だったら通り過ぎてしまうような普通の食堂です。ここが地元では評判の店。

手前のガソリンスタンド跡地に駐車していざ。いつものおとなしい犬が出迎え。こいつは寝ている時のほうが多い。

この暖簾の脱力感もいい。

1g2

今回は、ややお昼過ぎに行ったので、結構空いていました。ピーク時には待つことも。

日が差し込む店内。他のお客がいないので、久しぶりに落ち着いて食べられそう。人数が多いので座敷へ。

1g3

ここは、昔ながらの中華ソバといった普通のラーメンがまずはお薦め。まさに王道の懐かしい味。

そしてチャーハンが絶品。イマドキのぱらっとしたやつじゃなく、しっとりと旨みをのっけたチャーハンです。両方量は少なめなので食いしん坊男子なら同時オーダー。料金は贅沢になりますけど。

以前それを食べた時のレポートはこちら。

今回は違うのを頼もう・・・。

そうじゃ、ここの看板ラーメン「関所ラーメン」をオーダー。

1g4

関所ラーメン 650円。

とろみのある野菜炒めの入った醤油ラーメンです。

うまっ!

こりゃいい。トロッとした野菜あんが香ばしく、野菜の甘みが出て旨い。普通のラーメンのあっさり感もよいが、関所ラーメンのコクのある感じもよし。あんのおかげで熱々なのも嬉しい。

ここは色々なメニューを食べてみたくなりました。安中グルメの会としては全メニューを制覇しなければ。

関所食堂。昔ながらのラーメンをお探しなら是非。平打ち麺で柔らかめの茹でです。柔らかい麺がお嫌いでなければお薦め。バリかための麺がお好きな方には合わないと思いますが、懐かしい味に出会いたい方なら気に入ってもらえると思います。

帰りも犬が・・。

1g5

犬小屋でグーグー寝ていたくせに、出て来てお見送りしてくれました。

 

|

2010年4月 4日 (日)

ダメダメな日曜日。

今朝はいい天気だ。

鳥の声が綺麗に響いていました。妻とのんびりと遅めの朝食をとりながら、鳥の声に誘われるように、ランチは散歩がてら桜を見つつ近所のカフェなんぞでどう?みたいな感じになりました。久しぶりに平和な休日の朝。

午後遅くから妻は休日出勤の仕事だそうなので、じゃあ午後は釣りでも行けるかなと、洗濯を始めました。

そこへ、姉からのメール・・。

実家の両親が、テレビの音量をめぐって喧嘩しているので助けて欲しいとのこと。

はあ?

実家では姉が両親の介護をして下さっていて、大変助かっています。私は何も出来ないので、経済的な援助だけです。

洗濯が終わって実家に行ってみる。

最近母も耳が遠くなって、テレビの音量が大きくなってしまったようです。人間歳を取ると子供のようになるとは本当で、つまらんことでいざこざが起きます。

ならば母のベットの側に小型の液晶テレビでも設置すれば良いのではないかということで、姉とヤマダ電機に行って購入。

シャープのアクオス。ベットサイドに丁度良い20型。

1h1

うちは妻の方針で全く家電は買わない。壊れるまで使うのが彼女のポリシー。家の家電は10年前結婚した当時のものばかり。使用頻度が少ないので壊れない。テレビは週に3時間くらいしか見ないから・・。けど、もうすぐアナログ放送終わるよ。ヤマダ行って、液晶テレビ意外に安かったなあ。すぐに買えそうなんだけど、妻はダメって言うんだろうなあ。私より収入が良くて全くお金を使わない妻は、貯金して何をしたいのだろうか?

ヤマダはまた安くなったね。モノによってはポイント制止めて値引きになった。コレも最初7万なにがしが5万円になったもの・・。

初めてエコポイントというのをもらったが、申請がめんどいね・・。それで何がもらえるの?あんまり興味がないよ。その分もっと値引きしてくれよ~。

配線して設置する。

1h2

地デジは良く映るね。タイムラグも以前のより速くなったね。ハイビジョン対応だから長く使えるね。

あの突っ込むカードは何の意味があるのだろう?登録するとNHKがBSの集金に飛んでくる仕掛けなのかな?

