« つげ義春と温泉宿 | トップページ | 極上ロール »

2010年4月26日 (月)

過去乗っていた「TIME・VX・ELITE」その3・走った編

昔乗っていたロードバイクのTIMEを振り返るシリーズ。3回目は走行編です。

けど、たいして走っていないんだよね・・。それは、コレ乗っていて遅いのはまずいよね?という感覚が出てしまい、もう一台練習やイベントで遅くても勘弁してもらえそうなバイクを同時期に購入して乗っていたからです。そのバイクもいつか特集します。

さて、購入の翌日、早速試走にチームの皆と走りに行ったようです。

いきなり長瀞ですか。

Q1

といっても本庄のS山さんちから行ったようですね。2003年9月15日のこと。

当時はまだブログなんてやっていなかったから、HPサイトの日記というやつ。画像は1枚のみ、文字数は1000文字までという制約があった!時代だなあ・・。なので記事の内容も散漫です。

楽しい思い出の記事はこちら。

その次は。今では恒例になっています、下仁田ツーリングですね。第1回はTIMEで行っていたとは。

Q2

豪雨の中を走りましたよ。タイヤの中がチャポチャポ音していたもの。新車を雨にさらすとはもったいない。コレ以来、S崎さんに会っていないなあ・・。

この頃は色々走っていたようですが、自転車が既に何台もあったのでTIMEの出番は少なかったようです。

けど、ひとりで碓氷峠を登ったりして、今では考えられないストイックさです。

その後、きっと別の自転車ばかり乗ってTIMEの出番はなし。もったいね~。平地をうろうろしていたと思われますが、特に過去記事が見つかりませんでした。この頃、利根川サイクリングロード方面にかなり行っていましたから。今みたいに高崎~倉賀野~堺町~玉村が完全に1周は出来なかった。未舗装部分が結構あったんですよ。むしろ前橋~渋川方面に行っていたのかも。ああ、伊勢崎から広瀬川沿いに前橋までも良く行っていました。

04年の7月にホイールを交換していますね。マビックのキシリウムSLから、よりヒルクライム向きの「ベロマックス・アセントⅡ」へ。

Q3

かなり軽量なホイールです。当時の記事はこちらです。 ベロマックスなんて今じゃ知っている人は少ないでしょうね。現在はイーストン・ホイールになっていますね、これ。

04年の9月の連休は相当無理をしていますね。ヒルクライムを連戦していた頃なんで。私も痩せていましたし・・。

なんと国道で2番目に標高の高い麦草峠へヒルクライム。標高2127メートルだって・・。

ネガプリントからスキャンしたので画像が悪いんだけど、その時の私。

左がS田さんで右が私。

Q4

コレ、プロフィールに使っている写真だけど、今の自分と別人ですから・・。

Q6

感動のゴール。S田さんは遅いと言いたいわけね・・。

Q5

ここにさらっと書いていますけど・・・。苦しかったはずですよ。小海線の八千穂駅からだから結構距離もあったはず。痩せてるって凄い。しかも前の月には、アンカーのバイクで乗鞍ヒルクライムに参戦して、ゴールの標高は2700メートルでした。あれも辛かった。

で、このときはこの2日後に伊勢崎経由で前橋まで110キロ走行、その翌日に二度上峠に登っているという、乗れていた時期なんですね。

二度上峠からの眺めは素晴らしいのです。

Q7

もうこんなところ自転車で二度と行けない・・。

で、翌週、このTIMEで最初で最後のヒルクライムイベント参戦。

04年9月26日のmt富士ヒルクライムです。

確かコレは第1回大会。ヒルクライムが流行り出した頃です。

無事にゴールです。距離は長いですがそんなに激坂も無いので走れました。むしろスタート地点までがきつかったという・・。

ゴール後の5合目、標高2300メートル。

Q8

その時の参戦記はここですが

全くレポートになっていないなあ、半分作り話。参戦記2も無いし。この頃はでたらめレースレポートが自分の中で流行っていたようです。

ここがピークという感じで、その後はツーリング色を強めました。

TIMEも05年の1月にフレームをY田氏に売却。パーツは次のマシン、デローザに乗せ換えました。

短い運命でしたね。ちょっと私には合わなかったんですよ、感じが。金属のほうが合っているみたいです。

これでTIMEの記事は全ておしまいです。

|

« つげ義春と温泉宿 | トップページ | 極上ロール »

自転車・TIME」カテゴリの記事