« 週末に読んだマンガ。 | トップページ | パウダー250%ハッピーターン »

2010年4月21日 (水)

さよならルミックス。

愛用のデジカメ、パナソニックのルミックスFX35が壊れてしまった・・。

愛していたのに。

コンパクトで使いやすい奴であった。出かけるときはいつでも首からぶら下げ、自転車のハンドルにごつごつぶつけて傷だらけです。

V1

先日の釣りで、釣った魚を撮影しようとしゃがんだ時に川に水没させてしまったのです。

その時、電源スイッチを入れたのがまずかった。内部から水がびしゃびしゃと出ている時に。どっかがショートしたのだろうか?レンズを出したこの状態で動かなくなった。それから3日。以前も何度か水没させた時があった。温泉の取材で風呂に入りながら水没させた時もあった。しばらく乾かしたらいつもは作動したのに、今回はもうだめです・・。

購入は2008年の5月14日。購入時の記事はこちら。もう2年たったか。それからの私のブログに掲載した画像の98%はこのカメラが撮ってきた。

2年で壊れたのは短命だったか。いや、私は数十台のカメラを所有していましたが、おそらくコレがもっともシャーターを切ったカメラだと思う。

休日に出掛ければ1日50~100カット。平日だってブログ用に10カットは撮る。1万回以上シャッターを切ったのではないでしょうか?デジカメはフィルム時代よりはるかにシャッターを切るので、シャッターユニットの耐久性はかなり上げてるんだろうな。

修理?いや、コレだけぼろぼろに使い込んだから引退かなあ。いくら位で治るのかなあ?

ルミックスの気に入った点。

やはり昔からのカメラ好きにはライカレンズがたまらん。名前だけだろうけど、LEICAと書いてあればときめくんだ。そして超広角25ミリレンズ!

V2

広角レンズでは先進的でした。いまだに25ミリというのは凄いもの。レンズ設計は難しいだろうに。このパースを生かした画像作りは面白い。

しかし、私がルミックスで最も気に入っているのは、あるスイッチです。

この電源オン・オフスイッチがスライド式のところ。

V3

これはいい!最初、私はデジカメを胸ポケットやバックへ無造作に放り込むので、圧迫されても誤動作しないようにこのスライドスイッチのモデルを探したのです。

使ってみて、コレは人間工学的にいいのです。右手で持ったとき、自然にこのスイッチに人差し指の先が引っかかるのです。なので首からカメラを下げた状態で右手で掴む→顔の前にカメラを持ってくる間に人差し指でスイッチオン。という動作が流れるように出来たのです。手元を見ることもなく。他のメーカーはプッシュ式の電源スイッチが殆どですが、それはイマイチメリハリがなく、またスイッチの突起を誤作動防止のためか低く設定してあるのでボタンを探してしまうのです。

オフの時も、カメラを下げながら人差し指で電源を切れます。

そして起動したあと、人差し指をズームレバーの突起に持っていきズーミング。ズームもプッシュ式よりメリハリがあり手元をみないでズーミングできます。

とても感覚的なボタン配置なのです。

背面も同様。

V4

今度は親指で。モードダイヤルはあまり使わないけど、画像再生ボタンもスライド式になっている!握っている状態で親指の先を引っ掛けて再生できる。もう少し液晶寄りのほうが良かったけど、やはり瞬時に操作可能。

スライドスイッチはやはり私には使いやすいのです。コンデジはもともとボタンが小さいので、スライドスイッチのほうが確実に操作できる。そのほか、マクロモードに1発で行けるとか好きだし、十字キーの操作性とか、とても馴染んでいました。

愛着があったよなあ。

今年になって、MTBで山を走行中に前転。液晶画面にひびが入ってしまったのです。

V5

この時に、終わりが近いかなあと思った・・。

でも、こんなに早く別れてしまうとは。この傷だらけの姿。お疲れ様。

V6

実は予備機として、もう一台デジカメを買ってあった。やはり広角レンズと黒ボディーが条件だったのでコレ。

ニコン・クールピクスS610 

V7

28ミリ広角ズームレンズ。しかも天下のニッコールレンズだ!ライカに引けはとらない。

カメラの作りもさすがはカメラメーカーの老舗。細かい部分の処理が良い。

しかし、ややボディーが大きくてね。

いや、それだけじゃない。結局こいつはルミックスに替わることが出来なかったんです。

随分前に、当時既に型落ちで1万円台で買えたクールピクス。北アルプスに予備機として持っていったくらい。

使わない理由は、やはりこの電源スイッチ。

V8

このプッシュ式が馴染めなかった。私は自転車に乗りながら撮影とか、即写性を重んじるので、やはり電源スイッチは手元を見ないで操作できるスライド式がいいんだ!

もう両方とも型遅れで、比較記事を書いても意味は薄いですが、操作性は両メーカーとも変わっていないと思うので、その辺の比較レポートをいつか書いてみようと思います。

ウーン、やはりルミックスが欲しい・・。今度は防水タイプにしようと思ったのですが、ルミックスの防水モデルは電源がプッシュ式ボタンになっていた!どうしてスライド式にしないの~。防水構造じゃ無理か。

修理よりも、型落ちの安いルミックスを探すか。現行のFX60にしようかな?夏のボーナスに期待~。

前日の漫画の画像はクールピクスで撮りましたが、ストロボ調光は流石ニコン、ばっちりです。ルミックスはこの距離だと白とびするので角度をつけて撮影していたから。

物撮ならばニコンか?もう少しクールピクスで様子を見ましょうか・・。

|

« 週末に読んだマンガ。 | トップページ | パウダー250%ハッピーターン »

カメラ」カテゴリの記事