チャンネルの設定なんかはテレビが自動でやってくれるから、セッティングは非常に楽ですね。上手に出来ていますよ、今の家電は。

コレでお母さん、丁度良い音量で見てくださいね。

3時ごろ自宅に戻ったら、妻は仕事に出掛けるところ。ケンタッキーを買って帰ったのだがいらないと言う。

一人で淋しく食べる。

高崎は鉛色の曇天。風が冷たい。釣りも無理っぽい。

仕方ないのでネットを見る。

この前にある自転車の記事を書く。ずっと書こうと思っていた記事なので書いた。結構時間がかかった。

気がついたら夜の8時だった。

コンビニまで歩いていく。運動していないから。

そうだ桜はどうだろう?と堤防まで行く。夜桜が綺麗だといいな。

1h3

まだ全然咲いていない。1~2分咲きというところか。見ごろは今週末でしょう。

ああ・・。

ランチはどうなったのだろうか?何もかもおかしくなった日曜日・・。

老人は子供に還る。介護は大変だ。姉の苦労が良くわかる。これからはこんな事ばかり起こるのだろう。年老いた親がいるということはこういうことなんだ。

私もこうやって歳を取ると、自由がどんどん効かなくなる。もう少し歳を取るとまた自由になるんだろうけど、今が一番不自由かもしれないな。これから数年は大変なんだろうな。今までみたいに勝手気ままには行かないのかなあ・・。

事業に成功した中学の同級生が地元の新聞に大きく出ていた。私はこうなれなかった。けど、なりたくもないや。

職場ではこのところ依頼される仕事ばかり。頼まれて頼まれて。人に名前ばかり呼ばれて。そういえば人に仕事を頼むことって殆どないや。頼まれるのが私の仕事。自分の仕事も山ほどあるのになあ。それで休日も実家から頼まれる。あとは妻が何か頼んできたら、もうパンクするだろうな。疲れたなあ。

ぶつぶつ独り言を言いながら、真っ暗な道を歩いて自宅に戻る。

妻が帰ってきた。

彼女はケンタッキーのセットを温め直して食べている。

そんな日曜日。

そろそろ、みんな放り出して旅に出るかなあ。

|

過去乗っていた「TIME・VX・ELITE」その1・購入編。

昔乗っていたロードバイクシリーズを開始します。

その頃やっていたホームページをそろそろ閉じようと思っているので、資料的にこのブログに移そうと思いまして。もう既に手元には無い自転車達です。

まずは、2003年という7年も前に購入したカーボンバイクです。

TIME・VX・ELITE

1j1

うわ、赤い自転車なんて乗っていたんだ。あの頃私は若かった・・。

なんとトリプルであります。いや、当時はコンパクトクランクなんて殆どなかった。まだロードは52×39Tが主流の時代。私は非力なんで・・。ロングライドなんて言葉がまだなくて、長距離イベントはブルペとか海外のセンチュリーライドと呼ばれるもの。それに参加する人がTIMEにトリプルを装着していたので真似してみたのです。

自転車チームを立ち上げ本格的に走ろうとしていた頃です。2003年9月14日納車とあります。その頃は、クロモリのハードテイルMTBに乗っていて、アルミのTREKのロードバイクを手放し、次がいきなりカーボン。

まだ2003年なんてカーボンバイクは主流じゃなかった。アルミやカーボンバックを一般のライダーは乗っていた。デダッチャイのSC61・10AやU2なんていう体重制限があるみたいなペナペナに薄いアルミ(スカンジウム)フレームが最高峰であった。パンター二の乗っていたカレラはかっこよかった・・。

カーボンは高価であったが、今に比べれば圧倒的に安かった!今ではTIMEは目が出る程高価ですが、確かこのフレームは24万円くらいだったのでは。充分高価でしたけどね当時。私もあの頃はお金があったのよ・・。

で、私はTREKのアルミフレームで乗り心地の悪さに閉口していたので、乗り心地を重視。またクロモリの細身なフレームが好きであった。このTIMEはとても細身であったのだ。しかもサイスポ誌上では絶賛されていたので、店で勧められて購入。

