« 大送別会・はやし屋~いっちょう・春の雪。 | トップページ | 週末に読んだマンガ。 »

2010年4月18日 (日)

また釣れますた。

昨日は二日酔いでうんうん言ってましたが、今日は大丈夫。

朝一でフライ釣りの師匠I氏からメールがあり、川に釣りに行くことになりました。3回洗濯をして、さあ出発というところで師匠I氏は都合が悪くなったとのこと。またの機会にお願いします。

ノンビリと昼過ぎに出掛けます。雪解けが入っているだろうし、水温が上がるのを待つ作戦。

前回良い思いをした地元のMD川です。13時釣り開始。

X1

小規模な里川です。釣り人の悲しい習性で、前回釣れたポイントを目指してしまう。しかし、車が止まっていました・・先行者です。

うう、しかも4匹釣れたあのポイントで、二人でじっくり餌釣りをしてますよ。有名ポイントだったのか?それともこのブログを見て・・・?もう無理。下流のポイントへ歩きます。

堰堤が続くポイント。

X2

護岸が切り立っていますが、ちゃんと降りる階段がありました。親切。

X3_2

しかし、堰堤の魚道の縁をそろりそろり歩きます。

X4

左は結構高さがあって落ちたら痛そう。右も落ちたらびっしょりだな。この幅を歩いて降りる。

堰堤の下から狙う。瀬を中心に。

X5

フライは前回釣れたパラシュートアダムス#14。うーん、出ないなあ。

堰堤の下って狙い方がイマイチわからん。

X6

餌釣りならよだれが出そうなナイスポイントですが、ドライフライだと沈んじゃうわ、流されちゃうわ、釣りになりません。堰堤下のプールもルアーだったら狙えるのですが、ドライフライは難しい・・。なんか今回はボウズの予感。

ここは諦め上流へ。堰堤の脇の護岸をやっとの思いでよじ登る。

ススキの枯れ枝でフライが振れない。歩くのも大変。

X7

ここは流れが速すぎます。

橋の側まで来た。すると例のポイントで釣っていた二人が車に戻って帰り支度を始めました。こっちを見ています。よーし、見せてやるぜ。と思ったら後の枝を釣ってカッコワル・・。

手前のチャラ瀬を流す。

X8

パシャ!でたっ!

あああ・・、合わせそこなった。くしょー、釣れるチャンスだったのに~。

しかし、今日もドライに出る可能性があるぞ。

川を渡って結局、前回釣れたあのポイントへ・・。さっきまで二人が粘って釣っていたので、出るのか?いや、餌釣りとフライ釣りは釣れ方が違うんだ~。川にも入っていなかったのできっと出る。

前回よりちょっと水量が多く、フライが早く流れる。

X9

石の向こう、護岸との間。

バシュ、出たけどあわせられず。その後ライズが多発するのにフライに出ない。見切られているのか?

羽虫は小さいのが沢山飛んでいる。ブラウンパラシュート#16に交換。

ポイントの一番上まで攻めるが出ない。ライズは相変わらず多い。

ならば・・。流行のスレた魚ならばコレ的な有名フライ、CDCダン#16に交換。

バシュ。あわせばっちり。

X10

釣れますた~。また小さいけど。15センチちょい。パーマークの薄いタイプのスリムなヤマメ。今回はネットを使用。このサイズじゃあ必要ないけど、リリースまで魚を触らない為に。

やっぱり、フライが自然に流れると出るよ。

CDCダンも噂どおり、素晴らしい。

X11

こういうの。羽がリアル。デリケートなんで、すぐに浮力がなくなってしまう。今回パウダータイプのフロータント(浮力剤)の「ドライシェイク」を初めて使ったけど効果抜群。

水面をリアルに流れていく。石の向こう側を攻めたいので、フライラインを石の上にのっけってポイントに入れる。こうすると石の上からロッドを出しているのと同じになるので、フライがより自然に流れる。効果てきめん~。

バシュ。

パーマークの綺麗なヤマメ。

X12

コレは綺麗。体高があるタイプ。さっきのと2種類のヤマメがいるようです。

コレが釣れたときに川を騒がしてしまったようで、その後は出ない。フライを再びパラシュートアダムスの#16にして攻めるがだめ。

堤防の上から犬の散歩をしている地元のおじさんに「どうだい、出たんかい?」と聞かれたので「2匹釣れました」と指でVサイン。嬉しい瞬間。

その後上流に向かい、堰堤を攻めるがライントラブルでやめる。上流には2人の先行者もいたので、15時納竿です。

しかしこの狭い川に釣り人が多かった。私を含めて7人が400メートルくらいの間にいましたから。烏川からやってきたのかなあ?MD川も休日は混むのですね。

ふー、今回も楽しかった。この川は、次回もう少し短いロッドを使いたいな。実は既に入手・・。

ていうか大きな川に行って大きな魚を狙ってみるんだ~。いつも同じポイントではなあ。魚も小さいし。

「今回のタックル」

ロッド:SAGE Launch480 8フィート 4番

リール:オービスCFOⅡ

ライン:3Mエアセル DT4F リーダー:6X 9フィート

フライ:CDCダン#16

「今回学んだこと」

ドライに適したポイントとフライが投げられるポイントだけを攻めて釣りあがる。

やはり自然にフライが流れないとダメ。

ライズがあって出ない時はフライを変えてみる。

「本日の釣果」

ヤマメ2匹(15センチクラス)

ベストの胸のこういうパットに使ったフライが刺してあります。すぐにフライボックスに仕舞うと、他のフライも一緒にフックが錆びてしまうので、こうして乾かす。

X13

また使えるしね。この4つを今回は使用。左右のボトルはフロータントという浮力剤。左がゲルタイプ、右のはパウダータイプ。

2匹目が釣れた時、写真を撮ろうとして下を向いたとき首から下げたデジカメが水没。しばらく水の中にあったのを気がつかず。動かなくなる。

X14

この状態でうんともすんとも言わない。長年愛用のルミックス。コレでお別れなのか?乾かしてみますが、レンズの中まで水滴が。ダメそう・・。けど、次のデジカメはもう1年前に買ってあるので支障は出ません。

よし、また釣れたので元気出た。

|

« 大送別会・はやし屋~いっちょう・春の雪。 | トップページ | 週末に読んだマンガ。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事