1j10

とても初期のTIMEなのです。

継ぎ目の見えない美しいフレームは一見モノコックに見えますが、カーボンパイプをアルミラグで継いだもの。

1j2

この辺の処理は美しい。

リアステー周りはラグがわかる処理。

1j9

パイプは潰してあったり膨らんでいたりで真円の部分がないほどの懲りよう。それで剛性や振動吸収性をコントロールしているらしい。

カーボン繊維から自社で作るのがTIME。繊維の模様は結構ワイルドでかっこよかった。ダウンチューブもぱっと見細いが、扁平され幅広い。

1j3

カーボンでも丸パイプを継いだものがある中、TIMEの造形は凄かったと思う。

当時のTIMEカーボンバイクの事を書いた私の文章。

疲れずに楽にそこそこ速く走るために、軽量で、振動吸収性が高い、カーボンフレームを選びました。

TIMEはビンディングペダルで有名ですが、最近ではカーボンフォーク、カーボンバックの人気が高く、それだけで十分商売になり、また納入先のフレームメーカーとの摩擦を避けるため、一時期製造していたフレームの販売を中止していました。2001年、実験的に作成したフレームを地元フランスのボンジュールチームに供給し、ツールドフランスに参戦。そのフレームを2002年ボンジュールレプリカとして少量限定販売しました。翌年VXプロとしてようやくレギュラー販売となり、2003年ツールドフランスでは、クイックステップ(旧マペイ)チームにもフレームを供給し、ビランク選手が山岳賞を獲得しました。
カーボン素材から製造するメーカーらしく、部分ごとに太さ厚みを変え、ベクトランという振動吸収素材を配合し個性を出しています。
このフレームはVXエリートで、フレーム設計はそのままに素材を変えて、VXプロより剛性を15%落とし、私のような非力なライダーにも乗りやすくなっています。」
だそうで。TIMEが本格的にカーボンフレームを出した2番目のモデルなのね。
カーボンフォークはどういうわけか、TIMEの一番いいグレードのアヴァンスティフというのがついて来た。本来はVXプロについてくるフォーク。
1j4
TIMEのフォークも優秀。相当軽かった。カレラとかに供給していた。
前から見るとバックステーみたいにうねっていた。当時こういうのはあまりなかったよなあ。
1j5
リアバックステーもうねって振動吸収よさそう。
1j6
タイヤはミシュランのアイアンマン。今もこれあるのかな?
ここでスペック一覧。カンパニョーロで組んでいたのだ・・。10速。当時シマノは9速。しかし軽いギヤだなあ・・。
フレーム:TIME VXエリート 510ミリ(ホリゾンタル)
フロントディレーラー:カンパニョーロ・ケンタウル
リヤディレーラー:カンパニョーロ・コーラス
クランクセット:カンパニョーロ・ケンタウルトリプル50×40×30T
ブレーキシフトレバー:カンパニョーロ・ケンタウル
ブレーキ:カンパニョーロ・ケンタウル
スプロケット:カンパニョーロ・ケンタウル10S/13-29T
ヘッドパーツ:カンパニョーロ・コーラス
ホイール:カンパニョーロ・シロッコ
タイヤ:ミシュラン・アイアンマン700C×23
ハンドル:ITM・マンティス
ステム:ITM・マンティス
サドル:セライタリア・フライト・ジェルフロウ
シートポスト:TNIカーボン
ペダル:シマノPDA515
バーテープ:シルバ
重量:実測8・5キログラム(ペダル込み)
カーボンという割りに軽くはないですけど、今みたいに7キロが当たり前の時代とは違うから・・。
で、やはり重かったらしく、徐々に軽量化。
ペダルのSPDをエッグビーターに変えた。コレは懐かしい。
1j7
これってMTB用だったような・・。泥つまりしないという。軽かった。ただ見た目が変なのと、踏み面が細くて棒に足を乗っけているみたいで靴底に違和感あり。結局TIMEのロードペダルに変えました。
サドルはコレ。
1j8
穴あきサドルは快適で、しばらくコレを愛用していました。
肝心の乗り心地ですが、当時の私が語った内容は・・・。
「まず、乗ってみた感想です。
アルミのゴツゴツ感が大嫌いなので、その滑らかな走りには感動しました。
間に何か緩衝材が挟まっているかのように、路面の衝撃をやわらげてくれます。
手のひらやお尻にショックが来ません。連続する細かい凹凸は結構拾いますが。
加速が鋭い。まったり走行からちょいとパワーをかければあっという間にトップスピードに。スピード感が希薄。下りで自分が思っている以上にスピードが出ています。
登坂も楽になりました、軽いギヤをくるくる回してもよし、立ち漕ぎでもパワーが逃げずに上りやすいのです。
ブレーキもびっくりするほど良く効きます。
変速能力も思った以上に良いです。コツが必要ですが、かっちり決まります。
シマノのようにブレーキレバーが動かないのはグリップがぐらつかずにいい。
ブラケットも握る部分が細くえぐれていて、手の小さい私でも握りやすく、ブレーキもかけやすい。シマノでは手のひらが痛くなりましたが、カンパは安定して握れて痛くならないし疲れません。私には相性がいいようです。シフトアップボタンの位置も適切で、やや固いですが気持ちよくシフトできます。かなりのワイドレシオでチェーンラインは無理をしていますが、フロント固定で、リヤ変速のみのルーズな走りにも思った以上に対応してくれます。」
だそうです。
ほんとかよ・・。結局、思っていた以上ごつごつしたんですよね。カーボンてもっと乗り心地いいと思ったのですが。ちょっとハンドリングにナーバスな感じがあってね。結局手放しちゃったんですけど。
当時は、レーパンにヘルメット姿でどこかに行くと「競輪選手ですか?」と言われるほどロードバイクは走っていなかった、このあたりでは。こんな太った選手がいるか!
で、このスペックでは満足せずに、TIMEは軽量化するわけです。カンパ・レコード化だよ!6~7年前は自転車に夢中だったのだなあ。お金もあったなあ・・。
改造記は、また後日書きます。いつか。

|

2010年4月 3日 (土)

烏川渓流釣り場巡り・ブロンプトン散ポタ

寒いいいっ!4月だというのに、午後から強い風が吹き始め、寒いよ。こりゃ春じゃないよ・・。

これじゃあ釣りに行っても釣れないし、釣り難い。ブロンプトンを車に積んで、今後通うであろう高崎郊外の倉渕辺りの烏川へ、ヤマメポイントを見に行きます。高校野球の決勝をTVで観てから出発。もう夕方だよ・・。

愛車ポロの小さなトランクにもすっぽりと収まる、かわいいブロンプトンです。

1k1

ただトノカバーはこの位置に持ち上がってしまい、後方視界が悪くなるので外す。

車を30分ほど走らせ、倉渕の三の倉辺りを重点的に調査。渓流釣りは山の中ならそうでもないけどこういう里川では駐車スペースを探すのが大変。それをまず探す。

先月釣りに入った橋よりもう一つ下流の橋。水沼橋に到着。橋の周りに駐車スペースがないので、ちょっと先の路肩の広いところに駐車。ブロンプトンを下ろし、走り出します。

1k2

水沼橋から上流方面。風が冷たい!ダウンジャケットを着込む。コレで4月かよ・・。

いい感じの堰堤が橋のすぐ上流にあります。

1k12

ここは放流ポイントでしょう。解禁直後は混んでいましたから。

噂によると今のところ烏川の釣果は良くないみたい・・。水温は低いし、こう見ると水量がかなり多い。このところ雨が続いたけど、この川の上流は雪山になっていたから雪解け水が出てるのでしょうか?烏川は雪代が出ないので早春でも釣りになるのですが・・。今年はどうも、春の訪れが遅いようですね。

水沼橋下流方面。

1k3

葦が枯れているうちが釣りやすそうだけど、魚が出なくちゃねえ。フライキャスティングの技術がまだ未熟なので、こういう大きな流れは苦手です。

下流方面へ少しブロンプトンを走らせる。追い風で楽ちん。途中、広場に駐車して準備するフライマンに遭遇。ほっほ~う・・。ここに車を停めればいいのね。やはりこうやって探さなくちゃダメなのね。車載ブロンプトンはこうした探索にも効果を発揮します。フライマンさん、この風と寒さの中でチャレンジするのだから腕に覚えがあるに違いない。私は無理!

橋から上流へは立派なサイクリングロードが整備されています。

1k4

このサイクリングロードは車も通れるみたいだけど、周囲に駐車スペースは全くなし。

自転車道はこの辺りは両岸、この先通学道路なのか倉渕中学を中心に上流に向かって左側にあります。このまま高崎市街まで続いてくれると楽しいサイクリングが出来そうだけど、この辺りだけのスポット道路です。

しかし、風が酷い向かい風だ!全く進まない。嫌になって引き返す。下流へは追い風で漕がなくても進む。そんな下り坂でもないのに凄いスピード。原付バイクに乗っているような感覚で楽しい~。車に戻って次のポイントへ。

下流へ行く。国道からかなり狭い道を下る。相吉橋です。上流を望む。

1k5

この先は人気スポットのようで、ネットで釣りレポートを読みますが、この橋の周りには全く駐車スペースが無いよ・・。皆どこに駐車しているんだ?ブロンプトンで川沿いの細い道を走る。ちょっと駐車できそうな場所もあったけど、田んぼの脇ばかりなので農作業が始まったらダメですね。ここは違う場所から釣り上がって来るんだろうな。

相吉橋下の落ち込み。

1k6

ちょっといい感じかな?

さて、さらに下流へ車を走らせます。

榛名川の合流地点に、ちょっとした無料駐車場があります。

1k7

今回の駐車スペースで唯一堂々と停められるスペース。ふるさと物産店、公衆トイレがあります。側には評判のお蕎麦屋さんもあります。

実は烏川よりもそそった川がコレ、榛名川です。

1k8

このくらいの水量の川が今の私向きです・・。ヤマメはいるそうです。

少し先の落合橋までブロンプトンで行く。

落合橋(烏川橋)から上流方面。

1k9

ここは6月以降は鮎の釣り場として賑わうようですが、ヤマメも放流される。橋のたもとに駐車スペースがありますが、大抵誰かが停めていますね。そんな時は、さっきの駐車場から歩いてきてもいいかな。

この水量だと、私はもう怖いですよ・・。

ウェーダー履いて川を渡ったりするのですが、足を滑らせたらどんぶらこっこと下流へ流されそうです。長い竿がいいだろうなあ。8フィート6インチくらいの。

落合橋下のポイント。

1k10

いい感じのプール(淵)です。しばらく橋の上から眺めていましたが、ライズ(魚の跳ね)は全く無し!ライズのラの字も無し!虫も全然飛んでいないもの・・。

もう少し暖かくならないと、ドライフライは難しそうです。寒くてたまらんので車に戻る。

1k11_2

散ポタだってもう少し暖かくならないと辛いですよ。下界の高崎市街は桜が咲いてきましたが、この山はまだ冬です。釣り人もフライマン一人を見ただけ。日中釣っていた人が夕方まで粘らないんだから、あと2週間くらい先からかなあ、本格的シーズンは・・。まだ明るいので、もっと下流の支流も見たけど、そっちのほうがよさそう。

今回は、烏川の橋を中心に釣りポイントを探しましたが、狭い道の先もブロンプトンの機動力のおかげで、色々とわかりました。経験が少ないので、調査が大事です。

|

2010年4月 2日 (金)

いっちょう友の会で送別会。

送別会シーズンです。先月末から何度目の送別会か。安中市内のいっちょうに行きました。

早く仕事を上がれたので6時に入店。日が延びましたね。まだ明るいいっちょう。

1l1_3

ちなみに「いっちょう」とは、北関東で発達中の居酒屋チェーン。

HPはこちら。

安中店は個室感覚。っていうか人の家感覚。入り口に表札が掛かる。今回は岡田さんち。

私の職場には数年前から「いっちょう友の会」が存在し、私も安中店の開店の頃入会。いっちょうで飲む機会が増えました。

今回は、ナウでヤングなギャルスタッフが寿退社するので送別会。うう、おめでたいが悲しい・・。数少ないヤングなギャルの知り合いが減ってしまう。遊ばれている感覚が好きだったのに・・。

さらに、上海の事業所に派遣されていたスタッフが帰国したので、お帰りなさい会も同時開催。

上海のお土産に、プリッツの上海蟹味。あるんだ、そんなの。

1l2

なかなか旨い~。

両側を23歳のぴちぴちギャルに挟まれて、至福の飲み会となりました~。

うう・・・、生きていて良かったっ!「もーう、彼と別れちゃって、おやぢさんとお付き合いしたいな、アタシ・・・。」ふんぎゃああーーーつ!モテモテじゃーっ!こんなの10年ぶりじゃああーっ!もっと言ってええっ!

ようやく世の中の女性達が、私の魅力に気がつきはじめたってわけね。納得。

いっちょう風生春巻。

1l3

ナウなギャルにウケてるメニューさ。

バリバリ伝説サラダ。

1l4

いけてるヤングなギャルがマジリスペクトなメニュー。

やっぱヤングなギャルに囲まれていると、気持ちもイマドキなイマい感じだよね。もうおぢさんチョベリグだよ!

ただいまいっちょう安中店では、中生ビール半額フェア実施中!生中380円が190円だよ。ガンガン飲んじゃう!

退職する女の子のリクエストで注文。

エリンギのベーコン巻き(塩)。

1l5

うまっ!

ほたて串(タレ)。

1l6

うまっ!

やっぱネギ間は塩だよね~。

1l7

おおっと、人妻がアダルトなカクテルを注文したぞ。

ロマン飛行(笑)。

1l8

流石は人妻、大人な感覚、場末のバー感覚だぜ。

え~?どんな味なの?ちょっと味見させてよー。(くっくく、ここ口つけて飲んでたよね。じゅるじゅるじゅるーっ!)

うん、ブルーハワイのような見た目ですが、グレープフルーツみたいな酸味があって飲めます。

ふー、いくら半額でもビールはもう飽きたぜ。ねえねえナウなヤングギャルの皆さん。最近若人の間ではどんなお酒が流行っているのかな?

「うーん、やっぱあれだよね、一応ハイボールみたいな?マジキテルー、どんだけー、あへあへ。」

なにー?ハイボールだとおお?20年早いわーっいっ!我々の青春の酒をそんな人生があへあへの若者に味がわかるのかーっ?

けど、普通にウィスキーのソーダ割りだよね。流行るのなんで?

韓国のお酒マッコリ。しかもイチゴマッコリ。

1l10

これはイケてないな。普通のマッコリのほうが良い。どぶろくみたいなやつね。

人妻が飲んでいたんだけど、向こうから飲ませてくれた

「モッコリ、飲みます?」

なにっーーーーーーっ!モッコリだとおおおーーーーっ!ベタ過ぎいいいーーっ!

「あらやだ、マッコリですよねっ」

人妻っ!恐るべしっ!やはり人妻もいいーーーーっ!人妻って、もう酸いも甘いも何でもかんでも知り尽くしたあとの細かい配慮みたいな感覚が大変に素敵であります。

あああ、ヤングギャルから人妻まで、取り囲まれて私で遊んでくれてありがとう!

ホント、久しぶりの幸せな夜でした・・。いっちょう友の会、続けさせてもらいます!

どっぷり夜も更けたいっちょう。

1l11

代行で帰ってきました。

「あれ?代行のお兄さん、これ一応ドイツ車なんだけどさ、ウィンカーレバーが逆だって一発でわかるんだ?ライトスイッチも変なところにあるのに良くわかるねえ」

「ええ、プロですから。色々な車を代行させてもらいますから覚えちゃうんですよ。ポルシェ、マセラッティなんてのも運転しました。この前はランボルギーニ運転しましたから!」

すげえ、代行すげえよ・・。ていうかランボルギーニで飲み屋に来る人も凄すぎる。普通セカンドカー持ってるだろう?代行の人にランボルギーニ運転させたいのか?どうなってもいいのか?白手袋でランボルギーニのステアリング握ったんだ。びびるだろうなあ。ぶつけたら儲け飛んでっちゃうだろうな・・。

はー、いっぱい飲んだ。とても良い夜でした。

|

2010年4月 1日 (木)

ドライフライの練習。

先日、平日の午前中だけ休暇が取れたので、フライ釣りの練習に渓流へ行きました。

ええ、練習です。決して釣りに行ったのではありません。そう、練習なんだ・・。釣りじゃないってば!

家の用事を済ませ、MD川に到着。護岸整備された渓流。

1m1

高崎の自宅から40分くらいの場所。午後から仕事なので、職場まで20分のここにします。

今後、川の名前は地元以外の人が来ても楽しめそうな場所は実名を公開しますが、わざわざ遠くから来てもねえ・・・、という場所は出さないようにします。あまり期待されてもアレなんで。地元の人ならすぐにわかると思います。

護岸は味気ないけど、川の中は石もあっていい感じ。

1m2_2

上流のいかにも渓流って感じは一人だと怖くてねえ・・。木が被さっているとすぐ引っ掛けそうだし。こういう中流の開けた里川がお気に入りです。

さあフライ初心者の私、管理釣り場での練習も終え、川で沈めるニンフフライでは撃沈し、いよいよドライフライです。

まだ川でドライフライ(水面に浮かばせる毛鉤ね)をやったことが無いので、仕事までのわずかな時間、この川で練習します。

ロッドはセージのロウンチ480、8フィート、4番。

1m3

リールはネットオークションで落札した、オービスCFOⅡ。渋い色がこのセージとあっている。

ロングリーダーという仕掛けが良いということで、いつもより長くしたが扱いにくい・・。キャストする前段階で絡まるよ。竿の2倍くらいの仕掛けがよいそうで、9フィートのリーダーに1・5メートル程ティペット(ハリス)をつけたが、どーにもならなくなってどんどん短くする。

結局、いつもの管理釣り場並みの短い仕掛けになりました・・。エルクヘアカディスという良く視認出来るフライを付けてみる。

フライが見えない・・。メガネの度を上げなきゃだめかな?やっと慣れてフライがわかるようになる。

こんないい感じの淵が現れる。

1m4

とても水が澄んでいます。この深い淵でも川底まで丸見えなんですけど。だけどどこにもヤマメの姿が無い。全く魚の気配が無いんですよ、この川。

1m5_2

どこ行っちゃったんだろう?渓流は魚が走るのが見えるんだけどなあ。MD川は魚影が薄そう・・。

ようやくポイントにフライをキャストできるようになったぞ。メンディングというラインが水面を流れてフライを引っ張らないようにする操作も覚えた。ナチュラルドリフトといって、フライが昆虫が流れるように自然に流せないと釣れないのです。

こういうところにヤマメがいそうなんだけどなあ・・。

1m6 

護岸ギリギリを流したり、流れ込みを狙う。けど、気配も無いねえ。カゲロウみたいなのが飛び始めたが、ライズも無い。

そのうち、あれ?家のストーブ消してきたかなあ?と凄く心配になった(笑)。あまり移動せず、ここでキャストの練習をして、結構5メートル前後のキャストが安定してきたので、納得して帰宅することにします。

職場まで20分ほどなのに、また高崎の自宅に帰った。ストーブは消えていました・・。

釣れなかったけど、コレ練習だから。渓流でどうキャストするのか、ラインのメンディング、ドライフライの流れ具合とかわかりました。

このMD川、ヤマメはどこにいるのだろうか?もっと上流かなあ?成魚放流以降じゃないとダメなのかな?また時間が出来たらもっと広範囲を攻めてみようと思います。

コレ、釣りじゃないから!練習だからね!

「今回学んだこと」

このくらいの川は、そんなに飛ばさないくてもいい。

8フィートの竿が長く感じた、もっと短いのでもいいかも。

ロングリーダーは扱いにくそうだ。まだ12フィートリーダーなんて無理。

5メートルくらいの距離ならポイントに入れられるようになった。

メンディングのコツがわかったような。

ドライフライは濡れるとすぐに沈む。水分を取ってフロータントというねばねばを結構な頻度で塗らないとならない。

フライは結構見失うね。視認性の良いフライに偏りそう。

「今回の釣果」

ストーブを消し忘れたかなあととても心配になることが多いので、ちゃんと指差し確認をしてから釣りに行こうと思った自分。

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »